※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

失われた刻を求めて ◆C0vluWr0so



「これでっ……墜ちやがれえええええ!」

ゴステロの怒号と共に放たれた勇者王必殺の拳が、空を翔るバルキリーへと襲いかかる。
暴力的なまでの力を持つ拳撃の威力は十全。バルキリーの装甲などは一撃で貫くだろう。
だがしかし、それはまともに当たればの話。

「そこかっ!」

バルキリーは空中旋回し、スターガオガイガーの拳を苦もなくかわす。
天性の操縦センスと豊富な戦闘経験、そしてニュータイプの力――それらが備わったアムロには、ただの力任せの攻撃は当たらない。
だが、それだけだ。

「ちょこまかちょこまかとうざってえんだよッ! オラオラオラオラァァァァァ!」

更に続くスターガオガイガーの猛攻。
それに対して正確無比な回避運動を続けるバルキリーだったが、反撃は無い。
スターガオガイガーの強硬無比な装甲の前には、バルキリーの通常武器では決定打にはなり得ない。
その如何ともし難い事実がアムロに回避の一手を取らせていた。

お互いに決定打となる一発が無いまま、時間だけが過ぎていく。
既に戦闘が始まってから一時間近い時間が経過し、戦場もH-2からH-1へとその場を変えていた。
シャアとアイビスを安全に逃がすというアムロの目的は、ほぼ完全に成されたと言っても良いだろう。
だが、このままこの敵を放置し、逃げ出すわけにはいかない。
アムロが見たところ、このパイロットは正常な判断能力を失くし、破壊衝動のままに暴走を続けている。
しかし敵パイロットの操縦スキルは低いどころか、エースパイロットのそれと比べても遜色無いものだ。
異常なまでの破壊衝動、エースパイロットの技量、そして攻守共に万全な強機体。
このまま放置すれば、間違いなくこの戦場に悪意を撒き散らし、多くの戦いをもたらすことになるだろう。

(出来れば首輪を確保したかったが……そうとも言ってられないな)

直撃こそ無いものの、強力なパワーの余波と無理な回避運動の影響か、徐々にではあるがバルキリーの状態が悪くなってきている。
戦いが長引けば長引くだけ、たった一発の直撃で墜ちるバルキリーが不利だと判断したアムロは、機体を北へと飛ばす。

「ヒャハハハッ! 逃がすかよぉ!」

自機から離れ出した戦闘機に対し、ゴステロは追撃を選択する。
しかし、高々度での戦闘を想定して設計されたバルキリーとの距離は縮まるどころか次第に広がり始めてた。
かと思うとバルキリーは速度を落とし、また距離を縮める。
獲物であるはずの相手に遊ばれている――そのことに気づいたゴステロは怒りを爆発させた。

「くぉのやろおおおおおお! 死にやがれえぇぇぇぇぇ!」

力任せにブロークンファントムを繰り出すも、バルキリーにはかすりもしない。
ゴステロの怒りは、ただ募っていくのみだった。

(さぁ来い……ここで決めてみせる!)

無論この挑発的行動もアムロの狙い。
より激しい怒りを以て、ただでさえ鈍っているゴステロの判断力を更に下げるのがその目的だった。
アムロの考えた作戦を成功させるには、相手の油断と隙をつく必要がある。
これはそのための下準備。
次にアムロは弾薬の残量をチェック。
通常武装が決定打にならないと判断した時点で回避に専念し始めたため、弾薬は半分残っている。
これだけあれば、一瞬の隙を強引に作ることも可能だろう。

そこまで確認したアムロの視界に入ってきたのは、夜闇の中輝く光壁。
そのずっと先には壁が二枚垂直に交わる姿が確認出来た。
勝負を決するのは、地図の最北東に位置し、A-1、A-8、H-1、H-8の四つのエリアを結ぶここ。
アムロはスロットルを倒し込み、一気にスターガオガイガーとの距離を離しにかかった。
そして二枚の壁が交差する一点、その直前で機体をバトロイドに変形、停止させ、地上に降り立つ。

