社長がゼロの使い魔の世界に召喚されたようです@ ウィキ 第七話 ~責任~ C

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

69 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 20:27:33.83 ID:Yw+ghNwc0
                      __
                 _, '"´      `丶、
                /            \
                  / ,' /  / /  ヽ   `ヽヽ
               l l j __ // ,イ   、ハヽ   }! ハ
               l l 「 j_从7ヽハ  !七大 ` } リ }/
                | l Vf゙?圷/ jl ノィアト、ヘ// /
                  j l  l  V_:ソ  ´  V:リ /jイノ
               ,' ハ ヘ.       '  ` ,'  l !
                / / l  ヽ   ー ‐  .厶 |ハ  「はぁはぁ……
                //' ∧  弋ト 、 __ , r<7  l ヽ  姫さま、あれはただの使いまです。
          / / / ∧   Vー、 Kヽ{   ヽ  ヽ  恋人だなんて冗談じゃないわ!」
         /  /./  /¨}   ',__∧_j_l::::ハ   \ }/
         ,′  l {  /:::/   /::::ヾ ☆Y:::ハ    X
         {   V r'::::::/   /::::::::::\__j:::::入xぅ/  \
         ヽ  l  { :::/   /::::::::::::::::::V://∠     ',
          }  ! j/  /:!::::::::::::::::::∧V _二}:ヽ   /
          /  /  {   〈:::::::l:::::::::::::::/:| j/ -ーソ:::ノ   /
         / /  |ヽ  \:::l:::::::::::/∠/j  rテ':〃  ( ヽ   ,
.      / /  、__jノ   ∧{::::::/ ,/ {  _/:::ハ   `ー彡
      /  〃  、__ >   /::;>'´   /! ∨ヘ::::ヾ::\   < _
      ヽ {{    =ァ 彡<::/     { >く{ ヽ:::::ヽ:::::ユ=―'´

72 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 20:31:00.60 ID:Yw+ghNwc0
             /\
           _/ ◯  ヽ、    _
       __ _/::::::___::::::::`::.、/::: |
      /n_:>‐ ' ´      ̄`ヽ::::::O::|
     /    /     ヽ ヽ  \:::::ト、
   /     ハ      i  i.   \| ヽ
  / /   i / \.     i  i i   \ ',
  | i i   | |   \ , --|- ミ | i    i  ',
  | i i   |イ| ̄`   ) / _i_/ |`ト|    |!  i
   ', N   | ,rr=ミ   /ノ´i{「`}iヽ| |  ./|  i 「使い魔なの? 確かに人とは少し違うみたいね。わかったわ
   \ト、 .イ ト:.ィ}     {トi::イ} / /  i   ',    ……ルイズ・フランソワーズ、わたくし結婚することになったの
    i| \ト 辷リ      ゞ‐'' /イ    i   ヽ   ゲルマニアの皇帝と……」
    /i!   |    '        /     ヽ   ',
.   / !i   ',     _ _,.    ./      |   |
   i !|    \.        イ       |  /!|
   | ハ| i    i>、    _,. ' |       /| / リ
   !| ∨.    i  __,≧'-----:|  /  / レ'
     \ハ ハ| ii{ ∩ ∩ /| i !{ ̄ ̄ \
     / V/ハ. } ∪ i/  VV|::::::::::::  |
     | ::::::::::::::::::::::\,/::_:_::,.>―――-、_〉
     {‐‐-――:::/|ハ ̄:::::::::::::::       \
    /::::::::::::::::/  .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    }

75 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 20:36:54.22 ID:Yw+ghNwc0
                    -─‐- 、
                -‐'´        丶
             / /  〃:./  {      ヽ
            /  /  .:/:∧:l:.. ヽ:.: ヽ:. ヽ:.:.:.',
              l :i.:.l.:.:.:.:7メk!八:.:.  }厶匕:.jl:..:.:ハ
             Vl从 :.:.{/フ必ハ` イ/心 `V:.:.:.:i | 「ゲルマニアですって! あんな野蛮な成り上がりどもの国に!」
              ヽト、:f‘ 乏ン ノ/弋乏. !:.:.: | l
              小:.:.ゝ :::::   '   :::::: /.:.: i ハ
             /..:l :.:人    ' ⌒ヽ   ,/.:.:  ,'  ',
           /.:.: l :.:.:.:.> 、.    , イ/.:.:  / :.:. ヽ
          / .:.:.:./:ヽ..:.:.:.\ j. `´ レ′  ∧:.:.:.:... \
        / .:.:.:.:./:.:/¨ヽ :.:.:.:.ヽ 、  /.:.:.  ,'7ヽ、:.:.:.:.:.:.:..丶、
       / .:.:.:.:.:/:._/  _} :.:.:.:.:}  _{:.:.:.:   {_}} `V:.:.`ヽ:.:.:.:.:..ヽ

