※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

さらば優しき日々よ ◆ZbL7QonnV.




 G-6エリア。夜の闇が周囲を満たす基地の一角に、その機体は闇に溶け込む形で鎮座していた。
 黒の騎士、ヴァイサーガ。フューリーの騎士の血を継ぐ少年、紫雲統夜に与えられた機体。
 一夜の休息を求めて基地を訪れた統夜は、周囲に敵機の反応が無い事に安堵の溜息を吐いていた。
「とりあえず、今の所は安全みたいだな……」
 静まり返った闇の中、統夜は身体の力を抜く。
 戦いとは縁の無い学生生活に慣れ親しんで来た統夜にとって、戦場の緊張感はあまりにも重過ぎた。
 戦う事を決めはした。
 元の世界に戻れるのならば、この手を血で汚す覚悟もある。
 殺される前に、殺し返す。そうする事でしか生き残れないのであれば、そうするまでだと決意した。
 ……だが、彼の手は未だ血に濡れてはいない。
 まだ、引き返す事は出来るのだ。
 堕ちかけた修羅の道を引き返す事は、今ならばまだ不可能ではない。
 まだ直接人の命を奪ってはいない、今の紫雲統夜ならば。
「あいつ……テニア、今頃どうしてるのかな……」
 その証拠に、まだ彼は捨て切れていない。
 優しさを。
 人としての、温もりを。
「……死んだんだよな。カティアも、メルアも。
 あいつ……ずっと、一緒だったんだよな。子供の頃から、ずっと……」
 だが、それは甘えに過ぎない。
 わかっていた。
 こんな事を考えてみた所で、何が解決するわけでもない。ただ、迷いを引きずるだけだ。
 しかし、それでも考えずにはいられなかった。
 それが、意味の無い事だと知りながら。

「家族……みたいなもの、だったんだよな……」
 思い出す、父の訃報。
 両親を亡くして天涯孤独になった時、自分は何を思っていたか。
 哀しかったか?
 苦しかったか?
 寂しかったか?
 辛かったか?
 ならば、きっと彼女も……。
「……くそっ!」
 想像を、振り払う。
 迷うな、悩むな、戸惑うな。
 ためらいの先に待っているのは、自分の無残な最期だけだ。
 あの放送で名前を呼ばれた、合計十人の参加者たち。それの仲間入りをしてしまってもいいのか?
「……いいわけが、ないだろうっ!」
 不安、恐怖、孤独。それらの感情を吐き捨てるように、統夜は叫び声を上げる。
 そして、ふと気を紛らわすように、レーダーに視線を向けてみて――

「戦闘の、跡……?」
 それに、統夜は気が付いた。




「……ひどい、な」
 もはや鉄屑と化した人型の機体。
 バーナード・ワイズマンのブラックゲッターに破壊された、ヘビーアームズの残骸を見下ろしながら、統夜は表情を微かに歪める。
 ひょっとしたら、これは自分の末路だったのかもしれない。
 ほんの少しでも状況が違っていれば、ギンガナムとか言う男に殺されていたのかもしれない。
 いや、それだけではない。
 あの男以外にも、このゲームに乗った人間はいるはずだ。そういった奴らに命を狙われて、自分も殺されていたのかもしれない。
「殺し合い、か……」
 沈痛な声で統夜は言う。
 ぶるり。微かに、身体が震えた。
 死者を悼む気持ちよりも、恐怖の方が先に立った。
 いったい、どんなヤツが死んだんだろうか。
 このゲームに乗った人物が返り討ちにあったのか、それともゲームに乗った人物の手で殺されてしまった犠牲者なのか。
 願わくば、前者であってほしかった。見境無しに暴れ回る危険人物の生存は、統夜にしても簡便願いたかったから。

