社長がゼロの使い魔の世界に召喚されたようです@ ウィキ 第七話 ~責任~ D


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

123 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 21:24:27.47 ID:Yw+ghNwc0
             , -‐ ´      ` ー、
          /            `ー-、
        ,‐´          、      `ヽ、
        f‐   |         ヽ     ヽ  ヽ
       / ー、 ヽ_  /     ヽ  ヽ  ヽ\ ヽ
      /    } _  l       ヽ ヽ/! ヽ i ヽ i
        l   / /  ヽ l、  ヽ   l ハ/f-f、 }l l、 |リ
      l    l    l_l_lr- {_ゝヽ ヽ  |//fc リ /! /リ
      l   |.:.   } l ハ、=ゞ==リ  /  ムソ /イ 〈
     ノ    l.:.   l イ /´七C、ム/:::::::..    lゝ、ヽ、 「セ、セト! なによいきなり!
`ー-´   _-‐!.:.   ヾ l  弋ソ  ..:::::::::::..    }l  ̄  茶番ってどういうことよ!」
ー----- f´:::::::ヽ.:.:   ヽ、    ,__ -=   /ヽ、
:.:.:.: _-―‐´、:::::::ヽ.:.:.    ヽ、  /    ̄ノ/!   ヽ、
:.:.:.:ヽ::::::::::::::ヽ、:::::\:.:.:.   ヽ、_ー‐ニ‐´:::::!.:.   ヽ、
.:.:.:.:.ヽ、ヽ:::::::::::ヽ、_::::ヽ、!    ヽフニイ:::/::::::/ヽ:.:.    ヽ
:.:.:./ヽ、ヽ:::::::::::::::::`ー-ヽ.:.    ヽl ll::::l:::::::/::::ヽ、.:.   ヽ
.:.:.:i::::::::::ヽ::\::::::::::::::::::::::}.:.    } l 7::|:::::/:::::::::::}.:.:.    }
:.:.:l::::::::::::::::\::`ヽ、::::::::/.:.:.:.   ,'ヽTl:/:/::::::::::/.:.    /
:.:.:.l:::::::::::::::::::::\::::\/.:.:.:.   /`ヽ、/::::::::::/.:.:.    /
:.:./:::::::::::::::::::::::::::ヽ/.:.:.:.   /:::::::/:l|:::::::::::/.:.:.   ,-‐´

126 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 21:26:10.34 ID:Yw+ghNwc0
             /\
           _/ ◯  ヽ、    _
       __ _/::::::___::::::::`::.、/::: |
      /n_:>‐ ' ´      ̄`ヽ::::::O::|
     /    /     ヽ ヽ  \:::::ト、
   /     ハ      i  i.   \| ヽ
  / /   i / \.     i  i i   \ ',
  | i i   | |   \ , --|- ミ | i    i  ',
  | i i   |イ| ̄`   ) / _i_/ |`ト|    |!  i
   ', N   | ,rr=ミ   /ノ´i{「`}iヽ| |  ./|  i 「……いくらあなたがルイズ・フランソワーズの使い魔といえど
   \ト、 .イ ト:.ィ}     {トi::イ} / /  i   ',   今の言葉は聞き捨てなりません。わたくしのおともだちの忠誠を汚すことは許しませんよ」
    i| \ト 辷リ      ゞ‐'' /イ    i   ヽ  
    /i!   |    '        /     ヽ   ', 
.   / !i   ',     _ _,.    ./      |   | 
   i !|    \.        イ       |  /!|
   | ハ| i    i>、    _,. ' |       /| / リ
   !| ∨.    i  __,≧'-----:|  /  / レ'
     \ハ ハ| ii{ ∩ ∩ /| i !{ ̄ ̄ \
     / V/ハ. } ∪ i/  VV|::::::::::::  |
     | ::::::::::::::::::::::\,/::_:_::,.>―――-、_〉
     {‐‐-――:::/|ハ ̄:::::::::::::::       \
    /::::::::::::::::/  .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    }