「ようやく追いつめたなぁ。さぁ……ぶっ殺してやるぜぇぇぇぇ!」

やや遅れバルキリーに追いついたゴステロは、舌なめずりをしながら感情を昂ぶらせていく。
その歪んだ表情からは抑えきれない憎悪と激怒が滲み出ていた。
それに対しアムロは、

「やれるものならやってみればいい。その機体は飾りか?」

と、挑発的な態度を崩さない。

…………プチン、と音が聞こえた気がした。

「……そんなに死にてぇのかよぉぉぉぉぉぉ! お望み通りぶっ殺してやるぅぅぅぅぅ!!」

怒りが頂点に達したゴステロはスターガオガイガーをバルキリーへと突撃させる。
バルキリーを遙かに超える質量を持つスターガオガイガー。
巨体の突進が巨大なパワーを産み出し――更にGSライドが輝き、勇者の力は完全な破壊の力に転換された。
産み出された超パワーは右拳の一点に集中し、バルキリーを撃ち貫く破壊の鎚に変わる。
だがしかし、超加速を続ける勇者王の射線の先にいるのはただのパイロットではない。
連邦の白い悪魔と恐れられ、幾度もの大戦を潜り抜けてきた真の戦士である。

「――見える! ここだっ!」

勇者王の突撃が最高速に乗る一瞬前に、アムロはバルキリーに残されたありったけの武装を放つ。
だがスターガオガイガーから迸るエネルギーは、ホーミングミサイルを始めとするバルキリーの攻撃を寄せ付けない。
アムロの攻撃はその殆どが直撃することなく寸前で爆発。
しかし、ホーミングミサイルとガンポッドが撒き散らす爆煙がスターガオガイガーを包み、ゴステロの視界が一瞬遮られた。
半瞬の後、スターガオガイガーは爆煙の中から飛び出す。
その先には、バルキリーがいるはずだった。――だった。

「なにぃっ!?」

一瞬と半瞬の間隙、ゴステロが目を離したのはその一刹那のみ。
だが、そのわずかな間に戦況は一変した――バルキリーが、いない!

「どこだっ! どこへ行きやがった!?」

ゴステロの叫びが一人空しくこだまする。
それに応えるかのようにスターガオガイガーの背面に衝撃が走った。

「なにぃ! 後ろだとっ!?」

振り返ろうとするゴステロの視界に入ったのは、人の形に姿を変えたバルキリー。
その右腕がスターガオガイガーの背中を押している。

「このまま……押し切ってみせる!」

スターガオガイガーの強固な装甲にはバルキリーでは太刀打ちできない。
最後の切り札、反応弾もあったが、あまりにも高すぎるその威力と攻撃範囲は自機さえも巻き込んでしまう危険性をはらんでいた。
本来の反応弾の使用目的は、宇宙空間での対大型艦の撃滅。広大な宇宙空間で充分な距離を取って初めて使える代物だ。
ならば距離を取ればいい――そう考えるのは、単純過ぎるというものだろう。
この空間の持つ特殊な性質の一つ、極端な電波妨害は通信の障害になるだけではない。
長距離におけるミサイル誘導、及びそれに類する攻撃の制御に関する電波までも遮断する性質を持っていた。
そのため、反応弾を長距離から撃つことは不可能。
下手に撃てば制御が出来なくなった途端に爆発し、バルキリーを巻き込む可能性がある。
つまり、バルキリーがスターガオガイガーに対抗出来る武装は皆無、ということである。

だが、対抗出来る武装は無くとも――対抗する手段はある。

「ぐぅぅぅ! 止まりやがれぇぇぇ!!」

GSライドとウルテクエンジンによって最大まで加速されたスターガオガイガーは止まらない。
慣性のまま直進するその先にあるものは光の壁。
更にその奥にあるものは――禁止エリア。
アムロの作戦、それはゴステロをスターガオガイガーごと禁止エリアに叩き込むというもの。
如何に装甲が厚かろうが関係ない。ただ押し込むだけで、ゴステロの首輪は爆発する。
今までの攻防の全ては、その状況に持ち込むための準備だった。
案の定ゴステロはアムロの挑発的な態度に激昂し、一直線に突撃を試みた。
残弾の殆どを費やし一瞬の隙を作ったアムロは、瞬時に地上での移動に長けたガウォークへと変形し、ゴステロの背後に回り込み。
そのまま、禁止エリアに向けてスターガオガイガーを押し込む!