「……死んだんだよな。カティアも、メルアも」
 ふと、得体の知れない不安が心を過ぎる。
 ひょっとしたら、彼女達なのかもしれない。
 この機体に乗っていたのは、カティアやメルアだったのかもしれない。
 だが、それがどうした。もしそうだったとしても、二人が死んでいる事に違いは無い。
 ……違いは、無いのだ。
「レーダーに反応は……無い、か……」
 だが、それでも心がざわついた。
「辺り……静かだよな……」
 もし、あの機体に乗っているのが、自分の知っている二人だったなら。
 そう考えると、胸が締め付けられるように痛んだ。
「ちょっとだけ……見てみるかな……」
 黒の騎士が、ゆっくりと膝を付く。
 それは、少年の甘さだった。
 優しかった過去の日々を捨てきれない、少年の甘い考えだった。
「…………」
 ヴァイサーガの操縦席を無言で降りて、ヘビーアームズの残骸に歩み寄る。
 操縦席の位置には見当が付いた
 人が入り込めるくらいの、機体の装甲に出来た裂け目。そこから操縦席の中に身体を入り込ませて――




「……違う、か」
 人違いだった。
 カティアでも、メルアでもない。見覚えの無い、がっしりとした身体付きの中年男性だった。
 ……生きていた。
 傷付き倒れてはいるようだが、浅い呼吸を繰り返していた。
 意識は、無い。統夜にとっては幸いな事に、男は目覚める様子を見せなかった。
 機動兵器を使った戦闘に慣れてきたとはいえ、特殊な戦闘訓練を受けた訳でもない高校生の統夜である。
 見るからに荒くれ者といった感のあるモンシアを相手に、生身の白兵戦で勝つのは不可能であろう。
 さりとて、どうする?
「殺し合い……か……」
 紫雲統夜は、まだ人を殺した事が無い。
 一度は固めた覚悟にしても、吹けば崩れる砂礫の城だ。自ら望んで殺し合いを行えるほど、紫雲統夜は歪みきっていない。
 それは、統夜が未だ人の道を踏み外してはいない証だった。
 ……だが、それでは生き残れない。
 この凄惨な殺し合いの中で、他人を蹴落とし生き延びる事など出来るはずがない。
 そうだ、殺せ。
 この男を、殺してしまえ。
 迷いを断ち切り、殺してしまえ――!

「っ…………」
 指が、肩が、身体が震える。
 ばくばくと心臓は早鐘を打ち、耳の辺りが異様に熱く感じられた。
 これから、自分は人を殺す。その事実が、統夜の心に重く圧し掛かっていた。
 気絶した男の首に手を回し、それを全力で締めようとして――
 しかし、迷いの為に、その手が途中で進まなくなり――




「ぅ……ぁ…………」
 ふと、男が呻き声を上げた。




「う……あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっっっっっっっ!!!!」
 恐怖、そして絶叫する。
 手の近くに転がっていた、装甲の欠片を拾い上げる。
 それを思いっきり振り被って、男の顔面に叩き付ける。
 ぐしゃり。鼻骨の砕ける感覚が手に伝わり、飛び散る血糊が統夜を濡らす。
「あぁぁぁぁぁぁぁぁっ! あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっっっっっ!!!」
 統夜が戦う事を決めた、たった一つの強い感情。
 それは、死の恐怖。
 殺さなければ、殺される。
 だから、殺される前に、自分が殺す。
 その恐怖が、男の呻き声によって呼び起こされてしまったのだろう。
 狂ったような叫び声を上げながら、統夜は装甲の欠片で男の顔面を強打し続けていた。
 何度も、何度も、何度も、何度も、何度も、何度も、何度も、何度も、何度も、何度も、何度も、何度も、何度も、何度も、何度も、何度も――!
「が……っ! っっっっ! っっっっっっっっっっっっっっっ!!!!」
 もはや言葉にもなっていない叫び声を上げながら、統夜は男の顔面を打つ。
 鼻が崩れた。目玉が潰れた。耳が削げ落ちた。骨が砕けた。血が飛び散って、脳漿さえも撒き散らされた。
 だが、それでも止まらない。
 統夜は絶叫を上げながら、狂ったように手を振り下ろす。
 そして、およそ十分後――