130 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 21:28:44.60 ID:Yw+ghNwc0
              ,. -‐ 、.  /  ̄`~`''‐ 、
                /     `'           `'‐、
           /                   `‐、
           /                           \
        , '                          \
         /     !                       \
      /  l   !                 |          i
.     / ,' │ l                     l  !    |   │
     / /./ | │     l          、   | | |  ,' | .l  ! 「忠誠だと? たわけが!
.    / / /l ! :l  |  |  |           \   !|l | /  | |   !  ふぅん。きさまがやっていることは友情と忠誠やらを利用し自分の思うがままに
    / / ./ ! | l  l  |  | ヽ. ヽ\ \ ヽ. ヽ. |│/ヽ| ! l !  凡骨を動かそうとしているだけだろう」
   `'''‐'、| l ヽ. ヽ.ヽ.  !   l\\`‐、ヽ、\ヽ.| レ'/ヽヽl ! !
.       `‐、| 、ト、__\:、 ヽ. l  トーz、-‐ラ''フヽ!|!/_,ゝヽ }. |│ 
         \ヽl\`ー'ヽ、\ヽ ∨ー`‐←'  ||!-、-、 /! |│  
             ヽト. ´ ̄ジヽN` -ゝ        |!  リ /|.| | |
             !   \          _iー< | |.| | | 
           |\.   \    r‐==''''ヲ     |    ̄`~` ''''‐'- 、 
         |   `'' ー-ヽ、   V r'-‐:/    .|          |
            |      :::::`‐、 `ー- '   ./|     , -.、    |
         |         :::::`‐、    /  .|   { {lll}}   f{! _
      _,,. 、-‐''|        :::::::::`エ´-─ー|   `'ー'    ゞ'´
        ヽ`''ー-       :::::::::: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         /

136 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 21:31:31.76 ID:Yw+ghNwc0
             , -‐ ´      ` ー、
          /            `ー-、
        ,‐´          、      `ヽ、
        f‐   |         ヽ     ヽ  ヽ
       / ー、 ヽ_  /     ヽ  ヽ  ヽ\ ヽ
      /    } _  l       ヽ ヽ/! ヽ i ヽ i
        l   / /  ヽ l、  ヽ   l ハ/f-f、 }l l、 |リ
      l    l    l_l_lr- {_ゝヽ ヽ  |//fc リ /! /リ
      l   |.:.   } l ハ、=ゞ==リ  /  ムソ /イ 〈
     ノ    l.:.   l イ /´七C、ム/:::::::..    lゝ、ヽ、 「そんなわけないでしょ!
`ー-´   _-‐!.:.   ヾ l  弋ソ  ..:::::::::::..    }l  ̄  姫さまは私しか頼れる相手がいないからこうやって……!!」
ー----- f´:::::::ヽ.:.:   ヽ、    ,__ -=   /ヽ、
:.:.:.: _-―‐´、:::::::ヽ.:.:.    ヽ、  /    ̄ノ/!   ヽ、
:.:.:.:ヽ::::::::::::::ヽ、:::::\:.:.:.   ヽ、_ー‐ニ‐´:::::!.:.   ヽ、
.:.:.:.:.ヽ、ヽ:::::::::::ヽ、_::::ヽ、!    ヽフニイ:::/::::::/ヽ:.:.    ヽ
:.:.:./ヽ、ヽ:::::::::::::::::`ー-ヽ.:.    ヽl ll::::l:::::::/::::ヽ、.:.   ヽ
.:.:.:i::::::::::ヽ::\::::::::::::::::::::::}.:.    } l 7::|:::::/:::::::::::}.:.:.    }
:.:.:l::::::::::::::::\::`ヽ、::::::::/.:.:.:.   ,'ヽTl:/:/::::::::::/.:.    /
:.:.:.l:::::::::::::::::::::\::::\/.:.:.:.   /`ヽ、/::::::::::/.:.:.    /
:.:./:::::::::::::::::::::::::::ヽ/.:.:.:.   /:::::::/:l|:::::::::::/.:.:.   ,-‐´

