※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ストーリー


終焉に導かれる世界、魔石に選ばれた者たちの紡ぐ物語。


かつて絶大な力を持っていた、「魔法大国バレンタイン」。
バレンタイン王は“魔力の結晶炉コルドロン”の力を用い各地を制圧。
栄華を誇っていたが、突如原因不明の滅亡を迎えることとなる。
主のいなくなったコルドロンをめぐり
「妖精の国リングフォールド」と「王国ラグナネイブル」との戦火は日増しに強くなる一方であった。
しびれをきらせたラグナネイブルの魔王“オーダイン”は
遂に自らリングフォールドの拠点制圧のための進軍を開始する。
一方、残る大国「タイタニア王国」では、国王エドマンドが、
預言書にある終焉を体現しようとする宮廷魔術師ウルズールの策略によって傀儡の王へと堕ちていた・・・。
国家間での覇権争いがおこなわれる中、
「世界は“獣”“死の王”“炎”“大釜”“竜”の五つの災厄により滅ぼされる」
とのエリオン大陸につたわる“終焉の予言”どおり世界は滅亡へと刻一刻と歩みを進めていた・・・。