キャラクターリスト

キャラクター名 職業・称号 冒険者レベル 本拠地 備考 PL
クイーナ 神官騎士 2 未定 Welt
サージェント 妖精剣士 2 未定 Welt
ヨギタ 放浪者 4 なし mayumi
ラレス お気楽竜戦士 3 なし west_117

街の設定

Welt案
名前:ヴルスト
ルクスラ帝国と自由都市同盟の間に位置する街です。
元々旅人や商人などが休憩を取る宿場でしたが、そこにとある冒険者がどこからか手に入れてきた守りの剣を持ち込んで開拓を始めました。
冒険者の宿が先頭に立って街の拡大と周辺の開拓を急速に進めており、遠からず都市国家として成立するのではないかと言われています。
現在はどこの国家にも属していませんが、ルクスラ帝国から保護という名目での併合話は何度も持ち上がっては消えています。有力な冒険者の宿や各ギルドからなる街議会は巧みな政治手腕で独立を守っていますが、それがいつまで続くかは人々の不安の種になっています。
様々な地方・種族の人族が集まっているため多様な文化が共存していることが特徴で、特に様々な料理人が店を開いて切磋琢磨しているこの街の食の豊かさは随一です。ヴルストの料理を食べるために各国から多くの人々が訪れており、それによってこの街の経済は少なからず支えられています。
現在の人口は500人~700人と言われており、組織的な人口調査が行われていないため詳細は不明です。最も多いのは人間ですが、全体的にさまざまな種族が入り乱れています。
腕利きの冒険者や野心的な商人が多く集まり、周囲の集落などに積極的に冒険者を送り込んで治安維持をしていることからこの街の周辺への影響力は日に日に増しています。しかし未だに国家権力の空白地帯であることから、大きな争いの火種が燻っている「ザルツの火薬庫」などと呼ぶセージもいます。

レギュレーション


  • このレギュレーションは仮運用となります。状況をみて修正していきます。
  • このレギュレーションの登録キャラクターは、基本的に全員「新緑の木霊亭」の冒険者となります。新緑の木霊亭は○○の一角に構えている宿兼酒場です。1Fが酒場、2Fが宿となっています
  • エンブレムは特殊な紋様が刻まれた蔓が絡んだ大樹になります。また、10G払うことでエンブレムをモチーフにした大樹の小物を購入することが可能です。
  • キャラメイクは#sgsEX または#sgsEX_talkで行っていただきます。
  • 別キャンペーンからの持ち込みキャラを登録する場合は、GMに相談ください。
  • 改訂版基本ルールブックⅠ・Ⅱ・Ⅲを使用します。
  • サプリメントは「アルケミスト・ワークス」「バルバロステイルズ」「ウィザーズトゥーム(WT)」「カルディアグレイス(CG)」「イグニスブレイズ(IB)」を使用します。
  • 蛮族PCは「種族:ドレイクナイト」「種族:バジリスク」「種族:ダークトロウル」「種族:バルカン」「種族:ケンタウロス」は禁止とします。他の蛮族PCは使用可能です。
  • 第二の剣の神々のうち、ダルクレムについては、レギュレーションにおける社会的な背景からプリースト技能を習得する事が出来るとします。それ以外の第二の剣の神々への信仰は、その反社会的な性質から固く禁じられています。
  • グループSNEの公式エラッタ公式Q&Aは全て適用します。一度目を通しておいてください。

キャラクター

  • キャラメイクは、基本5回まで振って、その中から選んでキャラメイクをしてください。人間の冒険者生まれの場合は、心技体ABCDEFを一まとめとして一回とします。
  • 冒険者以外の生まれは能力値ダイス(ABCDEF)を振った後に選択してよいとします。。
  • キャラクターの設定は、冒険者として信用されるであろう設定にしてください。(登録キャラ全て、冒険者の宿に認められたキャラクターであるため。)
  • セッションごとのキャラクターの能力成長の時、ダイスを振らなければ能力の成長をさせないこともできるとします。

リビルド

  • 戦闘特技、技能特技については、キャラごとに3回まで自由に可能、それ以上どうしても変更したい場合はGMに相談してください。
  • 完全リビルドは同経験値、同冒険回数の同設定キャラを最初から作成という形になります。
  • この際、元のキャラが所持していた名誉点、アイテム、所持金、名誉点が絡むコネクション等は全て初期化されます、ご注意ください。(能力成長は元の冒険回数分行えます。)
  • ただし、7レベル以上キャラ作成時は高レベル冒険者作成ルールに則って、初期所持金と、初期名誉点が貰えます。

戦闘特技等

  • チャージは、チャージの効果で移動できるわけではないとします。また、「また、自分が存在する乱戦エリア内の対象に対して、この騎芸を試みることはできません。」の文は移動前と移動後が同一の乱戦エリア内だった場合使用できない、ということで扱うとします。
  • トランプル+スーパーチャージは、不可能としておきます。
  • 回避のできない技能を使ったラウンドでも、回避のできる技能の使用条件(装備の重さなど)を満たしていればその技能で回避判定をしてよいとします。
  • 両手利きの効果で二回攻撃が可能になるのは片手武器(1H、1H両、1H投)を二つ装備している場合のみとします。(キック系や尻尾は含みません)
  • 一回の主行動では、複数の技能を組み合わせて使用するようなことは不可能とします。(両手利きで接近武器+射撃武器の二回攻撃等。マルチアクションは例外)
  • 筋力の半分よりも重い射撃武器を装備している場合、フェンサー技能での回避判定は不可能とします。
  • 行動を強制するような魔法を他PCに使用する場合、相手プレイヤーに了解をとってください。

アイテム

  • 種別ガンの魔力+は、ソリッド・バレットやヒーリング・バレットなど、そのガンを使用する魔法にのみ魔力上昇の効果が働くとします。
  • 2個で1セットになっている格闘武器は、いかなる場合も普通の武器1つ分の処理にするとします。(魔法の武器購入の時、1つ分の値段で1セット購入できたり、クリエイトウェポンなどでも一度に1セット出てくるとする)
  • 魔法の武器(+1武器や属性武器)を購入する際は、魔法の武器にする値段だけを支払う場合(所持している武器を魔化する場合)はアフタープレイ、魔法の武器そのものを購入する場合(武器の値段+魔化の値段を払う場合)は、即日使用可能です。
  • 屋敷などの維持費や劇団の収支のような所持データから自動で発生する金銭の変動は、キャラクターがセッションクリアの報酬を得たとき(GM報酬を割り振った回数も含む)支払うとします。

GM報酬

  • GMも参加PC一人が得ることのできる、経験値、報酬、名誉点をGM報酬として得ることができるとします。
  • セッションで報酬として出したアイテムは全て売却したとして扱い、価格未設定のものは0Gとして扱う。さらに名誉アイテムは普通の名誉点に還元する。
  • GM報酬として得たものは、セッション1回分の報酬をひとまとめに、自分のキャラクターから一人選んで与えることができます。また、セッション終了時の能力値の成長は、経験値などを与えたキャラクターの能力値一つを選んで成長させることができるとします。
  • 上記のGM報酬は、セッション後すぐにキャラを選ばずに後で新しくつくったキャラに与える など、データ管理さえしていれば好きなタイミングで使用していいとします。