「たかが機体一つ……バルキリーで押し込んでみせる!」
「こぉのやろぉぉ!!」

だが、ゴステロもただでは終わらない。
行き場を無くした拳を地面に突き刺し、減速を試みる。
粉塵と土煙を上げながら、スターガオガイガーのスピードは徐々に落ちていく。

壁まで、残り100メートル。

バルキリーに異変が起きた。
度重なる急激な回避運動に悲鳴を上げていたエンジン。その出力が落ちていく。
それに対し、スターガオガイガーはその出力を上げていく。
GSライドが輝き、ウルテクエンジンが唸りを上げ、勇者王はその名に恥じない力をその身に漲らせていった。

「後少し……後少しなんだ! 保ってくれバルキリー!」
「へっ! 残念だったな……!」

燦然と輝く壁のたった10メートル前で、バルキリーは力尽きた。

スターガオガイガーは減速し、

停止し、

反転した。

「お前に俺はやれねぇよぉ! 死にやがれぇぇ!!」

再びバルキリーに向かって拳が放たれる。
一筋の流星の如く伸びる一撃を受けながら、バルキリーは自ら背後へと飛び衝撃を受け流す。
しかし、たとえ力の半分を受け流せたとしても、勇者王の一撃はバルキリーの装甲を貫くに十分。
満足に動かない機体を、それでもアムロは執念と共に動かしていく。

「ひゃはははは! もう諦めちまいな! どうせお前はこの俺様から逃げられやしないんだからよぉ」
「それでも……俺は諦めない! 最後のその時まで人は生きることを諦めたりしないんだ!」
「そうかい。その心意気はリッパだが……そのまま終わっちまいな!」

再度放たれた拳撃を前に、アムロは避けられない死を予覚した。
思えば、自分は人を殺しすぎた。
終わらない争いを止めるため――そして、生き残るため。
一年戦争の頃の自分と、この殺し合いを強要され、生き残るために他者を殺す人間と、一体何が違う?
戦わなければ生き残れない。
だから殺す。
それは、生物全てに共通する道理だ。
生きるために、食べるために殺す。
住むために、眠るために、他者を殺し、そして生きのびる――それが、人間本来の生き方だったのではないのか?


『……それは違うぞ、アムロ』

なっ……! その声、シャアか!?
『確かに、私もお前も命を奪いすぎた。だが、私はそれを間違いだとは思っておらんよ』

何故だ! ララァを失ったお前がそれを言うのは!
『命とは、消えるものではない。受け継がれるものなのだ。
 ララァの魂は私の血肉となった。そして……私の命も、また誰かの礎となるだろう』

――! シャア、まさか……!
『さらばだ、アムロ。再び会うことは無いだろうが……
 私はお前を好いていたよ。お前なら……あるいは人の光を導けるのかもしれない』

待てシャア! お前は……!
『立てアムロ! ここで終わるお前では無いはずだ!』



――瞬時、アムロの意識は覚醒した。
バルキリーを貫くはずの拳は……

「てめぇ……! 一体なにもんだぁっ!」
「フッ……。醜きを討ち、美しきを助ける者だ」

白銀の機体の構える白き剣によって阻まれていた。

 ◆

眼前の機体の織りなす剣技――あまりにも鮮やかな太刀筋と抜きの速度に、アムロは圧倒されていた。
一太刀舞えば獅子が転び、二太刀抜けば装甲が破れる。
先ほどまでアムロを圧倒していた剛力を華麗に受け流し、翻弄するその技量。
白銀の機体が近接戦闘に長けた機体だろうということを考慮しても、その搭乗者の才覚はただものではない。
そのままスターガオガイガーを圧倒するかと思えたその時――
白銀の機体は踵を返し、こちらに向かいながら通信を入れてきた。

