レポート


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

構成


1.Introduction

2.理論
  • Isospin
  • IAS
  • Stripping,Pick-up
  • DWBA
  • Kinemtaics
  • Bethe-Bloch
  • isospinによる選択則

3.実験設計
  • いろいろ

4.解析
  • 4.1 励起エネルギー
  • 4.2 isoscalarとisovector
  • 4.3 断面積
  • 4.4 DWBA
  • 4.5 断面積の直接比較

5.総括

6.参考文献

7.Appendix(各自必要だと思うものを)
  • 7.1 Kinematics
  • 7.2 断面積の変換則の導出


texファイルの取扱いについて

後々で各自の書いたtexファイルを統合しやすいように次のようにtexは書いてください。

p3report.texまたはp3reportsjis.tex(Windowsはこっちを使ってください)中に

例えば、experiment.texとか書いたファイルがあった場合は

\include{experiment}

とすれば、自分の書いた部分を読み込ませることができます。

画像ファイルについてはsectionごとにまとめてフォルダに入れてそこから読み取るようにしておいてください

\include[width=10cm,clip]{experiment_graph/graph1.eps}

あと、usepackage他に読み込みたいものがあったら言ってください。

○用語の統一
人名→英語で ex.Pauli
スピン→spin
アイソバリックアナログステイト→IAS