社長がゼロの使い魔の世界に召喚されたようです@ ウィキ 第五話 ~鉄槌~ A

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

980 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2007/12/03(月) 22:41:58.90 ID:uQnAbl0z0
第五話 ~鉄槌~

          //   //  、    ,    \',    i ',
          ,' i    //     ヽ i  /    ヽ !   l l
       i l   /--―、   ! l /  /`ヽ、ヾ!   l i
       | l    !}_/` 、ヽ  ',、,/ //`ヽ、ヾ!   l l
        l |   iヽ  ソーヽヽ_ ゙' //-ヾ `/!   l l
        l l  │!=   ・`テ、 ,ーイ ・    =} |   !,'  「さて諸君。知ってのとおり『破壊の杖』が土くれのフーケによって盗まれた。
       ! l   V ,-、`ー -´ヾ ソ ヽ`ー ´   V  ,' !、 現場にいたのはミス・ヴァリエール、君だね。詳しく説明したまえ」
    ,-‐´_〉 !   l   `ー‐´  |  |  `ー-´  /    !/、:ヽ、
   //¨ i', l   l、   ,--〉 、 ,〈--、   /|    lヽヽ、ヽ、
 //:::::::::::l !l   l ', /  ヽ、i i,ノ   ヽ / i    / i:::::::ヽ、 ヽ、
./.:.ヽ、:::::::::::|  l   lソ             ヾ /   /  l::::::::::_〉::::::ヽ
ヽ:ヽ、_ニ=--!、 ヽ  イ      ノ、      ソ   / r-┴ ̄::::::::::::::ヽ
. ヽ:::::::::::: ̄ヽヽ、!   ',     /.:.:ヽ     /  / /:/:::::::::::::::::::::::/
.  }::::::::::::::::::::`ヽヽ!   !   /.:.:.:.:.ヽ、  /  ///::::::::::::::::::::/,
./:\::::::::::::::::::::`、ヽ  l  ´.:.:.:.:.:.:..:.:.:.ヽ、/  /ー´:::::::::::::::::::/:::::i

990 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2007/12/03(月) 22:45:58.43 ID:uQnAbl0z0
      /             ヽ       ヽ  ヽ
.     /  i              ヽ       ヽ   ヽ
     ,'   !     \   ヽ     ヽ       ヽ  ヽ
     i .|  |   \ i\ゝ_,-i     i        ヽ  `ヽ、
      !l!  ヽ !  ヽ L-ゞf!_ ト、    |  ヽ     ヽ、   ` ー-
     リヽ、,-ヾ、. ‐fソ_,ィ-テリ !     !  ヽ ヽ      \  「あの、大きなゴーレムが現れて、上にのっていたメイジが宝物庫から『破壊の杖』を持ち出したんです
       / ヽ`ヽ. /´ ヾァ   |     |l  !ヽ \      \ ゴーレムは学院の城壁を越した後土になっちゃいました……
     /  rヽ 〉ノソ ',      !     !ヽ ヽ \ `ー  メイジも影も形もありませんでした」
    /    ノ し/. ノ     .|    l ヽ、ヽ、 ヽ、 __ \
.   l    r‐ ´   ヽ _  ,-, !    .l _/::::::ー--‐´/::::`:ヽ\
   rL _  i       ` 7 ‐ /     ト/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ ヽ
   |   `ーfァ        /  i     l/:::::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::', ヽ
  イ.     |       /  |     |:::::::::/:::::::::〈::::::::ヽ、_::::::::::::i
./ `ー-、 ノ ー、     /   l       l:::::::::i:::::::::::::\::::::::ヾー、_::l
ヽ           i    !    l      l::::::::l::::::::::::::::::::ヽ:::::::`ヽ、`!

