※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ◇

滑走路を駆け抜けた大雷凰。その左腕が伸びる。
瓦解した建物に頭を埋めるようにして、突き立つトマホーク。その柄を掴んだ。
同時に足場を踏みしめ付いた勢いを削ぐ。
視線は追いすがる大型機に。踏み抜いたアスファルトの破片が舞い上がり、巻き込まれた建物の破片が舞い踊る。
二本の爪跡を残し、ようやく足場をしっかりと捉え構えた。
瞬間、両足に体重が乗る。全身のバネが縮み、力を蓄え、そして放出されるその一瞬。悪寒が竜馬の全身を圧し包んだ。
兆候は何もない。
赤い大型機はまだ遠く。基地にも異変は見当たらない。だがそれでも竜馬の直感は危険を察知した。
咄嗟の回避。前に進むはずだった力を横へ。
強引な行動に体勢は崩れ、半ば転がるようになりながらも跳び退く。
しかし、それは正しかった。
数瞬前までいた場所。もし前進していたならば、そこにいたであろう所。それらをまとめて呑み込む極太の粒子の束が駆け抜けた。
膨大な熱量に溶けたアスファルトが融解し泡立つ。地上から天空へ光の帯が奔る。
その光景が過ぎ去ったとき、眼前に大きく空いた穴から新たな機体が現れた。

「メディウスの慣らしに付き合ってもらおうか」
「チッ! もう一機いやがったか」

息を呑み汗が頬を伝って流れ落ちていく。
五十メートル級の大型機。損傷はどこにもなく戦力は未知数。一度退くべきか、そう考える暇は竜馬には与えられていなかった。
メディウス・ロクスが動く。演舞でも行なうが如く舞、その手足からくの字型の金属が打ち出された。
それが距離を取っていた竜馬を襲う。
弧を描くような軌道。かわしても戻ってくる。それを見極めトマホークで薙ぎ払う。
その間に距離が潰れる。既に手を伸ばせば触れられる距離。不意に激情が竜馬を支配した。
大雷凰の出力が跳ね上がる。

「なめんじゃねええええぇぇぇぇぇぇぇぇえええええええ!!!!」

ゲッタートマホークを振り下ろす。同時に突き上げられる拳。
金属同士が重音を奏でメディウスの右腕に生えた一対の牙と大斧が接触した。

「チィッ!!」

押し合う牙と大斧。
不意にメディウスが動く。
力を緩めて大斧を受け流すと左腕を振るう。そこにもまた一対の牙。
右腕のない大雷凰にこれを防ぐ術は無い。火花が散り、装甲板が一枚持っていかれる。
だが構うことなく懐に踏み込んだ竜馬はトマホークを手放し、肩で下から突き上げた。
当て身。
メディウスがふわりと浮かび上がり、次の瞬間痛烈な蹴りが叩き込まれる。メディウスの巨体が弾け飛ぶ。
追撃。背部と脚部のスラスター唸りを挙げ眩い閃光を放った。
一度開いた距離が瞬く間に潰れていく。その先に光が灯る。

「なるほどいい腕だ。だが……」

メディウス・ロクスの胸部に集約されていく光。それが強大な奔流となり撃ち出される。
眼前に迫り狂う粒子の荒波。
だが、構う事は無い。スラスターから漏れる光が大雷凰を呑み込み、一筋の閃光と化して不死鳥を形作る。
ぶつかり合った大雷凰とターミナスブレイザーがほんの一瞬だけせめぎ合い、不死鳥が突き抜けた。

「馬鹿なッ!? グオッ!!!!」

蹴り。ただの蹴り。呆れ返るほど真っ直ぐで前に突き進むほか一切を知らない蹴り。
しかし、大雷凰の全推進力を懸けた蹴りだ。メディウス・ロクスの装甲に亀裂が奔り――

「うをおおおぉぉぉぉぉおおおおおおりゃッ!!!!」

トンでもない速度で弾け飛んだ。そして、稼動効率100%を超えた大雷凰が、それよりも遥かに素早く回り込む。
が、それで終わるほど敵も甘くは無い。

「出力上昇110……120……頭に乗るなっ! イグニション!!」

弾け飛ばされていくメディウス・ロクスから赤黒いオーラが立ち昇る。
そして、瞬時に体勢を立て直し、迫り狂う不死鳥を迎え撃った。

 ◇

ベガはその光景をただ見ていた。
赤黒い閃光と蒼白い不死鳥が死闘を演じるその光景をだ。
馳せ違う。
入れ替わる両者。
しかし、動きは止めずに共に空へ。
飛び交い。
幾度と無く交わり。
大気が震える。
眩い火花が散る。
時空が揺れる。