141 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 21:34:40.12 ID:Yw+ghNwc0
              ,. -‐ 、.  /  ̄`~`''‐ 、
                /     `'           `'‐、
           /                   `‐、
           /                           \
        , '                          \
         /     !                       \
      /  l   !                 |          i
.     / ,' │ l                     l  !    |   │
     / /./ | │     l          、   | | |  ,' | .l  ! 「貴様は黙っていろ凡骨
.    / / /l ! :l  |  |  |           \   !|l | /  | |   !  おい女、貴様王女といったな。いますぐペテン師にでも転職するのだな
    / / ./ ! | l  l  |  | ヽ. ヽ\ \ ヽ. ヽ. |│/ヽ| ! l !  ふぅん。きっと天職になるだろう」
   `'''‐'、| l ヽ. ヽ.ヽ.  !   l\\`‐、ヽ、\ヽ.| レ'/ヽヽl ! !  
.       `‐、| 、ト、__\:、 ヽ. l  トーz、-‐ラ''フヽ!|!/_,ゝヽ }. |│ 
         \ヽl\`ー'ヽ、\ヽ ∨ー`‐←'  ||!-、-、 /! |│  
             ヽト. ´ ̄ジヽN` -ゝ        |!  リ /|.| | |
             !   \          _iー< | |.| | | 
           |\.   \    r‐==''''ヲ     |    ̄`~` ''''‐'- 、 
         |   `'' ー-ヽ、   V r'-‐:/    .|          |
            |      :::::`‐、 `ー- '   ./|     , -.、    |
         |         :::::`‐、    /  .|   { {lll}}   f{! _
      _,,. 、-‐''|        :::::::::`エ´-─ー|   `'ー'    ゞ'´
        ヽ`''ー-       :::::::::: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         /

145 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 21:36:54.94 ID:Yw+ghNwc0
             /\
           _/ ◯  ヽ、    _
       __ _/::::::___::::::::`::.、/::: |
      /n_:>‐ ' ´      ̄`ヽ::::::O::|
     /    /     ヽ ヽ  \:::::ト、
   /     ハ      i  i.   \| ヽ
  / /   i / \.     i  i i   \ ',
  | i i   | |   \ , --|- ミ | i    i  ',
  | i i   |イ| ̄`   ) / _i_/ |`ト|    |!  i
   ', N   | ,rr=ミ   /ノ´i{「`}iヽ| |  ./|  i 「あなたはどこまでわたくしたちの友情を汚せば気が済むのですか!
   \ト、 .イ ト:.ィ}     {トi::イ} / /  i   ',   今すぐ謝罪しなさい! でなければ首をいただくことになりますよ!」
    i| \ト 辷リ      ゞ‐'' /イ    i   ヽ  
    /i!   |    '        /     ヽ   ', 
.   / !i   ',     _ _,.    ./      |   | 
   i !|    \.        イ       |  /!|
   | ハ| i    i>、    _,. ' |       /| / リ
   !| ∨.    i  __,≧'-----:|  /  / レ'
     \ハ ハ| ii{ ∩ ∩ /| i !{ ̄ ̄ \
     / V/ハ. } ∪ i/  VV|::::::::::::  |
     | ::::::::::::::::::::::\,/::_:_::,.>―――-、_〉
     {‐‐-――:::/|ハ ̄:::::::::::::::       \
    /::::::::::::::::/  .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    }

