社長がゼロの使い魔の世界に召喚されたようです@ ウィキ 第十話 ~受け継がれる力~ 後編part2(暫定)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

社長の使い魔 ◆.H42NtoyGg2008/02/02(土) 21:33:57.36 ID:o4E+Z4Aq0
~遺言状~

                /::::::::::::/
          ,/     , '::::::::::::::::/ /
         //   /:::::/::::::::i//         ,.イ
          /::!  /:::::/:::::::::::::::::/      _,. ‐''":/
       /::::i /::::::/./:::::::::::::::::/,. --─'''''"::::::::::::/
        /:::::::':::::::://:::::::::::::::::::::::::::::_;::/::::::::::::::/
      |_:::、、::::r'' /::::::::::::::_;: -‐'''',.ニ-;"‐''ア:::::/
      \ヽ`i`''‐ L::::‐'"'''''‐-<:~::::/ r‐‐':::/__,,.. -‐ '/  
     ヾ 、lヽ ``''ー---‐'''=‐-z_、,.ィ'/ {::::::::::::"~::::::::::::::::/  「俺と同じ世界の人間に、この手紙を託す
    弋‐゙, \V:ヽ、__,..<'''r') ,ニ-‐ニ‐'て::`''‐、::::::::::::::::;/    俺もお前と同じように地球から飛ばされ
     ヽヽ ∀l))/,イ  ヽノ/ヘヾi,C i´‐ヽ、:::::::::::::::/      この世界にやってきた人間だ
       }.} 〉!/ij:| |/  i,ノミ ノ〉〉ヾ〈::::::::::`:::; ‐''"_       ……いや、正確には人間ではないのかもしれない」
      ,ノ /  l.ハ',/  /  ロ/>':::::::!|:::::::::::::::"~:::::/
        |゙i ゙i ,ノ /     l'‐r;)::::::/::::::::::::_,z''"~
      | i, ゙,ヽ、_      ,! :=+=\:::::::::::::::::_;二ニ=‐'  iヽ
      ヽ!ヽl \    ,.イ_|.||.|_,. -'‐-ニこ____/ /
       |  \ ヽ.../_,|ニニl i i.! / へ____,. ‐',r''⌒
             ,、,,./_l `" / || ||ゝ// ,. === /
         |`/ //iヽ/_,/ -‐''" i / rr ‐‐ヽ>
社長の使い魔
◆.H42NtoyGg2008/02/02(土) 21:38:44.96 ID:o4E+Z4Aq0
                /::::::::::::/
          ,/     , '::::::::::::::::/ /
         //   /:::::/::::::::i//         ,.イ
          /::!  /:::::/:::::::::::::::::/      _,. ‐''":/
       /::::i /::::::/./:::::::::::::::::/,. --─'''''"::::::::::::/
        /:::::::':::::::://:::::::::::::::::::::::::::::_;::/::::::::::::::/
      |_:::、、::::r'' /::::::::::::::_;: -‐'''',.ニ-;"‐''ア:::::/
      \ヽ`i`''‐ L::::‐'"'''''‐-<:~::::/ r‐‐':::/__,,.. -‐ '/  
     ヾ 、lヽ ``''ー---‐'''=‐-z_、,.ィ'/ {::::::::::::"~::::::::::::::::/  「相棒との最後のデュエルに負けた俺は
    弋‐゙, \V:ヽ、__,..<'''r') ,ニ-‐ニ‐'て::`''‐、::::::::::::::::;/    過去へと戻る道を選んだ
     ヽヽ ∀l))/,イ  ヽノ/ヘヾi,C i´‐ヽ、:::::::::::::::/     しかし、過去へと戻ることができたのはあくまで『アテム』という
       }.} 〉!/ij:| |/  i,ノミ ノ〉〉ヾ〈::::::::::`:::; ‐''"_      俺のもともとの人格だけであり、三千年後の世界を相棒と共に過ごした
      ,ノ /  l.ハ',/  /  ロ/>':::::::!|:::::::::::::::"~:::::/      千年パズルに宿った『俺』という人格はこの世界に飛ばされた」
        |゙i ゙i ,ノ /     l'‐r;)::::::/::::::::::::_,z''"~
      | i, ゙,ヽ、_      ,! :=+=\:::::::::::::::::_;二ニ=‐'  iヽ
      ヽ!ヽl \    ,.イ_|.||.|_,. -'‐-ニこ____/ /
       |  \ ヽ.../_,|ニニl i i.! / へ____,. ‐',r''⌒
             ,、,,./_l `" / || ||ゝ// ,. === /
         |`/ //iヽ/_,/ -‐''" i / rr ‐‐ヽ>
社長の使い魔
◆.H42NtoyGg2008/02/02(土) 21:44:54.48 ID:o4E+Z4Aq0
                /::::::::::::/
          ,/     , '::::::::::::::::/ /
         //   /:::::/::::::::i//         ,.イ
          /::!  /:::::/:::::::::::::::::/      _,. ‐''":/
