※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

悪魔降臨・死の怪生物(インベーダー)たち ◆ZbL7QonnV.



おそらくは規格外の力で強引に空間を抉じ開けたからなのだろう。
その座標は“軸”が捻れ、極めて不安定な状況に陥っていた。
二~三日で終わらせる予定だったデスゲームのため、急場拵えで仕立て上げた箱庭世界である。
さほど遠くない内に、崩壊の時を迎えるだろう事は予測されていた。
だが、これは……。

「ただ単純に空間が歪んだ、と言う訳ではなさそうですの」
バトルロワイアルの会場となっている、箱庭世界の外壁部分。
今は塞がれた“穴”の開いていた場所に立ち、アルフィミィは興味深そうに呟きを洩らしていた。
放送用の台本を読み終えてから間を置かず、彼女は好奇心に任せて行動を起こしていた。
バトルロワイアルが行われている会場内に直接乗り込む事は禁じられている。
レジセイアの命令が降りさえすれば事情は異なってくるのだろうが、今現在の指示は現状維持。
バトルロワイアルの進行以外に、レジセイアからの命令は下されていなかった。

アルフィミィとて、なんでもかんでも好き放題に出来る訳ではない。
ゲームマスターとしての裁量を大きく逸脱する行為までは、流石に認められていなかった。
偶発的な事態によって、バトルロワイアルの会場を飛び越えてしまったテンカワアキト。
彼に対する処遇でさえ、かなりギリギリの落とし所であったのだ。
参加者に対する直接的なコンタクト。新規機体の投入もしくは、破壊された機体の修復。
いずれもバトルロワイアルの公平性を保つ上で、好ましくない行為であった事は疑問を挟む余地も無い。
レジセイアの不興を買う事になっていたら、アルフィミィ自身が処罰を受けていた可能性も無いではなかった。
……もっとも、あの特殊な状況下では、その可能性が極めて低い事は理解していたが。

「ま、今は関係無い事ですの」
横道に逸れた考えを修正する。過ぎた事より、今は“コレ”だ。
そもそも自分の役割は、バトルロワイアルの進行である。
ゲームの進行に関与すると思われる事象に対しては、その詳細を正確に把握しておく必要があるのだ。
レジセイアは、空間に開いた穴の件に関して、自分に対して何の命令も下してはいない。
それはつまり、この事象に関わる事を“拒んでもいない”と言う事だ。
ならばゲームマスターとして、自分には異常事態を確認する義務がある。
なにも空間の管理自体に口を挟もうと言うのではない。
この異常が今後の進行に対して、どのような影響を与えるのか知っておかなければならないと言うだけの事だ。
あくまでも越権行為ではなく、ゲームマスターとしての職務を遂行しているだけ。
これならば、少々強引な理屈だと思わないでもなかったが、一応の言い訳程度にはなっているだろう。
実際の話、この“穴”まで近付いた自分に対して、レジセイアは何も言ってこようとはしていない。
大手を振って堂々と、隠す事無く行動しているアルフィミィに、だ。
それは暗黙の内に、彼女の行動が許容されている事を意味していた。

「ペロ。これは……ゲッター線!」
強引に抉じ開けられた空間には、ゲッター線の残滓が漂っていた。
どうも“それ”だけではないようだが、この異変にゲッター線の力が関与している事は間違い無いらしい。
そういえば、この空間が繋がり合っていたエリアは基地だったはず。
そして基地にはブラックゲッターが存在して、なおかつ流竜馬が接近していた。
ならば、何が起きても決して有り得ない事ではない。ゲッター線にとって、流竜馬は特別な意味を持つのだから。
だが、その流竜馬も既に死んでいる。バトルロワイアルの会場内からは、もはや彼の生命反応を感じられなくなっていた。
ならば、ひとまず事態は落ち着いたと見るべきだろう。
流竜馬、神隼人、巴武蔵。ゲッターチームが全滅した以上、ゲッター線の活性化は遠退いたはず。
あの異常事態が再び起こる可能性は、極めて低いと言えるだろう。
それならば、バトルロワイアルの進行役として、彼女が今最も気にしなければならないのは……。

