※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

悪の美学 ◆ZbL7QonnV.



「……美しい」
 自らに与えられた機体を眺め、レオナルド・メディチ・ブンドルは溜息を吐いた。
 彼が見据える視線の先には、優美な印象を受ける純白の機体。
 兵器としての無骨な印象に程遠い、芸術品的な美しさを持つ機体があった。
 その名を、サイバスター。地底世界ラ・ギアスにおいて、最強の呼び声も高い“魔装機神”の一つ。
 それが、ブンドルに支給された機体であった。
「なんと……なんと、美しいのか。
 サイバスター……まるで大空に羽撃く白鳥のようだ……」
 胸元の薔薇を指で挟み、それを佇むサイバスターに向ける。
 美を愛し、美の為に生きる。それが彼、レオナルド・メディチ・ブンドルである。
 サイバスターの優美な姿は、彼の美意識を刺激するに十分過ぎるものであった。

「サイバスターよ、お前の美しさに私は誓おう。
 この醜き催しを企てた無粋な主催者……あの者達に、我が美学を知らしめてくれんと……」
 ――悪には美学が存在する。それが、ブンドルの持論である。
 ドクーガに席を置き最高幹部にまで上り詰めた彼の背景には、自らの美学に対する絶対的な信念があればこそだった。
 その美学が、ブンドルに告げていたのだ。
 このバトルロワイアルとやら――美しくない!

「……醜き者よ、今は驕っているが良い。だが、醜き者は滅ぶべき定めにある」
 首輪の線を指でなぞり、ブンドルは小さな声で言う。
 ドクーガの情報局長として、熾烈な情報戦争を勝ち抜いて来た彼である。
 首輪に盗聴機能が仕組まれているだろう事には、とっくに見当が付いていた。
 だからこそ、彼は言った。
 この醜悪な遊戯盤を見下ろして、悦に浸っている主催者へと語り掛けたのだ。

「このレオナルド・メディチ・ブンドルが、滅びの美学を叩き込んでくれよう……」

【レオナルド・メディチ・ブンドル 搭乗機体:サイバスター(魔装機神)
 パイロット状況:良好
 機体状況:良好(ただしハイファミリアは使用不可能)
 現在位置:A-8
 第1行動方針:首輪の解除
 最終行動方針:自らの美学に従い主催者を討つ】

【初日 12:20】




BACK NEXT
月の戦神と黄金の指 投下順 仮面の舞踏会
人とコンピューター 時系列順 無題

BACK 登場キャラ NEXT
ブンドル 美しくない


|