excited energy2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

基本は入谷式です。変更点は
 ・calibを粒子別に
 ・betheの計算方法を若干改変
 ・それに伴い各厚さ(dE、膜圧)を面密度に変更
 ・Ex_max,Ex_minの値のとり方

くらい(のはず)です。
計算した励起エネルギーもtxtでアップしときます。
run0200番台(3Hegate調整前)はゆらぎが大きかったので計算してません
粒子によって作為的にchの2次の項まで計算していたりします。(発表でつっこまれるときついですね。)
dEの厚さが27.3micronくらいだといろいろ都合がいいですが・・・