fitting


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

fittingの手順


kinemaの表 を見て、見えているはずのエネルギー準位とそのchannelを確認。
kinemaの表はここに最新版をおいときます

ただし、13Cには12Cが混ざっているので、両方みる必要あり。
16Oも混ざっている事が分かったので、その分のkinemaの表も追加しました。

おおよそ
E-dEなら(channel)*4.28e-3で、数百keVの誤差でエネルギーになります。

より正確な値は(12/27時点で) 4.23e-3です。
ただし、kinemaの表中の値はtarget中のenergy lossを無視しているので、かなりずれます。
CH2で160keVほどの誤差があります。13Cならenergy lossがほぼ無視できるので誤差はないはず。

マクロを利用して各々のpeakをfit

記録すべきデータは
-具体的な反応名(エネルギー的に不自然な反応があったら不明な反応として記録)
-peakの中心と、その誤差(E-dEおよび、出来ればdEについても行う)のchannelとエネルギー
-gaussianならば3sigmaで、積分したその値(つまり、散乱された総粒子数)
-chi square
-FCもお願いします。

例としてはこんな感じで
13C(d,p)14C* 1st excited state
E -dE dE Events
run deg energy channel error energy channel error counts error chi^2/ndf FC
0222 60.9 8.4935e+00 1969 0.38 2.2666e-01 333 3.1 562


一応、このページにサンプルをPDFとtexのファイルで置いときます


その後の作業

-弾性散乱(と組み替え反応の基底状態)。のchannelからenergyのcalibration。
-非弾性散乱のchannelから励起エネルギーの計算。
-PIDをしてみて、さらに多くの準位が見れるかを確かめる
-散乱された粒子数から、断面積の計算(ターゲットの面密度はおおよそのものをとりあえずは使う)