40 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2007/12/03(月) 22:53:11.22 ID:uQnAbl0z0
          //   //  、    ,    \',    i ',
          ,' i    //     ヽ i  /    ヽ !   l l
       i l   /--―、   ! l /  /`ヽ、ヾ!   l i
       | l    !}_/` 、ヽ  ',、,/ //`ヽ、ヾ!   l l
        l |   iヽ  ソーヽヽ_ ゙' //-ヾ `/!   l l
        l l  │!=   ・`テ、 ,ーイ ・    =} |   !,'  「ふむ、後を追おうにも、手がかりなしという訳か
       ! l   V ,-、`ー -´ヾ ソ ヽ`ー ´   V  ,' !、   時に、ミス・ロングビルはどうしたね?
    ,-‐´_〉 !   l   `ー‐´  |  |  `ー-´  /    !/、:ヽ、 朝から姿が見えんようだが」
   //¨ i', l   l、   ,--〉 、 ,〈--、   /|    lヽヽ、ヽ、
 //:::::::::::l !l   l ', /  ヽ、i i,ノ   ヽ / i    / i:::::::ヽ、 ヽ、
./.:.ヽ、:::::::::::|  l   lソ             ヾ /   /  l::::::::::_〉::::::ヽ
ヽ:ヽ、_ニ=--!、 ヽ  イ      ノ、      ソ   / r-┴ ̄::::::::::::::ヽ
. ヽ:::::::::::: ̄ヽヽ、!   ',     /.:.:ヽ     /  / /:/:::::::::::::::::::::::/
.  }::::::::::::::::::::`ヽヽ!   !   /.:.:.:.:.ヽ、  /  ///::::::::::::::::::::/,
./:\::::::::::::::::::::`、ヽ  l  ´.:.:.:.:.:.:..:.:.:.ヽ、/  /ー´:::::::::::::::::::/:::::i

44 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2007/12/03(月) 22:56:51.93 ID:uQnAbl0z0
                    _,,,,,,_     ________
                 _,,-''´    ヽ ,,-''´     `ヽ、
                ,-"       レ′         ヽ
              ,;''                    ヽ
             ,;",;'7                      `、
             /,;' /     /ヽ、 ,r'´!           ヽ
               // ! ,'    /` ` `′´ !             `、
            レ′i ,i i   i       ヽ  i  `、 、      i
            !   ! i ! i   l        ヽ ト、 `、`、       !
             !   ! !i !   !         i ! ヽ ヽ i       !
             !  l,!l !   !         レ′ヽ `、!        !
             !  l ! ! !  l              `、__.!      ! 「ただいま戻りました。事件の発覚後急遽捜査した結果
            !   ! ! !__,!,,,,,__      ,, -‐_,,¨,,,,,i  !      ! フーケの居所がわかりました
            !   !、`、!,,l-┬、-、      ,r'´i__!__,! l}''!¨  i¨¨_'''''‐-,,_  ここからなら徒歩で半日、馬で四時間といったところでしょうか」
             !  _,,! ヽ ヾヽ!、`__!, '        ´   !l !  i'´  。 ゚,/
          _,,i-''´_,!  ヽヾ`、             ,ノl l  l_,,>-''i´i
         < 。 。 ¨ !   ! ``              ! l  lヽ_,!、,! !
          `''i-<_i-!   !、       !       ! !  lヽ  ,' /!
           l   l   il ヽ、     -‐‐-     /! !  l ! `ー〈 l
           !   l   l !  `ヽ           / ! /   ! ヽ   !
           !   l   l l     !`ヽ、     /   レ!    !   !`ー<´!
             !    !  l !    !    `''''''''´    /     !  l    !、
           i    !  l !    !         /!    i   l`ヽ、 ! i
            /    l   ! l   /_         /   /   ヽ、 `′!
          /     l   ! l  /、::::¨:::''''‐----‐‐:i    /        !ー--!ヽ、
        /      !   ! !'´  ¨''''‐--------‐!  / ` 、     `ー,-,,_,! !
       /      __,,,,!   l ! i            !  /   `ヽ、 ___ ヽ   l

55 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2007/12/03(月) 22:59:13.25 ID:uQnAbl0z0
          //   //  、    ,    \',    i ',
          ,' i    //     ヽ i  /    ヽ !   l l
       i l   /--―、   ! l /  /`ヽ、ヾ!   l i
       | l    !}_/` 、ヽ  ',、,/ //`ヽ、ヾ!   l l
        l |   iヽ  ソーヽヽ_ ゙' //-ヾ `/!   l l
        l l  │!=   ・`テ、 ,ーイ ・    =} |   !,'  「では捜索隊を編成する、われと思うものは杖を掲げよ
       ! l   V ,-、`ー -´ヾ ソ ヽ`ー ´   V  ,' !、   ……おらんのか? どうした?
    ,-‐´_〉 !   l   `ー‐´  |  |  `ー-´  /    !/、:ヽ、 フーケをつかまえて名を上げようという貴族はおらんのか!」
   //¨ i', l   l、   ,--〉 、 ,〈--、   /|    lヽヽ、ヽ、
 //:::::::::::l !l   l ', /  ヽ、i i,ノ   ヽ / i    / i:::::::ヽ、 ヽ、
./.:.ヽ、:::::::::::|  l   lソ             ヾ /   /  l::::::::::_〉::::::ヽ
ヽ:ヽ、_ニ=--!、 ヽ  イ      ノ、      ソ   / r-┴ ̄::::::::::::::ヽ
. ヽ:::::::::::: ̄ヽヽ、!   ',     /.:.:ヽ     /  / /:/:::::::::::::::::::::::/
.  }::::::::::::::::::::`ヽヽ!   !   /.:.:.:.:.ヽ、  /  ///::::::::::::::::::::/,
./:\::::::::::::::::::::`、ヽ  l  ´.:.:.:.:.:.:..:.:.:.ヽ、/  /ー´:::::::::::::::::::/:::::i

