※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オーディンスフィア用語辞典

/ / / / / / / / / わ・英数

ナッツクッキー 【カフェメニュー】
搾り出しタイプのクッキー。
カフェのテイクアウト品だが、回復量、経験値共に低いため、需要は少ないと思われる。

ナップルの芯 【アイテム】
ナップルを齧った後に残る芯。
敵に投げてダウンさせることも可能だが、マテリアルの水増しに使われることが多いと思われる。

ナップルのソルベ 【カフェメニュー】
カフェでの正式名称はナップルのシャーベット。
材料にミルクを必要とするため、カフェ・ラビットでは果汁のみのカキ氷タイプのシャーベットではなく、
ミルク入りのまろやかタイプの模様。

ナップルの種 【アイテム】
種の中では珍しく3Gで売れる。
実は8Gで売れる上に二つ生るので硬貨獲得に最適な換金作物。

ナップルの実 【アイテム】
ナップルの種が成長すると実る。
必要フォゾンが18個とちょっと多めだが、これを節約する裏技もある。
exp値がそこそこ高いのと、三口齧れるところから序盤の経験値稼ぎに最適。
カフェでもデザートの材料として大活躍なフルーツである。
元ネタはリンゴ(アップル)だと思われる。
ちなみにセガより2000年に発売されたドリームキャスト用家庭ゲームソフト
「Napple Tale Arsia in Daydream(ナップルテール アリシア イン デイドリーム)」に、
形状もよく似たナップルの実やナップルの種が出てくる。

ナップルパイ 【カフェメニュー】
普通にアップルパイが元ネタだと思われる。
材料にルーワートのハーブを使っているのだが、これがシナモンの代わりなのだろうか?

ナパーム 【魔法薬】
攻撃系の魔法薬の中でもっとも使い勝手が良く、威力もかなりある便利な一品。
どこぞのテロリストのようにカバンの中をこれで一杯にしているユーザーも多いと思われる。

ニーズホッグ
メルヴィンの真名。運命に抗いトネリコの根を食む者。
ニーズホッグ(ニーズヘッグ)は北欧神話に出てくるトネリコ=ユグドラシルの根を齧る蛇達の王である。
はっきり言って名前負けしてます。

ニーベルングの指環
北欧神話をモチーフとしたワーグナー作曲の楽劇。
これがオーディンスフィアの元ネタであると作者である神谷氏が公言している。

ニョッキ 【キッチンメニュー】
茹でて潰したジャガイモに小麦粉を加えて捏ね、一口大にした団子をお湯で茹でてトマトソース等をかけて食べる料理。
プーカキッチンではこのソースがミルクベースのホワイトソースらしい。
持ち込み材料はミルクだけで済むので手軽だが、効果もそれなりでしかない。
バージョンアップメニューの3色のニョッキを出すためだけに食べ続けた人がほとんどなのではないだろうか。

ニワトリ 【アイテム】
タマゴから孵ったヒヨコに種を3つ与えて成鳥になった姿。
続けて種を食べさせるとタマゴを産み続けるので、タマゴから孵る雛は全部メスということになる。
タマゴが不必要になったら〆て肉にするしかないわけだが、ヒヨコ時代が可愛いため、
殴るのを躊躇したプレイヤーも多いと思われる。
すぐに慣れて平気で殴れるようになるが。


ネビュラポリス 【地名】
オーダインが統治する国、ラグナネイブルの首都。
ラウンドマップとしての特徴はカロッチオの特産地に尽きるのではないだろうか?

呪い 【ステータス異常】
かかったら回復する術はなく、死ぬしかない恐ろしいステータス異常。
一応、聖なる水晶を装備することで死亡は避けられる。
ただし、敵にこれを使ってくる者はおらず、PC側が魔法薬のキラークラウドを使った場合に
見ることが出来るのみなので恐れる必要はあまりない。
バグベアが同じ名称の技を使ってくるが、こちらは単なる時限ダメージを受けるだけの技で、
激しく動けば解くことも可能。


/ / / / / / / / / わ・英数