       /::::i /::::::/./:::::::::::::::::/,. --─'''''"::::::::::::/
        /:::::::':::::::://:::::::::::::::::::::::::::::_;::/::::::::::::::/
      |_:::、、::::r'' /::::::::::::::_;: -‐'''',.ニ-;"‐''ア:::::/
      \ヽ`i`''‐ L::::‐'"'''''‐-<:~::::/ r‐‐':::/__,,.. -‐ '/  
     ヾ 、lヽ ``''ー---‐'''=‐-z_、,.ィ'/ {::::::::::::"~::::::::::::::::/  「荒唐無稽な話だが、この世界に飛ばされたお前なら信じてくれると思っている
    弋‐゙, \V:ヽ、__,..<'''r') ,ニ-‐ニ‐'て::`''‐、::::::::::::::::;/    この世界に飛ばされ、始めは元の世界に戻ることも考えた
     ヽヽ ∀l))/,イ  ヽノ/ヘヾi,C i´‐ヽ、:::::::::::::::/       しかし、今の相棒にとって俺は錘にしかならない。『もう一人の遊戯』はすでに必要のない存在だ
       }.} 〉!/ij:| |/  i,ノミ ノ〉〉ヾ〈::::::::::`:::; ‐''"_       そう思い、俺はこの世界で生きていくことを決めた」
      ,ノ /  l.ハ',/  /  ロ/>':::::::!|:::::::::::::::"~:::::/  
        |゙i ゙i ,ノ /     l'‐r;)::::::/::::::::::::_,z''"~
      | i, ゙,ヽ、_      ,! :=+=\:::::::::::::::::_;二ニ=‐'  iヽ
      ヽ!ヽl \    ,.イ_|.||.|_,. -'‐-ニこ____/ /
       |  \ ヽ.../_,|ニニl i i.! / へ____,. ‐',r''⌒
             ,、,,./_l `" / || ||ゝ// ,. === /
         |`/ //iヽ/_,/ -‐''" i / rr ‐‐ヽ>
社長の使い魔
◆.H42NtoyGg2008/02/02(土) 21:51:09.23 ID:o4E+Z4Aq0
                /::::::::::::/
          ,/     , '::::::::::::::::/ /
         //   /:::::/::::::::i//         ,.イ
          /::!  /:::::/:::::::::::::::::/      _,. ‐''":/
       /::::i /::::::/./:::::::::::::::::/,. --─'''''"::::::::::::/
        /:::::::':::::::://:::::::::::::::::::::::::::::_;::/::::::::::::::/
      |_:::、、::::r'' /::::::::::::::_;: -‐'''',.ニ-;"‐''ア:::::/
      \ヽ`i`''‐ L::::‐'"'''''‐-<:~::::/ r‐‐':::/__,,.. -‐ '/  
     ヾ 、lヽ ``''ー---‐'''=‐-z_、,.ィ'/ {::::::::::::"~::::::::::::::::/  「だが、やはり心残りはある
    弋‐゙, \V:ヽ、__,..<'''r') ,ニ-‐ニ‐'て::`''‐、::::::::::::::::;/    この手紙を読んでいるお前。もし可能ならば童実野町に住んでいる
     ヽヽ ∀l))/,イ  ヽノ/ヘヾi,C i´‐ヽ、:::::::::::::::/       武藤遊戯にこの手紙とデッキを渡してくれ
       }.} 〉!/ij:| |/  i,ノミ ノ〉〉ヾ〈::::::::::`:::; ‐''"_       そして伝えて欲しい。お前は最高の相棒だったと……」
      ,ノ /  l.ハ',/  /  ロ/>':::::::!|:::::::::::::::"~:::::/  
        |゙i ゙i ,ノ /     l'‐r;)::::::/::::::::::::_,z''"~
      | i, ゙,ヽ、_      ,! :=+=\:::::::::::::::::_;二ニ=‐'  iヽ
      ヽ!ヽl \    ,.イ_|.||.|_,. -'‐-ニこ____/ /
       |  \ ヽ.../_,|ニニl i i.! / へ____,. ‐',r''⌒
             ,、,,./_l `" / || ||ゝ// ,. === /
         |`/ //iヽ/_,/ -‐''" i / rr ‐‐ヽ>
社長の使い魔
◆.H42NtoyGg2008/02/02(土) 21:53:28.02 ID:o4E+Z4Aq0
              ,.'             ヽ.  ヽ   l l  l  l
                /                ヽ. ヽ    l l   l   l
             / /   ヽ.   ` 、      ヽ ヽ.  レ、l   l.  l
                / /     丶、  ` 、      ヽ ヽ / ヘ \ l  l
             / /        ` 、_   \.    ヽ. ∨ ,'`丶 \ ! l
          /  ヽ      - ニ_ー三>ィヘ、   ヽ ∨、ハ }. 〉j l l   「……ふぅん。勝手なことを
            ト 、  \ ` 、  丶、  ̄ / j   ` 、  ヽ}_」  j /∧. l l   死してなおこの俺を苛立たせる」
            `丶、\ `丶、_`ァハ   /     ` 、 l!__,   / Ⅵ l   
                   `丶\ゝ、_,イ{j:::} /         ヽl.// ∧  Ⅴ !