76 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 20:42:21.01 ID:Yw+ghNwc0
             /\
           _/ ◯  ヽ、    _
       __ _/::::::___::::::::`::.、/::: |
      /n_:>‐ ' ´      ̄`ヽ::::::O::|
     /    /     ヽ ヽ  \:::::ト、
   /     ハ      i  i.   \| ヽ
  / /   i / \.     i  i i   \ ',
  | i i   | |   \ , --|- ミ | i    i  ',
  | i i   |イ| ̄`   ) / _i_/ |`ト|    |!  i
   ', N   | ,rr=ミ   /ノ´i{「`}iヽ| |  ./|  i 「そうよ、でもしかたないの同盟を結ぶためなのですから
   \ト、 .イ ト:.ィ}     {トi::イ} / /  i   ',    ルイズ、好きな相手と結婚するなんて物心ついたときから諦めてますわ
    i| \ト 辷リ      ゞ‐'' /イ    i   ヽ   ……礼儀しらずのアルビオンの貴族の革命派はトリスティンとゲルマニアの同盟を望んでいません
    /i!   |    '        /     ヽ   ',  したがってわたくしの婚姻を妨げるための材料を血眼になって探しています」
.   / !i   ',     _ _,.    ./      |   |
   i !|    \.        イ       |  /!|
   | ハ| i    i>、    _,. ' |       /| / リ
   !| ∨.    i  __,≧'-----:|  /  / レ'
     \ハ ハ| ii{ ∩ ∩ /| i !{ ̄ ̄ \
     / V/ハ. } ∪ i/  VV|::::::::::::  |
     | ::::::::::::::::::::::\,/::_:_::,.>―――-、_〉
     {‐‐-――:::/|ハ ̄:::::::::::::::       \
    /::::::::::::::::/  .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    }

78 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 20:45:32.54 ID:Yw+ghNwc0
            /                 \
           /                 `ヽ 丶
             /        .:ノ            ',  ヽ
         / /  /   .:.:/     :ヽ:. ヽ:ヽ   V   l
         l.:.|  :/  .:./.;イ    :ヽ:...:.:l.:.: .:|:..:l   l:  !
         |.:.| .:l .: \!/ l:.:{  .:.:.|ヽ:.:}ヽ .:j .:.!    |:.  |
         ヽハ:l:.| !:.:.:jV\{:八 .:.::.l }:/_,j;ィト:.l   .:l:.:  |
            ヽ从:.: iイfチ心ハ 、从ィ厶斗<V  .:.jl:.:  |  「で、もしかして姫さまの婚姻を妨げるような材料が?」
             \ト小._V;zソ ノ/  V;;_z1 '/  .:.:.:ハ:.:. 八
              リ :} .:::::: ,     :::::::..  /  .:.:.:/.:.ヽ:.:.: ヽ
            _..ノ/八            /  .:.:.:/.:.:.:.:.\:.:.  \
         , -‐´ :/ .:.:>,.、 ´ ヽ   ィ′ .:.:.: ハ;.__ .:.:.:.:\:.:.:   ̄`丶、
        〃 .:.:/  .:.:.:.:.: ノ'¨ ヽ、_ , ィ≦7   :.:.:./'´  ヽ.:.:.:.:.` ー- 、:.   ヽ
         l .:./  .:.:.:.:. ;.'イ\ ノ} /`∨  :.:.:.:{     ゝー、.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:  }
         {.:/  .:.:.:.:.:/  }  Vx1_/  {   :.:.:.:ヽ      ∧.:.:.:.:.:.:.:}:.:. ,′
       〃  :.:.:.:./   j/  ̄ ̄ ヽ入   :.:.:.:.:.\      ヽ.:.:.:.:./:.:/
       {  :.:.:.:.{      |     /  \   :.:.:.:.:.\     ):.:/:.;イ

