猟奇的なフェイト

フェイト「うわぁあああああああああ!!なのはぁ!殺す!殺す!殺す!」

なのは「お、落ち着いてフェイトちゃん!」

はやて「そや、ウチらも度が過ぎた、反省しとるん。」

フェイト「うるさいうるさいうるさい!貴方たちはもう友達なんかじゃない!」

クロノ「やめるんだフェイト!なのは達も反省してるって言ってるじゃないか!」

フェイト「クロノまで私を裏切るんだ・・そっか、はは、あはあははははははは!」

クロノ「や、やめてくれ!フェイト!それ以上は洒落にならな」

(グシャアアアアアアアアア!)

なのは「ひっ!?」

はやて「きゃあああああ!!」

フェイト「あっははっはははっはははは!!!内臓がグチャグチャだね!!お兄ちゃん☆」

なのは「フェイトちゃん、もう、嫌!こんなの嫌だよ!」

はやて「取り返しのつかんことになってもうた・・」

フェイト「次は貴方達の番だよ、悪魔の血も赤いのかな。」

はやて「痛い!、やめてフェイトちゃん!お願いや!死にたくない!」

フェイト「死ね氏ね死ね!!!地獄に行って後悔しろ!この悪魔め!!」

(グッシャアアアアアアアア!!)

はやて「ぎゃああああああああああああああああああああああ!!」

フェイト「あはははははははは!痛い??痛いでしょう?でもね私が受けた痛みは

こんなもんじゃないんだよ。腕一本じゃ割りに合わないよね」

はやて「あぁ、わわや、やふぇて・・・お願いします、もう、、たす」

フェイト「きゃははははははは!!!動かなくなったよ!!なのはコレ見て見て。」

なのは「きゃあああ!!やめてよそんな、お、おおぇえええ・・!」

フェイト「どうしたの、なのは。これがそんなに気持ち悪いの?親友なのにぃ。」

なのは「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

フェイト「なのはぁ、私達二人っきりになったんだよ?もっと喜んでよ?」

なのは「あヴぁヴうううううんんんんn!」

フェイト「ほうら、苦しい??息できないもんね。苦しいよね。」

なのは「んんん!!ゲポ、がぁはああ、ゲホゲホ!」

フェイト「どう?このまま窒息させてあげてもよかったんだけど」

なのは「もう、、殺して・・早く殺してよ・・!!」

フェイト「あっははははははははは!そう簡単に殺してたまるか!!

これ以上にないほどの地獄を味あわせてやる!少し、頭冷やそうか?

あっはははははははははははははははははは!!!」

なのは「お、おかしいよ、こんなの絶対・・」

フェイト「ふふふ、これからね、なのはの爪を一本ずつ剥がしていこうと思うんだ」

なのは「・・!?」

フェイト「んふ☆心配しないでいいよ、こんなんじゃ人は死んだりしないから」

なのは「ってよ・・・」

フェイト「んん?」

なのは「戻ってよ・・・今までの優しかったフェイトちゃんに戻ってよ!」

フェイト「あははあははははっは!何を言い出すかと思えば!

今の私は優しくないのかな?なのはだけは今でも生かしておいてあげてるんだよ?」

なのは「違う!そんなのは優しさじゃない!」

フェイト「悪魔がよく言う・・」

なのは「私が悪魔なら、今のフェイトちゃんは鬼だよ・・」

フェイト「ひゃあははははははは!こりゃいい!

管理局の白い悪魔がなのはなら私は管理局の黒い鬼だね。」

バチン!

バチン!

バチン!

なのは「あああああああああああ!!」

フェイト「なのはうるさいよ?静かにしてよ。爪を剥がしたくらいでオーバーだなぁ。

でも、思った以上に真っ赤かだね。タオルで拭いてあげる」

フェイト「あひゃあひゃはやああああははははは!!

なのはの爪がなくなちゃったよ!!!」

なのは「・・・・・・。」

フェイト「あれれぇ、どうしたのなのは?恐怖し過ぎて声も出なくなちゃった??

あっはははははは☆でもまだまだこんなんじゃ終わらないよ!」

ガチャ

アリサ「なのは~!いる~?」

すずか「あれ、なんか凄い変な臭いが・・」

フェイト「あ、アリサ。いらっしゃい☆」

アリサ「あら、フェイトじゃない。何でここに・・」

すずか「アリサちゃん・・・あれ、あれ見て・・!」

アリサ「ん?」

つづく