                 `丶、   ヽ' ´         Ⅵ   ,ヘ ヽ  l  l
                     ソ‐-、_` 、           ̄´  \ヽ. l. l
                      /    `丶          」____\ヽV
                   /                  |        ̄ ̄
                  く、                   |
                    `丶, _               |
                     `´、_              /|
                           \        ,イ .|      ,rf⌒
                           ┌‐\      ∠.」 !        {
                           |    \__/   | _l.      弋_
                            |         〈 ̄.l
                              l            l  l
                         l             l  l
                            j    _____j___/______
                 ____/___\    _ _
                 \          ̄\.   | |. //´
                  ヽ        /´〉  | レ'〈
社長の使い魔
◆.H42NtoyGg2008/02/02(土) 21:58:29.47 ID:o4E+Z4Aq0
                __// __ヾ==-、
               f'´ ̄ , '´:::::::::::::::::::::::`ヽ l
               |  /::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::\
              ∧/:::::/::::::〃::::;.イ/l::::}:: ,::::::::::ヽ
              l::::{::::::l:::::/__::/ / /_/:/j: /::::::::}
              |::::l::::::レ/,,∠`/ /∠/メ//:/
              l:::::!::::::| 伐_j    f以ヽ彡イ  「セトさま……どうしたのですか?
              ヽ:::!::::::i V;;リ    {;;リ 〃::: |   手紙に何か……」
               Vl::::: |      '   {:::::: l   
                l:!:::::::l>、   ー   .イ:::::::,'__  
          厂 ̄ ¨ヽ \ :::!-j> _ ィ<、::::::::/  ヽ
           `ート 、_r' _\ヽ:|,_ ̄ヘ二´¨l_ハ::/  ./゙ヽ
          /⌒く/ ヽ∠ヽ「j|`~/ //ヽ `∨ /    }
          l   l    } Ⅵ ヽ  ' 〉、 ∨    /
          ゝァ‐ }   くrー!  入  }:.:.\ V二ニ〈
           { /    \ }∨  \∧:.:. ヽ ',   }
           ン′      ヽ|    ¨ヽ:.:.. ノ ヘ_/ ヽ
          {         \   8//~′ }    _>
           `ヽ、__  __/ `ヽ_//    〃 /
              \  ̄/    /`===彳 r′
             __ヽ {     }     j、 l
           く    ハ    /-- ――‐イ 〉
社長の使い魔
◆.H42NtoyGg2008/02/02(土) 22:00:53.04 ID:o4E+Z4Aq0
              ,.'             ヽ.  ヽ   l l  l  l
                /                ヽ. ヽ    l l   l   l
             / /   ヽ.   ` 、      ヽ ヽ.  レ、l   l.  l
                / /     丶、  ` 、      ヽ ヽ / ヘ \ l  l
             / /        ` 、_   \.    ヽ. ∨ ,'`丶 \ ! l
          /  ヽ      - ニ_ー三>ィヘ、   ヽ ∨、ハ }. 〉j l l   「手紙を読んだものに、そのデッキとこの手紙を
            ト 、  \ ` 、  丶、  ̄ / j   ` 、  ヽ}_」  j /∧. l l   ある人物に届けろということが書いてある
            `丶、\ `丶、_`ァハ   /     ` 、 l!__,   / Ⅵ l   まったくふざけた内容だ。どこまで俺を侮辱するつもりだ」
                   `丶\ゝ、_,イ{j:::} /         ヽl.// ∧  Ⅴ !