79 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 20:47:29.61 ID:Yw+ghNwc0
             /\
           _/ ◯  ヽ、    _
       __ _/::::::___::::::::`::.、/::: |
      /n_:>‐ ' ´      ̄`ヽ::::::O::|
     /    /     ヽ ヽ  \:::::ト、
   /     ハ      i  i.   \| ヽ
  / /   i / \.     i  i i   \ ',
  | i i   | |   \ , --|- ミ | i    i  ',
  | i i   |イ| ̄`   ) / _i_/ |`ト|    |!  i
   ', N   | ,rr=ミ   /ノ´i{「`}iヽ| |  ./|  i 「おお、始祖ブリミルよ……この不幸な姫をお救いください……」
   \ト、 .イ ト:.ィ}     {トi::イ} / /  i   ', 
    i| \ト 辷リ      ゞ‐'' /イ    i   ヽ   
    /i!   |    '        /     ヽ   ',  
.   / !i   ',     _ _,.    ./      |   |
   i !|    \.        イ       |  /!|
   | ハ| i    i>、    _,. ' |       /| / リ
   !| ∨.    i  __,≧'-----:|  /  / レ'
     \ハ ハ| ii{ ∩ ∩ /| i !{ ̄ ̄ \
     / V/ハ. } ∪ i/  VV|::::::::::::  |
     | ::::::::::::::::::::::\,/::_:_::,.>―――-、_〉
     {‐‐-――:::/|ハ ̄:::::::::::::::       \
    /::::::::::::::::/  .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    }

82 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 20:49:43.15 ID:Yw+ghNwc0
     /        l    \         \ ヽ
    /       .:/  | |   .:. :ヽ :\   .ヽ   ヽ ',
    / /  .: :| .:/ .:.:| |:   、.:.:.:.\ :.:ヽ   :|  :.:', |
    l l |  .:.: .:.! .:ハ/: :∧|:.:.  :\:.:.:.lヽ:.:.:\:..:|  :.:.:|: |
    | | |:   .:| :.:|_;.|_|_|__乂:.:.: .:`廾十 ト-:、ヽ:|  :.:.:|: |
   lハ ト、 -K´|ヾ! \:|__ `\:.:.:.:.:.}_ヾ!. |:.:.:ハ/l   :.:.!: |
    ヾ;.\:.| ,ィチfテ¨ヾミ、  ヽ.:.:./,ィチ¨ヾミk、{   :.:.|: | 「言って! 姫さま!
     N ヾ ソ{ 代:、ノリ   ノ/  代:、ノリ バ  ..:.:.:|: |  いったい、姫さまのご婚姻を妨げる材料ってなんなのですか?」
     | ヘ :.',  と);少゙。      と)_,少゙ /  .:. .:.:./: ',
     ∧ ハ :ヘ  ゚ ::::::    ,   ::::::::::: ゚ /  .:.:. .:./.:.: ヽ
     / .:.:.:| :.:',        __       /  .:.:.:.:.:/:.:.:.:.. \
   / .:.:.:.:.:.|  ヽ      f ーヽ     /  .:.:.:.:.:/:.:.:.:.\:.  \
. / .:.:.:.:.:.:.:.:.:|  :.:.\    、__ ノ   /  .:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:\:.:. ヽ
/ .:.:.:.:/  ̄ Y  :.:.:.:.> 、      , イ  ..:.:.:.:.:.├─ ー 、:.:.\:. ',
 .:.:.:.:/、   }  .:.:.:.:.:.∨ー-≧ー ≦-'{   .:.:.:.:.:.:.:.|     l:.:.:.:.l:.:. |
 .:.:./  \  /  .:.:.:.:.:.:.:〉  ∧ ∧  |  ..:.:.:.:.:.:.:.:|     |:.:.:.:.|:.:. |

83 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 20:53:03.21 ID:Yw+ghNwc0
             /\
           _/ ◯  ヽ、    _
       __ _/::::::___::::::::`::.、/::: |
      /n_:>‐ ' ´      ̄`ヽ::::::O::|
     /    /     ヽ ヽ  \:::::ト、
   /     ハ      i  i.   \| ヽ
  / /   i / \.     i  i i   \ ',
  | i i   | |   \ , --|- ミ | i    i  ',
  | i i   |イ| ̄`   ) / _i_/ |`ト|    |!  i
   ', N   | ,rr=ミ   /ノ´i{「`}iヽ| |  ./|  i 「……わたくしが以前したためた一通の手紙なのです
   \ト、 .イ ト:.ィ}     {トi::イ} / /  i   ',   それがアルビオンの貴族の手に渡ったら……
    i| \ト 辷リ      ゞ‐'' /イ    i   ヽ   彼らはすぐにゲルマニアの皇室にそれを届けるでしょう
    /i!   |    '        /     ヽ   ',  ああ……それを読んだらゲルマニアの皇室は私を許さないでしょう
.   / !i   ',     _ _,.    ./      |   |  トリスティンは一国にてあの協力なアルビオンと戦争をしなければなりません」
   i !|    \.        イ       |  /!|
   | ハ| i    i>、    _,. ' |       /| / リ
   !| ∨.    i  __,≧'-----:|  /  / レ'
     \ハ ハ| ii{ ∩ ∩ /| i !{ ̄ ̄ \
     / V/ハ. } ∪ i/  VV|::::::::::::  |
     | ::::::::::::::::::::::\,/::_:_::,.>―――-、_〉
     {‐‐-――:::/|ハ ̄:::::::::::::::       \
    /::::::::::::::::/  .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    }

