社長がゼロの使い魔の世界に召喚されたようです@ ウィキ 第十話 ~受け継がれる力~ D


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

114 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/26(土) 22:18:03.57 ID:uIJKiqzA0
                 |  l│└ ┐ ./   /        \   \
                 ┌‐┘ ノ./ー─┘/   /     i     ヽ    ヽ
                 └―〃/ | ̄ ̄|   ,′      ',      '.  ヽハ
              / ̄ ̄|│ 「丁   l        ヽ   ヽ   l.  l│
                  ヽ/丁| │|ヽ_>{  j{  /      N  }  │ │|
                |└┘ト l、∧  |ヽ {      } } ヽ, 斗-┼ │l  「そこは素直にありがとうって言いなさいよね!?」
                |│  | lヾ >k{_ \    ノ_ル<ハj /   !│  
                   八!  ∨ ‐〒示心ーヘ ヽ戈云テテ‐レ'     j八  
               / "∧  ',   ゞー'´  j/  ゞー''   /    /   \
              /   ハ  ∨///      /// /   ∧    \
             /     /rヘ   ヘ        ___     _/_/¨ヾ ヘヽ    ヽ
            /    , -‐<:::::}   个 ,、 rー'´__う /〃⌒ヽ \:ヽ \   '.
            /    ,イ:::::::::::::}::::j   ∨ > ー-- ‐ァ<.じ⌒ヽ、   Y:ス \  l
       /     /::l :::::::::::{:: /    ',.   厂V弋′ /^\       /:::∧   \ }
      /      /:::::ヘ::::::::::∨     }ヽ /ー兮-ヽ /{ l、      //:::::l    \
.     /     /l:::::::::::::ヽ/     /:: ∨_/ 厶ヽ_V  フ       /:::::::::::::|\    \
.     ,′   /  |:::::::::::/       /:::::::::∨/_ヽ∨ /     /、__:::::::::::l  \    \
.      l   /  ノ"::::::/      \{::::::::::::::\∀/  {     ム  ):::: く    \    ヽ
      ! /    ヾ:::::/         \:::::::::::::: ̄{   /ゝ-──' {  /:::::::::ノ    ヽ    }
     ∨     /::/           `ヽ /厂ヽ  〉      l/::::::::::::\     }   /

115 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/26(土) 22:21:46.74 ID:uIJKiqzA0
~しばらくして~

         rく!   /   /     ! ヽ  \. V勹!
        ∧|  ! ! !  ∧     ! ∧  ! !  ∨ !
        ! | !  !斗ヤT¨ヽハ   T T ナト|、 !  | |
        | | !  | 斗=zミ  | /,zぇ=rミ.レ|  / .! 「……ねぇセト。あなた兄弟がいるの?」
        | V!\|〈. {く _ハ  '´  {く心! 〉厶イ  .!
        / / | |  トヘrリ     トヘrリ  /  ! ∧
       ,'/  ! ハ ::'¨´:::  、  :::`¨`':: /  /!.  ヽ
       /    |  ハ            /  / !    \
.     /     |   > 、   ´ `  ,. イ   / !      \
   /      /|   ∨ !{r> 、,. イ i /   |  !      \
  /      / !    ∨/^^^^^^^! /   |  !        \

