ギガス写本


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

―コーデックス・ギガス
高さ92cm、幅50cm、厚さ22cm、重さ75kg。中世最大の「聖書の写本」。大きく悪魔の絵が描かれていること、筆者の修道僧がルシファーに祈りこの写本を完成させたとされる伝説から「悪魔の聖書」とも呼ばれる。また、新約・旧約をともに扱う唯一の聖書であり、一時は世界第八の不思議として扱われたこともあった。