※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

          □


「あら~? ばれちゃったんですの。ほんとはお仕置きするところですけど……。
 ま、悩殺出血大サービスで見逃してあげますの。あの仮面のオジサマ、私と近い存在……あの人相手じゃ仕方ないですもの」

少女―――アルフィミィは、楽しげにその声を聞く。
ネビーイームとデビルガンダムとの接続作業を行いつつ、首輪を通して聞こえる会話から箱庭の世界で繰り広げられている戦いを想像する。
そこにはユーゼスという彷徨い人、恋人を救うために修羅となった男テンカワ・アキト、そしてキョウスケ・ナンブがいる。
会いたい……その誰とも。そう思っていたアルフィミィにとってこの戦いは聞き逃すことのできないものだった。
人間。小さくか弱い、そして儚い命。その命を燃やし、戦っている者たち。
結果がどうなるのか、興味があった。誰が生き残るのか、何が起こるのか。
どうやら仮面の男と復讐者は手を組んだようだ。今、協力の代償とされたキョウスケとともに敵と戦っている。
ふと、空間に異常。数時間前にもあった、空間の歪み。
あの時とは違い、極小さなものだ。どうやらその中心はメディウス・ロクス、アルフィミィにも予想外の進化を果たした機体。
そんな機能はなかったはずだが、これもあの機体に搭載されている人工知能が学習した結果なのだろうか?
まあこの程度なら進行に支障はきたさない。空間を閉じ、これもお咎めなしと―――

「えっ?」

前触れもなく。何故、と問う間もなく。
ネビーイーム、その下方に位置する木星の形の箱庭へと。

主が、赴いた。
閉じゆく歪み、その隙間へと滑りこむ。……やがて、感知できなくなった。

「そんな……どうしてですの? まだ、最後の一人は決まっておりませんのに……」

わからない。主が何を考えているのか。何故自分に何も言わず、箱庭に降りて行ったのか。
空間の穴は主の意志の総体が通れる大きさではなかったためか、行ったのは主自身の一欠片を切り離したものだ。
だが、欠片とはいえ紛れもない主自身。今の主には少しの余力もないはずなのに、何故?

「どこに……行かれたんですの?」

しかし少女に答えるものはなく―――


          □


「はっ……はぁっ……やった。やったんだ、ベガさんの仇を……この手で討ったんだ」

撃墜した敵機を見下ろし、荒い息をつく。
操縦桿から手を離そうとするも、強張った指先は中々動かない。興奮が冷め、ようやくカミーユは冷静になった。
ピンポイントバリアパンチは正確に敵機のコックピットを抉った。生命反応はない―――殺した。
だが、達成感などない。怒りに任せて動いたものの、残ったのはどうしようもない気持ち悪さだけだ。

「なんで……なんでなんだよ。お前にも帰りたい場所があって、大切な人がいたんだろう……?」

落ち着いてみれば、あのパイロットが言っていたことも理解できなくはない。突然こんな戦いに放り込まれれば、錯乱もする。
ベガを殺したことは到底許すことなどできないが、それでも他に方法があったのではないか……そんなことを考える。
と、キョウスケから通信。

「カミーユ、落ち着いたか?」
「……ええ、中尉。すみません、勝手なことをして」
「構わん。お前は結果を出した……それに元はと言えば俺が下手を打ったのが原因だ。お前が気に病むことはない」
「でも」
「責任があるとするなら、俺と。そしてユーゼス、貴様だな」

キョウスケの乗るビルトファルケンは黒い特機へと向き直っている。その様はまるで今にも剣を交えんとする戦士のようだ。

「あの特機は何なのか。乗っていたパイロットはどこにいたのか。どうしてこんな事態が起こったのか。
 そして貴様は何をしていたのか……答えてもらうぞ、ユーゼス・ゴッツォ。返答次第ではただでは済まさん」

キョウスケの声は静かながらも言い逃れを許さない剣呑さを帯びている。
自分もユーゼスは信用できない。ここはキョウスケの話を聞くべきだ。
もし、やつが想像通りの邪悪なら……再び、この機体を駆けさせることになる。ユーゼスの動き、欠片も見落とすまいと集中する。

「答えよう、キョウスケ・ナンブ。ただし」

響いた声は黒い特機からではなかった。
発信源……眼下のローズセラヴィー。ユーゼスは黒い特機に乗っているんじゃなかったのか。
カメラを向ければ、映像ははっきりとローズセラヴィーのコックピットハッチに立つユーゼスを映し出している。
一瞬。カミーユ、キョウスケともに注意がブラックゲッターから逸れた―――その刹那。