118 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/26(土) 22:23:38.15 ID:uIJKiqzA0
              ,. -‐ 、.  /  ̄`~`''‐ 、
                /     `'           `'‐、
           /                   `‐、
           /                           \
        , '                          \
         /     !                       \
      /  l   !                 |          i  「弟がいる。それがどうかしたか」
.     / ,' │ l                     l  !    |   │  
     / /./ | │     l          、   | | |  ,' | .l  !  
.    / / /l ! :l  |  |  |           \   !|l | /  | |   !   
    / / ./ ! | l  l  |  | ヽ. ヽ\ \ ヽ. ヽ. |│/ヽ| ! l !  
   `'''‐'、| l ヽ. ヽ.ヽ.  !   l\\`‐、ヽ、\ヽ.| レ'/ヽヽl ! !
.       `‐、| 、ト、__\:、 ヽ. l  トーz、-‐ラ''フヽ!|!/_,ゝヽ }. |│ 
         \ヽl\`ー'ヽ、\ヽ ∨ー`‐←'  ||!-、-、 /! |│  
             ヽト. ´ ̄ジヽN` -ゝ        |!  リ /|.| | |
             !   \          _iー< | |.| | | 
           |\.   \    r‐==''''ヲ     |    ̄`~` ''''‐'- 、 
         |   `'' ー-ヽ、   V r'-‐:/    .|          |
            |      :::::`‐、 `ー- '   ./|     , -.、    |
         |         :::::`‐、    /  .|   { {lll}}   f{! _
      _,,. 、-‐''|        :::::::::`エ´-─ー|   `'ー'    ゞ'´
        ヽ`''ー-       :::::::::: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         /

120 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/26(土) 22:28:15.35 ID:uIJKiqzA0
         rく!   /   /     ! ヽ  \. V勹!
        ∧|  ! ! !  ∧     ! ∧  ! !  ∨ !
        ! | !  !斗ヤT¨ヽハ   T T ナト|、 !  | |
        | | !  | 斗=zミ  | /,zぇ=rミ.レ|  / .! 「セトがここに来て初めてのときに、私に兄弟がいるのかって聞いたじゃない
        | V!\|〈. {く _ハ  '´  {く心! 〉厶イ  .!  それからなんだか、ちょっとだけ、本当にちょっとだけ優しくなったから気になったの
        / / | |  トヘrリ     トヘrリ  /  ! ∧    セトは何人家族なの? 弟は一人だけ?」
       ,'/  ! ハ ::'¨´:::  、  :::`¨`':: /  /!.  ヽ
       /    |  ハ            /  / !    \
.     /     |   > 、   ´ `  ,. イ   / !      \
   /      /|   ∨ !{r> 、,. イ i /   |  !      \
  /      / !    ∨/^^^^^^^! /   |  !        \

122 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/26(土) 22:30:11.14 ID:uIJKiqzA0
              ,. -‐ 、.  /  ̄`~`''‐ 、
                /     `'           `'‐、
           /                   `‐、
           /                           \
        , '                          \
         /     !                       \
      /  l   !                 |          i  「一人だ。両親は死んだ。養父もいたがそいつも死んだな
.     / ,' │ l                     l  !    |   │  モクバ……弟と俺は二人だけで生きてきた」
     / /./ | │     l          、   | | |  ,' | .l  !  
.    / / /l ! :l  |  |  |           \   !|l | /  | |   !   
    / / ./ ! | l  l  |  | ヽ. ヽ\ \ ヽ. ヽ. |│/ヽ| ! l !  
   `'''‐'、| l ヽ. ヽ.ヽ.  !   l\\`‐、ヽ、\ヽ.| レ'/ヽヽl ! !
.       `‐、| 、ト、__\:、 ヽ. l  トーz、-‐ラ''フヽ!|!/_,ゝヽ }. |│ 
         \ヽl\`ー'ヽ、\ヽ ∨ー`‐←'  ||!-、-、 /! |│  
             ヽト. ´ ̄ジヽN` -ゝ        |!  リ /|.| | |
             !   \          _iー< | |.| | | 
           |\.   \    r‐==''''ヲ     |    ̄`~` ''''‐'- 、 
         |   `'' ー-ヽ、   V r'-‐:/    .|          |
            |      :::::`‐、 `ー- '   ./|     , -.、    |
         |         :::::`‐、    /  .|   { {lll}}   f{! _
      _,,. 、-‐''|        :::::::::`エ´-─ー|   `'ー'    ゞ'´
        ヽ`''ー-       :::::::::: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         /

