現在暫定的に決まっているルール置き場


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【キャラクター】

「名前」「属性」「種族」「職業」「所属」の5つのパーソナリティ、
「体力」「戦闘」「探索」「移動」「費用」の5つのステータス、
「リーダースキル」「サポートスキル」の2つのスキルを持つ

【アビリティ】

属性・費用・コスト・効果
属性は使用するキャラクターと1つも一致していなければ使用できない
設定されているものと全て一致していたらコスト半減(切り上げ)

【アイテム】

常に効果を発揮する「装備」と使用回数に制限のある「道具」

【パーティ編成】

リーダー1(必ずキャラクター) メイン3(キャラクターorアビリティ)
サブ(キャラクターorアイテム。リーダーorメインのキャラクターに付加する形で1キャラ最大3つ)

【費用】

パーティの「費用」の合計が請ける依頼に設定された「予算」以下でないと編成できない

【所属】

大所属と小所属がある。大所属だけのキャラクターも居る
リーダーと大所属のみ同じキャラは費用-1(リーダーの費用は減らない)
リーダーと大小所属が同じキャラは費用-2(同上)
キャラクターが全員同じ所属ならボーナスとして合計費用から-3
小所属まで全て同じならさらに-2
アビリティ・アイテムはこれに影響されない

【エネミー】

「ライフ」「行動」「スキル」を持つ敵用のキャラクター

【戦闘】

エネミーとエンカウントすると戦闘開始。
戦闘中はどのような行動でも(他の人の手番や特殊な効果によるものであっても)、
自分の手番にカードを出す事で攻撃となり、攻撃したメンバーの数だけエネミーのライフを減らす。
ただし、攻撃出来るのは「出したカードとスートが同じ、かつ自身の攻撃がカードの数字以上」もしくは「スートが違っても、カードの数字と自身の攻撃が同値」のメンバーのみ
ただし、エネミーと交戦中にエネミーの「行動」の条件に合うカードを出してしまうとエネミーの行動が発動。
これは自分のターンだけでなく、カードを場に出すと毎回判定される。

【ダンジョン】

「領域」「危険」「最深部」「踏破条件」「出口」が設定されている。
ダンジョン探索時自身のターンにカードを出すと、「出したカードと同じスート、かつ探索の値がカードの数字以上」、もしくは「スートが違っても、カードの数字と自身の探索が同地」のメンバーが「探索に参加」した事となり、参加メンバーの数だけそのダンジョンの「進行度」を加算する。
ただし出したカードの数が「危険」以下だった場合、ダンジョンごとに設定された内容に応じてイベントを発生させる。
「進行度」が「領域」まで達したらそのダンジョンの「最深部」イベントを発生させ、「踏破条件」を満たしたらダンジョンクリアーとなる。

【ダンジョンの「探索」と「移動」および「入口」】

ダンジョン探索中は、進行度とは別に自身の「位置」を管理する。
「位置=進行度」のプレイヤーは、前述の通り「探索」を行い進行度を進めていく。
探索によって進行度が進んだ場合、その分だけ「位置」も進む事とする。
「位置<進行度」のプレイヤーは、「探索」ではなく「移動」で位置を進める。「移動」するには、カードを1枚出す。
「移動」がそのカードの数字以上のメンバーの数だけ「位置」を進める事ができる(スートは関係ない)。

また、ダンジョンには複数の「入口」が存在することがある。
その場合進行度は「入口」ごとに管理され、他のパーティの後を追って安全に進むか自分で道を切り開くかを選択できる。
さらに、入口ごとに危険度や危険の内容が違うダンジョンも存在する。