※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

とある竜の恋の歌 ◆C0vluWr0so




D-8市街地。二エリアに渡って広がるあまりにも巨大な街並みはひっそりと静まりかえっている。
そこに住人の影は無く、本来なら煌々と夜の街を照らすはずの街灯も暗黙を保ったまま。
閑散とした街の更に外れにある、自然の姿を人工的に残した野外公園に巨人の影が一つ。
巨人の足下には依頼主を亡くしたネゴシエイターが一人。
ネゴシエイターの足下には物言わぬ骸が一つ。
その側には、巨人――騎士鳳牙によって掘られた穴が一つ。

ネゴシエイター、ロジャー・スミスは今は亡き依頼主、リリーナ・ドーリアンの亡骸を前に立ちつくしていた。
彼女を埋葬すべく、自らの怪我の処置もほどほどに鳳牙を走らせたロジャー。
彼の胸中にあるものは悔い。自分の至らなさのせいで依頼主をむざむざと死なせてしまったことに対する後悔の念。
もしも自分が最初の接触の時点でテッカマンエビルを名乗る男を倒せていれば――
もしも自分が即座にテッカマンエビルとリリーナ嬢を発見し、少女を救出出来ていれば――
いくら悔やんでも悔やみきれない気持ちはいくらでも募ってきた。
しかし、それで歩みを止めるわけにはいかないということも重々承知している。

「リリーナ嬢。貴女の遺志はこのロジャー・スミスが引き継ごう」

一張羅が血で濡れることも気にせず、ロジャーは少女の骸を抱き上げる。
あれほどまでに凛々しい目を持ち、気高き矜持を最後まで貫いた女性をこのままの姿で晒すことはロジャーのプライドが許さなかった。
リリーナの遺体を抱き上げた瞬間、骨折の激痛がロジャーの脇腹に走る。
本来ならば即座に治療をし、安静を保たなければいけないような重傷の身。
それでもネゴシエイターは揺るがず、堂々と胸を張り少女を抱きかかえる。

「なに――気にすることはない。依頼主死すとも依頼は死なず。ネゴシエイター、ロジャー・スミスのささやかな矜持だ」

鳳牙によって穿たれた墓穴へとリリーナの骸を丁寧に下ろしたロジャーは、少女の首にはめられた首輪をそっと抜き取った。
今現在、ロジャー達反主催を掲げる者にとって一番のネックは各々の首に巻かれた首輪だ。
この首輪が殺傷能力を持ち、あの化け物の思い通りにその効果を発揮するというのは明らかだった。
ロジャーは思い出す。
胸糞が悪くなるほどに素敵なこのゲームの参加者、その全てが集められた最初の部屋の光景を。あそこで行われた凄惨な殺戮を。
自分たちがこのままあの化け物に挑もうとも、あの悪趣味なショーと同じ光景が主催者に歯向かう無謀な反逆者の首の数だけ行われるだけだろう。
だが、この首輪さえ外せば条件はイーブンだ。
たとえあの人外の化け物が如何に強力な力を備えていようとも、お互いが対等な立場にさえ立ってしまえばいくらでもやりようはある。
そのためのネゴシエイション、そのためのネゴシエイターだ。
この首輪が主催者打倒の切り札になる――そう確信し、懐に収める。

「リリーナ嬢……。私は、貴女のような気高く美しい女性に出会えたことをとても嬉しく思う」

少女の言葉はネゴシエイターとしての誇りを思い出させてくれた。
夢物語ではあったが、少女の語る理想は夢を信じるに値するものだった。
リリーナとの出会いは、交わした言葉の一つ一つはロジャーの心に深く刻まれている。