「がッ……!?」


鋼鉄の隼・ビルトファルケンを、復讐鬼・ブラックゲッターの斧が斬り裂いた。


「え……何を。何を、して、るん、だ……?」

キョウスケの苦悶。弾け飛ぶファルケン。
ブラックゲッターはその勢いのまま、今度はカミーユへと向かってくる。

「君が、それまで生き残っていれば、だが」
「キョウスケ中尉……キョウスケ中尉――――――ッ!」

落ちていくビルトファルケン。だが、その後を追えるほどの余裕を、斧を振りかぶるブラックゲッターは与えてはくれなかった。


          □


「……が、あ……」

目を開くと、とたんに何故目を開けたのかと後悔した。
視界いっぱいに広がる赤。体のそこかしこに突き立つ鋭い破片。

「……幸運は、二度も、続かんか……」

すべての始まりといえるシャトル事故を思い出す。エクセレンが死亡し、己は瀕死の重傷、だが生き残った事件。

「やったのは、ユーゼス……いや、おそらくはあの男、か。つくづく……甘いな。俺と、いう男は」

ビルトファルケンは辛うじてまだ空にある。だが、肝心の中身が……キョウスケは、もはや牙の折れた手負いの狼だ。
あのとき機体を襲った衝撃はコックピットの中を跳ね回り無数の飛礫と化してキョウスケを襲った。
致命傷だ。
モニターを見やれば、消去法で考えれば恐らくアキトが搭乗しているだろうブラックゲッターとカミーユの戦闘機が、激しいドッグファイトを演じている。
先程の人事不省寸前といった体からは考えられない鋭い動き。あの薬のおかげだろうか?
援護しようにも、腕がどうしようもなく重い―――操縦桿を引くことにさえ、凄まじい重さを感じる。
どうしようもない……いや。

薬。あの薬なら一錠持っている。念のためにアキトから奪っておいた一錠を。
得体のしれない薬、普段なら飲むはずなどないが―――

(俺が蒔いた種だ。俺が刈り取らねば……な)

鉛のような腕をどうにか動かし、躊躇いなくカプセルを飲み下す。

どくん、と。

体の奥で何かが脈動した。

(痛み止め……ではない!? なんだ、この薬は……!)

凄まじい熱。次いで氷のような冷気。自分という存在が、浸食されていく。

「ぐ……がああああああっ!」

頭の中で激しく火花が散る。影、霧のような、何かが、見える―――これは。
時間が止まる。近づいてくるのは―――
視界が黒に染まる。おぞましくも懐かしい、この気配。


(捕らえた……ぞ)


首輪から、いや首輪の赤い球体から脳裏に直接声が響く。知っている、この声は。

(ようやく……届いた。我が……声が……)
「この……声、貴様はッ……!」

かつて打ち破り、そして今また己が運命を操ろうとする存在、ノイ・レジセイア。
撃ち貫くと誓った存在が、ここにいる。キョウスケのすぐ傍に。

(……お前こそ……ふさわしい。審判の……存在……)
「何を……言っている。俺に、何の用だ……!」
(お前は……またも、生き延びた。そして、我を受け入れるに、足る……器を、手に入れた……)
「受け入れる、器……? 俺を、支配しようというのか―――エクセレンのようにッ!」
(拒むことは……できない。お前は、選んだ……人でなくなる……ことを。我に……近い存在と、なる……ことを。だから、我と……繋がる、ことが……できる)

あの薬。危険なものだとは覚悟していたが、まさかここまでのものだったとは予想していなかった。
キョウスケは知らぬことだが、件の薬一つ飲んだだけで人でなくなるということはない。
薬の正体は希釈されたDG細胞。アキトのように身体に欠落する箇所があるものが服用すれば、DG細胞はそこを補うように展開する。
対して健常者が使えば、DG細胞は拡散する場のないまま沈殿する。そして感染力の弱められたそれは、時間とともに体内の免疫細胞によって駆逐される運命にある。
キョウスケの不運は、体力の低下した状態で薬を服用したこと。
結果、普段なら駆逐されるべきDG細胞がさしたる抵抗もなく体内に行き渡ってしまった。
そして、宝玉から放たれるノイ・レジセイアの波動。意志を持たないDG細胞に指令を下し、その働きを統制するもの。
キョウスケの体の支配権は急速に奪われつつあった。