60 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2007/12/03(月) 23:03:27.09 ID:uQnAbl0z0
            /    /    \ ヽ   ヽ ヽ
             //  / ∧    :.  \\   :.',:.. ',
             // : { /:.ハ :l:.  ト;.: |l_ハ_:|   :.:l:.:. l
          l ハ 从丁≧ュ、}:.: 厶斗矛廾   :.|:.:. l
          レ' ヽ:|:.:} ,仟:r'} j/ 之:ン゙ |   .:.|:.:. l
              ト-ゝ ゞ'´ ' __      |   .:.|:.: ', 「私が行きます」
             / | ∧   f'ー ヽ     !   .:.ト、  \
               / .|  ヽ   ヽ _,ノ  イ   .:.|:.}:.   \
            /   |   :.:> 、_,. < |/   .:.|:.:',:.:.   \
           / .:.:.:ノ ,z==|テ廾ァ、/  .:.:.:/\\:.:.:.:.:.  ` ̄` ー- 、
         /.:.:.:.:./  〃.:.:/{=//\.:.:.:.:/:::::::`ヽ\:.:.:.:.:.:.:.      ヽ
       / .:.:.:.:/   //{/!::::::レ'/  .:.:.:\/::::::::、:::::::::}:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.     〉
       〈  :.:〈    /∧|::::::ヽ:::::〈   :.:.:.:./\:::::::::\:::l.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:  /
        \ 人.  /7゙  \::::::::::::ヽ   :.:.\::ヾ!:::::::::::ヾ、__:.:.:.:.〉:.:.:.:.:.   /
        /::::::ヽ//     \:::::::::::\   :.:.:ヽ;||:::::::\::::::::}:.:./:.:.:.:.:.  /
         {::::rー// .:.      ∧:::::::::::::〉 :.:  :.:.l:||::::::::::::\:::l:.:{:.:.:.:.   〈
       / {二}ソ.:.:.:.   / || \::/ .:.:.  /}ヽ\:::::::::::::ヾ、\:.     \


64 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2007/12/03(月) 23:05:32.26 ID:uQnAbl0z0
          //   //  、    ,    \',    i ',
          ,' i    //     ヽ i  /    ヽ !   l l
       i l   /--―、   ! l /  /`ヽ、ヾ!   l i
       | l    !}_/` 、ヽ  ',、,/ //`ヽ、ヾ!   l l
        l |   iヽ  ソーヽヽ_ ゙' //-ヾ `/!   l l
        l l  │!=   ・`テ、 ,ーイ ・    =} |   !,'  「ミス・ヴァリエールか」
       ! l   V ,-、`ー -´ヾ ソ ヽ`ー ´   V  ,' !、  
    ,-‐´_〉 !   l   `ー‐´  |  |  `ー-´  /    !/、:ヽ、 
   //¨ i', l   l、   ,--〉 、 ,〈--、   /|    lヽヽ、ヽ、
 //:::::::::::l !l   l ', /  ヽ、i i,ノ   ヽ / i    / i:::::::ヽ、 ヽ、
./.:.ヽ、:::::::::::|  l   lソ             ヾ /   /  l::::::::::_〉::::::ヽ
ヽ:ヽ、_ニ=--!、 ヽ  イ      ノ、      ソ   / r-┴ ̄::::::::::::::ヽ
. ヽ:::::::::::: ̄ヽヽ、!   ',     /.:.:ヽ     /  / /:/:::::::::::::::::::::::/
.  }::::::::::::::::::::`ヽヽ!   !   /.:.:.:.:.ヽ、  /  ///::::::::::::::::::::/,
./:\::::::::::::::::::::`、ヽ  l  ´.:.:.:.:.:.:..:.:.:.ヽ、/  /ー´:::::::::::::::::::/:::::i