                 `丶、   ヽ' ´         Ⅵ   ,ヘ ヽ  l  l
                     ソ‐-、_` 、           ̄´  \ヽ. l. l
                      /    `丶          」____\ヽV
                   /                  |        ̄ ̄
                  く、                   |
                    `丶, _               |
                     `´、_              /|
                           \        ,イ .|      ,rf⌒
                           ┌‐\      ∠.」 !        {
                           |    \__/   | _l.      弋_
                            |         〈 ̄.l
                              l            l  l
                         l             l  l
                            j    _____j___/______
                 ____/___\    _ _
                 \          ̄\.   | |. //´
                  ヽ        /´〉  | レ'〈
社長の使い魔
◆.H42NtoyGg2008/02/02(土) 22:06:16.32 ID:o4E+Z4Aq0
                __// __ヾ==-、
               f'´ ̄ , '´:::::::::::::::::::::::`ヽ l
               |  /::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::\
              ∧/:::::/::::::〃::::;.イ/l::::}:: ,::::::::::ヽ
              l::::{::::::l:::::/__::/ / /_/:/j: /::::::::}
              |::::l::::::レ/,,∠`/ /∠/メ//:/
              l:::::!::::::| 伐_j    f以ヽ彡イ  「すいません……で、でも
              ヽ:::!::::::i V;;リ    {;;リ 〃::: |   無理なお願いかもしれないですけど
               Vl::::: |      '   {:::::: l   叶えてはいただけないでしょうか……
                l:!:::::::l>、   ー   .イ:::::::,'__  そのカードを見るときのおじいちゃん、本当に大切なものを見る目でした
          厂 ̄ ¨ヽ \ :::!-j> _ ィ<、::::::::/  ヽ     だから、その……」
           `ート 、_r' _\ヽ:|,_ ̄ヘ二´¨l_ハ::/  ./゙ヽ
          /⌒く/ ヽ∠ヽ「j|`~/ //ヽ `∨ /    }
          l   l    } Ⅵ ヽ  ' 〉、 ∨    /
          ゝァ‐ }   くrー!  入  }:.:.\ V二ニ〈
           { /    \ }∨  \∧:.:. ヽ ',   }
           ン′      ヽ|    ¨ヽ:.:.. ノ ヘ_/ ヽ
          {         \   8//~′ }    _>
           `ヽ、__  __/ `ヽ_//    〃 /
              \  ̄/    /`===彳 r′
             __ヽ {     }     j、 l
           く    ハ    /-- ――‐イ 〉
社長の使い魔
◆.H42NtoyGg2008/02/02(土) 22:07:57.91 ID:o4E+Z4Aq0
              ,. -‐ 、.  /  ̄`~`''‐ 、
                /     `'           `'‐、
           /                   `‐、
           /                           \
        , '                          \
         /     !                       \
      /  l   !                 |          i
.     / ,' │ l                     l  !    |   │ 「ふぅん。いいのか? 俺が適当に物をいい
     / /./ | │     l          、   | | |  ,' | .l  !   曽祖父の遺品を盗もうとしているだけかもしれんぞ」
.    / / /l ! :l  |  |  |           \   !|l | /  | |   !  
    / / ./ ! | l  l  |  | ヽ. ヽ\ \ ヽ. ヽ. |│/ヽ| ! l ! 
   `'''‐'、| l ヽ. ヽ.ヽ.  !   l\\`‐、ヽ、\ヽ.| レ'/ヽヽl ! !
.       `‐、| 、ト、__\:、 ヽ. l  トーz、-‐ラ''フヽ!|!/_,ゝヽ }. |│ 
         \ヽl\`ー'ヽ、\ヽ ∨ー`‐←'  ||!-、-、 /! |│  
             ヽト. ´ ̄ジヽN` -ゝ        |!  リ /|.| | |
             !   \          _iー< | |.| | | 
           |\.   \    r‐==''''ヲ     |    ̄`~` ''''‐'- 、 
         |   `'' ー-ヽ、   V r'-‐:/    .|          |
            |      :::::`‐、 `ー- '   ./|     , -.、    |
         |         :::::`‐、    /  .|   { {lll}}   f{! _
      _,,. 、-‐''|        :::::::::`エ´-─ー|   `'ー'    ゞ'´
        ヽ`''ー-       :::::::::: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         /
社長の使い魔
◆.H42NtoyGg2008/02/02(土) 22:09:22.14 ID:o4E+Z4Aq0
              _/,'       ̄  ̄ 9{_
             {゚>‐一 ¬ ̄ ̄`ヽ、  j. \
               /   /   {      \ {   ヽ
              /  ヽ  {    ヽ、 \  l ヽ〉.   i
          /   ∧ l__\  代ー 、ヽ |       |
            {    { X´l ヽ\} \_ヽ |       l  「それはないです。セトさまを嘘をつけない人ですから」
          ヽ \∨ ヽ     __   |      !
