社長がゼロの使い魔の世界に召喚されたようです@ ウィキ 第十話 ~受け継がれる力~ B

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

40 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/26(土) 20:41:10.11 ID:uIJKiqzA0
             /\
           _/ ◯  ヽ、    _
       __ _/::::::___::::::::`::.、/::: |
      /n_:>‐ ' ´      ̄`ヽ::::::O::|
     /    /     ヽ ヽ  \:::::ト、
   /     ハ      i  i.   \| ヽ
  / /   i / \.     i  i i   \ ',
  | i i   | |   \ , --|- ミ | i    i  ',  「ルイズ!」
  | i i   |イ| ̄`   ) / _i_/ |`ト|    |!  i
   ', N   | ,rr=ミ   /ノ´i{「`}iヽ| |  ./|  i
   \ト、 .イ ト:.ィ}     {トi::イ} / /  i   ',
    i| \ト 辷リ      ゞ‐'' /イ    i   ヽ
    /i!   |    '        /     ヽ   ',
.   / !i   ',     _ _,.    ./      |   |
   i !|    \.        イ       |  /!|
   | ハ| i    i>、    _,. ' |       /| / リ
   !| ∨.    i  __,≧'-----:|  /  / レ'
     \ハ ハ| ii{ ∩ ∩ /| i !{ ̄ ̄ \
     / V/ハ. } ∪ i/  VV|::::::::::::  |
     | ::::::::::::::::::::::\,/::_:_::,.>―――-、_〉
     {‐‐-――:::/|ハ ̄:::::::::::::::       \
    /::::::::::::::::/  .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    }

41 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/26(土) 20:42:57.97 ID:uIJKiqzA0
                     _
                  , -‐'´   `ヽ
                   /         `丶
                 /               ヽ
              / /     /  、ヽ ヽ 、 ハ
                { ,'  i_i」Li   、 L,」__ }  }  | 「姫さま!」
             l { i´lzL」_ト、 iソリ_」Lリ` l  l
                ∧ヾ〈.代ラj }ノ' .代ラj.〉! /  ト、
               /  〉 ヘ ゞ-'   ,  ゞ-' / ト、   \
            〈   /  .iヘ "" r‐‐y ""イ / ヽ    }
         ___ ) /  /::/`ト ,_‐'_,.イ/ ∧   \_ ノ
.    /´ ̄     __ノ  /::::{ /i/ ,r‐''7´  !::::ヽ   `ヽ、
    {      /´   _,.イi:::::::! |不,/´{   |:::::::::}     ヽ
   _ ヽ     }  /:::::::/ヽ、,_!|,/_,::::-ヽ  ヾ:::::/     ノ
  ((__ノ__,ノ   }::ヾ:;/:::::::::,.不ニ::;;:_;;::ゝ,  ∨     /

42 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/26(土) 20:45:28.19 ID:uIJKiqzA0
           r彳云ヽ、
         , -イ。弋ソ__ 二ミヽ/\        
       _//> ´ ̄      ̄  ̄ ̄¨ヽ、    
     /\//        \       ',
    /| fV/          ノ\.      |  
   / |_∨  /  /  /   /  ヽ. ! |  | |   「ああ、無事に帰ってきたのね
   | /    |  /,.⊥L  /  r十|ト!、|  ! |   うれしいわ。ルイズ、ルイズ・フランソワーズ……」
   |{     !ィ爪 ∨\  !  _」_// / 人リ  
   !ヘ ヽ  ヽ| V,ィ≠ト ヽ !  {f イ|∨/  \   
   | \| \__∨|{__,イ}.    弋rリ イ     ヽ  
   /   !  \弋_rり      ̄::: {     } |  
  / ,   {     \:::::     `   人.   //|.|  
  |/| | ハ     ヽ   r _ア  , イ   // リ     
  |! | ト、 ト、     > 、 _ ィi |   /!/
    \! メ::::\!\  }ー-rく{ } |   |-- 、__
       ̄ >ー-へ |_::| |:: :||:::!\从::::::::::::ヽ