最後に死者への祈りを捧げ、ロジャーは墓から背を向ける。
そのまま鳳牙へと乗り込むと、今度は少女の亡骸を埋め始めた。

「だからこそ――この殺し合いに乗った者は許せない。貴女の信念に反することになろうとも、交渉に値しない輩はこの拳をお見舞いしてやるのが私の主義でね」

リリーナの身体が土中に埋もれていく。
埋葬される少女の表情は、自分が死んだということさえ理解していないかのように穏やかだった。
おそらく痛みも何も感じることなく逝ったのだろう。それだけがせめてもの救いだと言うのは、死者に対してあまりにも失礼だろうか。
少女の埋葬を終え、ロジャーは墓標代わりに白石を置く。

「私は死者に縛られるわけにはいかない。君の説いた理想を叶えるためにも、そしてなにより生き残るためにだ。
 君とはここでお別れだ。ロジャー・スミスはリリーナ・ドーリアンの遺志を引き継ごう。
 だが君との繋がりはここに置いていく」

止まるわけにはいかない――そう決めた。
少女の死を思い返し、感傷に浸る暇は無い。そんな時間が有るのなら、その分一人でも多くの命を救い、前へ進み続けよう。
この無意味な争いを止めることが、完全平和主義を説いた少女への何よりの弔いなのだから。

これからの方針を考えながら、ロジャーは鳳牙を走らせる。
この傷の処置をすませた後、一度ユリカ嬢のところへ戻ろう。
彼女の乗る巨大な機体ならば、もしかするとこの首輪を解析する機材が備えられているかもしれない。
主催者に生殺与奪の権利を握られている以上、このままでは表立っての反抗は出来ない。
あのテッカマンとか名乗った男も、手応えはあった。
おそらく相応の痛手は負わせられたはずだ。なにより生身のままではそう遠くまではいけないはず。
ひとまずは仲間を集め、それぞれの身の安全の確保、そしてあの怪物を打ち倒すだけの戦力の充実を図ることが先決だ。
6時間の間に出た死者――それを殺した殺戮者たちも、徒党を組み、十分な戦力を揃えた集団には手を出せないだろう。

ある程度の方針が見えてきたとき、薬局の看板が目に入ってきた。
これは幸運と機体から降り、ロジャーは店内へと入っていく。
様々な薬の並ぶ商品棚を一つ一つ物色し、鎮痛薬や包帯、ギプスなど目当ての物を手に取ると、早速手当てを始める。

「しかし、これはまた派手にやられたな」

骨折数カ所に全身打撲、この場にあの無愛想な少女がいれば、『ロジャー、あなたって本当に――』と小言の一つでも言うだろう、と想像しながら苦笑する。
そうだ、自分はあの世界へ再び帰らなければならない。
手早く怪我の処置を終えると、ネゴシエイターは立ち上がる。
目指すは巨竜、無敵戦艦ダイだ。

「さぁ行こうか騎士・鳳牙。この争い――終わらせるぞ!」

 ◇

一転、巨竜、無敵戦艦ダイの持ち主であるミスマル・ユリカは怯えていた。
ここに来てからの仲間の名は放送で呼ばれることはなく、密かに恐れていた想い人の名もまた、呼ばれることは無かった。
しかしそれでも――このバトルロワイアルという過酷な状況は、彼女の精神を磨り減らすのに十分だった。
死者が出ないと、そう思っていたわけではない。こんな状況で……誰も彼も仲良く手を取り合ってなどということは出来ない。有り得ない。
そう、頭の中では分かっていた。……頭の中では。
だが実際にこの場で様々な人間と出会い――そして戦い――そして死んでいくこの現状。

ただ、怖かった。

彼女に戦闘経験が無いわけでも、人が死ぬときに立ち会ったことがないわけでもない。
戦艦ナデシコの艦長として多くの戦闘をこなし、ときには苦渋の決断をしなければならないときもあった。
でもそれは、そばに『あの人』がいたから。
だから彼女はどんなときでも潰れずに立ち上がり、打ち勝ってきた。
それほどユリカにとって、『あの人』の存在は大きかった。

「アキト……」

思わず口に出てしまう想い人の名前。

「アキト……」

一度口にしてしまうと、それはいつまでも止まることなく出てくる。

「アキト……アキト……アキト……」

いつの間にか少女の瞳には大粒の涙が浮かんでいた。
もう一度、彼に……テンカワ・アキトに会いたい。
このまま死んでしまうなんて嫌だ。離ればなれのまま死んでしまうのなんて嫌だ。
二人でいつまでも暮らすって……その夢を叶えぬままに死んでしまうのなんて嫌だ。
だから……だから!