84 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 20:54:10.68 ID:Yw+ghNwc0
              ,.'             ヽ.  ヽ   l l  l  l
                /                ヽ. ヽ    l l   l   l
             / /   ヽ.   ` 、      ヽ ヽ.  レ、l   l.  l
                / /     丶、  ` 、      ヽ ヽ / ヘ \ l  l
             / /        ` 、_   \.    ヽ. ∨ ,'`丶 \ ! l
          /  ヽ      - ニ_ー三>ィヘ、   ヽ ∨、ハ }. 〉j l l  「……ふぅん」
            ト 、  \ ` 、  丶、  ̄ / j   ` 、  ヽ}_」  j /∧. l l
            `丶、\ `丶、_`ァハ   /     ` 、 l!__,   / ? l
                   `丶\ゝ、_,イ{j:::} /         ヽl.// ∧  ? !
                 `丶、   ヽ' ´         ?   ,ヘ ヽ  l  l
                     ソ‐-、_` 、           ̄´  \ヽ. l. l
                      /    `丶          」____\ヽV
                   /                  |        ̄ ̄
                  く、                   |
                    `丶, _               |
                     `´、_              /|
                           \        ,イ .|      ,rf⌒
                           ┌‐\      ∠.」 !        {
                           |    \__/   | _l.      弋_
                            |         〈 ̄.l
                              l            l  l
                         l             l  l
                            j    _____j___/______
                 ____/___\    _ _
                 \          ̄\.   | |. //´
                  ヽ        /´〉  | レ'〈

86 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 20:55:38.30 ID:Yw+ghNwc0
     /        l    \         \ ヽ
    /       .:/  | |   .:. :ヽ :\   .ヽ   ヽ ',
    / /  .: :| .:/ .:.:| |:   、.:.:.:.\ :.:ヽ   :|  :.:', |
    l l |  .:.: .:.! .:ハ/: :∧|:.:.  :\:.:.:.lヽ:.:.:\:..:|  :.:.:|: |
    | | |:   .:| :.:|_;.|_|_|__乂:.:.: .:`廾十 ト-:、ヽ:|  :.:.:|: |
   lハ ト、 -K´|ヾ! \:|__ `\:.:.:.:.:.}_ヾ!. |:.:.:ハ/l   :.:.!: |
    ヾ;.\:.| ,ィチfテ¨ヾミ、  ヽ.:.:./,ィチ¨ヾミk、{   :.:.|: | 「いったい、その手紙はどこにあるのですか?
     N ヾ ソ{ 代:、ノリ   ノ/  代:、ノリ バ  ..:.:.:|: |   トリスティンに危機をもたらすその手紙とやらは!」
     | ヘ :.',  と);少゙。      と)_,少゙ /  .:. .:.:./: ',
     ∧ ハ :ヘ  ゚ ::::::    ,   ::::::::::: ゚ /  .:.:. .:./.:.: ヽ
     / .:.:.:| :.:',        __       /  .:.:.:.:.:/:.:.:.:.. \
   / .:.:.:.:.:.|  ヽ      f ーヽ     /  .:.:.:.:.:/:.:.:.:.\:.  \
. / .:.:.:.:.:.:.:.:.:|  :.:.\    、__ ノ   /  .:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:\:.:. ヽ
/ .:.:.:.:/  ̄ Y  :.:.:.:.> 、      , イ  ..:.:.:.:.:.├─ ー 、:.:.\:. ',
 .:.:.:.:/、   }  .:.:.:.:.:.∨ー-≧ー ≦-'{   .:.:.:.:.:.:.:.|     l:.:.:.:.l:.:. |
 .:.:./  \  /  .:.:.:.:.:.:.:〉  ∧ ∧  |  ..:.:.:.:.:.:.:.:|     |:.:.:.:.|:.:. |

