コンパイルとインストール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

動作確認済OS

現在,P2P@iは以下のOSでの動作を確認しています.

  • NetBSD 4 Beta
    • ただし,デーモンモードでの動作は不可
  • Linux 2.6系列
    • Debian etch
    • Ubuntu 6.10
    • OpenSuSE 10.2
    • Fedora Core 6
  • MacOS X
    • Panther
    • Tiger (Power PC)
    • Tiger (Core Duo)

ソースコードのダウンロード


まずはじめに,ソースコードをダウンロードしてきます.

ソースコードは,SourceForge.netからダウンロードできます.

また,CVSからでも取得可能です.
CVSから取得するには,プロンプトから以下のようにします.

% cvs -d:pserver:anonymous@p2pati.cvs.sourceforge.net:/cvsroot/p2pati login
% cvs -z3 -d:pserver:anonymous@p2pati.cvs.sourceforge.net:/cvsroot/p2pati co -P p2pati

ここで,パスワードを聞かれた場合,何も入力せずリターンを押して下さい.

コンパイルとインストール


P2P@iのコンパイルには,以下のソフトウェアとライブラリが必要です.
コンパイルの前にこれらがインストールされているか確認して下さい.

  • libtool 1.5.22 またはそれ以降
  • automake 1.9.6 またはそれ以降
  • autoconf 2.13 またはそれ以降
  • OpenSSL 0.9.8c libcrypto ライブラリとヘッダ

ただし,MacOS Xの場合,XCodeをインストールするのみでコンパイルできます.

また,tun/tapドライバを利用可能にして下さい.
最近のLinuxやNetBSDならば,デフォルトでオンになっています.
もしも,オフになっていたら,カーネルオプションを変えて下さい.

MacOS Xの場合,tun/tap driver for MacOS Xからダウンロードしてインストールして下さい.

コンパイルとインストールは以下のように行います.

% cd p2pati
% ./bootstrap.sh
% ./configure
% make
% su
# make install

インストールした後,設定ファイルなどの読み込み権限をルートユーザのみに制限します.

# chmod 600 /usr/local/etc/p2pati/*

WEB UIへアクセスするユーザ名とパスワードを変更します.

# vi /usr/local/etc/p2pati/p2patid.conf

P2P@iの起動


以下のようにして,P2P@iを起動します.
P2P@iはルート権限の下起動して下さい.

# /usr/local/sbin/p2patid

デーモンモードで走らせたい時は,-dオプションを付けて起動して下さい.

# /usr/local/sbin/p2patid -d

P2Pネットワークのためのポート番号と,WEB UIのためのポート番号は-pと-wオプションを使って指定できます.

# /usr/local/sbin/p2patid -d -p 4649 -w 9200

起動した後,Firefox等から,以下のURLへアクセスして下さい.

http://localhost:9200/

ポートの開放


P2P@iでは,P2Pネットワークのためのポートを開放する必要があります.

開放するポートは,TCPとUDPの4649番ポートになります.

このポート番号は-pオプションで変更できます.

コンピュータの時刻あわせ


P2P@iは,リプライ攻撃を防ぐ目的で,パケットにタイムスタンプ情報を付加して送信します.
したがって,コンピュータの時刻が大幅に狂っている場合,通信できない可能性があるので,利用する前に時刻あわせをしてください.

アンインストールします


# make uninstall

コメントはこちらへどうぞ.
名前:
コメント:







orz...
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。