※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

自己愛性人格障害の診断基準

以下のうち5つ以上あてはまると、自己愛性人格障害が疑われます。
(診断は医師によって行われます。医師免許を持たない個人の判断で断定できるものではありません)

1. 自分は特別重要な人間だと思っている。
2. 限りない成功、権力、才能、美しさにとらわれていて何でもできる気になっている。
3. 自分が特別であり、独特であり、一部の地位の高い人たちにしか理解されないものだと信じている。
4. 過剰な賞賛を要求する。
5. 特権意識を持っている。自分は当然優遇されるものだと信じている。
6. 自分の目的を達成するために相手を不当に利用する。
7. 他人の気持ちや欲求を理解しようとせず、気づこうともしない。
8. 他人に嫉妬をする。逆に他人が自分をねたんでいると思い込んでいる。
9. 尊大で傲慢な態度、行動をとる。