91 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 20:59:16.91 ID:Yw+ghNwc0
             /\
           _/ ◯  ヽ、    _
       __ _/::::::___::::::::`::.、/::: |
      /n_:>‐ ' ´      ̄`ヽ::::::O::|
     /    /     ヽ ヽ  \:::::ト、
   /     ハ      i  i.   \| ヽ
  / /   i / \.     i  i i   \ ',
  | i i   | |   \ , --|- ミ | i    i  ',
  | i i   |イ| ̄`   ) / _i_/ |`ト|    |!  i
   ', N   | ,rr=ミ   /ノ´i{「`}iヽ| |  ./|  i 「それが、手元にはないのです
   \ト、 .イ ト:.ィ}     {トi::イ} / /  i   ',   実はアルビオンにあるのです。
    i| \ト 辷リ      ゞ‐'' /イ    i   ヽ   アルビオンの反乱贅と骨肉の争いを繰り広げている、王家のウェールズ皇太子が持っているのです……」
    /i!   |    '        /     ヽ   ',  
.   / !i   ',     _ _,.    ./      |   |  
   i !|    \.        イ       |  /!|
   | ハ| i    i>、    _,. ' |       /| / リ
   !| ∨.    i  __,≧'-----:|  /  / レ'
     \ハ ハ| ii{ ∩ ∩ /| i !{ ̄ ̄ \
     / V/ハ. } ∪ i/  VV|::::::::::::  |
     | ::::::::::::::::::::::\,/::_:_::,.>―――-、_〉
     {‐‐-――:::/|ハ ̄:::::::::::::::       \
    /::::::::::::::::/  .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    }

93 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 21:01:03.06 ID:Yw+ghNwc0
      /             ヽ       ヽ  ヽ
.     /  i              ヽ       ヽ   ヽ
     ,'   !     \   ヽ     ヽ       ヽ  ヽ
     i .|  |   \ i\ゝ_,-i     i        ヽ  `ヽ、
      !l!  ヽ !  ヽ L-ゞf!_ ト、    |  ヽ     ヽ、   ` ー-
     リヽ、,-ヾ、. ‐fソ_,ィ-テリ !     !  ヽ ヽ      \
       / ヽ`ヽ. /´ ヾァ   |     |l  !ヽ \      \ 「プリンス・オブ・ウェールズ?
     /  rヽ 〉ノソ ',      !     !ヽ ヽ \ `ー  あの凛々しき皇太子さまが?」
    /    ノ し/. ノ     .|    l ヽ、ヽ、 ヽ、 __ \
.   l    r‐ ´   ヽ _  ,-, !    .l _/::::::ー--‐´/::::`:ヽ\
   rL _  i       ` 7 ‐ /     ト/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ ヽ
   |   `ーfァ        /  i     l/:::::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::', ヽ
  イ.     |       /  |     |:::::::::/:::::::::〈::::::::ヽ、_::::::::::::i
./ `ー-、 ノ ー、     /   l       l:::::::::i:::::::::::::\::::::::ヾー、_::l
ヽ           i    !    l      l::::::::l::::::::::::::::::::ヽ:::::::`ヽ、`!

95 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 21:03:48.89 ID:Yw+ghNwc0
             /\
           _/ ◯  ヽ、    _
       __ _/::::::___::::::::`::.、/::: |
      /n_:>‐ ' ´      ̄`ヽ::::::O::|
     /    /     ヽ ヽ  \:::::ト、
   /     ハ      i  i.   \| ヽ
  / /   i / \.     i  i i   \ ',
  | i i   | |   \ , --|- ミ | i    i  ',
  | i i   |イ| ̄`   ) / _i_/ |`ト|    |!  i
   ', N   | ,rr=ミ   /ノ´i{「`}iヽ| |  ./|  i 「ああ! 破滅です!
   \ト、 .イ ト:.ィ}     {トi::イ} / /  i   ',   ウェールズ皇太子は遅かれ早かれ反乱贅にとらわれてしまうわ!
    i| \ト 辷リ      ゞ‐'' /イ    i   ヽ   そうしたらあの手紙も明るみに出てしまう! そうなったら破滅です!
    /i!   |    '        /     ヽ   ',  破滅なのです! 同盟ならずして
.   / !i   ',     _ _,.    ./      |   |  トリスティンは一国にてアルビオンと対峙せねばならなくなります!」
   i !|    \.        イ       |  /!|
   | ハ| i    i>、    _,. ' |       /| / リ
   !| ∨.    i  __,≧'-----:|  /  / レ'
     \ハ ハ| ii{ ∩ ∩ /| i !{ ̄ ̄ \
     / V/ハ. } ∪ i/  VV|::::::::::::  |
     | ::::::::::::::::::::::\,/::_:_::,.>―――-、_〉
     {‐‐-――:::/|ハ ̄:::::::::::::::       \
    /::::::::::::::::/  .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    }