「そちらの機体、状況は? 動けるのなら即座にこの場を離れることを提案しよう。
 出来ることならば、貴君の協力を願いたい」
「こちらアムロ・レイ。貴君の援護、心から感謝する。
 こちらの機体の状況は万全とは言い難いが、離脱程度なら問題ないはずだ」
「そうか。ならば行動は迅速に行おう。……急がなければ、あの機体が追いついてくるかもしれないからな……」

アムロが聞く男の声はいささか疲れたものだった……何故?
答えは簡単。
ここに来るまでに、サイバスターはある機体に追われ続けていたからである。
その機体とパイロットとは……

「な に ぃ っ 、 ア ム ロ ・ レ イ だ と ぉ ぉ ぉ ぉ ぉ ! !」

「なっ、何なんだあの機体は!? ガンダムなのか?」
「クッ、追いつかれたか……」

白き装甲に身を包んだ機体。その頭部にはガンダムタイプであることを示す二対の角が存在していた。
ガンダムファイト第13回大会ネオジャパン代表MF、シャイニングガンダム――
ガンダムファイトにて猛威を振るったその右腕は、肘から先を切断され無惨な断面を晒している。
だがその代わりに、ガンダムは全身にかつてないほどのエネルギーを纏わせていた。
搭乗者の感情の高ぶりをそのまま機体にフィードバックするシステムを備えたシャイニングガンダムは、そのポテンシャルを最大限に発揮し始める。

「黒歴史に名高いその戦技、しかとこの目に焼き付けさせてもらおうかぁ!」

気迫と共に放たれたギンガナムの咆吼がその場に響く。

「小生の名はギム・ギンガナム! アムロ・レイよ!
 名門の誉れ高いギンガナム家の名の下に、貴殿に決闘を申し込む!!」

――そして、しばしの沈黙。

「……は?」

ややあって間抜けな声が返ってくる。
それはあまりにも唐突な展開に呆然とするしかないアムロの呟きだった。

「アムロといったか。あの男を知っているのか?」
「いや、あのパイロットについては皆目見当もつかない。
 あの機体は俺の知るものに酷似しているが……君が危険視していたのはあれなのか?」
「そうだ。ここに来る途中で遭遇した。厄介な相手だったために振り切ってきた……つもりだったのだが」


「フフフ……アムロ、アムロ・レイか。
 黒歴史の中の無数の戦乱……その中でも最強の力を持った真の戦士とこのような出会いをするとは。
 あの異形もなかなか憎い演出をしてくれるではないか!」

握る拳に力がこもり、熱き血潮が滾っていくのを感じながら、ギンガナムは眼前の機体に目を向ける。
夢にまで見た相手との邂逅……2500年もの長きに渡り真の闘いを求めてきた武人は、燃えに燃えた。

「ふぅぅぅぅぅっ、ぬぅぅぅぅぅぅぅっ!
 さぁシャイニングガンダムよっ! ガンダムの名を世に知らしめた勇者に、我らの力を見せつけてやろうではないかぁっ!!」

ギンガナムの叫びと共に、シャイニングガンダムはその身を黄金に染めていく。
怒りではなく、純粋な喜びと戦意によって高められた感情のうねりが、ガンダムに力を与えていく。
そしてギンガナムがアムロに飛びかかろうとした瞬間、

「お前ら……俺を馬鹿にするんじゃねぇっ!」

ゴステロの拳が、ガンダムを襲った。
突然の乱入者二人に完全にペースを乱されたゴステロは、怒りの拳を無造作に振るう。
しかし、ギンガナムはこれを察知。ぎりぎりのところでスターガオガイガーの拳を避ける。
シャイニングガンダムは身体を反転させ、スターガオガイガーと正対した。

