社長がゼロの使い魔の世界に召喚されたようです@ ウィキ 第五話 ~鉄槌~ B


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

147 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2007/12/03(月) 23:26:38.32 ID:uQnAbl0z0
              ,. -‐ 、.  /  ̄`~`''‐ 、
                /     `'           `'‐、
           /                   `‐、
           /                           \
        , '                          \
         /     !                       \
      /  l   !                 |          i
.     / ,' │ l                     l  !    |   │
     / /./ | │     l          、   | | |  ,' | .l  !
.    / / /l ! :l  |  |  |           \   !|l | /  | |   ! 
    / / ./ ! | l  l  |  | ヽ. ヽ\ \ ヽ. ヽ. |│/ヽ| ! l !    「ふぅん。どうやらこれで捜索隊は決定のようだな
   `'''‐'、| l ヽ. ヽ.ヽ.  !   l\\`‐、ヽ、\ヽ.| レ'/ヽヽl ! !   貴様らの力に期待はしていないが、そこの屑どもよりは役に立ちそうだ
.       `‐、| 、ト、__\:、 ヽ. l  トーz、-‐ラ''フヽ!|!/_,ゝヽ }. |│    おい、じじい。異論はないな」
         \ヽl\`ー'ヽ、\ヽ ∨ー`‐←'  ||!-、-、 /! |│ 
             ヽト. ´ ̄ジヽN` -ゝ        |!  リ /|.| | |
             !   \          _iー< | |.| | | 
           |\.   \    r‐==''''ヲ     |    ̄`~` ''''‐'- 、 
         |   `'' ー-ヽ、   V r'-‐:/    .|          |
            |      :::::`‐、 `ー- '   ./|     , -.、    |
         |         :::::`‐、    /  .|   { {lll}}   f{! _
      _,,. 、-‐''|        :::::::::`エ´-─ー|   `'ー'    ゞ'´
        ヽ`''ー-       :::::::::: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         /

158 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2007/12/03(月) 23:30:17.05 ID:uQnAbl0z0
          //   //  、    ,    \',    i ',
          ,' i    //     ヽ i  /    ヽ !   l l
       i l   /--―、   ! l /  /`ヽ、ヾ!   l i
       | l    !}_/` 、ヽ  ',、,/ //`ヽ、ヾ!   l l
        l |   iヽ  ソーヽヽ_ ゙' //-ヾ `/!   l l
        l l  │!=   ・`テ、 ,ーイ ・    =} |   !,'  「……ふむ、よかろう
       ! l   V ,-、`ー -´ヾ ソ ヽ`ー ´   V  ,' !、  では、馬車を用意しよう。ミス・ロングビル、彼女たちを手伝ってやってくれ」
    ,-‐´_〉 !   l   `ー‐´  |  |  `ー-´  /    !/、:ヽ、 
   //¨ i', l   l、   ,--〉 、 ,〈--、   /|    lヽヽ、ヽ、
 //:::::::::::l !l   l ', /  ヽ、i i,ノ   ヽ / i    / i:::::::ヽ、 ヽ、
./.:.ヽ、:::::::::::|  l   lソ             ヾ /   /  l::::::::::_〉::::::ヽ
ヽ:ヽ、_ニ=--!、 ヽ  イ      ノ、      ソ   / r-┴ ̄::::::::::::::ヽ
. ヽ:::::::::::: ̄ヽヽ、!   ',     /.:.:ヽ     /  / /:/:::::::::::::::::::::::/
.  }::::::::::::::::::::`ヽヽ!   !   /.:.:.:.:.ヽ、  /  ///::::::::::::::::::::/,
./:\::::::::::::::::::::`、ヽ  l  ´.:.:.:.:.:.:..:.:.:.ヽ、/  /ー´:::::::::::::::::::/:::::i

