階層構造をとるTCP > IP(初級)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

TCP/IP の構造は図1のように、 4つの階層 で構成されている。
中央の列は、各階層で規定されている主な プロトコル である。

図1●  OSI参照モデルTCP/IPの階層構造 。中央はそれぞれの階層で規定されるプロトコル群。
厳密には、 TCP/IPOSI参照モデル では階層の区切りが同じではないため、便宜的な比較と考えてほしい

ただし、文書によっては、 TCP/IP における トランスポート層アプリケーション層 の区切りの場所が、 OSIのセッション層 の位置ではない場合がある。
TCP/IP では、 OSIモデル のようにきっちりと分けられないためだ。
図1では便宜的にラインを引いて分けているが、おおまかにこのようなものであると考えてほしい。

TCP/IPプロトコルスタック は、 インターネット層 より上に存在し、一番下の ネットワークインタフェース層 には依存しない。
ネットワークインタフェース層 は、 LANWAN のネットワークの規格にあたる層であるが、 TCP/IPLAN でも WAN でも利用できるように設計されているため、この部分では特にプロトコルが規定されていない。

ネットワークインタフェース層の主なプロトコル(ネットワークの規格)は、 EthernetTokenRingFDDI といった LAN と、 ISDNPPPフレームリレー といった WAN のものである。
こういったさまざまな ネットワーク において、 TCP/IP を利用して通信を行うことができるというわけだ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。