「貴様、武人の闘いに横槍を入れるとはどういうことかと知っての行いかっ!」
「武人だぁ? けっ、そんなもの関係ねぇ! 俺は俺のやりたいようにやるんだよぉっ!」
「ならば……王者アムロ・レイと戦う前の前哨戦といくぞ!」

ギンガナムは左腕をぐっと手前に引き、右腕をスターガオガイガーに向けて、高々と突き出す。
対するゴステロは、構えなど無用とばかりに先ほどバルキリーに向けてしたように右腕に力を注ぎ込んでいく。
共に片腕を亡くした者同士、互いに狙うは一撃必殺。
両者は睨み合い、そして一瞬の後――激突した。
ギンガナムの憧れと情熱と正義の込められた左拳と、ゴステロの狂気と憎悪と悪意の込められた右拳が衝突。
激しい音を立てながら火花を散らす二人の間には、ある一つの思い以外は存在しない。

――ただ相手を倒す。

慢心など欠片もない。気を抜けば押し負けるということは、本能的に悟っている。
そして両者の力は完全に拮抗していた。
ぶつかり合ったまま、一歩も動かない。否、動けない。
そして同時に考える。
この状況を打破するには――

( 更に大きな力でねじ伏せる! )

「うおおおおおおおおおお!
 もっとだ! もっと輝けシャイニングぅぅぅぅ!!」
「クソやろおおおおおおお!
 力がたりねえんだよおおおおおおおおお!!」

ギンガナムとゴステロ、互いに力を求め、吼える。
シャイニングガンダムとスターガオガイガーは共に心の力を糧に更なる力を得る機体。
しかし、二つには大きな違いがあった。
シャイニングの求める感情の高ぶりはギンガナムに存在したが、スターガオガイガーの求める勇気はゴステロには存在しない!
ここにきて、力の均衡が崩れ始める。
スターガオガイガーは、じりじりと後退していた。
そして、互いの拳に込められた力の差異は更に大きくなっていく。
シャイニングの輝きがより一層激しくなった時、スターガオガイガーの右拳は砕けていた。

「なにぃっ!? おっ、俺がこんなところで……!
 エイジっ、エイジいいいいいいいい!!」

シャイニングガンダムの左拳はスターガオガイガーの右拳を打ち砕いた勢いそのままに胸部装甲に抉り込み。
溜め込まれたエネルギーはスターガオガイガーの内部で炸裂した。

そして――勇者王は崩れ落ちた。

「フフフ……ハハハハハハハ!
 この我が身に走る喜びは演習では得られない! 命を賭けた実戦でしか味わえない!
 小生は……勝ったぞおおおおおおお!!」

一人、ギンガナムの勝鬨のみがこだまする。
……そう、『一人』。

「さぁ次はアムロ・レイ、貴殿と……っと、いないだとおお!?」

ギンガナムとゴステロが一閃交えていた間に、サイバスターとバルキリーは戦場からの離脱を果たしていたのだった。
ギンガナムがいくら叫ぼうとも返事一つ返ってきやしない。

「だが……まぁ良いとしよう。この獅子の姿をした機体も、月での演習では手に入らない喜びを教えてくれた。
 アイビス=ブレンといいアムロ・レイといい、この場には小生の積年の夢を叶えてくれる者たちが数多揃っている。
 ……この調子ならば、シャア・アズナブルなどもいるやもしれんなぁ。
 ククク……楽しくなってしまうではないかぁ!」

ギンガナムは笑う。自分の夢、黒歴史との邂逅を果たし。
その男の表情は、これ以上ないというほどに満ち足りていた。

 ◆

場所は変わってA-1。
一際高くそびえ立つビルの影で、二つの機体がその身を休めている。
その内の一機VF-1Jバルキリーの中で、アムロは先の戦いから離脱する間際に見た、あってはならない光景を思い出す。

――あれはまさに夜中の夜明け。

間違いない。西南の方角に見えたあの光は核だ。

(シャア……やはりお前は……)

おそらく、シャア・アズナブルという存在はこの世から消えてしまった。
それはアムロに言い様のない喪失感をもたらす。
敵として、味方として、常にアムロにプレッシャーを与えてきた男シャア・アズナブルはもういない。

「……俺は、何をしているんだ……!」

シャアとアイビスだけにしたのがそもそもの間違いだったのか?
自分がもっと速くゴステロを倒し、二人の下に駆けつけられたなら二人を助けることが出来たのではないか?