97 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 21:04:47.01 ID:Yw+ghNwc0
              ,.'             ヽ.  ヽ   l l  l  l
                /                ヽ. ヽ    l l   l   l
             / /   ヽ.   ` 、      ヽ ヽ.  レ、l   l.  l
                / /     丶、  ` 、      ヽ ヽ / ヘ \ l  l
             / /        ` 、_   \.    ヽ. ∨ ,'`丶 \ ! l
          /  ヽ      - ニ_ー三>ィヘ、   ヽ ∨、ハ }. 〉j l l  「……ク」
            ト 、  \ ` 、  丶、  ̄ / j   ` 、  ヽ}_」  j /∧. l l
            `丶、\ `丶、_`ァハ   /     ` 、 l!__,   / ? l
                   `丶\ゝ、_,イ{j:::} /         ヽl.// ∧  ? !
                 `丶、   ヽ' ´         ?   ,ヘ ヽ  l  l
                     ソ‐-、_` 、           ̄´  \ヽ. l. l
                      /    `丶          」____\ヽV
                   /                  |        ̄ ̄
                  く、                   |
                    `丶, _               |
                     `´、_              /|
                           \        ,イ .|      ,rf⌒
                           ┌‐\      ∠.」 !        {
                           |    \__/   | _l.      弋_
                            |         〈 ̄.l
                              l            l  l
                         l             l  l
                            j    _____j___/______
                 ____/___\    _ _
                 \          ̄\.   | |. //´
                  ヽ        /´〉  | レ'〈

99 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 21:06:11.06 ID:Yw+ghNwc0
    /  /   /   |    ヽ       \
   /  /    /    ヽ. :.:.:. \  i     ',
   |  |  .:| :._」__   :.:. .:.:|\_,. L _', |  i  }
   |ハ | .::.|/| ∧|ヽ:. :.::|イ厂 _i__.:..:|:\  |  |
   || |i |  .:|.:レ‐-ミ \:.:|从ィチ-、 \|:.|  .:|  |
    | ハ\| { んヘ  レ'  |ハ_r'} /|/  :.:|  |  「では姫さま、私に頼みたいことというのは……」
    レ∧ ::.|  辷.リ     ヾ-┘ /  :.:.:∧  |
    / | :.:.| "  '      u/  .:.:.:./.:..:', ' ,
   /  /.:.:ハ    rァ-、   /  :.:.:.:./.:.:.:.:.:ヽ. \     
_ /  / :.:\:\   Y___.) /    :.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ \ 
   (   :.:.:く⌒ヽ、   /    :.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:ヽ ヽ 
  /\   :.:.:\ | `ー‐ {    .:.:(.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ |
 /    \   :.:.:\\r く     :.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/  /
./      \   :.:.:.\|ヽ `ー‐く`ヽ‐、 :.\.:.:.:.:.:.:.:./ /
         \   ::.:.:|  「√ヽ.\ヽ∨ :.:.ヽ.:.:.:.:/ (
          ヽ.  :.| i  / |>ヘ_}ノ  :..:.',:.:(.:.:. \
            ',. /  |   / /    .:.:):.:\:.:.  \

100 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 21:08:40.08 ID:Yw+ghNwc0
             /\
           _/ ◯  ヽ、    _
       __ _/::::::___::::::::`::.、/::: |
      /n_:>‐ ' ´      ̄`ヽ::::::O::|
     /    /     ヽ ヽ  \:::::ト、
   /     ハ      i  i.   \| ヽ
  / /   i / \.     i  i i   \ ',
  | i i   | |   \ , --|- ミ | i    i  ',
  | i i   |イ| ̄`   ) / _i_/ |`ト|    |!  i
   ', N   | ,rr=ミ   /ノ´i{「`}iヽ| |  ./|  i 「無理よ! 無理よルイズ! わたくしったらなんてことでしょう!
   \ト、 .イ ト:.ィ}     {トi::イ} / /  i   ',   混乱しているんだわ! 考えてみれば、貴族と王党派が争いを繰り広げている
    i| \ト 辷リ      ゞ‐'' /イ    i   ヽ  アルビオンに赴くなんて、危険なこと頼めるわけありませんわ!」
    /i!   |    '        /     ヽ   ', 
.   / !i   ',     _ _,.    ./      |   | 
   i !|    \.        イ       |  /!|
   | ハ| i    i>、    _,. ' |       /| / リ
   !| ∨.    i  __,≧'-----:|  /  / レ'
     \ハ ハ| ii{ ∩ ∩ /| i !{ ̄ ̄ \
     / V/ハ. } ∪ i/  VV|::::::::::::  |
     | ::::::::::::::::::::::\,/::_:_::,.>―――-、_〉
     {‐‐-――:::/|ハ ̄:::::::::::::::       \
    /::::::::::::::::/  .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    }

