※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


  • 各艦艇に装備されている武装は対艦艇用と対戦闘機用の2種類ある。

名称 種類 攻撃力 射程 命中率 弾数制限 特殊ダメージ
重イオン砲 対艦艇 2000 3   90% なし 20%の確率でクリティカル発生
イオン砲 対艦艇 1600 2 100% なし
レーザー砲 対戦闘機   400 1 110% なし
ショックキャノン 対艦艇 1000 2 100% なし 40%の確率でエレクトリカル発生
対空イオン砲 対戦闘機   500 1 100% なし
大型ミサイル 対艦艇 2400 3   70% あり※ 30%の確率で火災発生
対空ミサイル 対戦闘機   400 1   80% なし
大型魚雷 対艦艇 1600 2   70% あり 60%の確率で火災発生
光子魚雷 対艦艇 3000 3   60% あり 40%の確率でクリティカル発生
航空魚雷 対艦艇 1200 1   60% あり
Pイオン砲 対艦艇(砲撃) 2000 6   25% なし
対空レーザー 対戦闘機、対艦艇   400 1 110% なし
重力ミサイル 対艦艇 2000 3   40% あり 50%の確率でパラライズ発生
S・P・イオン砲 対艦艇(砲撃) 4000 6   40% なし 50%の確率でクリティカル発生
50%の確率でエレクトリカル発生
50%の確率で火災発生
50%の確率でパラライズ発生
※要塞は弾数制限なし

状況によって武器を使いわけろ!!
武器は大きく2種類に分けられる。ひとつは、攻撃力は高いが命中率が低く、敵艦に当たりにくいもの。もうひとつは攻撃力は低いが命中率が高く、ほぼ確実に敵艦にダメージを与えるものだ。その使いわけをアドバイスしたい。まず、全艦艇が確実に旗艦を狙える場合などは、攻撃力の低さは集中砲火によって補えるので、命中率を重視したほうがよい。しかし旗艦を狙える艦艇が少なかったり、自軍の艦艇が極端に少ない場合などは、攻撃力の高い武器に賭けてみるのもいいだろう。総じて考えると、運任せの強力な武器を使うより、ほぼ確実にヒットできる武器のほうが無難といえる。

特殊ダメージについて
武器によっては、攻撃した艦艇に一定の確率で異常を引き起こすことができるものがある。それが武器による特殊ダメージだ。武装データの表にある特殊ダメージの攻撃が成功すると、下の表に示したような異常が艦艇に発生するのだ。もちろん、敵艦艇の攻撃により自軍に特殊ダメージが発生することもある。発生している特殊ダメージは、敵艦隊への攻撃時及びマップ上での情報コマンドで確認できる。(一部例外あり)

特殊ダメージ メッセージ 表示 ダメージ効果
攻撃 情報
火災 火災発生 毎ターンの始めに、500ポイントのダメージ※
パラライズ 火器に異常 すべての武装が使用不可能になる※
エレクトリカル シールド低下 防御力が1/2に減少する
クリティカル 機関に異常 艦艇の回避力が0%になってしまう
二次爆発 攻撃を受けたときのダメージが、1.3倍に増加
主武装大破 対艦艇用武装が使用不可能になる
副武装大破 対戦闘機用武装が使用不可能になる
全武装破壊 すべての武装が使用不可能になる
※発生より、5ターン経過すると、自動的に回復する

特殊ダメージを有効に活用しよう
戦闘中、弾薬や特殊ダメージを回復するには、その艦隊に補給艦が存在しなければならない。ここでは、補給艦の能力の詳細について記す。補給艦は、ターンの始めに次のようなことを全艦艇に行う。
①耐久力を500回復する。
②弾薬を最大数まで補充する。
③特殊ダメージを完全に回復する。
さらに①の耐久力の回復量は、補給艦の数に比例する。つまり2隻あれば1000の回復がされるのだ。ちなみに特殊ダメージは、5ターンが経過すると回復する。しかし、5ターンも戦闘が続くことはほとんどないので、期待はできないが……。


【出典】
ファイティングスタジオ.“武装能力データ”.クォヴァディス ~イベルカーツ戦役~ 必勝攻略法.株式会社双葉社、1997、p.24-25.(プレイステーション TM 完璧シリーズ、49).

|