43 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/26(土) 20:48:08.24 ID:uIJKiqzA0
         rく!   /   /     ! ヽ  \. V勹!
        ∧|  ! ! !  ∧     ! ∧  ! !  ∨ !
        ! | !  !斗ヤT¨ヽハ   T T ナト|、 !  | |
        | | !  | 斗=zミ  | /,zぇ=rミ.レ|  / .! 「件の手紙は、無事、このとおりでございます」
        | V!\|〈. {く _ハ  '´  {く心! 〉厶イ  .!
        / / | |  トヘrリ     トヘrリ  /  ! ∧
       ,'/  ! ハ ::'¨´:::  、  :::`¨`':: /  /!.  ヽ
       /    |  ハ            /  / !    \
.     /     |   > 、   ´ `  ,. イ   / !      \
   /      /|   ∨ !{r> 、,. イ i /   |  !      \
  /      / !    ∨/^^^^^^^! /   |  !        \

44 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/26(土) 20:49:27.37 ID:uIJKiqzA0
             /\
           _/ ◯  ヽ、    _
       __ _/::::::___::::::::`::.、/::: |
      /n_:>‐ ' ´      ̄`ヽ::::::O::|
     /    /     ヽ ヽ  \:::::ト、
   /     ハ      i  i.   \| ヽ
  / /   i / \.     i  i i   \ ',
  | i i   | |   \ , --|- ミ | i    i  ',  「……ウェールズ王子は、やはり父王に殉じたのですね
  | i i   |イ| ̄`   ) / _i_/ |`ト|    |!  i  ……して、ワルド子爵は? まさか、敵の手に掛かって……」
   ', N   | ,rr=ミ   /ノ´i{「`}iヽ| |  ./|  i
   \ト、 .イ ト:.ィ}     {トi::イ} / /  i   ',
    i| \ト 辷リ      ゞ‐'' /イ    i   ヽ
    /i!   |    '        /     ヽ   ',
.   / !i   ',     _ _,.    ./      |   |
   i !|    \.        イ       |  /!|
   | ハ| i    i>、    _,. ' |       /| / リ
   !| ∨.    i  __,≧'-----:|  /  / レ'
     \ハ ハ| ii{ ∩ ∩ /| i !{ ̄ ̄ \
     / V/ハ. } ∪ i/  VV|::::::::::::  |
     | ::::::::::::::::::::::\,/::_:_::,.>―――-、_〉
     {‐‐-――:::/|ハ ̄:::::::::::::::       \
    /::::::::::::::::/  .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    }

45 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/26(土) 20:50:48.12 ID:uIJKiqzA0
              ,.'             ヽ.  ヽ   l l  l  l
                /                ヽ. ヽ    l l   l   l
             / /   ヽ.   ` 、      ヽ ヽ.  レ、l   l.  l
                / /     丶、  ` 、      ヽ ヽ / ヘ \ l  l
             / /        ` 、_   \.    ヽ. ∨ ,'`丶 \ ! l
          /  ヽ      - ニ_ー三>ィヘ、   ヽ ∨、ハ }. 〉j l l 「あの男は裏切り者だ」
            ト 、  \ ` 、  丶、  ̄ / j   ` 、  ヽ}_」  j /∧. l l
            `丶、\ `丶、_`ァハ   /     ` 、 l!__,   / Ⅵ l
                   `丶\ゝ、_,イ{j:::} /         ヽl.// ∧  Ⅴ !
                 `丶、   ヽ' ´         Ⅵ   ,ヘ ヽ  l  l
                     ソ‐-、_` 、           ̄´  \ヽ. l. l
                      /    `丶          」____\ヽV
                   /                  |        ̄ ̄
                  く、                   |
                    `丶, _               |
                     `´、_              /|
                           \        ,イ .|      ,rf⌒
                           ┌‐\      ∠.」 !        {
                           |    \__/   | _l.      弋_
                            |         〈 ̄.l
                              l            l  l
                         l             l  l
                            j    _____j___/______
                 ____/___\    _ _
                 \          ̄\.   | |. //´
                  ヽ        /´〉  | レ'〈