「何なのよ、これは」

割って入る余地など何処にも存在しない。
ローズセラヴィーと目の前の二機とでは、余りにも移動速度が違い過ぎた。
摩擦熱で機体が瓦解を始めるほどのスピード。
何も出来ない。苛立ちが拳を固くする。
突然、縺れる様に飛び交っていた両者が天と地に別れた。
遥かな高みに舞い上がる大雷凰。
地に足をつけ見上げるメディウス・ロクス。
大雷凰を取巻く光が色を変え、形を変え燃え盛る炎のような翼を成した。
刹那、大雷凰が一筋の雷の如く天からの突撃を開始する。
同時に地で迎え撃つメディウス・ロクスが赤黒いオーラを胸部に集約してゆく。
そして、その炎はいつしか色を失い漆黒の闇へと変貌すると巨大な引力を生じさせた。

「うをおおおぉぉぉぉぉおおおおおお!!!!」
「堕ちろ! 地獄の業火の中へ!!」

天から衝き抜ける超速と引き寄せる強大な引力。疾い。音よりも、雷よりも、光よりもだ。
両者は激突し、渦を巻く巨大な火柱が天を焦がした。

 ◆

炎の渦の中、メディウス・ロクスの右腕が大雷凰を貫いていた。
その中でユーゼスは一人冷めた目をモニターに向けていた。映し出されている数字は上昇を続けている。
際どかった。予想外の抵抗。メディウス・ロクスの損傷も大きかったが、取り込んだ。
AI1が伝えてきた推測データ。それはこのパイロットとゲッター線の親和性だ。
理屈理論は分からない。
ユーゼスとAI1をもってしても全く理解の届かないところにこのエネルギーは位置している。
しかし、実測データを解析し、AI1がこのパイロットを必要と判断したのだ。
だが、失敗だ。
炉心のエネルギー値が異常な程の上昇を見せ続けている。活性化したラズムナニウムが大雷凰の動力をも取り込み始めている。
だがそれでも、失敗だ。
予測した値にまで達していない。期待したレベルには届いていない。
これまでこの世界の内外で溜め込んできたデータ。取り込んだゲッター線に大雷凰とそのパイロット。
これに手元にある未知のナノマシンとアインスト細胞を付け加えたとて、現状の値では無駄だろう。

「今はまだそのときではない、ということか……」

溜息と共にシートへその身を沈め、僅かな徒労感にその身を任せる。だがそれも一瞬、すぐに思考を切り替えた。
今、メディウス・ロクスの周囲で渦を巻くエネルギー。
偶発的に生じた一時的なものだが、その総量は現時点でのメディウスの限界値を大きく超えている。
これを無駄にする手は無い。
吸収し、修復用に当てるのもいいが、それよりも試してみたいことがあった。
ユーゼス=ゴッツォは、この空間の一つの可能性として『環』を思い浮かべている。
例えばここに四角い一枚の紙があるとする。
紙には東西南北が割り振られているとして、北と南、東と西を繋げればどうなるか?
球を為すのか? 立方体が出来上がるのか?
答えはどちらでもない。出来上がるのはリング状物体――『環』である。
ただし『環』の内径と外径の差が多少の問題を引き起こす。内側に皺が寄るのだ。あるいは折れ曲がる可能性もある。
その問題点。空間的な無理が集中した弱い部分が何処かに存在する。
場所はまだ分からない。だがその一点で次元境界線に干渉できれば、おそらく空間に穴が空く。
しかし、あくまでこれは推論だ。正しいという保証もなければ、不明なことも多い。
干渉にどれほどのエネルギーが必要か、本当に穴を開けられるのか、それすらも分かっていない。
だからここでそのサンプルを得るために――