            \小. ィ=     ´ ̄ ` l     ,′
               l }   '         ,'      /
               |:八  ヽ _フ     /    /
               l  个 、      ィ/     /
              l  /  _>r 'チー/   /      _
                 ! !/ } │   /  , <_  _, イ´/ ヽ
          /\/ヽ { __ノ/⌒ヽ./ /   /7'´   /    l
         /    \ハl  ∧_ノ X    /{    ヽヽ  __j
         ヽ    _// / / /  l   / ノ    /  ∨〃
         r'   ̄// /  { ,/  │   / {  /ヽノ   ∨
         ヽ   ///   V   |  /  }  ヽ      l
社長の使い魔
◆.H42NtoyGg2008/02/02(土) 22:11:14.63 ID:o4E+Z4Aq0
              ,. -‐ 、.  /  ̄`~`''‐ 、
                /     `'           `'‐、
           /                   `‐、
           /                           \
        , '                          \
         /     !                       \
      /  l   !                 |          i
.     / ,' │ l                     l  !    |   │ 「ふぅん……メイドごときが……
     / /./ | │     l          、   | | |  ,' | .l  !   まぁいいだろう。このデッキは俺のデッキを強化するために使ってやろう
.    / / /l ! :l  |  |  |           \   !|l | /  | |   !  手紙はそのついでだ」
    / / ./ ! | l  l  |  | ヽ. ヽ\ \ ヽ. ヽ. |│/ヽ| ! l ! 
   `'''‐'、| l ヽ. ヽ.ヽ.  !   l\\`‐、ヽ、\ヽ.| レ'/ヽヽl ! !
.       `‐、| 、ト、__\:、 ヽ. l  トーz、-‐ラ''フヽ!|!/_,ゝヽ }. |│ 
         \ヽl\`ー'ヽ、\ヽ ∨ー`‐←'  ||!-、-、 /! |│  
             ヽト. ´ ̄ジヽN` -ゝ        |!  リ /|.| | |
             !   \          _iー< | |.| | | 
           |\.   \    r‐==''''ヲ     |    ̄`~` ''''‐'- 、 
         |   `'' ー-ヽ、   V r'-‐:/    .|          |
            |      :::::`‐、 `ー- '   ./|     , -.、    |
         |         :::::`‐、    /  .|   { {lll}}   f{! _
      _,,. 、-‐''|        :::::::::`エ´-─ー|   `'ー'    ゞ'´
        ヽ`''ー-       :::::::::: |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|         /
社長の使い魔
◆.H42NtoyGg2008/02/02(土) 22:15:45.07 ID:o4E+Z4Aq0
              _/,'       ̄  ̄ 9{_
             {゚>‐一 ¬ ̄ ̄`ヽ、  j. \
               /   /   {      \ {   ヽ
              /  ヽ  {    ヽ、 \  l ヽ〉.   i
          /   ∧ l__\  代ー 、ヽ |       |
            {    { X´l ヽ\} \_ヽ |       l  「はい、お願いします」
          ヽ \∨ ヽ     __   |      !