「オールド・オスマン! 私は反対です! 平民と生徒など返り討ちに会うのが落ちです!」
「まったくです! それよりもこの平民を即刻捕まえて……」

165 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2007/12/03(月) 23:32:17.94 ID:uQnAbl0z0
           , -─- 、  , -‐- 、
        ,, -'"     `V     `‐、
      /                 \
    ./                       \
    /                      ヽ
   ./  /                   l  ヽ
  /  / /  / ./ /          l   | .l .lヽ
  |  l. l  /  / / ./ .l    |  |  l  / /  l l.〉 
   l、 | |  l  / / ./ ./   |.  l  | ./ ./ ./ | |./ 「見苦しいぞ、豚
    l、| | l // ///|   l  / / //// / /   .   貴様らはせいぜいここで餌でも頬張って
    l、l | /l///_/ l  / //_|/_∠| / | /     .  俺らの成功を待つがいい
    /⌒ヽ | \ `ー' ゝl  // `ー' /|/⌒v'         いくぞ、貴様ら」
    | l⌒l l|    ̄ ̄"//|〉 ̄ ̄ ̄  .|/^_l.l    
    ヽゝ(ー| /|   ´ \|       ll ),l'ノ  
     lヽ_ /  |   ┌───7   /._/         
     .l/   |     l ̄ ̄ ̄/    / /   ,ノ!
    /       |..   V´ ̄∨   ./ /,.-‐'" .|
    ./   (;;)   |\   `ー‐'´  / /       |
    |     _|_\       /| ./      |
   (|   ,.-‐'"    | \__/  .|/    _,.-─;
   |/    .(;;) |─────┤ _,.-‐'":::::::::/

185 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2007/12/03(月) 23:34:32.49 ID:uQnAbl0z0
             , -‐ ´      ` ー、
          /            `ー-、
        ,‐´          、      `ヽ、
        f‐   |         ヽ     ヽ  ヽ
       / ー、 ヽ_  /     ヽ  ヽ  ヽ\ ヽ
      /    } _  l       ヽ ヽ/! ヽ i ヽ i
        l   / /  ヽ l、  ヽ   l ハ/f-f、 }l l、 |リ  「こ、こら! なんであんたが仕切ってんのよ!
      l    l    l_l_lr- {_ゝヽ ヽ  |//fc リ /! /リ  ご主人様である私より偉そうにするなんて許さないんだからね!」
      l   |.:.   } l ハ、=ゞ==リ  /  ムソ /イ 〈
     ノ    l.:.   l イ /´七C、ム/:::::::..    lゝ、ヽ、
`ー-´   _-‐!.:.   ヾ l  弋ソ  ..:::::::::::..    }l  ̄
ー----- f´:::::::ヽ.:.:   ヽ、    ,__ -=   /ヽ、
:.:.:.: _-―‐´、:::::::ヽ.:.:.    ヽ、  /    ̄ノ/!   ヽ、
:.:.:.:ヽ::::::::::::::ヽ、:::::\:.:.:.   ヽ、_ー‐ニ‐´:::::!.:.   ヽ、
.:.:.:.:.ヽ、ヽ:::::::::::ヽ、_::::ヽ、!    ヽフニイ:::/::::::/ヽ:.:.    ヽ
:.:.:./ヽ、ヽ:::::::::::::::::`ー-ヽ.:.    ヽl ll::::l:::::::/::::ヽ、.:.   ヽ
.:.:.:i::::::::::ヽ::\::::::::::::::::::::::}.:.    } l 7::|:::::/:::::::::::}.:.:.    }
:.:.:l::::::::::::::::\::`ヽ、::::::::/.:.:.:.   ,'ヽTl:/:/::::::::::/.:.    /
:.:.:.l:::::::::::::::::::::\::::\/.:.:.:.   /`ヽ、/::::::::::/.:.:.    /
:.:./:::::::::::::::::::::::::::ヽ/.:.:.:.   /:::::::/:l|:::::::::::/.:.:.   ,-‐´