「機体の修復が遅れようとも、試してみる価値はある」

ヘブン・アクセレレイション。赤黒いオーラを集約し、巨大な引力を持った漆黒の闇へと変貌させる技。
その要領で滞留し渦を巻くエネルギーの集約をメディウス・ロクスは行い始めた。

 ◆

巨大な火柱を吸い込み、黒い気流が渦を巻きながら球体を形作っていく。
その中心にゼストが姿を現した。
ユーゼスの無事を確認して、ほっと息を吐く。
しかし、ユーゼスは何をしているのか。それが解せない。
基地を守るためなら、火柱を球状の物体に変えた時点で用は済んだはずだった。
黒い球体の圧縮は進み、今も徐々にその大きさを変えていっている。既に直径二メートル程の大きさだ。
そこでハッとした。
あの巨大な、天を焦がす程の火柱がわずか直径二メートルの球体に、いやもう既に二メートルを切っている。
下手すればメテオキューブ並の高エネルギー体。強引な圧縮によるそれは、極めて不安定だ。
ゾッと背筋が冷えるのを感じた。
その瞬簡、バスケットボール程度の大きさにまで圧縮されたそれが、天高く打ち出される。
遥かな上空、天空の高みで空間が歪んだ。
歪んだのは空ではない、空間だ。その空間に穴が空く。
それほど大きくはない。直径にして約十メートル。
人はともかく機動兵器が潜り抜けられる大きさではないが、その向うに宇宙が見えた。
こことは異なる次元。知らない宇宙。
輝度が高い。浮かぶ天体は水晶のようなものが寄り集まり、氷の結晶を形作っている。
だが、穴の向う側に広がるのは紛れも無い宇宙空間だ。
そこに吸い込まれる。
空が、雲が、大気が、光が、闇が湾曲した空間ごとそこに引きずり込まれていく。
だが恐らく長くは続かない。そうベガは見ていた。穴が収縮に転じていたからだ。
しかし、空間の歪みは既にベガのところにまで出始めている。
何とかして耐えねばならない。

――でもどうやって?

空間ごと引きずり込まれているのだ。同一次元に存在するものを掴んでも意味はない。

「ユーゼス! ユーゼス!! 答えてください、ユーゼス!!!」

咄嗟の通信。しかし、返事は返らず、焦りがパニックを引き起こし呼び声が悲鳴に近くなっていく。
そして、折れた脇腹に激痛が奔り、咽て咳き込んだ。呼吸が荒い。真っ赤な血が口から滴り落ちる。
息を整えながら少し冷静になった頭を巡らせた。
落ち着け、と自分に言い聞かせる。
この現象を引き起こしたのはユーゼスだ。考えなしに行動するような人間ではない。意味あっての行動だ。
無意味に仲間を危険に晒すような人でもない。
ならば、自分に出来るのはユーゼスを信じることだけだ。そう思い定め、上空を見上げた。
そして、ベガは目撃する。穴の向こう側から飛び出し散っていく幾筋かの光を。
正確な数は分からない。視認出来たのも一瞬だ。
だが、ベガはそれを知っている。その光を知っている。あれは――

「あれは……データウェポン。何でこんなところに?」

ベガは知らない騎士凰牙がこの世界にあるということを。
ロジャー=スミスに与えられた伝説の黒いGEAR騎士凰牙。それは模造品ではない。
ベガの知る世界から集められたまごうことなき本物である。ではそのときにセーブされていたデータウェポンはどうなったのか?
答えは単純だ。契約者を失いアインスト空間に閉じ込められていたのである。
それが空いた穴に飛び込んできたのだが、そんなことはベガには知る由も無かった。