            \小. ィ=     ´ ̄ ` l     ,′
               l }   '         ,'      /
               |:八  ヽ _フ     /    /
               l  个 、      ィ/     /
              l  /  _>r 'チー/   /      _
                 ! !/ } │   /  , <_  _, イ´/ ヽ
          /\/ヽ { __ノ/⌒ヽ./ /   /7'´   /    l
         /    \ハl  ∧_ノ X    /{    ヽヽ  __j
         ヽ    _// / / /  l   / ノ    /  ∨〃
         r'   ̄// /  { ,/  │   / {  /ヽノ   ∨
         ヽ   ///   V   |  /  }  ヽ      l
社長の使い魔
◆.H42NtoyGg2008/02/02(土) 22:17:13.37 ID:o4E+Z4Aq0
~夕方~

『タルブの村近くの草原』

              ,.'             ヽ.  ヽ   l l  l  l
                /                ヽ. ヽ    l l   l   l
             / /   ヽ.   ` 、      ヽ ヽ.  レ、l   l.  l
                / /     丶、  ` 、      ヽ ヽ / ヘ \ l  l
             / /        ` 、_   \.    ヽ. ∨ ,'`丶 \ ! l
          /  ヽ      - ニ_ー三>ィヘ、   ヽ ∨、ハ }. 〉j l l   「…………」
            ト 、  \ ` 、  丶、  ̄ / j   ` 、  ヽ}_」  j /∧. l l   
            `丶、\ `丶、_`ァハ   /     ` 、 l!__,   / Ⅵ l   
                   `丶\ゝ、_,イ{j:::} /         ヽl.// ∧  Ⅴ !
                 `丶、   ヽ' ´         Ⅵ   ,ヘ ヽ  l  l
                     ソ‐-、_` 、           ̄´  \ヽ. l. l
                      /    `丶          」____\ヽV
                   /                  |        ̄ ̄
                  く、                   |
                    `丶, _               |
                     `´、_              /|
                           \        ,イ .|      ,rf⌒
                           ┌‐\      ∠.」 !        {
                           |    \__/   | _l.      弋_
                            |         〈 ̄.l
                              l            l  l
                         l             l  l
                            j    _____j___/______
                 ____/___\    _ _
                 \          ̄\.   | |. //´
                  ヽ        /´〉  | レ'〈
社長の使い魔
◆.H42NtoyGg2008/02/02(土) 22:18:54.79 ID:o4E+Z4Aq0
                __// __ヾ==-、
               f'´ ̄ , '´:::::::::::::::::::::::`ヽ l
               |  /::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::\
              ∧/:::::/::::::〃::::;.イ/l::::}:: ,::::::::::ヽ
              l::::{::::::l:::::/__::/ / /_/:/j: /::::::::}
              |::::l::::::レ/,,∠`/ /∠/メ//:/
              l:::::!::::::| 伐_j    f以ヽ彡イ  「ここにいたんですか
              ヽ:::!::::::i V;;リ    {;;リ 〃::: |   この草原、とっても綺麗でしょう?
               Vl::::: |      '   {:::::: l   これをセトさまに見せたかったんです」
                l:!:::::::l>、   ー   .イ:::::::,'__  
          厂 ̄ ¨ヽ \ :::!-j> _ ィ<、::::::::/  ヽ     
           `ート 、_r' _\ヽ:|,_ ̄ヘ二´¨l_ハ::/  ./゙ヽ
          /⌒く/ ヽ∠ヽ「j|`~/ //ヽ `∨ /    }
          l   l    } Ⅵ ヽ  ' 〉、 ∨    /
          ゝァ‐ }   くrー!  入  }:.:.\ V二ニ〈
           { /    \ }∨  \∧:.:. ヽ ',   }
           ン′      ヽ|    ¨ヽ:.:.. ノ ヘ_/ ヽ
          {         \   8//~′ }    _>
           `ヽ、__  __/ `ヽ_//    〃 /
              \  ̄/    /`===彳 r′
             __ヽ {     }     j、 l
           く    ハ    /-- ――‐イ 〉
社長の使い魔
◆.H42NtoyGg2008/02/02(土) 22:21:10.70 ID:o4E+Z4Aq0
~夕方~

『タルブの村近くの草原』

              ,.'             ヽ.  ヽ   l l  l  l
                /                ヽ. ヽ    l l   l   l
             / /   ヽ.   ` 、      ヽ ヽ.  レ、l   l.  l
                / /     丶、  ` 、      ヽ ヽ / ヘ \ l  l
             / /        ` 、_   \.    ヽ. ∨ ,'`丶 \ ! l
          /  ヽ      - ニ_ー三>ィヘ、   ヽ ∨、ハ }. 〉j l l   「ふぅん」
            ト 、  \ ` 、  丶、  ̄ / j   ` 、  ヽ}_」  j /∧. l l   
            `丶、\ `丶、_`ァハ   /     ` 、 l!__,   / Ⅵ l   
                   `丶\ゝ、_,イ{j:::} /         ヽl.// ∧  Ⅴ !
