※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レプラカーン


機体名 レプラカーン
全長 8.8メット(1メット≒1メートル)
主武装 オーラ・ショット オーラバトラーサイズに拡大した実弾銃。左腕部シールド内に内蔵されている。
火焔砲 文字通りの火炎放射器。右腕部に内蔵され、中~近距離で威力を発揮する。
オーラ・バルカン 両肩オーラコンバーター内に装備。連射が利き牽制に有用。
オーラ・キャノン 腰部に装備されている実弾砲で、レプラカーンの内蔵火器では最大威力。
グレネード 脛部アーマー内に携帯されている手投げ式手榴弾。両足一発ずつの計二発。
オーラ・ソード オーラバトラーのサイズに拡大した長剣。左腕部のシールドがそのまま鞘になっている。
特殊装備 シールド 左腕部と一体化しており、内部にオーラ・ショットとオーラ・ソードを内蔵。
オーラバリア オーラコンバーターを通した操縦者のオーラ力を機体の周囲に展開。
最大出力では理論上は核攻撃すら防ぐとまで言われている。
ハイパー化 全身を覆うオーラバリアが操縦者のオーラ力に呼応して機体の形を保ったまま増大、結果として巨大化する。
絶大な戦闘力を発揮するが、完全なハイパー化の先にあるものは自滅のみである。
移動可能な地形 空中○、陸地○、水中△(オーラバリアを展開すれば潜行程度は可能と思われる)、地中×
備考 ドレイク軍によって開発されたオーラバトラーで、ビランビーの発展型。
他のオーラバトラーと比べて一回り大きな機体外装と全身に装備された火器が特徴。
火力にかけては他のオーラバトラーを凌駕するがその分機動兵器としてのバランスを失い、一部のエースパイロットにしか使いこなせないピーキーな機体となってしまった。
劇中ではバーン、フェイ、ジェリルが搭乗してショウと死闘を繰り広げた。
特にジェリル・クチビの搭乗機はジェリルのオーラ力に呼応して作中で初めてハイパー化を果たしたが、結果的には暴走するオーラ力に耐え切れず、ビルバインの一撃と共に崩壊してしまった……
|