 ◇

「話にならんな」

穴の塞がった空を見上げ、ユーゼスは呟いた。
メディウス・ロクスのほぼ全エネルギーを圧縮と制御に回し、尚且つ穴を穿つのに必要なエネルギーを外部から持ってきたのだ。
そのエネルギー総量は、今のメディウス・ロクスが単機で為し得る限界を優に超えていた。
だが、それでようやく十メートル程度の穴が空いたに過ぎない。
しかもその規模を維持できたのは僅かに二分。その後、一分未満で穴は塞がった。
発生から消失まで合わせて三分未満。
例え不安定な場所を衝いたとしても、メディウス・ロクスが通過できるだけの穴は空けることすら出来ないだろう。
そして、AI1に回すものを除いた全エネルギーを消費した結果、行動不能のおまけ付きである。
しかし、ユーゼスは不適に笑う。
確かに現時点のメディウス・ロクスでは話しにならない。だがあくまで現時点でのことだ。
次に繋がるデータは手に入れることが出来た。
必要なエネルギー総量はほぼ把握したといっていい。ならば、後はそれを確保するだけである。
そしてそれは、メディウス・ロクスのエネルギーでなくてもいいのだ。
例えばカミーユ=ビダンの乗るVF-22に搭載されている反応弾。それ単発では足りないが足しにはなる。
補給に行ったのだからそれが手に入る可能性は高い。
もっともキョウスケ=ナンブが奴をどう扱ったのかは知らないが……。

「ベガ、私だ」
「ユーゼス、今の現象は一体?」
「説明は後でする。引き続き警備を頼む。ゼストは暫く使えないのでな。
 中尉達が戻ったら二人のうちどちらかと交代して休め。
 それと放送時には全員集まるようにな。いいな? 伝えたぞ」
「待ってください! 話は」

言葉途中で一方的に通信を切る。ほぼ同時にレーダーにVF-22を示す光点が灯る。噂をすれば何とやらだ。
だが、光は一つ。ファルケンの反応はそこにはない。
その理由を探りかけてユーゼスは考えるのを辞めた。探らずとも顔を会わせれば直ぐに分かる話だ。
それよりも思考が散漫になってきている。さすがに少し疲れたが見え始めたようだ。
放送までの残り十五分少々を休みに当てよう。場合によっては放送後に仮眠をとるのも悪くはない。
しかし、とコックピットシートに沈み込みながらユーゼスは思う。

「しかし、あの飛び散っていった光は一体……」

 ◆

バーナード=ワイズマンは、瓦礫の下で一人目を覚した。
血でも目に入ったのか視界が赤い。重い頭を揺すりながら前後の状況を思い出そうとして、天井の底が抜けたことを思い出す。
意識の覚醒に比例して体のあちこちが痛み始めてきた。中でも額が特に酷い。

「痛ッ!! こりゃひでぇ」

手を当ててみるとべったりと血が付着した。どうやら派手に切ったらしい。
思わず情けない声が漏れる。
だが他に大きな怪我は無い。額の傷にしても出血こそ派手だが傷自体はそう深くなさそうだった。
しかし、潰されずに済んだのは奇跡といってもいい有様である。
周囲を見回してみるとそれが良く分かる。バーニィは今二つの巨大な鉄骨の隙間に挟まっているのだ。
もっとも動けないというほど隙間が無いわけじゃない。後ろ手に縛られていた腕も今は自由。
頑張ればどうにか這い出すことは可能に思える。
グルリと周囲を見回すと、あの時ユーゼスに突き出された『首輪』の封筒を見つけて、懐にしまいこむ。
同時に抜け出すためのあたりも付けた。
彼は、そうして再び動き始める。まずは瓦礫の下から無事脱出するために。

 ◆

輝度の高い宇宙。水晶は寄り集まって氷の華のような天体を形作っている。
常とは違う宇宙に、また別の空間が存在していた。
それは『箱庭』、殺し合いの為だけに用意された一時的で不安定な空間。
その空間境界面の前でアルフィミィは一人首を傾げていた。

「おかしいですの……」

そうおかしい。おかしいのだ。
箱庭の空間に綻びが生じた気配があった。だが、それ自体はそう珍しいことではない。
元々長く保たせることを前提に作られた空間ではない。綻びが生じることもあれば、極稀に穴が空くこともある。
しかし、それはここではない。空間的な無理は一箇所に集めた。そのほうが管理しやすいからだ。
だからその周辺で生じたのなら話は分かる。でも、ここは――

