kinematics


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

kinematics 計算プログラム


非相対論でのkinematicsを計算

使用法

ターゲットでの揺らぎを計算して、エネルギーを計算します。

パラメータファイルはこんな感じで、

#define target 1:CH2 2:Al 3:Melamine 4:13C
#title-energy-target
12Cdd12C 10 1
13Cdalpha11B1st 10 4

ターゲットと入射エネルギーのみの指定で十分です。
原子番号などの情報はreation.txtに
励起エネルギーの情報はtoi.txtに記録されています。

プログラムの実行中にその反応は登録されていないとエラーがでたら、ファイルにデータを加えればいいです。

あと、角度のデータはdefine.hの最後の方に入っているので、問題があったらそこで修正してください。
E-couterの不感領域も一応計算できて、define.h中にDEADTHICKNESSとして定義されてますが、とりあえずは0にしてあります。

実行結果

table.texというファイルが出力されるので、適当に名前を変えて、platexにでもかけてください。