103 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 21:11:25.61 ID:Yw+ghNwc0
    /  /   /   |    ヽ       \
   /  /    /    ヽ. :.:.:. \  i     ',
   |  |  .:| :._」__   :.:. .:.:|\_,. L _', |  i  }
   |ハ | .::.|/| ∧|ヽ:. :.::|イ厂 _i__.:..:|:\  |  |
   || |i |  .:|.:レ‐-ミ \:.:|从ィチ-、 \|:.|  .:|  |
    | ハ\| { んヘ  レ'  |ハ_r'} /|/  :.:|  |  「何をおっしゃいます! たとえ地獄の釜の中だろうが、龍のアギトの中だろうが
    レ∧ ::.|  辷.リ     ヾ-┘ /  :.:.:∧  |  姫様の御為とあらば、いずこなりと向かいますわ!
    / | :.:.| "  '      u/  .:.:.:./.:..:', ' ,  姫様とトリスティンの危機を、このラ・ヴァリエール公爵家三女
   /  /.:.:ハ    rァ-、   /  :.:.:.:./.:.:.:.:.:ヽ. \     ルイズ・フランソワーズ、見過ごすわけにはまいりません!」
_ /  / :.:\:\   Y___.) /    :.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ \ 
   (   :.:.:く⌒ヽ、   /    :.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:ヽ ヽ 
  /\   :.:.:\ | `ー‐ {    .:.:(.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ |
 /    \   :.:.:\\r く     :.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::/  /
./      \   :.:.:.\|ヽ `ー‐く`ヽ‐、 :.\.:.:.:.:.:.:.:./ /
         \   ::.:.:|  「√ヽ.\ヽ∨ :.:.ヽ.:.:.:.:/ (
          ヽ.  :.| i  / |>ヘ_}ノ  :..:.',:.:(.:.:. \
            ',. /  |   / /    .:.:):.:\:.:.  \

104 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 21:12:00.10 ID:Yw+ghNwc0
              ,. -‐ 、.  /  ̄`~`''‐ 、
                /     `'           `'‐、
           /                   `‐、
           /                           \
        , '                          \
         /     !                       \
      /  l   !                 |          i
.     / ,' │ l                     l  !    |   │
     / /./ | │     l          、   | | |  ,' | .l  ! 「……クク」
.    / / /l ! :l  |  |  |           \   !|l | /  | |   !  
    / / ./ ! | l  l  |  | ヽ. ヽ\ \ ヽ. ヽ. |│/ヽ| ! l !  
   `'''‐'、| l ヽ. ヽ.ヽ.  !   l\\`‐、ヽ、\ヽ.| レ'/ヽヽl ! !
.       `‐、| 、ト、__\:、 ヽ. l  トーz、-‐ラ''フヽ!|!/_,ゝヽ }. |│ 
         \ヽl\`ー'ヽ、\ヽ ∨ー`‐←'  ||!-、-、 /! |│  
             ヽト. ´ ̄ジヽN` -ゝ        |!  リ /|.| | |
             !   \          _iー< | |.| | | 
           |\.   \    r‐==''''ヲ     |    ̄`~` ''''‐'- 、 
         |   `'' ー-ヽ、   V r'-‐:/    .|          |
            |      :::::`‐、 `ー- '   ./|     , -.、    |
         |         :::::`‐、    /  .|   { {lll}}   f{! _
      _,,. 、-‐''|        :::::::::`エ´-─ー|   `'ー'    ゞ'´
        ヽ`''ー-       :::::::::: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         /

108 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 21:13:32.92 ID:Yw+ghNwc0
             /\
           _/ ◯  ヽ、    _
       __ _/::::::___::::::::`::.、/::: |
      /n_:>‐ ' ´      ̄`ヽ::::::O::|
     /    /     ヽ ヽ  \:::::ト、
   /     ハ      i  i.   \| ヽ
  / /   i / \.     i  i i   \ ',
  | i i   | |   \ , --|- ミ | i    i  ',
  | i i   |イ| ̄`   ) / _i_/ |`ト|    |!  i
   ', N   | ,rr=ミ   /ノ´i{「`}iヽ| |  ./|  i 「このわたくしの力になってくれるというの?
   \ト、 .イ ト:.ィ}     {トi::イ} / /  i   ',   ルイズ・フランソワーズ! なつかしいおともだち!」
    i| \ト 辷リ      ゞ‐'' /イ    i   ヽ  
    /i!   |    '        /     ヽ   ', 
.   / !i   ',     _ _,.    ./      |   | 
   i !|    \.        イ       |  /!|
   | ハ| i    i>、    _,. ' |       /| / リ
   !| ∨.    i  __,≧'-----:|  /  / レ'
     \ハ ハ| ii{ ∩ ∩ /| i !{ ̄ ̄ \
     / V/ハ. } ∪ i/  VV|::::::::::::  |
     | ::::::::::::::::::::::\,/::_:_::,.>―――-、_〉
     {‐‐-――:::/|ハ ̄:::::::::::::::       \
    /::::::::::::::::/  .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    }