47 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/26(土) 20:52:10.09 ID:uIJKiqzA0
             /\
           _/ ◯  ヽ、    _
       __ _/::::::___::::::::`::.、/::: |
      /n_:>‐ ' ´      ̄`ヽ::::::O::|
     /    /     ヽ ヽ  \:::::ト、
   /     ハ      i  i.   \| ヽ
  / /   i / \.     i  i i   \ ',
  | i i   | |   \ , --|- ミ | i    i  ',  「裏切り者? 道中何があったのですか? ……とにかく私の部屋でお話しましょう」
  | i i   |イ| ̄`   ) / _i_/ |`ト|    |!  i 
   ', N   | ,rr=ミ   /ノ´i{「`}iヽ| |  ./|  i
   \ト、 .イ ト:.ィ}     {トi::イ} / /  i   ',
    i| \ト 辷リ      ゞ‐'' /イ    i   ヽ
    /i!   |    '        /     ヽ   ',
.   / !i   ',     _ _,.    ./      |   |
   i !|    \.        イ       |  /!|
   | ハ| i    i>、    _,. ' |       /| / リ
   !| ∨.    i  __,≧'-----:|  /  / レ'
     \ハ ハ| ii{ ∩ ∩ /| i !{ ̄ ̄ \
     / V/ハ. } ∪ i/  VV|::::::::::::  |
     | ::::::::::::::::::::::\,/::_:_::,.>―――-、_〉
     {‐‐-――:::/|ハ ̄:::::::::::::::       \
    /::::::::::::::::/  .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    }

48 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/26(土) 20:55:18.54 ID:uIJKiqzA0
『アンリエッタ私室』

             /\
           _/ ◯  ヽ、    _
       __ _/::::::___::::::::`::.、/::: |
      /n_:>‐ ' ´      ̄`ヽ::::::O::|
     /    /     ヽ ヽ  \:::::ト、
   /     ハ      i  i.   \| ヽ
  / /   i / \.     i  i i   \ ',
  | i i   | |   \ , --|- ミ | i    i  ',  「あの子爵が裏切り者だったなんて……
  | i i   |イ| ̄`   ) / _i_/ |`ト|    |!  i   わたくしが……わたくしがウェールズさまのお命を奪ったようなものだわ」
   ', N   | ,rr=ミ   /ノ´i{「`}iヽ| |  ./|  i
   \ト、 .イ ト:.ィ}     {トi::イ} / /  i   ',
    i| \ト 辷リ      ゞ‐'' /イ    i   ヽ
    /i!   |    '        /     ヽ   ',
.   / !i   ',     _ _,.    ./      |   |
   i !|    \.        イ       |  /!|
   | ハ| i    i>、    _,. ' |       /| / リ
   !| ∨.    i  __,≧'-----:|  /  / レ'
     \ハ ハ| ii{ ∩ ∩ /| i !{ ̄ ̄ \
     / V/ハ. } ∪ i/  VV|::::::::::::  |
     | ::::::::::::::::::::::\,/::_:_::,.>―――-、_〉
     {‐‐-――:::/|ハ ̄:::::::::::::::       \
    /::::::::::::::::/  .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    }

51 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/26(土) 20:59:53.99 ID:uIJKiqzA0
              ,. -‐ 、.  /  ̄`~`''‐ 、
                /     `'           `'‐、
           /                   `‐、
           /                           \
        , '                          \
         /     !                       \
      /  l   !                 |          i  「自惚れるな、女
.     / ,' │ l                     l  !    |   │  奴は奴の信念の下死んでいった
     / /./ | │     l          、   | | |  ,' | .l  !   過程はどうあれ貴様がそれを悔いることは奴の死を侮辱することになる
.    / / /l ! :l  |  |  |           \   !|l | /  | |   !   自分の悲しみを紛らわせるために、軽率な発言はしないことだな」
    / / ./ ! | l  l  |  | ヽ. ヽ\ \ ヽ. ヽ. |│/ヽ| ! l !  
   `'''‐'、| l ヽ. ヽ.ヽ.  !   l\\`‐、ヽ、\ヽ.| レ'/ヽヽl ! !
.       `‐、| 、ト、__\:、 ヽ. l  トーz、-‐ラ''フヽ!|!/_,ゝヽ }. |│ 
         \ヽl\`ー'ヽ、\ヽ ∨ー`‐←'  ||!-、-、 /! |│  
             ヽト. ´ ̄ジヽN` -ゝ        |!  リ /|.| | |
             !   \          _iー< | |.| | | 
           |\.   \    r‐==''''ヲ     |    ̄`~` ''''‐'- 、 
         |   `'' ー-ヽ、   V r'-‐:/    .|          |
            |      :::::`‐、 `ー- '   ./|     , -.、    |
         |         :::::`‐、    /  .|   { {lll}}   f{! _
      _,,. 、-‐''|        :::::::::`エ´-─ー|   `'ー'    ゞ'´
        ヽ`''ー-       :::::::::: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         /

