※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ソフトテニスのテクニックを紹介します。

サービスについて
試合はサーブから始まります。
そのため、良いサービスが打てればそれだけ試合を有利に進めることが出来る。
いろいろなサ-ビスの方法があります。

サービスの種類は主に、
フラットサービス
スライスサービス
リバースサービス
アンダーカットサービス
ショルダーカットサービス
があります。
自分に適するサービスを見つけましょう。

  • スライスサービス

特徴・・・ボールに左回転を与えるサービス。
ファーストサービスに使われることが多い。
バウンド後の変化・・・レシーバー側から見て右側に曲がる。
グリップ・・・イースタングリップ。
打ち方・・・頭上高くトスしたボールの右上部にラケットを当て、サイドスピンをかける。


  • フラットサービス

特徴・・・スピードがあり、高い打点から強打すれば、最も威力のあるサービス。
バウンド後の変化・・・真っ直ぐ高く跳ねる。
グリップ・・・ウエスタングリップ。
打ち方・・・やや前方にトスしたボールと直角になるようにラケットを打ち下ろす。


  • リバースサービス

特徴・・・スピードはないが、相手のバックを狙う場合に使われる。
バウンド後の変化・・・レシーバー側から見て左側に曲がる。
グリップ・・・ウエスタングリップ。
打ち方・・・頭の前方上にトスしたボールの側面にラケットを当て、
ボールに左スピンをかけるように斜めに打ち下ろす。


  • アンダーカットサービス

特徴・・・相手コートに落下してから大きく曲がる。
ボールの弾みが少ないので、使い方によっては攻撃的なサービスとなる。
バウンド後の変化・・・レシーバー側から見て大きく左側に曲がる(右利きの場合)
グリップ・・・イースタングリップ。
打ち方・・・ラケットを短めに握り、上体を少し前に傾ける。
トスは胸の高さからボールを落とすようにして、ラケットでボールの下部をこする様に打つ。


  • ショルダーカットサービス

特徴・・・相手コートに落下してからのバウンドが低いので、
打ち込む位置さえよければ、比較的攻撃されにくい。
打つことも比較的簡単で、主にセカンドサービスとして使われる。
バウンド後の変化・・・レシーバー側から見て左側に小さく跳ねる。
グリップ・・・ウエスタングリップ。
打ち方・・・顔の前くらいに小さくトスを上げ、ラケットの面を崩さないようにして、
ボールの右下を肩の高さでカットする。

レシーブについて
ファーストサーブに対しては、主に確実に返球するようにしましょう。
しかし、セカンドサーブに対しては、積極的に攻撃するように心がけましょう。

前衛の場合

前衛は、ゆとりの持てるレシーブをすることが大切です。
レシーブと同時に前進して、次のプレイに備えられるように、深くて長いロブで返すのが良いでしょう。
ファーストサーブに関しては、なるべくコンパクトなスイングでレシーブしましょう。
セカンドサーブに関しては、ベースラインか、コートの中央にポジションして、
高い打点から攻撃的なレシーブをしましょう。

後衛の場合

後衛は、深いボールを正確にレシーブしましょう。
ファーストサーブに関して、レシーブを待つ位置は少し後ろにして、前進して打つようにしましょう。
セカンドサーブに関しては、センターよりにポジションし、できる限りフォアハンドで、攻撃的なレシーブをしましょう。

ラケットについて
ラケットは主に一本シャフト、二本シャフトがあります。
主に、一本シャフトは後衛、二本シャフトは前衛が使用します。
自分にあったラケットを選びましょう。
ラケットのメーカーは、主に
  • YONEX
  • MIZUNO
  • GOSEN 
等が、有名です。