152 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 21:43:45.11 ID:Yw+ghNwc0
           , -─- 、  , -‐- 、
        ,, -'"     `V     `‐、
      /                 \
    ./                       \
    /                      ヽ
   ./  /                   l  ヽ
  /  / /  / ./ /          l   | .l .lヽ  「ぬかせ下種が!!
  |  l. l  /  / / ./ .l    |  |  l  / /  l l.〉  貴様は自分の書いた手紙のせいで婚姻が破棄されるといったな
   l、 | |  l  / / ./ ./   |.  l  | ./ ./ ./ | |./  ふぅん。ならばなぜ貴様自身が動かん。聞けば明らかに貴様の個人的な事情により起きた問題だ!
    l、| | l // ///|   l  / / //// / /   .  物心ついたときから諦めていただと? ふぅん、まさに勘違いしている無能の典型だな
    l、l | /l///_/ l  / //_|/_∠| / | /     .  自分がどのような立場に立っているのかも理解できずに、そのような手紙をかけるはずもない!
    /⌒ヽ | \ `ー' ゝl  // `ー' /|/⌒v'    貴様は自己擁護をすることに必死なただの屑だ! 仮にも王族ならば恥を知れ!」
    | l⌒l l|    ̄ ̄"//|〉 ̄ ̄ ̄  .|/^_l.l 
    ヽゝ(ー| /|   ´ \|       ll ),l'ノ   
     lヽ_ /  |   ┌───7   /._/     
     .l/   |     l ̄ ̄ ̄/    / /   ,ノ!
    /       |..   V´ ̄∨   ./ /,.-‐'" .|
    ./   (;;)   |\   `ー‐'´  / /       |
    |     _|_\       /| ./      |
   (|   ,.-‐'"    | \__/  .|/    _,.-─;
   |/    .(;;) |─────┤ _,.-‐'":::::::::/
   ̄         |::::::::::::::::::::::::::::::|^l::::::::::::::::::/

162 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 21:47:28.70 ID:Yw+ghNwc0
             /\
           _/ ◯  ヽ、    _
       __ _/::::::___::::::::`::.、/::: |
      /n_:>‐ ' ´      ̄`ヽ::::::O::|
     /    /     ヽ ヽ  \:::::ト、
   /     ハ      i  i.   \| ヽ
  / /   i / \.     i  i i   \ ',
  | i i   | |   \ , --|- ミ | i    i  ',
  | i i   |イ| ̄`   ) / _i_/ |`ト|    |!  i
   ', N   | ,rr=ミ   /ノ´i{「`}iヽ| |  ./|  i 「な、な……」
   \ト、 .イ ト:.ィ}     {トi::イ} / /  i   ',   
    i| \ト 辷リ      ゞ‐'' /イ    i   ヽ  
    /i!   |    '        /     ヽ   ', 
.   / !i   ',     _ _,.    ./      |   | 
   i !|    \.        イ       |  /!|
   | ハ| i    i>、    _,. ' |       /| / リ
   !| ∨.    i  __,≧'-----:|  /  / レ'
     \ハ ハ| ii{ ∩ ∩ /| i !{ ̄ ̄ \
     / V/ハ. } ∪ i/  VV|::::::::::::  |
     | ::::::::::::::::::::::\,/::_:_::,.>―――-、_〉
     {‐‐-――:::/|ハ ̄:::::::::::::::       \
    /::::::::::::::::/  .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    }
169 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 21:52:10.98 ID:Yw+ghNwc0
           , -─- 、  , -‐- 、
        ,, -'"     `V     `‐、
      /                 \
    ./                       \
    /                      ヽ
   ./  /                   l  ヽ
  /  / /  / ./ /          l   | .l .lヽ  「さらに!!
  |  l. l  /  / / ./ .l    |  |  l  / /  l l.〉 過剰なまでの演技で脳の足りん凡骨を誘導し死地に赴かせようとしているな
   l、 | |  l  / / ./ ./   |.  l  | ./ ./ ./ | |./   ふぅん。凡骨に何かあったらこういうつもりか?
    l、| | l // ///|   l  / / //// / /   .   『彼女の忠誠心が私の予想を超えていました』とでもな!
    l、l | /l///_/ l  / //_|/_∠| / | /     .  たいした友情と忠誠だ!!」
    /⌒ヽ | \ `ー' ゝl  // `ー' /|/⌒v'    
    | l⌒l l|    ̄ ̄"//|〉 ̄ ̄ ̄  .|/^_l.l 
    ヽゝ(ー| /|   ´ \|       ll ),l'ノ   
     lヽ_ /  |   ┌───7   /._/     
     .l/   |     l ̄ ̄ ̄/    / /   ,ノ!
    /       |..   V´ ̄∨   ./ /,.-‐'" .|
    ./   (;;)   |\   `ー‐'´  / /       |
    |     _|_\       /| ./      |
   (|   ,.-‐'"    | \__/  .|/    _,.-─;
   |/    .(;;) |─────┤ _,.-‐'":::::::::/
   ̄         |::::::::::::::::::::::::::::::|^l::::::::::::::::::/

