等価の書


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

―とうかのしょ
ダンタリアンの書架』に登場。おそらく作品オリジナル。
この幻書を使用して取引をする限り、相手が差し出す物品と同価値のものを差し出さなくてはならない。
例を挙げると「書類整理に至急必要なクリップ」と「元カノにもらった高価な懐中時計」はその人の価値では等価となる。
相手が命より大事と考える物品に対しては自分も命を差し出さねばならないため、使い方を誤るととても危険。