「はぁ……はぁ……はぁ……はぁ…………」
 ようやく体力の限界を迎えたか、やっと統夜の手が止まる。
 彼の前には、男の死体。もはや元の顔立ちがわからなくなるくらいに崩れ去った、ベルナルド・モンシアの死体があった。
 ……統夜の身体は返り血塗れだった。べっとりと身体を濡らす血の感覚に気付き、そこで統夜は我に返る。
 とうとう、殺した。
 踏み越えてはならない一線を、とうとう統夜は越えてしまった。
「お……おうっ、おげぇぇぇぇっ…………!」
 血と脳漿の入り混じった臭いに、人を殺してしまった事実。それに統夜は吐き気を催し、そのまま胃袋の中身を撒き散らす。
 殺した。
 この手で、殺してしまった。
 生きる為に殺すと決めた。他人を蹴落とし生きて帰ると、確かに覚悟は決めたつもりだった。
 だが、それがどれだけ甘い覚悟であったのか。
 ……知らなかった。人の命を奪うというのは、これほどまでに怖気が走るものだったのか。
 ヴァイサーガの武装によって男を殺していたのならば、気付く事は出来なかっただろう。
 死とは、これほどまでにおぞましいものだったのか――
「あ……あがっ……、あが……ぁっ…………!」
 震える。
 自分の身体を強く抱き締めながら、ぼろぼろと涙さえも流して――

「あ……あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっっっっ!!!!!
 ふ……ざけるなっ! ふざけるなっ! ふざけるなっ! ふざけるなっ!」
 怯える心を打ち払うように、やおら統夜は叫び声を上げた。
「やれって言うからやったんだ、俺はっ!
 カティアだって、メルアだって殺された! 俺だって、やらなきゃやられてたんだ!
 何が悪い! 何が悪い!? 何が悪いって言うんだよ!!
 俺は何も悪くない! 殺すんだ……殺して、俺は生きるんだ!!」
 そうだ、殺せ。
 殺して、殺して、殺し尽くせ。
 このゲームに乗った連中も、このゲームに乗る気が無い連中も、一人残らず殺し尽くせ。
 そして、生き延びるのだ。生きて、元の世界に帰るのだ。
 そのためには、殺さなければならない。
 なによりもまず、これまでの弱い自分を殺さなければならない。
 たった一人殺した程度で震えるような、弱い自分は必要無い。
 修羅に堕ちろ。
 ヴァイサーガ。あの黒騎士に相応しい、非情の魂を手に入れるのだ。
 そのために、どうすればいい?
 どうすれば、この弱い自分と決別する事が出来る?

「……………………殺そう」
 ぞっとするような、凄惨な響きの入り混じった声。
 これまでの、どこか弱気な印象のある少年の声からは程遠い、鬼の声で統夜は言う。
 そうだ、殺そう。
 過去の自分と決別する為には、自分の過去を消し去らなければならない。
 少年・紫雲統夜にとって過去の象徴と言える存在、フェステニア・ミューズ。
 この手で彼女を殺した時、自分は過去を乗り越える事が出来るのだ。
 もう二度と引き返す事の出来ない修羅道に、身と心の総てを捧げる事が出来るのだ。
 ああ、そうだ――
「殺れって言うなら、殺ってやるさ……!」
 ヘビーアームズの操縦席を抜け出しながら、殺意の視線で虚空を見上げる。
 ヴァイサーガ。黒の騎士は何も言わず、主の決意を受け止めていた。




 もう、戻れない。
 もう、帰れない。
 あの優しかった日常には、決して引き返す事は出来ない。


【紫雲統夜 搭乗機体:ヴァイサーガ(スーパーロボット大戦A)
 パイロット状態:返り血塗れ
 機体状態:無傷、若干のEN消費
 現在位置:G-6基地
 第一行動方針:テニアを殺す
 第二行動方針:テニアを殺すまで余計な戦闘は避ける
 第三行動方針:殺せる相手は確実に仕留める
 最終行動方針:優勝と生還】


【ベルナルド・モンシア 登場機体:ガンダムヘビーアームズ改(新機動世紀ガンダムW~Endless Waltz~)
パイロット状態:死亡
機体状態:大破(運用不能)】

【残り43人】

【初日 20:15】




本編97話 ゲスト集いて宴は始まる
本編107話 暗い水の底で


|