                 `丶、   ヽ' ´         Ⅵ   ,ヘ ヽ  l  l
                     ソ‐-、_` 、           ̄´  \ヽ. l. l
                      /    `丶          」____\ヽV
                   /                  |        ̄ ̄
                  く、                   |
                    `丶, _               |
                     `´、_              /|
                           \        ,イ .|      ,rf⌒
                           ┌‐\      ∠.」 !        {
                           |    \__/   | _l.      弋_
                            |         〈 ̄.l
                              l            l  l
                         l             l  l
                            j    _____j___/______
                 ____/___\    _ _
                 \          ̄\.   | |. //´
                  ヽ        /´〉  | レ'〈
社長の使い魔
◆.H42NtoyGg2008/02/02(土) 22:23:36.69 ID:o4E+Z4Aq0
                __// __ヾ==-、
               f'´ ̄ , '´:::::::::::::::::::::::`ヽ l
               |  /::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::\
              ∧/:::::/::::::〃::::;.イ/l::::}:: ,::::::::::ヽ
              l::::{::::::l:::::/__::/ / /_/:/j: /::::::::}
              |::::l::::::レ/,,∠`/ /∠/メ//:/
              l:::::!::::::| 伐_j    f以ヽ彡イ  「父が言ってました。ひいおじいちゃんと、同じ国の人に出会ったのも
              ヽ:::!::::::i V;;リ    {;;リ 〃::: |   何かの運命だろうって。よければこの村に住んでくれないかって
               Vl::::: |      '   {:::::: l   そしたら、わたしも……ご奉公をやめて
                l:!:::::::l>、   ー   .イ:::::::,'__  一緒に帰ってくればいいって」
          厂 ̄ ¨ヽ \ :::!-j> _ ィ<、::::::::/  ヽ     
           `ート 、_r' _\ヽ:|,_ ̄ヘ二´¨l_ハ::/  ./゙ヽ
          /⌒く/ ヽ∠ヽ「j|`~/ //ヽ `∨ /    }
          l   l    } Ⅵ ヽ  ' 〉、 ∨    /
          ゝァ‐ }   くrー!  入  }:.:.\ V二ニ〈
           { /    \ }∨  \∧:.:. ヽ ',   }
           ン′      ヽ|    ¨ヽ:.:.. ノ ヘ_/ ヽ
          {         \   8//~′ }    _>
           `ヽ、__  __/ `ヽ_//    〃 /
              \  ̄/    /`===彳 r′
             __ヽ {     }     j、 l
           く    ハ    /-- ――‐イ 〉
社長の使い魔
◆.H42NtoyGg2008/02/02(土) 22:26:45.97 ID:o4E+Z4Aq0
              ,.'             ヽ.  ヽ   l l  l  l
                /                ヽ. ヽ    l l   l   l
             / /   ヽ.   ` 、      ヽ ヽ.  レ、l   l.  l
                / /     丶、  ` 、      ヽ ヽ / ヘ \ l  l
             / /        ` 、_   \.    ヽ. ∨ ,'`丶 \ ! l
          /  ヽ      - ニ_ー三>ィヘ、   ヽ ∨、ハ }. 〉j l l   「俺も遊戯もこの世界の人間ではない
            ト 、  \ ` 、  丶、  ̄ / j   ` 、  ヽ}_」  j /∧. l l   そして、俺は奴とは違い元の世界に帰る
            `丶、\ `丶、_`ァハ   /     ` 、 l!__,   / Ⅵ l   下らん妄想はそこまでにしておくのだな」
                   `丶\ゝ、_,イ{j:::} /         ヽl.// ∧  Ⅴ !
                 `丶、   ヽ' ´         Ⅵ   ,ヘ ヽ  l  l
                     ソ‐-、_` 、           ̄´  \ヽ. l. l
                      /    `丶          」____\ヽV
                   /                  |        ̄ ̄
                  く、                   |
                    `丶, _               |
                     `´、_              /|
                           \        ,イ .|      ,rf⌒
                           ┌‐\      ∠.」 !        {
                           |    \__/   | _l.      弋_
                            |         〈 ̄.l
                              l            l  l
                         l             l  l
                            j    _____j___/______
                 ____/___\    _ _
                 \          ̄\.   | |. //´
                  ヽ        /´〉  | レ'〈
社長の使い魔
◆.H42NtoyGg2008/02/02(土) 22:30:39.94 ID:o4E+Z4Aq0
                __// __ヾ==-、
               f'´ ̄ , '´:::::::::::::::::::::::`ヽ l
               |  /::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::\
              ∧/:::::/::::::〃::::;.イ/l::::}:: ,::::::::::ヽ
              l::::{::::::l:::::/__::/ / /_/:/j: /::::::::}
              |::::l::::::レ/,,∠`/ /∠/メ//:/
              l:::::!::::::| 伐_j    f以ヽ彡イ  「元の世界? ……それって、冗談じゃないんですよね
              ヽ:::!::::::i V;;リ    {;;リ 〃::: |   ……じゃ、じゃあ、待っててもいいですか?