その時少女はこちらに接近してくる機影に気づく。
敵襲かと身構えたが……違った。それは別れた仲間の機体だった。
既にその四肢は失く――しかしそれでもユリカを守った仲間。
ガイと名乗るあの人は、どことなく『あの人』に似ている。
『アキト』――なの?
そう問いかけたかったが、ぐっと堪える。
なんとなくだが――それは、聞いてはいけないことのような気がした。
だからその代わりに、たった一言だけ告げる。

「お帰りなさい……ガイさん」

「……ああ、……ただいま、ユリカ」

四肢をもがれたバルキリーはダイの元へと帰還する。
過去を捨てた男は過去の少女と再会し、幸せな未来を夢見る少女は未来の想い人と出会う。
それは本来有り得ない邂逅。だからこれは――このバトルロワイアルの中で起きた、とても貴重な幸せの瞬間だった。

 ◇

ユリカとアキトが再会してから遅れること数分。
ユリカを目指して北上していたネゴシエイター、ロジャー・スミスもまた、二人との合流を果たしていた。

三人は別れてからこれまでの経緯とこれからの方針について話し合う。
もちろん三人とも最終目標は主催者を倒し、生きてこの空間から脱出、元の世界に帰ること。
しかし、ロジャーがテッカマンエビルとの戦闘について話し始めたとき、ユリカが小さな悲鳴を上げた。

「そっ、そんな……! そしたらあたしは……! いやっ……いやああああ!」
「ユリカ嬢、どうした!? まず落ち着いて、それからゆっくり話してくれ」
「ユリカ、大丈夫だ。落ち着いてくれ。……俺たちがいない間に、何かあったのか?」

二人がなだめてる内に徐々に平静を取り戻したユリカは、自分の所業をぽつりぽつりと話し始めた。
その声は震えていて、その口調は怯えていて、その瞳は涙に濡れていた。

「……二人が行ってから……あたしは一人で待っていました」

「放送が始まって……リリーナさんが死んだって……!」

「そのほんの数時間前まで、あたしたちは話していて、会話をしていて……」

「それだけじゃない。他にもたくさんの人が死んでしまって」

「だからあたしは怖くて……」

ふとユリカの唇が動きを止める。一度の逡巡。それを……自らの行いを認め、吐き出すまでに少女はいくらの勇気を支払わなければいけないのか。
それでも逃げるわけにはいかない。
自分のしたことに対して責任を持てるのは自分だけだ。他の誰も肩代わりなんかしてはくれない。
そのことを分かっているからこそ、ユリカは自分の句の続きを紡ぐ。

「……人がいました。その人は何にも乗っていなくて……」

「でもあたしは怖かったんです。ロジャーさんの戦ったあの人……もしあの人なら自分は何も出来ないって。
 何も出来ずにただ死んでしまうと、そう思ったんです。でも……それは違った」

実際――ユリカが攻撃を行った相手はただの少女だった。
戦闘により使い物にならなくなった乗機から降り、助けを求めていたソシエ・ハイム。
もちろん生身で巨大ロボットと戦うことなど出来はしない。
それでもユリカが感じる恐怖は凶悪な殺戮者、テッカマンエビルから受けるものとなんら変わりないものだ。

だから――

「……あたしは、相手を殺す気で撃ち続けました。ここの上で、無尽蔵に補給されるミサイルを撃ち続けたんです!」

ロジャーとアキトは絶句するしかなかった。
そう言われれば周りの建築物は自分たちがここを離れたときより徹底的に破壊されている。
高くそびえ立っていたはずのビルは影もなく、一面が瓦礫の焼け野原となっていた。
相手が生身の人間ならば――生きてはいまい。
そして、人を殺したという事実はユリカに重くのしかかる。

