ダンタリアンの書架


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

―だんたりあんのしょか
それ自体に力はないが、それを読むことによって不思議な現象を起こす書物として幻書が登場する。
幻書を扱う存在として、90万と666冊の幻書の封印と管理を司る黒の読姫、ダンタリアン、
幻書を作成すべく旅をしている赤の読姫、ラジエル、
そして、すべての幻書の破壊、焼却を目的とする焚書官に付き従う銀の読姫、フランベルジュがいる。

このカテゴリーに含まれる魔導書一覧