「っ……! この……声は…………」
そこまで、彼女が考えを巡らせた時だった。
やおら強烈な意思の塊が、アルフィミィの意識に語り掛けてきたのは。
……レジセイア。
今まで沈黙を保っていた殺戮遊戯の真なる主催者が、ようやく動き出そうとしていた。



『ギュアァァァァァッ……!!』
奇怪な叫び声を上げながら、異形の生命体が蠢いていた。
インベーダー。ゲッター線を喰らう事の他は謎に包まれた、極めて原始的・攻撃的な宇宙生命体。
彼らは激しく飢えていた。そして、だからこそ微かに洩れ出たエサの臭いを、それこそ犬のように嗅ぎ当てられていた。
流竜馬を取り込んだメディウスによる、空間を穿ち貫いた“あの”一撃。
激しく活性化したゲッター線の発現は、この隠蔽された空間である箱庭の存在を一瞬曝け出す事にもなっていた。
もちろん、隠蔽は既に再び行われている。もはやインベーダーの知覚力では、箱庭の存在を探り当てる事は出来なくなっているはずだった。
たとえ放置していたとしても、バトルロワイアルの進行を妨げる可能性は現状殆ど無いだろう。

「だけど、ゼロではありませんの」
そう、決して皆無と言う訳ではない。
メディウスは進化の階段を登り続け、真ゲッターもまた存続している。
ゲッター線活性化の影響を受けて、マジンガーZがマジンカイザーに進化を遂げる可能性。
サイバスターがマサキ・アンドーを失った事により、新しく魔装機神の操者を選定し直す可能性。
ジェイアークが勇者たる者の力を手に入れる事で、キングジェイダーの変身機能を復活させる可能性。
ロジャー・スミスの駆る騎士GEAR凰牙が、データウェポンと再契約を交わす可能性。
波乱の種は幾つも残されており、そして激化する戦いの中で未来を見通す事など出来はしない。
ほんの僅かであるとは言えど、ゲーム崩壊の危険性を残しておく訳にはいかないのだ。

だからこそ、アルフィミィは命じられた。
ゲームマスターの任を一時凍結する事になっても、不確定要素の排除を行うように……と。
アルフィミィと、そして彼女に与えられた新たな機体は箱庭の外に向かわせられたのだった。
ペルゼイン・リヒカイト。
アルフィミィの半身である、赤鬼の異名を持つ機体……では、ない。
それはヒトのカタチを大きく外れた、インベーダーどもと同じ異形の機体。
だが、インベーダーとは違って、グロテスクで醜悪な印象は感じられなかった。

強く――
烈しく――
禍々しく――
悪魔的な重圧感を撒き散らした、それは狂気と破滅の落とし子――
その名を黒歴史に刻まれる、悪魔の異名を冠するガンダム――

「さあ……あなたの力、見せてもらいますの……デビルガンダム…………」
デビルガンダムの中枢部分、そのコアユニットに下半身を埋めながら、アルフィミィは冷淡に微笑んだ。

『WOOOOOOOOOOOOOOOOOO――――――――!!!』

力の限りに、悪魔は吼える。
女性。デビルガンダムの力を最大限に引き出し得る生体部品を得る事によって、DG細胞の働きは最大限に発揮されていた。
その鬼気迫る重圧感に、インベーダーの群れは気圧される。
なまじ動物的な知能しか持ち得ていないからだろう。デビルガンダムの脅威と悪意を、インベーダーどもは本能的な部分で感じ取っていた。
アルフィミィにとって、その事実は奇妙な感慨を湧き上がらせるものがあった。

「女性……あなたの求める、最高のコアユニット……。創られた生命の私でも、その資格が存在するとでも……?」
その解答を確める為にも、アルフィミィはデビルガンダムの力を振るう。
ガンダムヘッドが唸りを上げて、インベーダーの群れに――齧り付く!
『グギャァァァァァァァッ!!』
あらゆる有機物・無機物と融合を果たす筈のインベーダー。
だが、それはDG細胞の特性でもある。

「まるで、共食いですの」
インベーダーと、ガンダムヘッド。
それらが喰らい合う様を眺めながら、アルフィミィは冷たく嗤う。
両者の侵食は、互角に進められていた。どちらも互いに侵食を繰り返し、その主導権を奪い合っている。
このままでは、いつまで経っても決着は付かない。
……だからこそ、決着は既に付いている。