「あたしは……無関係の人間を……無抵抗の人間を殺してしまったんです……!」

気づけばユリカは泣きじゃくっていた。
誰がこの少女を責めることが出来るだろうか。
少女はただ脅え、恐がり、その力を向けてしまっただけなのだから。
だが、だからこそユリカは自分の行いを許せなかった。
ユリカの目的はここからの脱出。それは一人でも多くの人間と共に行われなければならない。
それなのに、自分は人を殺してしまった。命を……散らしてしまったのだ。
本当に自分はその目的を叶えることが出来るのか?
人を救うどころか殺してしまった自分が……。

「ユリカ。確かに君のしてしまったことは決して良いことではなかったかもしれない」

そんなユリカの耳に入ってきたのはアキトの声だった。

「だが……君はそれを受け入れ、乗り越えなければならない」
「でも……あたしは……!」
「しっかりしろ! 君はそんなに弱気だったか? 臆病だったか?」
「ガイ……さん……?」
「君は強い人間だ。どんなに辛いことがあっても……それを乗り越え、更なる強さを手に入れることが出来る人間だ」
「……あたしが……強い人間?」
「そうだ。少なくとも……俺が見たミスマル・ユリカはそうだった」
「……ガイさんに何が分かるんですかっ! ほんの数時間一緒にいただけのあなたにっ!」
「確かに会ったばかりの俺が言うことじゃない。だが、少なくとも俺と出会ったときの君はそうじゃなかった。
 明るくて……こちらが眩しささえ感じるほどだった。それが本来の君なんだろう?」
「……。でも」

「まぁまぁ、二人とも落ち着いてくれ。ユリカ君の言う人間だって、まだ死んだと決まったわけじゃない。
 一度、探索してみることを提案しよう。もしかするとまだ生きているかもしれない」

ユリカとアキト、二人の会話に割って入ってきたのはロジャーの提案だった。
まだその人間が死んだと決まったわけではない。生きている可能性があるのならそれに賭けるべきだ――とネゴシエイターは主張。
確かにそれも一理あると、ユリカとアキトも賛同する。

「それでは私とガイ君の二人で探索を開始しよう。と、その前にユリカ君に一つ頼み事がある」
「え……。はい、なんでしょう?」
「ここに首輪が一つある。……リリーナ嬢の首に巻かれていた物だ。これを君に託そう。
 見たところ、ダイは戦艦というよりもむしろ移動基地としての側面の方が強いようだ。
 ならば機体の整備、ひいては開発のための設備を内蔵している可能性が高い。
 後は――分かるね?」
「……はい。私にどこまで出来るかは分かりませんが……やれるだけのことはやってみます」

ロジャーはユリカへと首輪を渡す。その後、早速ロジャーとアキトが市街の探索を始めたのだが――

「どうだガイ君? その脚部はまだ使用可能かね?」
「いや……どうやら爆撃の直撃を受けたようだ。修理するより新しく造り直したほうが早い、といった状態だな」
「そうか……こちらにあった機体も使えそうにない。どうやら収穫は殆ど無いとみてよさそうだ」

ダイの爆撃を受けた市街地のダメージは予想以上のものであり、YF-21の脚部やドスハード(これは元々運用不可だったが)など、戦力面の補充は期待出来そうになかった。
生存者の発見も絶望的かと思われたその時、ロジャーが地中へと繋がる穴を発見。
どうやら地下通路の類らしい。もしもこの穴ぐらの中へ入り込み、爆撃を避けることが出来たならば。

