腎髄質


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

腎髄質
http://semanticwiki.jp/jabionpedia/index.php/%E8%85%8E%E9%AB%84%E8%B3%AA
ネフロンのうちの細尿管部分が主に存在する部分。腎臓は外側から腎皮質,腎髄質、腎盤に分けられる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B3%B8%E7%90%83%E4%BD%93
尿細管は腎皮質から腎髄質の方へ下行し、この部分を近位尿細管と呼ぶ。
腎髄質へ辿り着くと尿細管は狭くなり、Uターンして再び皮質の方へ上行する。
このUターンする部分をヘンレのループと呼ぶ。
そのまま上行して皮質へ辿り着くと尿細管は輸出細動脈と接する。
(交わったり吻合する訳ではない)
この接する部分を糸球体近接装置と言う。
糸球体近接装置を経た尿細管は遠位尿細管と呼ばれる。
遠位尿細管は再び髄質の方向へ下行しながら互いに集合し、
集合管となって腎髄質を貫通して腎盂に開口する。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。