124 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/26(土) 22:31:28.92 ID:uIJKiqzA0
      /             ヽ       ヽ  ヽ
.     /  i              ヽ       ヽ   ヽ
     ,'   !     \   ヽ     ヽ       ヽ  ヽ
     i .|  |   \ i\ゝ_,-i     i        ヽ  `ヽ、
      !l!  ヽ !  ヽ L-ゞf!_ ト、    |  ヽ     ヽ、   ` ー-
     リヽ、,-ヾ、. ‐fソ_,ィ-テリ !     !  ヽ ヽ      \
       / ヽ`ヽ. /´ ヾァ   |     |l  !ヽ \      \ 「! ……ごめんなさい」
     /  rヽ 〉ノソ ',      !     !ヽ ヽ \ `ー
    /    ノ し/. ノ     .|    l ヽ、ヽ、 ヽ、 __ \
.   l    r‐ ´   ヽ _  ,-, !    .l _/::::::ー--‐´/::::`:ヽ\
   rL _  i       ` 7 ‐ /     ト/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ ヽ
   |   `ーfァ        /  i     l/:::::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::', ヽ
  イ.     |       /  |     |:::::::::/:::::::::〈::::::::ヽ、_::::::::::::i
./ `ー-、 ノ ー、     /   l       l:::::::::i:::::::::::::\::::::::ヾー、_::l
ヽ           i    !    l      l::::::::l::::::::::::::::::::ヽ:::::::`ヽ、`!

126 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/26(土) 22:32:57.35 ID:uIJKiqzA0
              ,. -‐ 、.  /  ̄`~`''‐ 、
                /     `'           `'‐、
           /                   `‐、
           /                           \
        , '                          \
         /     !                       \
      /  l   !                 |          i  「問題ない。今更気にすることもない」
.     / ,' │ l                     l  !    |   │  
     / /./ | │     l          、   | | |  ,' | .l  !  
.    / / /l ! :l  |  |  |           \   !|l | /  | |   !   
    / / ./ ! | l  l  |  | ヽ. ヽ\ \ ヽ. ヽ. |│/ヽ| ! l !  
   `'''‐'、| l ヽ. ヽ.ヽ.  !   l\\`‐、ヽ、\ヽ.| レ'/ヽヽl ! !
.       `‐、| 、ト、__\:、 ヽ. l  トーz、-‐ラ''フヽ!|!/_,ゝヽ }. |│ 
         \ヽl\`ー'ヽ、\ヽ ∨ー`‐←'  ||!-、-、 /! |│  
             ヽト. ´ ̄ジヽN` -ゝ        |!  リ /|.| | |
             !   \          _iー< | |.| | | 
           |\.   \    r‐==''''ヲ     |    ̄`~` ''''‐'- 、 
         |   `'' ー-ヽ、   V r'-‐:/    .|          |
            |      :::::`‐、 `ー- '   ./|     , -.、    |
         |         :::::`‐、    /  .|   { {lll}}   f{! _
      _,,. 、-‐''|        :::::::::`エ´-─ー|   `'ー'    ゞ'´
        ヽ`''ー-       :::::::::: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         /

127 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/26(土) 22:34:55.60 ID:uIJKiqzA0
         rく!   /   /     ! ヽ  \. V勹!
        ∧|  ! ! !  ∧     ! ∧  ! !  ∨ !
        ! | !  !斗ヤT¨ヽハ   T T ナト|、 !  | |
        | | !  | 斗=zミ  | /,zぇ=rミ.レ|  / .! 「強いのね……だからあんたは『ガンダールヴ』に選ばれたのかしら
        | V!\|〈. {く _ハ  '´  {く心! 〉厶イ  .!  あのワルドに聞いたわ。あんたは伝説の使い魔なんだって」
        / / | |  トヘrリ     トヘrリ  /  ! ∧    
       ,'/  ! ハ ::'¨´:::  、  :::`¨`':: /  /!.  ヽ
       /    |  ハ            /  / !    \
.     /     |   > 、   ´ `  ,. イ   / !      \
   /      /|   ∨ !{r> 、,. イ i /   |  !      \
  /      / !    ∨/^^^^^^^! /   |  !        \