「たとえ生身でも生きている可能性はある――ということか」
「そういうことになるね。しかも――この通路、機動兵器が通った後がある。もしかするとその機体の持ち主に保護されたのかもしれない」
「その可能性もあるな。それで、どうするつもりだ? この奥へと探索範囲を広げるのか?」
「そうしたいところだが、この通路は少々狭すぎる。
 私の鳳牙ではどう見ても通れそうにないし、ガイ君の機体でも難しいだろうな。せめて脚部が無事ならまだやりようもあったろうが、この狭い穴ぐらの中を戦闘機が飛ぶというのもナンセンスな話だろう」
「するとこの通路の探索は諦めると?」
「おっと、そうは言っていないよ。確かに機体のままならば通れない――だが、この身一つで飛び込むには十分な広さだ。機体から降り、私が調べてこよう。
 なに、心配することは無い。この周辺と機動兵器の痕跡を確認する程度に留めるつもりだ。
 それと……彼女を一人には出来ない。君はここへ残って周辺の警戒を頼む」
「……了解した。ユリカ聞こえたか? 今から俺がそちらへ戻る。ロジャーはこのまま地下通路の探索を続行だ」

ユリカから了解の返事が届くと、ロジャーはアキトへのプライベート回線に切り替えた。

「……ガイ君。私が言うのもなんだが、君がユリカ嬢に会ったのはここに来てからではないな?
 君はユリカ嬢とは同じ世界の人間で……しかもかなり親しい間柄と見た。彼女は君の素性を知らないのかい?」
「……俺はユリカとはここで初めて出会った」
「いーや、嘘だね。これでも私はネゴシエイターだ。下手な嘘で騙そうとしても無駄だよ」
「……貴様には関係ない。これは……俺だけの問題だ」
「……そうか。なに、そう言うのなら無理に聞く気はない。少なくとも私よりは君のほうが彼女のなだめ役に向いていると分かっただけでも十分だよ……っと」

やれやれ、一方的に切られてしまったか……と、ロジャーは無愛想な仲間の行いに苦笑した。

(確かに彼ら――というより彼個人か? 深い問題があるようだ。それがこれから先、悪い方向に転がらなければ良いが……)

「しかしこのような問題は他人が立ち入ったところで良くなるようなものでもない――先ほどは少しばかり余計な口出しだったかな?」

と、ネゴシエイターは自分の言動を省みる。
一呼吸置いた後、ロジャーは鳳牙から降り、地下通路の探索を開始した。

 ◇

首輪を託されたはいいが、機器の扱いに関しては素人であるユリカがどうこう出来る物ではなく。
ラボに置かれていた研究器具も、彼女の世界とは違う科学体系に因るものだったこともあり、下手に触れば爆発する可能性を秘めている首輪の解析は、挑戦さえも出来なかった。
ダイの操艦部へと戻り、首輪の表面をなでる。あまり心地よい感触では無い。
半分機械、半分生き物、とでも言えばいいのかは分からないが、とにかく冷たい無機質な感触も、温かみのある生き物のそれとも違う不思議な感触は、ユリカが初めて見る物質によるものだった。
紅い宝石のようなものが埋め込まれ、一見装飾品のように見えないこともない。
だが、ぴったりと首に吸い付くように巻かれている首輪には、それをつけるとき必ず必要なはずの繋ぎ目が見あたらない。

「不思議だなぁ……。どうやってつけたんだろ? やっぱりこのナマモノっぽいところが伸縮したりしちゃうのかな?」

ユリカの疑問も募るばかり。
と、それまで聞き流していた通信から自分の名前が聞こえてきた。

「……ユリカ聞こえたか? 今から俺がそちらへ戻る。ロジャーはこのまま地下通路の探索を続行だ」
「えっ、あっ、はい。ロジャーさんは地下通路、ガイさんがこちらに戻るですね。了解しました」