192 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2007/12/03(月) 23:36:18.45 ID:uQnAbl0z0
                      /
          , -― ‐´ ̄ ` ‐ 、  /          /              l
     /  /      ヽ、_  ヽ/          ハ /            l /
    イ  /          `― i /   /     / // /      /ハ / /
   / ー ´ /     r、 f、     /   /  _/-/ト/-!-/ /   //-{-/、/_ 「面白くなってきたじゃな~い。待って~ダーリーン!」
  ,'  /  /    .:ト-ヽ{ニヽヽ:. //    !/ // /  リ///   /-´ _// /
  ー>.  /   ', :.l  ´彳r}`ヽ //  /./リ_ ニニニニリ/ /   ニテ―‐ /、 「……変人」
.  /-´7 //   ヽ、!    ̄ ノ-!/   // / ´ f::ヽ、イ //    f‐、_,イ! /
. /  l  l/i :  . :.:/ヽ、      l/  .  l /li  ー ‐   f―‐{  ー ‐/-イ
. r‐--!./イ-{:. .:.:.:./  _ -,    〉/{/l :l/、ヽ、____ - ´   , `ヽ、___/
´:::::::::リ::::!::::〉: .:/|/ 、  ー   /´‐-リ } リrヽ-',              _-ニ´
 ` ‐-、:/  !/ :j./`丶r、 , イ:::::::::::::::::`ヾ、  r\        -    -‐ニ´_-イ
`ー‐:/    リ:/   l ト、ーヽ´ ̄ ̄`ヽ、:::`ト、/:ハゝ、           /-´ ,-‐´
::::::::/    .:.:.:./-、    ゝ_` ̄ ヽ::::::::::::::::::`ヽ、:::`ヾ ヽl `ー  _ - ´ ヒ´ヽ::/:::::::
:::::/   .:.:.::/:::::::>‐ ´::::::`/`}::::::::::::::::::::::::::::\::::::\`ヽ、_   , -´  /:::::::/

202 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2007/12/03(月) 23:40:18.36 ID:uQnAbl0z0
~フーケのアジト前~

              ,. -‐ 、.  /  ̄`~`''‐ 、
                /     `'           `'‐、
           /                   `‐、
           /                           \
        , '                          \
         /     !                       \
      /  l   !                 |          i
.     / ,' │ l                     l  !    |   │
     / /./ | │     l          、   | | |  ,' | .l  !
.    / / /l ! :l  |  |  |           \   !|l | /  | |   ! 
    / / ./ ! | l  l  |  | ヽ. ヽ\ \ ヽ. ヽ. |│/ヽ| ! l !    「ふぅん。ここがフーケとやらの根城か
   `'''‐'、| l ヽ. ヽ.ヽ.  !   l\\`‐、ヽ、\ヽ.| レ'/ヽヽl ! !    ずいぶんとみすぼらしい建物だ」
.       `‐、| 、ト、__\:、 ヽ. l  トーz、-‐ラ''フヽ!|!/_,ゝヽ }. |│    
         \ヽl\`ー'ヽ、\ヽ ∨ー`‐←'  ||!-、-、 /! |│ 
             ヽト. ´ ̄ジヽN` -ゝ        |!  リ /|.| | |
             !   \          _iー< | |.| | | 
           |\.   \    r‐==''''ヲ     |    ̄`~` ''''‐'- 、 
         |   `'' ー-ヽ、   V r'-‐:/    .|          |
            |      :::::`‐、 `ー- '   ./|     , -.、    |
         |         :::::`‐、    /  .|   { {lll}}   f{! _
      _,,. 、-‐''|        :::::::::`エ´-─ー|   `'ー'    ゞ'´
        ヽ`''ー-       :::::::::: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         /

206 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2007/12/03(月) 23:43:41.81 ID:uQnAbl0z0
                    _,,,,,,_     ________
                 _,,-''´    ヽ ,,-''´     `ヽ、
                ,-"       レ′         ヽ
              ,;''                    ヽ
             ,;",;'7                      `、
             /,;' /     /ヽ、 ,r'´!           ヽ
               // ! ,'    /` ` `′´ !             `、
            レ′i ,i i   i       ヽ  i  `、 、      i
            !   ! i ! i   l        ヽ ト、 `、`、       !
             !   ! !i !   !         i ! ヽ ヽ i       !
             !  l,!l !   !         レ′ヽ `、!        !
             !  l ! ! !  l              `、__.!      ! 「ですが私の聞いた情報だと、あの中にいるという話です」
            !   ! ! !__,!,,,,,__      ,, -‐_,,¨,,,,,i  !      ! 
            !   !、`、!,,l-┬、-、      ,r'´i__!__,! l}''!¨  i¨¨_'''''‐-,,_  
             !  _,,! ヽ ヾヽ!、`__!, '        ´   !l !  i'´  。 ゚,/
          _,,i-''´_,!  ヽヾ`、             ,ノl l  l_,,>-''i´i
         < 。 。 ¨ !   ! ``              ! l  lヽ_,!、,! !
          `''i-<_i-!   !、       !       ! !  lヽ  ,' /!
           l   l   il ヽ、     -‐‐-     /! !  l ! `ー〈 l
           !   l   l !  `ヽ           / ! /   ! ヽ   !
           !   l   l l     !`ヽ、     /   レ!    !   !`ー<´!
             !    !  l !    !    `''''''''´    /     !  l    !、
           i    !  l !    !         /!    i   l`ヽ、 ! i
            /    l   ! l   /_         /   /   ヽ、 `′!
          /     l   ! l  /、::::¨:::''''‐----‐‐:i    /        !ー--!ヽ、
        /      !   ! !'´  ¨''''‐--------‐!  / ` 、     `ー,-,,_,! !
       /      __,,,,!   l ! i            !  /   `ヽ、 ___ ヽ   l