「何をしているのです! あなたは生徒ではありませんか! ここは教師に任せて……」
「まったくだ! そもそも君が行っても……」

65 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2007/12/03(月) 23:06:45.62 ID:uQnAbl0z0
              ,. -‐ 、.  /  ̄`~`''‐ 、
                /     `'           `'‐、
           /                   `‐、
           /                           \
        , '                          \
         /     !                       \
      /  l   !                 |          i
.     / ,' │ l                     l  !    |   │
     / /./ | │     l          、   | | |  ,' | .l  !
.    / / /l ! :l  |  |  |           \   !|l | /  | |   ! 
    / / ./ ! | l  l  |  | ヽ. ヽ\ \ ヽ. ヽ. |│/ヽ| ! l !    「ふぅん。どうやらこの世界の貴族という称号は臆病者の証のようだな」
   `'''‐'、| l ヽ. ヽ.ヽ.  !   l\\`‐、ヽ、\ヽ.| レ'/ヽヽl ! ! 
.       `‐、| 、ト、__\:、 ヽ. l  トーz、-‐ラ''フヽ!|!/_,ゝヽ }. |│   
         \ヽl\`ー'ヽ、\ヽ ∨ー`‐←'  ||!-、-、 /! |│ 
             ヽト. ´ ̄ジヽN` -ゝ        |!  リ /|.| | |
             !   \          _iー< | |.| | | 
           |\.   \    r‐==''''ヲ     |    ̄`~` ''''‐'- 、 
         |   `'' ー-ヽ、   V r'-‐:/    .|          |
            |      :::::`‐、 `ー- '   ./|     , -.、    |
         |         :::::`‐、    /  .|   { {lll}}   f{! _
      _,,. 、-‐''|        :::::::::`エ´-─ー|   `'ー'    ゞ'´
        ヽ`''ー-       :::::::::: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         /

81 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2007/12/03(月) 23:08:37.67 ID:uQnAbl0z0
          //   //  、    ,    \',    i ',
          ,' i    //     ヽ i  /    ヽ !   l l
       i l   /--―、   ! l /  /`ヽ、ヾ!   l i
       | l    !}_/` 、ヽ  ',、,/ //`ヽ、ヾ!   l l
        l |   iヽ  ソーヽヽ_ ゙' //-ヾ `/!   l l
        l l  │!=   ・`テ、 ,ーイ ・    =} |   !,'  「ほう?」
       ! l   V ,-、`ー -´ヾ ソ ヽ`ー ´   V  ,' !、  
    ,-‐´_〉 !   l   `ー‐´  |  |  `ー-´  /    !/、:ヽ、 
   //¨ i', l   l、   ,--〉 、 ,〈--、   /|    lヽヽ、ヽ、
 //:::::::::::l !l   l ', /  ヽ、i i,ノ   ヽ / i    / i:::::::ヽ、 ヽ、
./.:.ヽ、:::::::::::|  l   lソ             ヾ /   /  l::::::::::_〉::::::ヽ
ヽ:ヽ、_ニ=--!、 ヽ  イ      ノ、      ソ   / r-┴ ̄::::::::::::::ヽ
. ヽ:::::::::::: ̄ヽヽ、!   ',     /.:.:ヽ     /  / /:/:::::::::::::::::::::::/
.  }::::::::::::::::::::`ヽヽ!   !   /.:.:.:.:.ヽ、  /  ///::::::::::::::::::::/,
./:\::::::::::::::::::::`、ヽ  l  ´.:.:.:.:.:.:..:.:.:.ヽ、/  /ー´:::::::::::::::::::/:::::i