地下通路についてなど把握出来てないこともあったがとりあえずは了解の返事を送る。
モニターにはこちらへと飛んでくるガイ機の姿が映っていた。

 ◆

「えっと……ガイさん、その……先ほどはあたしも少し取り乱していたというか……」

探索から戻ってきたアキトとの沈黙の時間……それに耐えられなくなったユリカの口から出たのは、先ほどの無礼に対する謝罪の言葉だった。

「……いや、気にすることはない。さっきは俺も少々感情的になりすぎた」

それに対するアキトの返答も、思いはユリカのそれと同じ。

「……はい! でも、やっぱりこういうのは言っておかなきゃいけませんよね。
 改めて……すいませんでした、ガイさん。あたしも……二人がいない間に、考えたんです。
 ああ、ガイさんの言う通りかもしれない……って。普段のあたしはどんなんだったかなーとか。
 こんなとき……どうしてたかなー、とか」

だいぶ普段の調子を取り戻しつつあるユリカに安心し、アキトも会話を続ける。

「いつもの調子に戻ってきてるみたいだな。安心したよ」
「あ……」
「どうしたんだ?」
「いえ、その……ガイさんって、あたしの大切な人に……似てるんです。
 なんでかなー? 口調や雰囲気なんかは全然違うんですけど……。時折見せてくれる優しさ? みたいなのが」
「それは光栄だな。その彼について……少し話してくれないか?」
「えっ、いいんですか? えっとぉ……、彼、アキトっていうんです。
 小さいときからの運命の恋人っていうか……。アキトはかっこよくて優しくて……
 たまーに優柔不断なところもあるんですけど、それも彼の優しさだろうし……
 何より、あたしのこと……大切にしてくれるんです。それが……一番好きなとこかな?」

アキトはフ、と微笑むとユリカに対して問いかける。

「一つだけ聞こう。君は今……幸せかい?」

その問いに込められた思いに気づくことなくユリカは即答する。

「はい! あたしは……とっても幸せです!」

その返事を聞いてアキトはどこか悲しげに、しかしユリカの幸せを祝福し、軽く頷いた。

「そうか……きっと、そのアキトって奴も……幸せだと思うよ」
「はい、アキトもあたしも幸せです! だって二人は愛し合ってるんだから!
 ……って、なんだかあたしのおのろけ話になっちゃってるような……」
「フフ……確かにそうだな」

忘れていた幸せの瞬間――アキトは今まで失ってしまっていた感情と、それにすぐに順応してしまった自分に驚いていた。
あの頃の自分はこうして笑っていたなと、もう思い出の中にしか存在しない自分の姿を思い出す。
このままユリカとずっと二人で……ふとそんな考えが頭に浮かんだとき。
それは叶わない夢だということをアキトは知る。

「ガイさんにはいないんですか? 大切な……人」

たとえ今会話をしている相手があの頃のユリカだったとしても。
変わらぬ笑顔がこちらに向けられていたとしても。
自分は変わってしまった。
今の自分はユリカの愛したテンカワ・アキトではない。
過去を捨てた……復讐鬼なのだ。

「ああ、……いたよ」
「あっ、やっぱり! ガイさんって一見無愛想だけど実は優しいですもんね。女の子なら放っておきませんよぉ!」
「いた。だが……もういない」
「……! す、すいません……あたし……」
「君が謝ることはない。……少し周辺を見てこよう。ロジャーの話ではまだ近くにテッカマンと名乗る好戦的人物が潜伏しているらしい。
 君はその間に休んでおくといい。何かあったらすぐ連絡するように……分かったね?」
「……はい、分かりました。……ガイさん、最後に一つだけ……聞いてもいいですか?」
「……なんだ?」
「あなたは……」

あなたは……。そこから先の言葉が続かない。聞きたいことは、言いたいことは頭の中ではしっかりと文章を作っている。

『あなたは……アキトなの?』

たったそれだけの言葉が言えない。
たった五文字。でもそれを言うことは他の言葉を百述べることよりも、千紡ぐことよりも難しかった。
言葉が続かない。
ユリカの口唇は半端に開かれたまま何の音も発することは出来なかった。