54 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/26(土) 21:06:51.04 ID:uIJKiqzA0
             /\
           _/ ◯  ヽ、    _
       __ _/::::::___::::::::`::.、/::: |
      /n_:>‐ ' ´      ̄`ヽ::::::O::|
     /    /     ヽ ヽ  \:::::ト、
   /     ハ      i  i.   \| ヽ
  / /   i / \.     i  i i   \ ',
  | i i   | |   \ , --|- ミ | i    i  ',  「セト殿……」
  | i i   |イ| ̄`   ) / _i_/ |`ト|    |!  i   
   ', N   | ,rr=ミ   /ノ´i{「`}iヽ| |  ./|  i
   \ト、 .イ ト:.ィ}     {トi::イ} / /  i   ',
    i| \ト 辷リ      ゞ‐'' /イ    i   ヽ
    /i!   |    '        /     ヽ   ',
.   / !i   ',     _ _,.    ./      |   |
   i !|    \.        イ       |  /!|
   | ハ| i    i>、    _,. ' |       /| / リ
   !| ∨.    i  __,≧'-----:|  /  / レ'
     \ハ ハ| ii{ ∩ ∩ /| i !{ ̄ ̄ \
     / V/ハ. } ∪ i/  VV|::::::::::::  |
     | ::::::::::::::::::::::\,/::_:_::,.>―――-、_〉
     {‐‐-――:::/|ハ ̄:::::::::::::::       \
    /::::::::::::::::/  .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    }

55 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/26(土) 21:08:47.61 ID:uIJKiqzA0
             , -‐ ´      ` ー、
          /            `ー-、
        ,‐´          、      `ヽ、
        f‐   |         ヽ     ヽ  ヽ
       / ー、 ヽ_  /     ヽ  ヽ  ヽ\ ヽ
      /    } _  l       ヽ ヽ/! ヽ i ヽ i
        l   / /  ヽ l、  ヽ   l ハ/f-f、 }l l、 |リ
      l    l    l_l_lr- {_ゝヽ ヽ  |//fc リ /! /リ  「セト! 姫さまの気持ちも知らないでそんなこと!」
      l   |.:.   } l ハ、=ゞ==リ  /  ムソ /イ 〈
     ノ    l.:.   l イ /´七C、ム/:::::::..    lゝ、ヽ、
`ー-´   _-‐!.:.   ヾ l  弋ソ  ..:::::::::::..    }l  ̄
ー----- f´:::::::ヽ.:.:   ヽ、    ,__ -=   /ヽ、
:.:.:.: _-―‐´、:::::::ヽ.:.:.    ヽ、  /    ̄ノ/!   ヽ、
:.:.:.:ヽ::::::::::::::ヽ、:::::\:.:.:.   ヽ、_ー‐ニ‐´:::::!.:.   ヽ、
.:.:.:.:.ヽ、ヽ:::::::::::ヽ、_::::ヽ、!    ヽフニイ:::/::::::/ヽ:.:.    ヽ
:.:.:./ヽ、ヽ:::::::::::::::::`ー-ヽ.:.    ヽl ll::::l:::::::/::::ヽ、.:.   ヽ
.:.:.:i::::::::::ヽ::\::::::::::::::::::::::}.:.    } l 7::|:::::/:::::::::::}.:.:.    }
:.:.:l::::::::::::::::\::`ヽ、::::::::/.:.:.:.   ,'ヽTl:/:/::::::::::/.:.    /
:.:.:.l:::::::::::::::::::::\::::\/.:.:.:.   /`ヽ、/::::::::::/.:.:.    /
:.:./:::::::::::::::::::::::::::ヽ/.:.:.:.   /:::::::/:l|:::::::::::/.:.:.   ,-‐´