「な!? 黙れ平民! そもそも貴様がなぜここにいる!」
「そのとおりです! その上貴族に対する暴言、許されることではありませんよ!?」

92 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2007/12/03(月) 23:12:57.19 ID:uQnAbl0z0
           , -─- 、  , -‐- 、
        ,, -'"     `V     `‐、
      /                 \
    ./                       \
    /                      ヽ
   ./  /                   l  ヽ
  /  / /  / ./ /          l   | .l .lヽ
  |  l. l  /  / / ./ .l    |  |  l  / /  l l.〉 
   l、 | |  l  / / ./ ./   |.  l  | ./ ./ ./ | |./ 「黙るのは貴様らのほうだ屑ども!!
    l、| | l // ///|   l  / / //// / /   .   ふぅん! 汚名返上もできんごみ屑が何を言っても茶番にしかならん!
    l、l | /l///_/ l  / //_|/_∠| / | /     .  あまつさえ教え子に先を越されるだと?
    /⌒ヽ | \ `ー' ゝl  // `ー' /|/⌒v'        貴様らが教師などとは聞いて呆れるわ!!」
    | l⌒l l|    ̄ ̄"//|〉 ̄ ̄ ̄  .|/^_l.l    
    ヽゝ(ー| /|   ´ \|       ll ),l'ノ  
     lヽ_ /  |   ┌───7   /._/         
     .l/   |     l ̄ ̄ ̄/    / /   ,ノ!
    /       |..   V´ ̄∨   ./ /,.-‐'" .|
    ./   (;;)   |\   `ー‐'´  / /       |
    |     _|_\       /| ./      |
   (|   ,.-‐'"    | \__/  .|/    _,.-─;
   |/    .(;;) |─────┤ _,.-‐'":::::::::/

109 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2007/12/03(月) 23:15:19.47 ID:uQnAbl0z0
                      /
          , -― ‐´ ̄ ` ‐ 、  /          /              l
     /  /      ヽ、_  ヽ/          ハ /            l /
    イ  /          `― i /   /     / // /      /ハ / /
   / ー ´ /     r、 f、     /   /  _/-/ト/-!-/ /   //-{-/、/_  「きゃあ! ダーリンかっこいい!!」
  ,'  /  /    .:ト-ヽ{ニヽヽ:. //    !/ // /  リ///   /-´ _// /
  ー>.  /   ', :.l  ´彳r}`ヽ //  /./リ_ ニニニニリ/ /   ニテ―‐ /、  「……正論」
.  /-´7 //   ヽ、!    ̄ ノ-!/   // / ´ f::ヽ、イ //    f‐、_,イ! /
. /  l  l/i :  . :.:/ヽ、      l/  .  l /li  ー ‐   f―‐{  ー ‐/-イ
. r‐--!./イ-{:. .:.:.:./  _ -,    〉/{/l :l/、ヽ、____ - ´   , `ヽ、___/
´:::::::::リ::::!::::〉: .:/|/ 、  ー   /´‐-リ } リrヽ-',              _-ニ´
 ` ‐-、:/  !/ :j./`丶r、 , イ:::::::::::::::::`ヾ、  r\        -    -‐ニ´_-イ
`ー‐:/    リ:/   l ト、ーヽ´ ̄ ̄`ヽ、:::`ト、/:ハゝ、           /-´ ,-‐´
::::::::/    .:.:.:./-、    ゝ_` ̄ ヽ::::::::::::::::::`ヽ、:::`ヾ ヽl `ー  _ - ´ ヒ´ヽ::/:::::::
:::::/   .:.:.::/:::::::>‐ ´::::::`/`}::::::::::::::::::::::::::::\::::::\`ヽ、_   , -´  /:::::::/

125 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2007/12/03(月) 23:17:19.03 ID:uQnAbl0z0
       , イ             \
       /::::::\                \
        /::::::::::::::ヽ                 ',
        |::::::::::::::::::{              l
        |::::_:::::::::::::〉     、         |
        |/ ,、ヽ::::/       \        {
       /  ヽ∨   ̄≧ュ、  〉    __,. ,'
       {  ノ       r'::リ  ̄´  斤ォー / 「ミス・ツェルプストー! ミス・タバサ!
       ∧ヽゝ ヽ     ̄ー' ├ー |ゞ′、/  聞いていたのか!?」
     ,'  \|  |    ヽ、__ノ   !、__ノ
  _ /     l  l           }  /
 /:::::::ヾ     ヽ      __ ー' /
ノ:::::::::::::`:ー- 、 \   < _ / /
::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ヽ __     /
:::::::::::_:::-──::':: ̄::::::::::::::::: ̄/ ̄ 7 、
-─'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /::::::::`::─- 、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /::::::::::::::::::::::::::::::>ー───── 、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /:::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::