「……いえ、何でもありません。気をつけて行って来てください」
「……ああ」

バルキリーは夜空を切り裂き羽ばたいていった。
ユリカは思う。
自分が聞けないのは……もしかしたら心の奥底でそれを認めているからではないかと。
今までアキトのことを誰よりも見てきた自分だからこそ分かる。
やっぱりガイさんは……アキトだ。
何であんな格好をしているのか分からない。ユリカの知るアキトとは雰囲気だって全く違う。
それでも自分の全感覚は彼がアキトなんだと言っていた。

「今度ガイさんが帰ってきたら……その時こそ絶対聞こう」

少女はそう決心するとずっと張りつめていた緊張の糸をほぐす。
思えば夕方戦闘になってからずっと緊張しっ放しだ。
んー、と背伸びをしてから、どっかりと椅子に座り込む。
深く椅子にもたれながらユリカはじわじわと迫ってくる睡魔の存在に気がついた。
あっ、ダメ……今寝ちゃったら……でも……ちょっとくらいなら……。
気づけば少女はすうすうと寝息をたてはじめていた。

「……ユリカ君? 聞こえているか?」

探索を終えたロジャーからの通信も、眠れる少女の耳には届かない。
ロジャーが行った探索の結果は、決して芳しいものではなかった。
生身での移動ということもあり、探索範囲が酷く狭かったことも原因の一つ。
例の機動兵器の移動跡についても、地下通路を通れるサイズの機体であることくらいしか分からなかった。
……いや、もう一つある。
地下通路の中には、人為的に押し広げられちょうど人が通れるようなサイズの亀裂があり、そこには金色の装甲片が付着していた。
おそらくはその機動兵器が亀裂を広げた時に剥がれた物だろうが……金色をパーソナルカラーとするパイロットなど存在するのだろうか?
その機体の持ち主はよっぽど派手好きだったのだろう。

「よほどのセンスの持ち主と見える。一度お会いしてみたいものだ」

と、黒で全身を覆うネゴシエイターは肩をすくめる。もしこの場にあの少女がいたならば、『ロジャー、貴方のセンスもよっぽどだわ』などと言ってくれたろうに。

「しかしガイ君といいユリカ君といい、どうしてこう協調性に欠ける人間ばかり揃っているのか……まさかそれがこの場に呼ばれた理由ではあるまいが」

と、いまいち歩調の合わない仲間に対してロジャーは苦笑する。
思えばこの馬鹿げた殺し合いが始まってから既に半日が過ぎようとしている。
その間出会った者たちはどれもこれも一筋縄ではいかないくせ者ぞろい。
しかし不思議なのはその殆どが戦闘技術に長けた者であるということ。

(これはなぜだ? あの怪物はなぜ私たちを選んだ?)

相手の目的を知り、それに見合った行動をとることがネゴシエイトの鉄則である。
この首輪を解除し対等な立場に立ったとき、肝心のネゴシエイトに失敗しては元も子もない。
怪物の情報――それもまた必要だった。

「為すべきことは多い。まったく先が思いやられるね」

まぁ今は――何処かへ行った王子の代わりに眠り姫のお供というのも悪くはないな、と鳳牙はダイに寄り添うようにその身を座らせた。

 ◇

夜闇に紛れ、ダイの動向を見張る機体が一つ。黒と赤のカラーリングが施されたそれは、獲物を見つけ、喜びに奮えていた。

「そうか……。アレがお前を堕落させているモノかい?」

ククク、とガウルンは嗤う。その目は燦々と輝き、唇は醜く歪んでいる。
まるで子供が念願のおもちゃを買ってもらったかのような喜びの顔を見せ舌なめずりをする格好は、彼の愛する軍曹に言わせれば三流の為すこと。
確かにガウルンは兵士としては三流と評されるかもしれない。だが、それはあくまで"兵士"としてだ。
こと戦闘だけに限定して言えばガウルンは超がつくほどの一流なのは間違いない。
そして超一流の戦闘狂が駆るのは、超一流の武闘家、東方不敗マスターアジアの愛機であるマスターガンダム。
俊敏なその動きなら、鈍重なトカゲの一匹、即座に喰うことが出来るだろう。