57 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/26(土) 21:11:42.02 ID:uIJKiqzA0
             /\
           _/ ◯  ヽ、    _
       __ _/::::::___::::::::`::.、/::: |
      /n_:>‐ ' ´      ̄`ヽ::::::O::|
     /    /     ヽ ヽ  \:::::ト、
   /     ハ      i  i.   \| ヽ
  / /   i / \.     i  i i   \ ',
  | i i   | |   \ , --|- ミ | i    i  ',  「ありがとう。でもいいのよ、ルイズ……」
  | i i   |イ| ̄`   ) / _i_/ |`ト|    |!  i   
   ', N   | ,rr=ミ   /ノ´i{「`}iヽ| |  ./|  i
   \ト、 .イ ト:.ィ}     {トi::イ} / /  i   ',
    i| \ト 辷リ      ゞ‐'' /イ    i   ヽ
    /i!   |    '        /     ヽ   ',
.   / !i   ',     _ _,.    ./      |   |
   i !|    \.        イ       |  /!|
   | ハ| i    i>、    _,. ' |       /| / リ
   !| ∨.    i  __,≧'-----:|  /  / レ'
     \ハ ハ| ii{ ∩ ∩ /| i !{ ̄ ̄ \
     / V/ハ. } ∪ i/  VV|::::::::::::  |
     | ::::::::::::::::::::::\,/::_:_::,.>―――-、_〉
     {‐‐-――:::/|ハ ̄:::::::::::::::       \
    /::::::::::::::::/  .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    }

59 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/26(土) 21:13:19.54 ID:uIJKiqzA0
              ,. -‐ 、.  /  ̄`~`''‐ 、
                /     `'           `'‐、
           /                   `‐、
           /                           \
        , '                          \
         /     !                       \
      /  l   !                 |          i  「ふぅん。受け取れ女
.     / ,' │ l                     l  !    |   │  奴の形見だ」
     / /./ | │     l          、   | | |  ,' | .l  !  
.    / / /l ! :l  |  |  |           \   !|l | /  | |   !   
    / / ./ ! | l  l  |  | ヽ. ヽ\ \ ヽ. ヽ. |│/ヽ| ! l !  
   `'''‐'、| l ヽ. ヽ.ヽ.  !   l\\`‐、ヽ、\ヽ.| レ'/ヽヽl ! !
.       `‐、| 、ト、__\:、 ヽ. l  トーz、-‐ラ''フヽ!|!/_,ゝヽ }. |│ 
         \ヽl\`ー'ヽ、\ヽ ∨ー`‐←'  ||!-、-、 /! |│  
             ヽト. ´ ̄ジヽN` -ゝ        |!  リ /|.| | |
             !   \          _iー< | |.| | | 
           |\.   \    r‐==''''ヲ     |    ̄`~` ''''‐'- 、 
         |   `'' ー-ヽ、   V r'-‐:/    .|          |
            |      :::::`‐、 `ー- '   ./|     , -.、    |
         |         :::::`‐、    /  .|   { {lll}}   f{! _
      _,,. 、-‐''|        :::::::::`エ´-─ー|   `'ー'    ゞ'´
        ヽ`''ー-       :::::::::: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         /

60 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/26(土) 21:14:49.39 ID:uIJKiqzA0
             /\
           _/ ◯  ヽ、    _
       __ _/::::::___::::::::`::.、/::: |
      /n_:>‐ ' ´      ̄`ヽ::::::O::|
     /    /     ヽ ヽ  \:::::ト、
   /     ハ      i  i.   \| ヽ
  / /   i / \.     i  i i   \ ',
  | i i   | |   \ , --|- ミ | i    i  ',  「これは風のルビー……
  | i i   |イ| ̄`   ) / _i_/ |`ト|    |!  i   ありがとうございますセト殿……」
   ', N   | ,rr=ミ   /ノ´i{「`}iヽ| |  ./|  i
   \ト、 .イ ト:.ィ}     {トi::イ} / /  i   ',
    i| \ト 辷リ      ゞ‐'' /イ    i   ヽ
    /i!   |    '        /     ヽ   ',
.   / !i   ',     _ _,.    ./      |   |
   i !|    \.        イ       |  /!|
   | ハ| i    i>、    _,. ' |       /| / リ
   !| ∨.    i  __,≧'-----:|  /  / レ'
     \ハ ハ| ii{ ∩ ∩ /| i !{ ̄ ̄ \
     / V/ハ. } ∪ i/  VV|::::::::::::  |
     | ::::::::::::::::::::::\,/::_:_::,.>―――-、_〉
     {‐‐-――:::/|ハ ̄:::::::::::::::       \
    /::::::::::::::::/  .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    }

