※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

誰もがネットに接続できるようになった最近では、かつては知っている人しか知らないような情報ですら、簡単に知ることができるようになりました。ただ、どんなことにも言えますが、大事にしてきた着物を処分する際は、その会社を見るだけでなく、業界での評判も比較し、信頼できそうな業者に絞ってから、複数の会社の査定を受けるようにしましょう。

思い入れのある着物を納得のいく価格で処分するなら、時間と手間をかけたほうが、あとで悔やまずに済みます。
着物の宅配買取もよく行われていますが気を付けた方がいいことは、ある程度以上の品質の着物には、必ずついてくる切れ端、保証書といった、品質を保証するものの有無です。家電やパソコン、ゲームソフトを売ったことがあればわかると思いますが、品質を示すためにこうしたものがあるわけで、あるかないかというだけで査定結果が明らかに違ってきます。


残っている限りのものを宅配の箱に入れるのを忘れないでください。着物買取業者に持ち込むとき、着物そのものや、帯の他帯に合った帯締めや帯揚げなど小物も併せて買取可能です。
セットと言っても、襦袢は例外のようです。襦袢は下着の位置づけなので一度でも着たものは買い手がつきません。それでも買い取る可能性があるのは正絹であまり古くなく未使用のもの、柄行が珍しいものなど交渉次第で売れるかもしれません。この際ですから、査定を受けるだけ受けてみましょう。タンスの肥やしになっていた着物を買い取ってもらい、全部合わせるとかなりの現金が入ってくるかもしれません。着物を売ったら課税されるのか、確定申告は必要なのか気になるでしょう。着物は衣類なので、生活必需品に分類され買取金額には課税されないはずですが、高級品で、美術工芸品とみなされる場合は課税対象になり得るので税法上も案外複雑です。金額が多く気になる場合、確定申告の必要があるかどうかを知るために、申告時期の前に、直接税務署に相談した方がいいと思います。持っているけれど着ない着物はうちにもあって、買い取りしてくれるお店まで持って行くのも面倒で、どのお店で、着物をより高く買い取ってくれるのかさっぱり見当もつかず、結局処分に踏み切れませんでした。

この頃はサービスが良くなり、どこでも買い取りに来てくれる業者も結構あると聞いています。業者間の差もあるようなのでうちの着物を高く買い取ってくれるところをじっくり探していきます。タンスの肥やしになっている着物を、高く買い取ってもらえれば本当にラッキーだと思います。
保管状態が良く、傷みがなければ高価買い取りの条件を満たしています。加えて人気の柄だったり、素材が良かったり、ブランド品だったりすると思いがけないお宝になるかもしれません。反物で、仕立てていないものも大抵の業者では買い取ってくれます。反物一本だけでも、ぜひ業者の査定を受けてください。中古着物の買取業者によるトラブルが増えていますから、査定依頼するときは注意しましょう。私が最近聞いた例では、自宅への訪問査定を依頼したら、アポ無しで来て、「着物と貴金属と合わせていくら」と長時間ねばられ、泣く泣く格安で売ったという例もありました。チラシの連絡先が携帯番号になっている業者などは、注意したほうが良いでしょう。警察に古物商の届出を出しているような業者なら、商売に支障をきたすような違法行為はしないはずです。



日本の伝統的な民族衣装である着物は、振袖など着物としての役割、素材、色や柄などによって様々に格付けされます。

その中で、買い取りのとき高値がつく可能性が大きいのは織り、染めなどが有名な産地の品です。

代表的なのは大島紬、本場黄八丈ですが、どんな着物か、着物に関心がある方なら目に浮かぶような有名な産地の着物は古くても価値があるので査定額も平均して高いようです。査定時の状態は良くないといけませんし、証紙で産地や生産者を示すと高値がつきやすいことは着物買取の常識です。
着物買取サービスの評判
|