「フフフ……さぁて、楽しいパーティの始まりはもうすぐだ。楽しみだねぇ……実に楽しみだ」

まだダイに手は出さない。アレを壊すのは――アイツが帰ってきてからだ。
自分と同類のあの男は、目の前でアレを壊された時どんな顔をするだろう?
決まっている。
この上なく上等な憎しみの目をこちらに向け、火がつくような憎悪を滾らせ――アイツはきっと、自分を殺しに来るだろう。

「焦るなよ、ガウルン。お楽しみはこれからだ。あの男を徹底的に壊すチャンス――それを待て。
 何、それはそう遠くない。腹を空かせてメシを待てば、いつもより美味しく頂ける理屈だぜ。
 ……まぁ、あれだけ旨そうな獲物だ。すぐに頂くのも悪くはねぇなぁ」

ククク……、と狂人は再度嗤う。


【ロジャー・スミス 搭乗機体:騎士凰牙(GEAR戦士電童)
パイロット状態:体力消耗、肋骨数か所骨折、全身に打撲多数 
機体状態:左腕喪失、右の角喪失、右足にダメージ(タービン回転不可能)
       側面モニターにヒビ、EN90%
現在位置:D-7補給ポイント
第一行動方針:アキトの帰還を待つ
第二行動方針:ゲームに乗っていない参加者を集める
第三行動方針:首輪解除に対して動き始める
第四行動方針:ノイ・レジセイアの情報を集める
最終行動方針:依頼の遂行(ネゴシエイトに値しない相手は拳で解決、でも出来る限りは平和的に交渉)
備考1:凰牙は通常の補給ポイントではEN回復不可能。EN回復はヴァルハラのハイパーデンドーデンチでのみ可能
備考2:念のためハイパーデンドー電池二本(補給一回分)携帯
備考3:ワイヤーフック内臓の腕時計型通信機を所持】

【ミスマル・ユリカ 搭乗機体:無敵戦艦ダイ(ゲッターロボ!)
パイロット状態:浅い眠り、精神的にはやや不安定なまま
機体状態:大砲一門破損、左前足損傷、腹部装甲損壊
現在位置:D-7補給施設
第一行動方針:眠……あふ……
第二行動方針:ガイに自分の疑問をぶつける
第三行動方針:ガイの顔を見たい
第四行動方針:首輪解除が出来る人間を探す
最終行動方針:ゲームからの脱出
備考1:YF-21のパイロットがアキトだと知りませんが、ある程度確信を持っています
    アキトの名前はガイだと思っていますが若干の疑問もあります
備考2:ハイパーデンドー電池8本(補給4回分)回収
備考3:首輪(リリーナ)を所持】

【テンカワ・アキト 登場機体:YF-21(マクロスプラス)
パイロット状態:やや衰弱
機体状態:両手両足喪失、全身に損傷
現在位置:D-7西部
第一行動方針:市街地周辺の探索
第二行動方針:ユリカを護る(そのためには自分が犠牲になってもかまわない)
最終行動方針:ユリカを元の世界に帰す(そのためには手段は問わない)】


【ガウルン 搭乗機体:マスターガンダム(機動武闘伝Gガンダム)
パイロット状況:疲労小、DG細胞感染、気力120
機体状況:全身に弾痕多数、胸部装甲破損、マント消失、ダメージ蓄積
        DG細胞感染、損傷自動修復中、ビームナイフとヒートアックスを装備
現在位置:D-7
第一行動方針:アキトの目の前でダイを壊す
第二行動方針:近くにいる参加者を殺す
第三行動方針:アキトを殺す
第四行動方針:皆殺し
第五行動方針:できればクルツの首を取りたい
最終行動方針:元の世界に戻って腑抜けたカシムを元に戻す
備考:九龍の頭に埋め込まれたチタン板、右足義足、癌細胞はDG細胞に同化されました 】

【初日 22:00】




本編111話 とある竜の恋の歌


|