65 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/26(土) 21:25:04.52 ID:uIJKiqzA0
~数日後~

『トリスティン魔法学園』

         │ /   /         /          |   \     \    l       l    ヽ
         レ'l   /         /        l    \     ヽ   l       |    l
         l    l:   ヽ/  / l |             ヽ       |         |    |
         |   i| l    l\/  |l     \  ヽ   l  l:       |         |    |
         |  /| l    | l\ 八      ヽ   ト、  l  :|\ヽ    |         |    |
         l  /│!   l| |k_ \{ヽ      }  l ヽ: l  |  | ハ  i l        |    |  「セト、あんた今日から私と一緒に
         ヽ/ ノ∧  イ≧fテ气ミ ヘ     ハ ./  l│__j_l_!.」__ ∨        |    |  校内で食事を取りなさい。厨房にはいっちゃだめ」
           〃 ヽ  {  |iヘ_イi ハ   ∨厶斗<丁! /  リ │ ` ,'        |    |
               \ N lr:::::::j ,'  }  /// 之fテ气千≦k |  /       /  !     |
               | /. } ゝ--′ //     |iヘ_ ハ    ヾX/      /  /      !
                 イ/ ,′.:.:.:.:::::         l_:::::::::::j    〃∧       /  /      |
             / /  i{        ノ         r'  /    /     ./  /  l     |
             /  /   人              ` ヽ ′   /     /    /   |   l
         /   / /  :\     __     .:.:.:.::::::    /   /     /     l   人
        /    /:         \    V`ヽ          '   /      /      l    \
          /    /           lヽ、  ヽ ノ       /  /       /      i     \
       l     ∧           /   丶          _/  /         /       ヽ     ヽ
       |   /  ヽ      / /   // \ __, .r</   /           /_,ィ7_  -―― - 、
       l  ,′   ヽ     / /   //      \/   /         /   //         ヽ

66 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/26(土) 21:27:42.06 ID:uIJKiqzA0
              ,. -‐ 、.  /  ̄`~`''‐ 、
                /     `'           `'‐、
           /                   `‐、
           /                           \
        , '                          \
         /     !                       \
      /  l   !                 |          i  「凡骨、いくら貴様の頭が悪いからといって
.     / ,' │ l                     l  !    |   │  そこらに落ちているものを食うのは問題があると思うがな
     / /./ | │     l          、   | | |  ,' | .l  !  ふぅん。何を食った。メイドに解毒薬程度なら作らせてやろう」
.    / / /l ! :l  |  |  |           \   !|l | /  | |   !   
    / / ./ ! | l  l  |  | ヽ. ヽ\ \ ヽ. ヽ. |│/ヽ| ! l !  
   `'''‐'、| l ヽ. ヽ.ヽ.  !   l\\`‐、ヽ、\ヽ.| レ'/ヽヽl ! !
.       `‐、| 、ト、__\:、 ヽ. l  トーz、-‐ラ''フヽ!|!/_,ゝヽ }. |│ 
         \ヽl\`ー'ヽ、\ヽ ∨ー`‐←'  ||!-、-、 /! |│  
             ヽト. ´ ̄ジヽN` -ゝ        |!  リ /|.| | |
             !   \          _iー< | |.| | | 
           |\.   \    r‐==''''ヲ     |    ̄`~` ''''‐'- 、 
         |   `'' ー-ヽ、   V r'-‐:/    .|          |
            |      :::::`‐、 `ー- '   ./|     , -.、    |
         |         :::::`‐、    /  .|   { {lll}}   f{! _
      _,,. 、-‐''|        :::::::::`エ´-─ー|   `'ー'    ゞ'´
        ヽ`''ー-       :::::::::: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         /




前へ   次へ