131 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2007/12/03(月) 23:20:02.66 ID:uQnAbl0z0
                      /
          , -― ‐´ ̄ ` ‐ 、  /          /              l
     /  /      ヽ、_  ヽ/          ハ /            l /
    イ  /          `― i /   /     / // /      /ハ / /
   / ー ´ /     r、 f、     /   /  _/-/ト/-!-/ /   //-{-/、/_  「だって話が聞こえちゃったんだもの
  ,'  /  /    .:ト-ヽ{ニヽヽ:. //    !/ // /  リ///   /-´ _// /  そこでダーリンのあの台詞、話しに入らずにはいられませんわ」
  ー>.  /   ', :.l  ´彳r}`ヽ //  /./リ_ ニニニニリ/ /   ニテ―‐ /、  
.  /-´7 //   ヽ、!    ̄ ノ-!/   // / ´ f::ヽ、イ //    f‐、_,イ! /
. /  l  l/i :  . :.:/ヽ、      l/  .  l /li  ー ‐   f―‐{  ー ‐/-イ「ドア越しでもうるさかった」
. r‐--!./イ-{:. .:.:.:./  _ -,    〉/{/l :l/、ヽ、____ - ´   , `ヽ、___/
´:::::::::リ::::!::::〉: .:/|/ 、  ー   /´‐-リ } リrヽ-',              _-ニ´
 ` ‐-、:/  !/ :j./`丶r、 , イ:::::::::::::::::`ヾ、  r\        -    -‐ニ´_-イ
`ー‐:/    リ:/   l ト、ーヽ´ ̄ ̄`ヽ、:::`ト、/:ハゝ、           /-´ ,-‐´
::::::::/    .:.:.:./-、    ゝ_` ̄ ヽ::::::::::::::::::`ヽ、:::`ヾ ヽl `ー  _ - ´ ヒ´ヽ::/:::::::
:::::/   .:.:.::/:::::::>‐ ´::::::`/`}::::::::::::::::::::::::::::\::::::\`ヽ、_   , -´  /:::::::/

138 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2007/12/03(月) 23:22:38.39 ID:uQnAbl0z0
         ,. "´ ̄ `  、
      /`´        \
     /       、     `ヽ、
     /  /     !ヽ i i    i
     | / /     ,|/⌒、: |  ハノ
     !`´ i     、\灯`|ノi: /  「オールド・オスマン。私も捜索隊に参加しますわ
    人,ノ!: i:    ト、.\. |:.i/ >`ー- 、_  ……タバサあんたはいいのよ、無理しないで」
   /   ∧i,    |ヽ ̄ / ∨:::::::::::::::::::::::::::`:::‐ 、
`ー´    :/ .ハ\   k. フ/',:  `ー、:::::::::::::::::::::::::::::::;ヘ
_,./  / i  |\ トイ ! /ゝ、   ヽ;::::::::::::::::::::/!:::ヘ
./   ./'ー.j  |―\!v'⌒ヽ;/´ ` -、i:::::::::::::/ ./::::::::i
     /:::::::/  i::::::::::::ム  ,ノ   /  ヽ:::r ´  /:::::::::::|
    .|::::::/.   |,.- ´  ̄`ヾ;:   /   ∨   i:::::::::::::|
    /:::::i   ,! ヘ、_ _ ,.-, /    ノ 、 ,/::::::::::::i
   /::::::|  .r"   _`__ ∨イ.〉´    , く_/´:::::::::::::/
   /:::::::::!/"ヽ ト、 _,.-y´//_ ,.- く,i  `v、:::::::::::::/
  /:::::::::;/  ノ .人ゝ._,.ノ_,/ ' i    ヽ、 iク:::::::::::/
  /::::::/   ー"  '/      i     ヾ´:::::::::::/

141 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2007/12/03(月) 23:24:00.80 ID:uQnAbl0z0
                    - ―― -  、
                 /          \
                   , '            ヽ
               /       j __/_    ハ
                 /  、ヽ ハ   /// `//   }
                  レ  ィくム从 /イtァテ</     !
                i ハゝ 仡i Y-{ ゞ'┘/:/   ,′
                l !ヘ\__,ノ' ` ー‐7 /   / 「行く。心配」
                リl 八   .   /イ ///
                ヽヘ > 、   ,.ィ//ル′
                  ` \N、l`71-‐〃´ ̄ヽ
                  〃 ̄ V }{ヽ/    _>
          ___      /\_,.ィ=ヽ/_.. -‐ヘ
          l\ミミヽ、   ,ィ≦三彡'´ ̄「ヽ     ヽ
          |   `ヾミヽイ彡'"      |        \
          j_    l≡l         !_         \
          { ヽ   |  !         _ とニヽ        ヽ
          ヾー;ヘ   l  l       ヾー- !\` 、     }






前へ    トップページ   次へ