110 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 21:16:04.99 ID:Yw+ghNwc0
                     _
                  , -‐'´   `ヽ
                   /         `丶
                 /               ヽ
              / /     /  、ヽ ヽ 、 ハ
                { ,'  i_i」Li   、 L,」__ }  }  |
             l { i´lzL」_ト、 iソリ_」Lリ` l  l 「もちろんですわ! 姫さま!
                ∧ヾ〈.代ラj }ノ' .代ラj.〉! /  ト、  姫さま! このルイズ、いつまでも姫さまのおともだちであり
               /  〉 ヘ ゞ-'   ,  ゞ-' / ト、   \   まったき理解者でございます!
            〈   /  .iヘ "" r‐‐y ""イ / ヽ    }  永遠に誓った忠誠を忘れることなどありましょうか!」
         ___ ) /  /::/`ト ,_‐'_,.イ/ ∧   \_ ノ
.    /´ ̄     __ノ  /::::{ /i/ ,r‐''7´  !::::ヽ   `ヽ、
    {      /´   _,.イi:::::::! |不,/´{   |:::::::::}     ヽ
   _ ヽ     }  /:::::::/ヽ、,_!|,/_,::::-ヽ  ヾ:::::/     ノ

112 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 21:17:43.76 ID:Yw+ghNwc0
             /\
           _/ ◯  ヽ、    _
       __ _/::::::___::::::::`::.、/::: |
      /n_:>‐ ' ´      ̄`ヽ::::::O::|
     /    /     ヽ ヽ  \:::::ト、
   /     ハ      i  i.   \| ヽ
  / /   i / \.     i  i i   \ ',
  | i i   | |   \ , --|- ミ | i    i  ',
  | i i   |イ| ̄`   ) / _i_/ |`ト|    |!  i
   ', N   | ,rr=ミ   /ノ´i{「`}iヽ| |  ./|  i 「ああ、忠誠。これが誠の友情と忠誠です!
   \ト、 .イ ト:.ィ}     {トi::イ} / /  i   ',   感激しました! わたくしあなたの友情と忠誠を一生忘れません!
    i| \ト 辷リ      ゞ‐'' /イ    i   ヽ  ルイズ・フランソワーズ!」
    /i!   |    '        /     ヽ   ', 
.   / !i   ',     _ _,.    ./      |   | 
   i !|    \.        イ       |  /!|
   | ハ| i    i>、    _,. ' |       /| / リ
   !| ∨.    i  __,≧'-----:|  /  / レ'
     \ハ ハ| ii{ ∩ ∩ /| i !{ ̄ ̄ \
     / V/ハ. } ∪ i/  VV|::::::::::::  |
     | ::::::::::::::::::::::\,/::_:_::,.>―――-、_〉
     {‐‐-――:::/|ハ ̄:::::::::::::::       \
    /::::::::::::::::/  .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    }

114 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 21:19:41.47 ID:Yw+ghNwc0
           , -─- 、  , -‐- 、
        ,, -'"     `V     `‐、
      /                 \
    ./                       \
    /                      ヽ
   ./  /                   l  ヽ
  /  / /  / ./ /          l   | .l .lヽ  「ク……クク……フハハハハハハハ!!!!!
  |  l. l  /  / / ./ .l    |  |  l  / /  l l.〉  ワーハッハッハッハッハ!!!!!!!
   l、 | |  l  / / ./ ./   |.  l  | ./ ./ ./ | |./  茶番もここまでくれば笑いがこみ上げるものだな!!!!!
    l、| | l // ///|   l  / / //// / /   .  フハハハハハハハハハ!!!!!!!」
    l、l | /l///_/ l  / //_|/_∠| / | /     .
    /⌒ヽ | \ `ー' ゝl  // `ー' /|/⌒v'  
    | l⌒l l|    ̄ ̄"//|〉 ̄ ̄ ̄  .|/^_l.l 
    ヽゝ(ー| /|   ´ \|       ll ),l'ノ   
     lヽ_ /  |   ┌───7   /._/     
     .l/   |     l ̄ ̄ ̄/    / /   ,ノ!
    /       |..   V´ ̄∨   ./ /,.-‐'" .|
    ./   (;;)   |\   `ー‐'´  / /       |
    |     _|_\       /| ./      |
   (|   ,.-‐'"    | \__/  .|/    _,.-─;
   |/    .(;;) |─────┤ _,.-‐'":::::::::/
   ̄         |::::::::::::::::::::::::::::::|^l::::::::::::::::::/




前へ    トップページ   次へ