※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



配備艦艇

  • 第6話<A>と第6話<B>で配備される艦艇を調査した。
  • 第5話<A>と第5話<B>の戦闘は、敵艦隊の旗艦のみを撃沈してクリアした。
  • 第6話<B>でミサイル艦の組み合わせがでなかったのは、たまたまと思われる。(1隻のみ配備はあったので)
  • 配備艦艇の調整はしたほうがいい。というか、調整しないと最終話のクリアはかなり難しい。

※配備される艦艇が1隻の場合は省略している。
第6話<A>配備艦艇
No.1 No.2 No.3 No.4 No.5 No.6 No.7 No.8 No.9 No.10 No.11 No.12 No.13
ミサイル艦 ミサイル艦 巡洋艦 巡洋艦 戦艦 補給艦 砲艦 駆逐艦 砲艦 ミサイル艦 駆逐艦 駆逐艦 戦艦
空母 光子艦 ミサイル艦 駆逐艦 光子艦 補給艦 補給艦 ミサイル艦 光子艦 砲艦 補給艦 駆逐艦 戦艦
砲艦 光子艦 光子艦

第6話<B>配備艦艇
No.1 No.2 No.3 No.4 No.5 No.6 No.7 No.8 No.9 No.10 No.11
巡洋艦 駆逐艦 戦艦 巡洋艦 巡洋艦 戦艦 巡洋艦 戦艦 戦艦 巡洋艦 戦艦
巡洋艦 駆逐艦 巡洋艦 駆逐艦 駆逐艦 巡洋艦 光子艦 空母 砲艦 駆逐艦 戦艦
空母 砲艦 駆逐艦 補給艦 空母 補給艦 巡洋艦

配備艦艇の調整

  • 以下のシナリオは比較的簡単にクリアできるので、配備される艦艇を調整するのに適していると思われる。
    • 第5話~第7話で戦艦3隻を最低確保
    • 第8話~第11話で第1部隊向けに戦艦3隻・空母2隻を確保
    • 第12話~第18話で最終話向けに戦艦1隻・光子艦6隻・補給艦2隻を確保
第5話<A> 敵艦隊2隻、味方艦隊(NPC)1隻。
第5話<B> 敵艦隊1隻、味方艦隊(NPC)1隻。敵艦隊の旗艦は撃沈不可(旗艦以外を撃沈)。味方艦隊(NPC)全滅でゲームオーバー。
第7話 敵艦隊2隻。
第8話 敵艦隊2隻。第9話~第11話は艦隊編成不可、補給なしなので注意。
第10話 敵艦隊1隻。戦闘機隊を発進してくる。艦隊編成不可、補給なしなので注意。
第12話 敵艦隊2隻(イリナ艦隊あり)、味方艦隊(NPC)1隻。味方艦隊(NPC)全滅でクリアとなるので味方艦隊を犠牲にする。
第14話 敵艦隊1隻(イリナ艦隊)。敵艦隊の旗艦は撃沈不可。旗艦以外を撃沈して2ターンをしのぐ。
第15話<C> 敵艦隊2隻。
第16話 敵艦隊1隻(サレス艦隊)。敵艦隊の旗艦は撃沈不可。旗艦以外を撃沈して2ターンをしのぐ。

