※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

▼調光機


事業コンセプトと商品・サービスに関すること

内容

賃貸用家屋で使う調光機の製作と販売。

事業が必要とされる社会的背景

現在、自分の一戸建てを買うことができない若年層が増えている一方で、それらのセグメントでは限られた環境の中で満足するために家具を買ったり、照明器具を置くなどのインテリア上の工夫を試みる層が増えている。
そのような層の顧客はデザインカフェ、雑誌、ホームページなどから情報を得ており、それらの情報源は総じてデザイン上の重要なポイントとして照明を挙げる傾向があり、顧客層の中にもそのような認識が広がっていると考えられる。
室内を快適な空間として作り上げるためには、自分にあった明るさを演出するために照明は不可欠であるが、ただ単にそれだけでなく、他のインテリアを邪魔しない配線への気配りや、スイッチの一本化による利便性などが求められるところである。
このような商品の類する商品は現在商業用の筐体しか存在せず、個人用では一般に販売されていない上、個人で販売する場合には電気事業技師資格が必要となる上、電気製品販売に際しては専門的な知識が必要となり個人の参入が難しい。
商業用の筐体は大型かつ高価であり、個人単位での利用は難しいのが原状である。
以上のことからこのような製品を購買力の弱い層でも比較的容易に購入できる2万~3万円の価格帯で販売することは、顧客のニーズと一致していると考えられる。

類似のサービス

  • 延長コード形式

類似のサービスに対する強みと弱み

  • 延長コード形式
デザイン、配線によって生じる景観の損壊の面で勝る
(換気扇等の回転制御に使用)

市場に関すること

顧客セグメント

一人暮らしで賃貸アパートなど既存の電気系統を自由に改変できない環境にある人たち
18~35歳、主に男性 (25~30歳、女性)
部屋に癒しや快適性(利便性・デザイン性両面から)などを求める。
比較的経済的に困窮しておらず、しかし一戸建てに住めるほど裕福でもない。

市場規模

潜在顧客1625人
(この年代に当てはまる男性16250 ×経済的に困窮していない50% × 部屋に癒しや快適性を求める20%)

競合状況

特になし

金銭に関すること

単価収支予測

  • 支出
材料費:4,000
人件費:2,400
光熱費:100
卸利益:6,500
送料 :800

  • 売価
19,800


システム構築における金銭的リスク

▼内容を表記

運営フローと組織図

▼内容を表記

懸念されるトラブル

▼内容を表記

このプランに関してメモ&提言してみる

名前:
コメント:
添付ファイル