178 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 21:55:02.01 ID:Yw+ghNwc0
             /\
           _/ ◯  ヽ、    _
       __ _/::::::___::::::::`::.、/::: |
      /n_:>‐ ' ´      ̄`ヽ::::::O::|
     /    /     ヽ ヽ  \:::::ト、
   /     ハ      i  i.   \| ヽ
  / /   i / \.     i  i i   \ ',
  | i i   | |   \ , --|- ミ | i    i  ',
  | i i   |イ| ̄`   ) / _i_/ |`ト|    |!  i
   ', N   | ,rr=ミ   /ノ´i{「`}iヽ| |  ./|  i 「わ、わたくしはそんなつもりは……」
   \ト、 .イ ト:.ィ}     {トi::イ} / /  i   ',   
    i| \ト 辷リ      ゞ‐'' /イ    i   ヽ  
    /i!   |    '        /     ヽ   ', 
.   / !i   ',     _ _,.    ./      |   | 
   i !|    \.        イ       |  /!|
   | ハ| i    i>、    _,. ' |       /| / リ
   !| ∨.    i  __,≧'-----:|  /  / レ'
     \ハ ハ| ii{ ∩ ∩ /| i !{ ̄ ̄ \
     / V/ハ. } ∪ i/  VV|::::::::::::  |
     | ::::::::::::::::::::::\,/::_:_::,.>―――-、_〉
     {‐‐-――:::/|ハ ̄:::::::::::::::       \
    /::::::::::::::::/  .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    }

190 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 22:02:07.22 ID:Yw+ghNwc0
           , -─- 、  , -‐- 、
        ,, -'"     `V     `‐、
      /                 \
    ./                       \
    /                      ヽ
   ./  /                   l  ヽ
  /  / /  / ./ /          l   | .l .lヽ  「自覚もなくやっていたのならたいしたものだ!
  |  l. l  /  / / ./ .l    |  |  l  / /  l l.〉 やはり貴様はペテンの才能があるらしい
   l、 | |  l  / / ./ ./   |.  l  | ./ ./ ./ | |./  ふぅん。その力でアルビオンとやらをだましてみてはどうだ?
    l、| | l // ///|   l  / / //// / /   .   どちらにしろ貴様には王たる資格はない!
    l、l | /l///_/ l  / //_|/_∠| / | /     .  王ならば部下に『死ね』と命じその全ての責任を負う覚悟が必要だ!
    /⌒ヽ | \ `ー' ゝl  // `ー' /|/⌒v'    何の覚悟もなく人の上に立てると思うな、女!」
    | l⌒l l|    ̄ ̄"//|〉 ̄ ̄ ̄  .|/^_l.l 
    ヽゝ(ー| /|   ´ \|       ll ),l'ノ   
     lヽ_ /  |   ┌───7   /._/     
     .l/   |     l ̄ ̄ ̄/    / /   ,ノ!
    /       |..   V´ ̄∨   ./ /,.-‐'" .|
    ./   (;;)   |\   `ー‐'´  / /       |
    |     _|_\       /| ./      |
   (|   ,.-‐'"    | \__/  .|/    _,.-─;
   |/    .(;;) |─────┤ _,.-‐'":::::::::/
   ̄         |::::::::::::::::::::::::::::::|^l::::::::::::::::::/