               Vl::::: |      '   {:::::: l   わたしは、何のとりえもないただの女の子だけど
                l:!:::::::l>、   ー   .イ:::::::,'__    待つことぐらいはできる
          厂 ̄ ¨ヽ \ :::!-j> _ ィ<、::::::::/  ヽ     セトさまががんばって、帰る方法を探して
           `ート 、_r' _\ヽ:|,_ ̄ヘ二´¨l_ハ::/  ./゙ヽ   それでも見つからなかったら……」
          /⌒く/ ヽ∠ヽ「j|`~/ //ヽ `∨ /    }
          l   l    } Ⅵ ヽ  ' 〉、 ∨    /
          ゝァ‐ }   くrー!  入  }:.:.\ V二ニ〈
           { /    \ }∨  \∧:.:. ヽ ',   }
           ン′      ヽ|    ¨ヽ:.:.. ノ ヘ_/ ヽ
          {         \   8//~′ }    _>
           `ヽ、__  __/ `ヽ_//    〃 /
              \  ̄/    /`===彳 r′
             __ヽ {     }     j、 l
           く    ハ    /-- ――‐イ 〉
社長の使い魔
◆.H42NtoyGg2008/02/02(土) 22:33:42.41 ID:o4E+Z4Aq0
              ,.'             ヽ.  ヽ   l l  l  l
                /                ヽ. ヽ    l l   l   l
             / /   ヽ.   ` 、      ヽ ヽ.  レ、l   l.  l
                / /     丶、  ` 、      ヽ ヽ / ヘ \ l  l
             / /        ` 、_   \.    ヽ. ∨ ,'`丶 \ ! l
          /  ヽ      - ニ_ー三>ィヘ、   ヽ ∨、ハ }. 〉j l l   「ふぅん。ありえん話だがな
            ト 、  \ ` 、  丶、  ̄ / j   ` 、  ヽ}_」  j /∧. l l   考えておいてやろう」
            `丶、\ `丶、_`ァハ   /     ` 、 l!__,   / Ⅵ l   
                   `丶\ゝ、_,イ{j:::} /         ヽl.// ∧  Ⅴ !
                 `丶、   ヽ' ´         Ⅵ   ,ヘ ヽ  l  l
                     ソ‐-、_` 、           ̄´  \ヽ. l. l
                      /    `丶          」____\ヽV
                   /                  |        ̄ ̄
                  く、                   |
                    `丶, _               |
                     `´、_              /|
                           \        ,イ .|      ,rf⌒
                           ┌‐\      ∠.」 !        {
                           |    \__/   | _l.      弋_
                            |         〈 ̄.l
                              l            l  l
                         l             l  l
                            j    _____j___/______
                 ____/___\    _ _
                 \          ̄\.   | |. //´
                  ヽ        /´〉  | レ'〈
社長の使い魔
◆.H42NtoyGg2008/02/02(土) 22:37:29.74 ID:o4E+Z4Aq0
              _/,'       ̄  ̄ 9{_
             {゚>‐一 ¬ ̄ ̄`ヽ、  j. \
               /   /   {      \ {   ヽ
              /  ヽ  {    ヽ、 \  l ヽ〉.   i
          /   ∧ l__\  代ー 、ヽ |       |
            {    { X´l ヽ\} \_ヽ |       l  「……はい!」
          ヽ \∨ ヽ     __   |      !
            \小. ィ=     ´ ̄ ` l     ,′
               l }   '         ,'      /
               |:八  ヽ _フ     /    /
               l  个 、      ィ/     /
              l  /  _>r 'チー/   /      _
                 ! !/ } │   /  , <_  _, イ´/ ヽ
          /\/ヽ { __ノ/⌒ヽ./ /   /7'´   /    l
         /    \ハl  ∧_ノ X    /{    ヽヽ  __j
         ヽ    _// / / /  l   / ノ    /  ∨〃
         r'   ̄// /  { ,/  │   / {  /ヽノ   ∨
         ヽ   ///   V   |  /  }  ヽ      l

第十話 ~受け継がれし力 後編~ 終了