128 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/26(土) 22:36:45.71 ID:uIJKiqzA0
              ,. -‐ 、.  /  ̄`~`''‐ 、
                /     `'           `'‐、
           /                   `‐、
           /                           \
        , '                          \
         /     !                       \
      /  l   !                 |          i  「ふぅん。俺はそんなことどうでもいいがな
.     / ,' │ l                     l  !    |   │  このデュエルディスクを見る限り、そうなのだろう」
     / /./ | │     l          、   | | |  ,' | .l  !  
.    / / /l ! :l  |  |  |           \   !|l | /  | |   !   
    / / ./ ! | l  l  |  | ヽ. ヽ\ \ ヽ. ヽ. |│/ヽ| ! l !  
   `'''‐'、| l ヽ. ヽ.ヽ.  !   l\\`‐、ヽ、\ヽ.| レ'/ヽヽl ! !
.       `‐、| 、ト、__\:、 ヽ. l  トーz、-‐ラ''フヽ!|!/_,ゝヽ }. |│ 
         \ヽl\`ー'ヽ、\ヽ ∨ー`‐←'  ||!-、-、 /! |│  
             ヽト. ´ ̄ジヽN` -ゝ        |!  リ /|.| | |
             !   \          _iー< | |.| | | 
           |\.   \    r‐==''''ヲ     |    ̄`~` ''''‐'- 、 
         |   `'' ー-ヽ、   V r'-‐:/    .|          |
            |      :::::`‐、 `ー- '   ./|     , -.、    |
         |         :::::`‐、    /  .|   { {lll}}   f{! _
      _,,. 、-‐''|        :::::::::`エ´-─ー|   `'ー'    ゞ'´
        ヽ`''ー-       :::::::::: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         /

131 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/26(土) 22:40:32.51 ID:uIJKiqzA0
      /             ヽ       ヽ  ヽ
.     /  i              ヽ       ヽ   ヽ
     ,'   !     \   ヽ     ヽ       ヽ  ヽ
     i .|  |   \ i\ゝ_,-i     i        ヽ  `ヽ、
      !l!  ヽ !  ヽ L-ゞf!_ ト、    |  ヽ     ヽ、   ` ー-
     リヽ、,-ヾ、. ‐fソ_,ィ-テリ !     !  ヽ ヽ      \
       / ヽ`ヽ. /´ ヾァ   |     |l  !ヽ \      \ 「だったらどうして私は魔法ができないの?
     /  rヽ 〉ノソ ',      !     !ヽ ヽ \ `ー  あんたが伝説の使い魔なのに、どうして私はゼロのルイズなのかしら
    /    ノ し/. ノ     .|    l ヽ、ヽ、 ヽ、 __ \   ……せめて、みんなができることを普通にできるようになりたい
.   l    r‐ ´   ヽ _  ,-, !    .l _/::::::ー--‐´/::::`:ヽ\  じゃないと、私……」
   rL _  i       ` 7 ‐ /     ト/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ ヽ
   |   `ーfァ        /  i     l/:::::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::', ヽ
  イ.     |       /  |     |:::::::::/:::::::::〈::::::::ヽ、_::::::::::::i
./ `ー-、 ノ ー、     /   l       l:::::::::i:::::::::::::\::::::::ヾー、_::l
ヽ           i    !    l      l::::::::l::::::::::::::::::::ヽ:::::::`ヽ、`!