200 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 22:07:18.62 ID:Yw+ghNwc0
  .:| :/\ :/ | .:.|:.      :、 :.|\/_ .:ト、:.:.
 .:∧>≧示、l :∧:.     .:.|.: :\:x≦==ミ<ハ:.:.
 .:lイ::/´´/::テ \ ∧:.:.   .:.|.:l ://:テ ハ  \「 |.:.
 :ハヘ{   |:iへ._.イ|ゞ-\:.:.:.:.:|.:レ' |:iへ-イ:|    '∧:. 「セト! それ以上姫さまに暴言を吐くなら私が許さないわ!
 :| ヘ   V:::::::::ノ|     ):.:/|/  V::::::ノ/   /:.:|/  姫さまの事情も知らずにそんなこと言うなんて最低よ!」
\!:.:ハ   ゞ>''^   //    `ー<   /:.:.:.
 .:l :ハ /!/|//i/     ' _.. -― 、/i//|/ /.:.:.:.
 .:|  :ハ      /'´ ̄ ̄      ∨   /.:.:.:.:.
  :',  .:.ト、   |           |  /:.:.:.:.:.:.
\ \  |> 、 ゞ         ノ. イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.

206 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 22:12:00.46 ID:Yw+ghNwc0
              ,. -‐ 、.  /  ̄`~`''‐ 、
                /     `'           `'‐、
           /                   `‐、
           /                           \
        , '                          \
         /     !                       \
      /  l   !                 |          i
.     / ,' │ l                     l  !    |   │
     / /./ | │     l          、   | | |  ,' | .l  ! 「ふぅん。その女の事情など知ったことか
.    / / /l ! :l  |  |  |           \   !|l | /  | |   !  こんなこともわからん王などいないほうがましだ
    / / ./ ! | l  l  |  | ヽ. ヽ\ \ ヽ. ヽ. |│/ヽ| ! l !  そもそも貴様は事情も尋ねようとしなかったな
   `'''‐'、| l ヽ. ヽ.ヽ.  !   l\\`‐、ヽ、\ヽ.| レ'/ヽヽl ! !  もしここの女が貴様らお得意のオカルトによる偽者だったらどうするつもりだったのだ?」
.       `‐、| 、ト、__\:、 ヽ. l  トーz、-‐ラ''フヽ!|!/_,ゝヽ }. |│ 
         \ヽl\`ー'ヽ、\ヽ ∨ー`‐←'  ||!-、-、 /! |│  
             ヽト. ´ ̄ジヽN` -ゝ        |!  リ /|.| | |
             !   \          _iー< | |.| | | 
           |\.   \    r‐==''''ヲ     |    ̄`~` ''''‐'- 、 
         |   `'' ー-ヽ、   V r'-‐:/    .|          |
            |      :::::`‐、 `ー- '   ./|     , -.、    |
         |         :::::`‐、    /  .|   { {lll}}   f{! _
      _,,. 、-‐''|        :::::::::`エ´-─ー|   `'ー'    ゞ'´
        ヽ`''ー-       :::::::::: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         /