213 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2007/12/03(月) 23:47:00.92 ID:uQnAbl0z0
                    - ―― -  、
                 /          \
                   , '            ヽ
               /       j __/_    ハ
                 /  、ヽ ハ   /// `//   }
                  レ  ィくム从 /イtァテ</     !
                i ハゝ 仡i Y-{ ゞ'┘/:/   ,′
                l !ヘ\__,ノ' ` ー‐7 /   / 「作戦
                リl 八   .   /イ ///  偵察兼囮役が小屋に行って中を確認
                ヽヘ > 、   ,.ィ//ル′ フーケがいれば挑発して外に出す
                  ` \N、l`71-‐〃´ ̄ヽ  出た瞬間魔法で集中攻撃」
                  〃 ̄ V }{ヽ/    _>
          ___      /\_,.ィ=ヽ/_.. -‐ヘ
          l\ミミヽ、   ,ィ≦三彡'´ ̄「ヽ     ヽ
          |   `ヾミヽイ彡'"      |        \
          j_    l≡l         !_         \
          { ヽ   |  !         _ とニヽ        ヽ
          ヾー;ヘ   l  l       ヾー- !\` 、     }

218 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2007/12/03(月) 23:49:37.74 ID:uQnAbl0z0
           , -─- 、  , -‐- 、
        ,, -'"     `V     `‐、
      /                 \
    ./                       \
    /                      ヽ
   ./  /                   l  ヽ
  /  / /  / ./ /          l   | .l .lヽ
  |  l. l  /  / / ./ .l    |  |  l  / /  l l.〉 
   l、 | |  l  / / ./ ./   |.  l  | ./ ./ ./ | |./ 「ふぅん。くだらん
    l、| | l // ///|   l  / / //// / /   .   賊相手に姑息な手段など使っていられるか
    l、l | /l///_/ l  / //_|/_∠| / | /     .  貴様らはここで待っているがいい、俺がかたをつける
    /⌒ヽ | \ `ー' ゝl  // `ー' /|/⌒v'         出て来い賊が!!!!
    | l⌒l l|    ̄ ̄"//|〉 ̄ ̄ ̄  .|/^_l.l      この俺がわざわざ出向いてやったんだ!!!
    ヽゝ(ー| /|   ´ \|       ll ),l'ノ    ありがたく思え!!!!」
     lヽ_ /  |   ┌───7   /._/         
     .l/   |     l ̄ ̄ ̄/    / /   ,ノ!
    /       |..   V´ ̄∨   ./ /,.-‐'" .|
    ./   (;;)   |\   `ー‐'´  / /       |
    |     _|_\       /| ./      |
   (|   ,.-‐'"    | \__/  .|/    _,.-─;
   |/    .(;;) |─────┤ _,.-‐'":::::::::/

229 :社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg:2007/12/03(月) 23:51:02.52 ID:uQnAbl0z0
                    - ―― -  、
                 /          \
                   , '            ヽ
               /       j __/_    ハ
                 /  、ヽ ハ   /// `//   }
                  レ  ィくム从 /イtァテ</     !
                i ハゝ 仡i Y-{ ゞ'┘/:/   ,′
                l !ヘ\__,ノ' ` ー‐7 /   / 「……馬鹿」
                リl 八   .   /イ ///  
                ヽヘ > 、   ,.ィ//ル′ 
                  ` \N、l`71-‐〃´ ̄ヽ  
                  〃 ̄ V }{ヽ/    _>
          ___      /\_,.ィ=ヽ/_.. -‐ヘ
          l\ミミヽ、   ,ィ≦三彡'´ ̄「ヽ     ヽ
          |   `ヾミヽイ彡'"      |        \
          j_    l≡l         !_         \
          { ヽ   |  !         _ とニヽ        ヽ
          ヾー;ヘ   l  l       ヾー- !\` 、     }




前へ    トップページ   次へ