135 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/26(土) 22:49:07.49 ID:uIJKiqzA0
              ,.'             ヽ.  ヽ   l l  l  l
                /                ヽ. ヽ    l l   l   l
             / /   ヽ.   ` 、      ヽ ヽ.  レ、l   l.  l
                / /     丶、  ` 、      ヽ ヽ / ヘ \ l  l
             / /        ` 、_   \.    ヽ. ∨ ,'`丶 \ ! l
          /  ヽ      - ニ_ー三>ィヘ、   ヽ ∨、ハ }. 〉j l l 「ふぅん。戯言はそこまでにしておけ凡骨
            ト 、  \ ` 、  丶、  ̄ / j   ` 、  ヽ}_」  j /∧. l l   泣き言を言う暇があったら、成果をあげろ
            `丶、\ `丶、_`ァハ   /     ` 、 l!__,   / Ⅵ l   その間にほかの奴らの言動など犬の声と思え
                   `丶\ゝ、_,イ{j:::} /         ヽl.// ∧  Ⅴ !   この世は成功したものが正義だ」
                 `丶、   ヽ' ´         Ⅵ   ,ヘ ヽ  l  l  
                     ソ‐-、_` 、           ̄´  \ヽ. l. l  
                      /    `丶          」____\ヽV
                   /                  |        ̄ ̄
                  く、                   |
                    `丶, _               |
                     `´、_              /|
                           \        ,イ .|      ,rf⌒
                           ┌‐\      ∠.」 !        {
                           |    \__/   | _l.      弋_
                            |         〈 ̄.l
                              l            l  l
                         l             l  l
                            j    _____j___/______
                 ____/___\    _ _
                 \          ̄\.   | |. //´
                  ヽ        /´〉  | レ'〈

138 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/26(土) 22:50:26.46 ID:uIJKiqzA0
         rく!   /   /     ! ヽ  \. V勹!
        ∧|  ! ! !  ∧     ! ∧  ! !  ∨ !
        ! | !  !斗ヤT¨ヽハ   T T ナト|、 !  | |
        | | !  | 斗=zミ  | /,zぇ=rミ.レ|  / .! 「セト……」
        | V!\|〈. {く _ハ  '´  {く心! 〉厶イ  .!  
        / / | |  トヘrリ     トヘrリ  /  ! ∧    
       ,'/  ! ハ ::'¨´:::  、  :::`¨`':: /  /!.  ヽ
       /    |  ハ            /  / !    \
.     /     |   > 、   ´ `  ,. イ   / !      \
   /      /|   ∨ !{r> 、,. イ i /   |  !      \
  /      / !    ∨/^^^^^^^! /   |  !        \

141 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/26(土) 22:51:07.84 ID:uIJKiqzA0
              ,. -‐ 、.  /  ̄`~`''‐ 、
                /     `'           `'‐、
           /                   `‐、
           /                           \
        , '                          \
         /     !                       \
      /  l   !                 |          i  「ふぅん。無駄な時間を使った
.     / ,' │ l                     l  !    |   │   俺は睡眠を取る」
     / /./ | │     l          、   | | |  ,' | .l  !  
.    / / /l ! :l  |  |  |           \   !|l | /  | |   !   
    / / ./ ! | l  l  |  | ヽ. ヽ\ \ ヽ. ヽ. |│/ヽ| ! l !  
   `'''‐'、| l ヽ. ヽ.ヽ.  !   l\\`‐、ヽ、\ヽ.| レ'/ヽヽl ! !
.       `‐、| 、ト、__\:、 ヽ. l  トーz、-‐ラ''フヽ!|!/_,ゝヽ }. |│ 
         \ヽl\`ー'ヽ、\ヽ ∨ー`‐←'  ||!-、-、 /! |│  
             ヽト. ´ ̄ジヽN` -ゝ        |!  リ /|.| | |
             !   \          _iー< | |.| | | 
           |\.   \    r‐==''''ヲ     |    ̄`~` ''''‐'- 、 
         |   `'' ー-ヽ、   V r'-‐:/    .|          |
            |      :::::`‐、 `ー- '   ./|     , -.、    |
         |         :::::`‐、    /  .|   { {lll}}   f{! _
      _,,. 、-‐''|        :::::::::`エ´-─ー|   `'ー'    ゞ'´
        ヽ`''ー-       :::::::::: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         /