214 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 22:15:06.40 ID:Yw+ghNwc0
            /                 \
           /                 `ヽ 丶
             /        .:ノ            ',  ヽ
         / /  /   .:.:/     :ヽ:. ヽ:ヽ   V   l
         l.:.|  :/  .:./.;イ    :ヽ:...:.:l.:.: .:|:..:l   l:  !
         |.:.| .:l .: \!/ l:.:{  .:.:.|ヽ:.:}ヽ .:j .:.!    |:.  | 「そ、それは……
         ヽハ:l:.| !:.:.:jV\{:八 .:.::.l }:/_,j;ィト:.l   .:l:.:  |  で、でも姫様の期待にこたえるのが忠誠じゃない!
            ヽ从:.: iイfチ心ハ 、从ィ厶斗<V  .:.jl:.:  |  私は貴族よ! なにがあっても姫さまを信じてこたえるのが私の忠誠よ!」
             \ト小._V;zソ ノ/  V;;_z1 '/  .:.:.:ハ:.:. 八
              リ :} .:::::: ,     :::::::..  /  .:.:.:/.:.ヽ:.:.: ヽ
            _..ノ/八            /  .:.:.:/.:.:.:.:.\:.:.  \
         , -‐´ :/ .:.:>,.、 ´ ヽ   ィ′ .:.:.: ハ;.__ .:.:.:.:\:.:.:   ̄`丶、
        〃 .:.:/  .:.:.:.:.: ノ'¨ ヽ、_ , ィ≦7   :.:.:./'´  ヽ.:.:.:.:.` ー- 、:.   ヽ
         l .:./  .:.:.:.:. ;.'イ\ ノ} /`∨  :.:.:.:{     ゝー、.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:  }
         {.:/  .:.:.:.:.:/  }  Vx1_/  {   :.:.:.:ヽ      ∧.:.:.:.:.:.:.:}:.:. ,′
       〃  :.:.:.:./   j/  ̄ ̄ ヽ入   :.:.:.:.:.\      ヽ.:.:.:.:./:.:/
       {  :.:.:.:.{      |     /  \   :.:.:.:.:.\     ):.:/:.;イ

220 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 22:20:07.96 ID:Yw+ghNwc0
              ,. -‐ 、.  /  ̄`~`''‐ 、
                /     `'           `'‐、
           /                   `‐、
           /                           \
        , '                          \
         /     !                       \
      /  l   !                 |          i
.     / ,' │ l                     l  !    |   │
     / /./ | │     l          、   | | |  ,' | .l  ! 「ふぅん。この国の貴族とやらはみな洗脳教育を受けて育っているらしいな
.    / / /l ! :l  |  |  |           \   !|l | /  | |   !  凡骨、貴様のそれは妄信、狂信のたぐいだ
    / / ./ ! | l  l  |  | ヽ. ヽ\ \ ヽ. ヽ. |│/ヽ| ! l !  忠誠という言葉を頼りに思考を放棄し、この女の人形に成り下がっているに過ぎん
   `'''‐'、| l ヽ. ヽ.ヽ.  !   l\\`‐、ヽ、\ヽ.| レ'/ヽヽl ! !  本当に忠誠を誓ったのならば、間違った主君を正すこともできるはず
.       `‐、| 、ト、__\:、 ヽ. l  トーz、-‐ラ''フヽ!|!/_,ゝヽ }. |│  はいと言い続けるだけならば、そこらの犬にもできる
         \ヽl\`ー'ヽ、\ヽ ∨ー`‐←'  ||!-、-、 /! |│  貴様が人だという自覚があるのならば、人の言葉をよく考えて聞くことだな」
             ヽト. ´ ̄ジヽN` -ゝ        |!  リ /|.| | |
             !   \          _iー< | |.| | | 
           |\.   \    r‐==''''ヲ     |    ̄`~` ''''‐'- 、 
         |   `'' ー-ヽ、   V r'-‐:/    .|          |
            |      :::::`‐、 `ー- '   ./|     , -.、    |
         |         :::::`‐、    /  .|   { {lll}}   f{! _
      _,,. 、-‐''|        :::::::::`エ´-─ー|   `'ー'    ゞ'´
        ヽ`''ー-       :::::::::: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         /

227 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 22:22:57.25 ID:Yw+ghNwc0
      /             ヽ       ヽ  ヽ
.     /  i              ヽ       ヽ   ヽ
     ,'   !     \   ヽ     ヽ       ヽ  ヽ
     i .|  |   \ i\ゝ_,-i     i        ヽ  `ヽ、
      !l!  ヽ !  ヽ L-ゞf!_ ト、    |  ヽ     ヽ、   ` ー-
     リヽ、,-ヾ、. ‐fソ_,ィ-テリ !     !  ヽ ヽ      \ 「……でも、私は」
       / ヽ`ヽ. /´ ヾァ   |     |l  !ヽ \      \
     /  rヽ 〉ノソ ',      !     !ヽ ヽ \ `ー
    /    ノ し/. ノ     .|    l ヽ、ヽ、 ヽ、 __ \
.   l    r‐ ´   ヽ _  ,-, !    .l _/::::::ー--‐´/::::`:ヽ\
   rL _  i       ` 7 ‐ /     ト/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ ヽ
   |   `ーfァ        /  i     l/:::::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::', ヽ
  イ.     |       /  |     |:::::::::/:::::::::〈::::::::ヽ、_::::::::::::i
./ `ー-、 ノ ー、     /   l       l:::::::::i:::::::::::::\::::::::ヾー、_::l
ヽ           i    !    l      l::::::::l::::::::::::::::::::ヽ:::::::`ヽ、`!

