ブラックゲッター


機体名 ブラックゲッター
全長 38.0m
主武装 ゲッタートマホーク 斧の形をしたゲッターお馴染みの武器。投擲武器として使うこともある。
スパイクナックル 両拳に付けられたトゲ状の武器。四本存在しており、展開させることで伸びる。
ゲッターレザー 左腕に付けられた三枚の刃。とても切れ味が良さそうだ。
ゲッタービーム 腹から撃つお馴染みのビーム。機体を回転させながら撃つことで、広範囲を薙ぎ払うことも出来る。
特殊装備 ゲッターウィング 背中のマント。風になびく姿がとても格好いい。
マフラー ブラックゲッターの代名詞的アイテム。風に舞う姿が(ry
移動可能な地形 空中○、地上○、水中△(?)、地中×
備考 流竜馬が月に廃棄されたゲッターを改修し作った機体。
その力はゲッタードラゴンに並ぶほどだと言われている。つまり無印ゲッターロボの十倍。
竜馬がどうやってそこまでパワーアップさせることが出来たのか不思議でしょうがない。
ちなみに機体色の黒は元々のカラーリングではなく、大気圏突入時に機体が焼き焦げ黒くなった。
そのためにブラックゲッターのことを「焦げったー」の愛称で呼ぶファンも確認されている。
チェンゲ、及びスパロボではゲッターの最大の特徴である変型機構は無くなっているが、乗り換え時に三人同時搭乗が可能なことから考えるにコクピットは三人分残されているようだ。
……勿論一つのコクピットにぎゅうぎゅう詰めになっている可能性も否定出来ないが。

|