「穴が空くはずのない場所でしたの」

破滅の王ペルフェクティオ、彼が姿を現す前触れというのならまだ分かる。
用意された小さな空間に呼び寄せ、崩壊していく空間ごと彼の者を取り込むことによってツンクーフトへの階段を登る。
それはあわよくばという程度であったが、目的の一つとして挙げられていた。
だが、その要素はグラキエースの死亡によって失われたはずである。今、この空間に彼が誘い出される確率はゼロにも等しい。
ならばなぜ? そういえば、電子の霊獣達の気配が消えている。あれらが空間に干渉するだけの力を備えていたのだろうか?
暫くして考えるのを辞めた。
自分に与えられた役は進行だ。空間の管理はアインスト・レジセイアに任されている。
そして、ノイ・レジセイアは何も言ってこない。つまり自分が関わるべき問題ではないのだ。
取るに足らない問題。そういうことなのだろう。だがそれでも疼く好奇の心は静まらない。
冷静な思考と疼く好奇心の板ばさみ。放送のときを前にして、蒼の少女アルフィミィは足をバタつかせて一人身悶えしていた。

「気になりますの。とてもとても気になりますの。とってもとぉ~っても気になりますの」



【ユーゼス・ゴッツォ 搭乗機体:メディウス・ロクス(スーパーロボット大戦MX)
 パイロット状態:若干の疲れ
 機体状態:第二形態、損傷多数、EN残り5%、自己修復中、EN回復中
 現在位置:G-6基地
 第一行動方針:放送まで休憩
 第二行動方針:AI1の育成
 第三行動方針:首輪の解除
 第四行動方針:サイバスターとの接触
 第五行動方針:20m前後の機体の二人組みを警戒
 最終行動方針:主催者の超技術を奪い、神への階段を上る
 備考1:アインストに関する情報を手に入れました
 備考2:首輪を手に入れました(DG細胞感染済み)
 備考3:首輪の残骸を手に入れました(六割程度)】

【ベガ 搭乗機体:月のローズセラヴィー(冥王計画ゼオライマー)
 パイロット状態:アバラを数本骨折、仮面なし
 機体状態:頭部損壊、右腕切断
 現在位置:G-6基地
 第一行動方針:G-6基地の警護
 第二行動方針:首輪の解析
 第三行動方針:マサキの捜索
 第四行動方針:20m前後の機体の二人組みを警戒
 最終行動方針:仲間を集めてゲームから脱出
 備考1:月の子は必要に迫られるまで使用しません
 備考2:ユーゼスの機体を、『ゼスト』という名の見知らぬ機体だと思っています
 備考3:ユーゼスのメモを持っています】

【カミーユ・ビダン 搭乗機体:VF-22S・SボーゲルⅡ(マクロス7)
 パイロット状況:良好
 機体状況:良好、反応弾残弾なし
 現在位置:G-6基地
 第一行動方針:キョウスケの帰りを待つ
 第二行動方針:マサキの捜索
 第三行動方針:味方を集める
 第四行動方針:20m前後の機体の二人組みを警戒
 最終行動方針:ゲームからの脱出またはゲームの破壊
 備考:ベガ、キョウスケに対してはある程度心を開きかけています】

【バーナード・ワイズマン(機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争)
 搭乗機体:なし
 パイロット状況:頭部から出血、その他打ち身多数
 機体状況:なし
 現在位置:G-6基地地下発電所の瓦礫の下
 第一行動方針:とりあえず瓦礫の下から抜け出る
 第二行動方針:動く機体を探す
 最終行動方針:生き残る
 備考1:首輪の玉が砕けました
 備考2:ユーゼスが行なった首輪の解析結果を所持しています】

【流 竜馬 搭乗機体:大雷鳳(バンプレストオリジナル)
 パイロット状態:吸収
 機体状況:大破】

【メリクリウス(新機動戦記ガンダムW)
 機体状況:良好
 現在位置:G-6基地内部】

【二日目5:55】




BACK NEXT
ハンドベノン 投下順 第二回放送
張り詰めすぎた少年 時系列順 第二回放送

BACK 登場キャラ NEXT
解し得ぬ存在 ユーゼス 家路の幻像
ハンドベノン ベガ 家路の幻像
Withdrawal Symptoms カミーユ 家路の幻像
解し得ぬ存在 バーニィ 家路の幻像
ハンドベノン 竜馬 ゲッターロボ
愛を取り戻せ アルフィミィ 第二回放送


|