※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カルヴィン・クラム

  • プロフィール
本名:カルヴィン・クラム
身長:160cm代
体重:身軽に動ける程度
所属:私立七転学園高等部1年
特徴:風使い 優等生といわれている
その他:小柄 冷静 青汁は苦手


  • 自己紹介
冷静沈着、そんな高校1年生。
もともと人との接触が得意ではないせいか、心を割って話せる友達というのは少ない。
母親に可愛がられて育てられたせいか、成績はトップクラスで、
扱う魔法は「風」
保守的な性格なため、姉のメアリーとは正反対だとよく言われる。
また運動が得意ではなく力がないため、それが悩み。
しかし、回避能力には長けていて、頭脳戦が得意。

学園祭を境に、筋トレを始めたようだ。
どうやら兄のガストンに対抗心を燃やしていて、
彼がカルヴィンの目標となっているようだ。


趣味はバイオリン。
父親が弦楽器が好きで家族全員で弦楽四重奏をするのが夢だとか。
兄弟の中で、唯一他人にも聞かせてあげられるほどの腕前。



  • 家族関係だったり恋人だったり
  • プリシラ
学園祭で青汁を渡されたことがきっかけで、気になり始めた1つ年上の女性。
苦いものは苦手だ、というのにも関わらず彼女が青汁を渡してきたのだが、
カルヴィンは渡されたものは拒めない性格。
その上、完食主義なため飲まないわけにはいかず、半泣きになりながら飲み続けた。
接していくうちに「不良」という色眼鏡が外れてきて、心を開くようになり、
学園祭の肝試し大会には思い切ってプリシラを誘った。
それ以降どんどん親しくなり、最終日には自らの思いを告げ、付き合い始めた。
今では彼女のために強くなると宣言をして、カルヴィンは力をつけることに励んでいるようだ。


  • ガストン・クラム
※ガストン・クラムはあくまでも架空の設定で、本編には登場していません。
カルヴィンの兄。ガストン。
不良グループの頭という事で、カルヴィンにとって超えるべき目標となっている。
しかしなかなか相手にしてくれないので、カルヴィンは自信をなくしているが、
強くなるためのアドバイスをくれる、よき兄。
扱う魔法は「炎」 自ら改良した木刀にその炎を纏わせて、振り回している。
父親趣味の弦楽器では「コントラバス」担当。
腕のほうは聞いてはいけない。


  • メアリー・クラム
カルヴィンの姉。メアリー。
高校1年生で、よくカルヴィンと双子と間違われるが、
4月生まれと3月生まれなので、決して双子ではない。
年が近いせいか、メアリーの愚痴はカルヴィンがよく聞いている。
最近メアリーに彼氏が出来たようで、カルヴィンはとても複雑な心境になっている。
しかも名前まで同じらしいと、頭を抱えているようだ。
友達のようだが姉でもあるので、カルヴィン自身はどう接しようか迷うこともあるらしい。
扱う魔法は「雷」 兄には劣るものの、腕っ節が強い。
むやみやたらと攻撃するわけではないので、もしかしたら兄弟の中で一番強いかもしれない。
父親趣味の弦楽器では「チェロ」担当。
やはり腕のほうは聞いてはいけない。