※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルトロンガンダム


機体名 アルトロンガンダム
全長 16.4m
主武装 バルカン×2 毎度おなじみ頭部バルカンでございます。ミサイル迎撃k(ry
ツインビームトライデント ビームサーベルの別版。長い棒のような物の両端からビームの槍のようなものがでる
ドラゴンハング×2 腕についてる龍の頭みたいなの。
TV版と違い純粋な腕部オプションであるためでかい。どうやら火炎放射器ははずした模様。
ドラゴンファイアーに似てるからか?
これは筆者の偏見だが
質 量 保 存 の 法 則 を 無 視 し て 伸 び て る と 思 う
特殊装備 ない、まったくといっていいほどない
移動可能な地形 空中×、陸地○、水中△(?)、地中×
備考 ぶっ壊れたシェンロンを5人のガンダム開発者が協力して作り直した姿。当機もナタクと呼ばれてる。
本編ではヒイロと大気圏ダイブしながら戦闘した以外の戦闘はしていない。
せいぜい市民の反抗デモの付き添いをした程度。
この機体はTV版のアルトロンと違い、完全に近接専用となっている。
(まあ、中距離用のドラゴンハングがあるが)
どうでもいいがこの機体の元のパイロットの張五飛(チャンウーフェイ)はネタキャラとしてかなり人気。
64では洗脳され「ズール様(六神合体ゴッドマーズのラスボス)が正義だ!」とか
正々堂々戦え見たいな事言っておきながら「ダミーにひっかかったな!」とか
ACE2では序盤に敵として出てきた後、音沙汰がなくなり、
本当に終盤の忘れかけた頃に「そんな正義は認めない!」とか言って出てくる辺りネタ度が高い。
|