235 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 22:27:08.89 ID:Yw+ghNwc0
             /\
           _/ ◯  ヽ、    _
       __ _/::::::___::::::::`::.、/::: |
      /n_:>‐ ' ´      ̄`ヽ::::::O::|
     /    /     ヽ ヽ  \:::::ト、
   /     ハ      i  i.   \| ヽ
  / /   i / \.     i  i i   \ ',
  | i i   | |   \ , --|- ミ | i    i  ',
  | i i   |イ| ̄`   ) / _i_/ |`ト|    |!  i
   ', N   | ,rr=ミ   /ノ´i{「`}iヽ| |  ./|  i 「……いいの、ルイズ。ありがとう
   \ト、 .イ ト:.ィ}     {トi::イ} / /  i   ',   使い魔さん、あなたのお名前を教えてくださるかしら」
    i| \ト 辷リ      ゞ‐'' /イ    i   ヽ  
    /i!   |    '        /     ヽ   ', 
.   / !i   ',     _ _,.    ./      |   | 
   i !|    \.        イ       |  /!|
   | ハ| i    i>、    _,. ' |       /| / リ
   !| ∨.    i  __,≧'-----:|  /  / レ'
     \ハ ハ| ii{ ∩ ∩ /| i !{ ̄ ̄ \
     / V/ハ. } ∪ i/  VV|::::::::::::  |
     | ::::::::::::::::::::::\,/::_:_::,.>―――-、_〉
     {‐‐-――:::/|ハ ̄:::::::::::::::       \
    /::::::::::::::::/  .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::    }

236 名前:社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg [] 投稿日:2007/12/21(金) 22:28:13.96 ID:Yw+ghNwc0
              ,. -‐ 、.  /  ̄`~`''‐ 、
                /     `'           `'‐、
           /                   `‐、
           /                           \
        , '                          \
         /     !                       \
      /  l   !                 |          i
.     / ,' │ l                     l  !    |   │ 「ふぅん。貴様に名乗る名はない」
     / /./ | │     l          、   | | |  ,' | .l  !
.    / / /l ! :l  |  |  |           \   !|l | /  | |   !
    / / ./ ! | l  l  |  | ヽ. ヽ\ \ ヽ. ヽ. |│/ヽ| ! l ! 
   `'''‐'、| l ヽ. ヽ.ヽ.  !   l\\`‐、ヽ、\ヽ.| レ'/ヽヽl ! !
.       `‐、| 、ト、__\:、 ヽ. l  トーz、-‐ラ''フヽ!|!/_,ゝヽ }. |│ 
         \ヽl\`ー'ヽ、\ヽ ∨ー`‐←'  ||!-、-、 /! |│  
             ヽト. ´ ̄ジヽN` -ゝ        |!  リ /|.| | |
             !   \          _iー< | |.| | | 
           |\.   \    r‐==''''ヲ     |    ̄`~` ''''‐'- 、 
         |   `'' ー-ヽ、   V r'-‐:/    .|          |
            |      :::::`‐、 `ー- '   ./|     , -.、    |
         |         :::::`‐、    /  .|   { {lll}}   f{! _
      _,,. 、-‐''|        :::::::::`エ´-─ー|   `'ー'    ゞ'´
        ヽ`''ー-       :::::::::: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         /




前へ    トップページ   次へ