「くそっ!」

苛立ちと共に拳を振り上げる。だが、その拳が振り下ろされることは無かった。

(ここで……終わるわけにはいかない。ブレンの力なら、あるいはアイビスだけでも核から逃れられた可能性がある。
 アイビスを見つけ出す。これ以上こんな憎しみの連鎖を続けさせてたまるか!)

と、その時、白銀の機体――サイバスターから通信が入った。

「アムロ・レイ。思うところもあるだろうが……ひとまず私の話を聞いて貰えないだろうか」
「……ああ。まずは助けてくれたことの礼を言わせてくれ。君の援護がなければ今頃俺の命は無かったかもしれない。
 しかし、君は何故俺を助けた? あの状況ならばあのライオンのようなロボを助けてもおかしくはなかったはずだが……」

アムロの問いに、何よりも美を愛する悪はさも当然と返答を返す。

「何、あのライオンの動きには美がない。対し、君の操縦には言い様もない美を感じた。
 まるで一級の美術品のような気品、賞賛に値するものだ。理由などそれだけだよ。
 そして覚えておきたまえ。
 レオナルド・メディチ・ブンドル。この下卑た殺し合いを終わらせる者の名だ」




【アムロ・レイ 搭乗機体:VF-1Jバルキリー(ミリア機) (マクロス7)
 パイロット状況:疲労、喪失感
 機体状況:左腕肘から先を消失、弾薬の殆どを消費、エンジン不調(簡単な整備で復調可能)
 現在位置:A-1
 第一行動方針:ブンドルとの情報交換
 第二行動方針:アイビスの捜索
 第三行動方針:首輪の確保
 第四行動方針:協力者の探索
 第五行動方針:首輪解除のための施設、道具の発見
 最終行動方針:ゲームからの脱出
 備考:ボールペン(赤、黒)を上着の胸ポケットに挿している
    シャアの死亡を悟っています】

【レオナルド・メディチ・ブンドル 搭乗機体:サイバスター(魔装機神 THE LORD OF ELEMENTAL)
 パイロット状態:良好、主催者に対する怒り
 機体状態:サイバスター状態、ダメージ微少
 現在位置:A-1
 第一行動方針:アムロと情報交換をし、脱出への協力をしてもらう
 第二行動方針:A-1周辺の参加者を捜し、保護する(特に技術者を)
 第二行動方針:基地の確保のち首輪の解除
 最終行動方針:自らの美学に従い主催者を討つ
 備考:ハイ・ファミリア、精霊憑依使用不可能】

【ギム・ギンガナム 搭乗機体:シャイニングガンダム(機動武闘伝Gガンダム)
 パイロット状態:テンション最高潮(気力150)
 機体状態:右腕肘から先消失、胸部装甲にヒビ、全身に軽度の損傷
 現在位置:H-1
 第一行動方針:倒すに値する武人を探す
 第二行動方針:アムロ・レイ、アイビス=ブレンを探し出して再戦する
 最終行動方針:ゲームに優勝
 備考:ジョシュアの名前をアイビス=ブレンだと思い込んでいる】

【ゴステロ 搭乗機体:スターガオガイガー(勇者王ガオガイガー)
  パイロット状態:死亡
  機体状態:大破
  現在位置:H-1】

【残り33人】

【初日 21:20】




BACK NEXT
とある竜の恋の歌 投下順 火消しと狼
Take a shot 時系列順 MISS

BACK NEXT
赤と流星、白と勇者王 アムロ Unlucky Color
騎士の美学 ブンドル Unlucky Color
マイペース二人 ギンガナム 爆熱! ゴッド晩ごはん!!
赤と流星、白と勇者王 ゴステロ


|