147 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/26(土) 22:54:39.95 ID:uIJKiqzA0
         rく!   /   /     ! ヽ  \. V勹!
        ∧|  ! ! !  ∧     ! ∧  ! !  ∨ !
        ! | !  !斗ヤT¨ヽハ   T T ナト|、 !  | |
        | | !  | 斗=zミ  | /,zぇ=rミ.レ|  / .! 「あっ……もう、優しいのか厳しいのかどっちかにしなさいよね……」
        | V!\|〈. {く _ハ  '´  {く心! 〉厶イ  .!  
        / / | |  トヘrリ     トヘrリ  /  ! ∧    
       ,'/  ! ハ ::'¨´:::  、  :::`¨`':: /  /!.  ヽ
       /    |  ハ            /  / !    \
.     /     |   > 、   ´ `  ,. イ   / !      \
   /      /|   ∨ !{r> 、,. イ i /   |  !      \
  /      / !    ∨/^^^^^^^! /   |  !        \

295 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/27(日) 21:16:54.58 ID:Mfbr7B940
~数日後~ 『魔法学園廊下』

                __// __ヾ==-、
               f'´ ̄ , '´:::::::::::::::::::::::`ヽ l
               |  /::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::\
              ∧/:::::/::::::〃::::;.イ/l::::}:: ,::::::::::ヽ
              l::::{::::::l:::::/__::/ / /_/:/j: /::::::::}
              |::::l::::::レ/,,∠`/ /∠/メ//:/
              l:::::!::::::| 伐_j    f以ヽ彡イ  「あっ! セト様!」
              ヽ:::!::::::i V;;リ    {;;リ 〃::: |
               Vl::::: |      '   {:::::: l
                l:!:::::::l>、   ー   .イ:::::::,'__
          厂 ̄ ¨ヽ \ :::!-j> _ ィ<、::::::::/  ヽ
           `ート 、_r' _\ヽ:|,_ ̄ヘ二´¨l_ハ::/  ./゙ヽ
          /⌒く/ ヽ∠ヽ「j|`~/ //ヽ `∨ /    }
          l   l    } Ⅵ ヽ  ' 〉、 ∨    /
          ゝァ‐ }   くrー!  入  }:.:.\ V二ニ〈
           { /    \ }∨  \∧:.:. ヽ ',   }
           ン′      ヽ|    ¨ヽ:.:.. ノ ヘ_/ ヽ
          {         \   8//~′ }    _>
           `ヽ、__  __/ `ヽ_//    〃 /
              \  ̄/    /`===彳 r′
             __ヽ {     }     j、 l
           く    ハ    /-- ――‐イ 〉

299 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2008/01/27(日) 21:18:28.29 ID:Mfbr7B940
              ,. -‐ 、.  /  ̄`~`''‐ 、
                /     `'           `'‐、
           /                   `‐、
           /                           \
        , '                          \
         /     !                       \
      /  l   !                 |          i  「メイドか、何のようだ」
.     / ,' │ l                     l  !    |   │
     / /./ | │     l          、   | | |  ,' | .l  !
.    / / /l ! :l  |  |  |           \   !|l | /  | |   !
    / / ./ ! | l  l  |  | ヽ. ヽ\ \ ヽ. ヽ. |│/ヽ| ! l ! 
   `'''‐'、| l ヽ. ヽ.ヽ.  !   l\\`‐、ヽ、\ヽ.| レ'/ヽヽl ! !
.       `‐、| 、ト、__\:、 ヽ. l  トーz、-‐ラ''フヽ!|!/_,ゝヽ }. |│ 
         \ヽl\`ー'ヽ、\ヽ ∨ー`‐←'  ||!-、-、 /! |│  
             ヽト. ´ ̄ジヽN` -ゝ        |!  リ /|.| | |
             !   \          _iー< | |.| | | 
           |\.   \    r‐==''''ヲ     |    ̄`~` ''''‐'- 、 
         |   `'' ー-ヽ、   V r'-‐:/    .|          |
            |      :::::`‐、 `ー- '   ./|     , -.、    |
         |         :::::`‐、    /  .|   { {lll}}   f{! _
      _,,. 、-‐''|        :::::::::`エ´-─ー|   `'ー'    ゞ'´
        ヽ`''ー-       :::::::::: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         /




前へ   次へ