第19話の艦隊編成

  • 実際に使用した第19話の艦隊編成
  • 必要な艦艇
スペシャル艦 1 艦名「ラハルス」。艦隊シールドが便利。
戦艦 7 ガルガンチュア攻撃用。
砲艦 3 ガルガンチュアにダメージを与えることはできないので、別の艦艇でもいい。
空母 2 戦闘機隊に攻撃してくれたらラッキー。
光子艦 6 ガルガンチュア攻撃用。ミサイル艦でも可。
補給艦 2 弾薬補給用。
  • 艦隊編成
    • 本隊及び第2部隊は攻撃用、第1部隊は援護用
部隊 陣形 艦艇 艦長 命中力 回避力 空母運用 集中攻撃 操艦技術 危険回避 備考
本隊 方矢陣 F スペシャル艦 ハル=バランシン B B B D A
2 戦艦 ラスティ=ボグナー D D D
3 戦艦 ノーマン=ワイントス D C D C
4 光子艦 ディビット=サリング B C 命中/攻撃UP
5 光子艦 マルコム=ブロンソン B D C 命中/攻撃UP
6 光子艦 ニック=ドワイヤー B C C 命中/攻撃UP
7 補給艦 シルビア=カークランド C D
第1部隊 輪形陣 F 戦艦 ダイアン=ジェイコブス D C D 移動+1
2 戦艦 ドン=ワイマン D
3 砲艦 ジョフリー=マレル C 命中UP
4 砲艦 バリー=ゴーディーン C D 命中UP
5 砲艦 オーウェン=ギディングス A 命中UP
6 空母 ハンク=シェパード C B 戦闘機隊×2
7 空母 クレイグ=ヒントン C B 戦闘機隊×2
第2部隊 方矢陣 F 戦艦 ジェリー=カーウィン D C C 移動+1
2 戦艦 カレン=ローリングス D D
3 戦艦 マージ=プラガ D C
4 光子艦 マーシャ=スレイトン C D 命中/攻撃UP
5 光子艦 カーマイン=エバンス C B D 命中/攻撃UP
6 光子艦 ケニー=シェナー C C C C 命中/攻撃UP
7 補給艦 ヒュー=キッシュ A
オデル=カプス D D

戦略

  • 艦隊編成は攻撃重視、防御重視で使いわける。
    • 敵艦隊を全滅するシナリオは、攻撃重視の艦隊編成をする。
    • クリア条件が「2ターン経過する」などは、防御重視の艦隊編成をする。
方針 陣形 配置艦艇 乗艦部下
攻撃重視 方矢陣 戦艦、ミサイル艦、光子艦の順番で選択 命中力、集中攻撃の能力が高い部下
防御重視 矩形陣 戦艦、巡洋艦、ミサイル艦の順番で選択 回避力、危険回避の能力が高い部下
攻撃防御 方矢陣 戦艦、巡洋艦、ミサイル艦の順番で選択 回避力、危険回避の能力が高い部下
  • 攻撃は、連続行動による旗艦への一撃離脱を基本とする。
    • 艦艇を減らす場合は、攻撃力の高い艦艇から撃沈していくといい。
  • 第1部隊は輪形陣で、空母、砲艦を編成し、援護部隊とする。
  • チットの順番による戦闘方法
    • チットの順番を確認して、次に行動予定の敵艦隊を攻撃する。
    • 敵艦隊の同陣営自由選択チットはどの艦隊を行動させるか分からないので、どの艦隊に行動されてもいいよう考慮する必要あり。
    • 全陣営自動選択チットは敵味方どの艦艇となるか分からないので、どの艦隊になってもいいよう考慮する必要あり。
チット 行動 備考
1 旗艦を攻撃できる敵艦隊を攻撃 旗艦を攻撃できない場合、一度離れて、次のターンに攻撃する方法もある
2 射程外へ離脱
3
4
5
6
7

チット 行動 備考
1 敵艦隊②の旗艦を攻撃 No.1で移動する際はNo.3で敵艦隊①の旗艦を狙える場所へ移動できるようにする
No.3で敵艦隊①を攻撃できないなら敵艦隊②を撃沈後、敵艦隊①の射程外へ退避
2 撃沈。行動なし
3 敵艦隊①の旗艦を攻撃
4 撃沈。行動なし
5
6
7

チット 行動 備考
1 敵艦隊①~②の射程外へ逃げる No.5で攻撃できないならNo.4で攻撃後、射程外へ離脱
2
3
4 敵艦隊① or ②の旗艦を攻撃
5 残りの敵艦隊の旗艦を攻撃
6
7

チット 行動 備考
1 敵艦隊②の射程外へ逃げる No.1で敵艦隊②の旗艦を攻撃できないので、敵艦隊①へ近づきつつ敵艦隊②の射程外へ離脱、
No.3で敵艦隊①を攻撃
2
3 敵艦隊①の旗艦を攻撃
4
5
6
7


|