※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 中二になって、皆がスカートを折り始め、第二ボタンを開け始める。

 でも私はそんな事はしない。したくてもできないのだから。

 できる人は限られている。自分に自信がある人。

 友達の横顔や動作を見て思う。みんなかわいい。

 そして思う。やっぱり皆と私は違う。

 ふと、私は何のために生まれてきたのだろう、と思う。

 友達にふざけて蹴られてできた青たんを見ながら思う。

 私は生きていて、この世界に干渉しているのだなと。

 そして、恐ろしいほどに死にたくなる。

 私は暴力をふらない。傷つけられるのは私だけで十分だ。

 もう疲れた、と言って死にたい。

 しかし、それをおしとどめる感情もある。

 このままむなしく、さびしく、死んでいっていいのかと。

 私の心はもうどこかへ置いてきてしまった。

 からっぽの心はひたすら救いを求める。

 誰かに認めて欲しい、褒めて欲しい。

 この泥沼から、救い出して欲しい。

 友達は、皆とても素敵で、私には入っていけないところにいる。

 それが、さびしくて、悲しくて、

 つい嫉妬をしてしまう。

 何で私はこんな風に生まれなかったのだろう、と。

 そして人知れず泣く。

 誰にも届くことのない深い悲しみから逃れる為に。

 生きることは、私の苦しみだ。