「撃ちますの……」
デビルガンダムの肩に装備された拡散粒子砲が、エネルギーを収束させる。
ガンダムヘッドなど、使い潰しの消耗品に過ぎなかった。
デスアーミーのように生体部品を必要とすらしない、いくらでも再生産の可能な道具。
あの醜悪な化け物諸共に消し飛ばした所で、デビルガンダムには全く何の痛痒も無かった。
だからこそ、躊躇う事無く巻き添えにする。

『……………………!』
気付いた時には、もう遅い。ガンダムヘッドの目的は、最初から足止めをする事でしかなかった。
叫び声を上げる暇さえ与えられずに、インベーダーの群れは消滅する。
ガンダムヘッド。デビルガンダムにとっては爪先ほどの一部でしかない、その端末部分を道連れとして……。

「……さて。お掃除、完了ですの」
戦闘とも呼べない一方的な虐殺の後、アルフィミィは満足そうな笑みを見せた。
箱庭世界の外部に洩れ出たゲッター線が、ごく僅かな量であったからだろう。インベーダーは量質共に、さほど大した脅威ではなかった。
アルフィミィにとっては、良い肩慣らしと言えたであろう。今回の戦闘によって、機体の特性は概ね理解出来た。
ペルゼインとは大きく使い方が異なっているが、自分との相性は決して悪くない。それが、アルフィミィの結論であった。
紛い物の女性でしかない存在を、それでもデビルガンダムは望み得る最良の生体部品として認識している。
いや、むしろ紛い物の女性であるからこそ、デビルガンダムはアルフィミィを受け入れたのかもしれない。
人類抹殺の意思を掲げたデビルガンダムにとって、あくまでも人類は排除の対象でしかないはずである。
そう考えてみると、人類以外の存在を受け入れる事は、むしろ望ましき事ですらあったのではないだろうか……。

「まあ、細かい理屈は知った事じゃありませんの」
ふと頭の中に浮かび上がった考えの数々を、アルフィミィは下らないとばかりに振り払う。
重要な事は、この機体が“使える”事だ。
バトルロワイアル参加者の中には造反を目論んでいる者も少なくはないようだが、これならば易々と反逆を許す事にはならないだろう。
もし首輪の解除に成功して、さらには空間の歪すら飛び越える事が出来たとしても――
このデビルガンダムが、最後の障壁となって立ち塞がるのだから。

それだけでは、ない。
バトルロワイアルの中には、マスターガンダムと言うDG細胞に汚染された機体が存在する。
さらにはテンカワアキトに与えた機体、アルトアイゼン。あの機体を修復する際に用いたのもまた、DG細胞の力であった。
付け加えるならば、やはりテンカワアキトに与えた錠剤の正体。あれもまた、希釈して感染力を弱めたDG細胞に他ならない。
二~三錠飲んだ程度では彼に説明した通りの症状しか起きないであろう。
だが、あれを全て飲み終えるような事になればどうなるのか……。

「ふふ……もう、こんな時間ですの。そろそろ、帰った方が良さそうですの……」
ふと気が付けば、放送を終えてから一時間近くが経っていた。
そろそろ箱庭世界に戻って現状の把握に務めなければ、ゲームマスターとしての職務に滞りが生じる可能性もあるだろう。
だが、まあ……。
「いくら足掻こうと……あの箱庭から抜け出す事は、出来ませんの……」
その幼い面持ちとは不釣合いに艶然とした微笑を浮かべながら、蒼の少女は独り呟きを洩らしていた。



【アルフィミィ
 搭乗機体:デビルガンダム(機動武闘伝Gガンダム)
 パイロット状況:良好
 機体状況:良好
 現在位置:???
 第一行動方針:箱庭世界に帰還する
 最終行動方針:バトルロワイアルの完遂】

【二日目 6:50】




BACK NEXT
戦いの矢 投下順 朝ごはんは一日の活力です!!
戦いの矢 時系列順 二つの依頼

BACK NEXT
第二回放送 アルフィミィ 古よりの監査者


|