下手を打った―――後悔が頭をかすめ、だが同時に、どこか奇妙なほど冷静な内面の己が叫ぶ。
―――ここが勝負所だ、と。
手の届かないところにいた主催者が、降りてきた。それも手の届くどころではない、己の内面という極めて近く……限りなく遠い場所に。
何故人間たるキョウスケの身の内に降りるのか。アルフィミィの気まぐれか、あるいはそれほど差し迫った理由があるのか―――
どちらにせよ、好機。
かつてエクセレンがそうであったように、アインストとなった自分が突破口となる―――この箱庭の戦いの。
賭けに負け、自分が自分でなくなったとしても……止める力はある。かつての仲間たちと同じ、信頼できる力が。

「くくっ……ああ、いいだろう……この身体、存分に貪るがいい。だが、もし貴様が俺を、人間を、取るに足りない存在だと驕っているのなら」

不思議なことに、微かに楽しくなってきた。
そう、キョウスケ・ナンブという人間を端的に表すのなら一文で済む。
―――分の悪い賭けは嫌いじゃない。

「遠くない未来……貴様は再び打ち砕かれる。
 この牙を貴様の喉笛に突き立て、その存在を欠片一つ残さず消し去ってみせる。今度こそ、完全にな」

言葉を切ると同時、気配が遠ざかり、首輪の球体から赤い、まるで血のような靄が吹き出し体を覆う。
落ちていく鋼鉄の隼。その先に眠るは、相棒たる鋼鉄の孤狼。

「フッ……そうだな、お前がいなければ始まらんな―――アルト。付き合ってくれ、地獄の底のさらに下、俺の、最後の戦場へ……!」


鋼鉄の系譜……ともにつがいを失ったものが、互いに互いを抱擁する。これが始まり―――キョウスケは目を閉じた。


          □


「テンカワ、といったか。目的は果たしただろう、ここは退くぞ」
「……俺としては、この機体もここで仕留めたいのだがな。退く理由はない」

可変戦闘機……おそらくYF-21と同じバルキリーであろう機体と干戈を交えていると、ユーゼスが通信してきた。
あの化け物のような機体からだ。横目で見やると、驚くべきことにあれだけの攻撃を受けてもあの機体は健在だった。
とはいえパイロットはさすがに死亡したようだ。
仮面の男が抉り取られたコックピットから何かを引きずり出し、放り投げるのが見えた。
どうも人体のパーツであると思わしきそれらは大地に叩きつけられ、粉々になった。

「仕留められるのならそれもいいが、何があったか私にも把握し切れてはいない。
 君の位置からも見えるだろう? ファルケンがアルトと未知の反応を起こしている。
 墜落したキョウスケ・ナンブがなんらかの変化をもたらした公算が大きい。現時点では交戦を控えるのが賢明だ」

見れば、墜落したキョウスケの機体はアルトと溶け合っていくように見える。
まさか斧の一撃で機体が融解するほどの熱量が発生するわけもない。何かが起こっているのは疑いのないことだった。
アルフィミィからアルトを譲り受けた時のように、いささか信じがたいものであったが。

「だが、こちらは二機だ。どうであれ押し切れるのではないか?」
「君が健常ならな。ああ、言ってなかったがブラックゲッターの中はモニターさせてもらっていたよ。
 大事そうに抱えてきたあの薬は劇薬のようだが、確証はあるのかね? 効果が切れるまでにあれとその戦闘機を倒せると」
「……ないな。だが薬にも限りがある。一つ使ってしまった以上、おいそれと引くわけにはいかん」

ユーゼスの抜け目のなさというより自分の不用心さに憤る。薬のことを知られたのは痛い。

「その点は問題ない。サンプルさえあるなら今のAI1はどんな薬だろうと量産が可能だ。
 もちろん、君が私に貴重な薬を一つ預けてくれるなら、という条件付きではあるが」
「何が狙いだ、貴様。俺が優勝を狙っているのは知っているだろう」
「さあ、どうせ何を言っても君は信じはしまい? だからこうとだけ言っておこう。『どちらでも構わん』と」
「……どういう意味だ」
「何、そのままさ。君が私を信じようと信じまいと、どちらでもいい。
 信じないのならここで別れるだけだし、信じるのならそれなりの見返りは約束しよう。どのみち最後は戦うことになるのだろうしな」
「条件付きの同盟というわけか」
「そうとってもらって構わん。……おっと、これ以上言葉遊びに時間を費やすのもいかんな。さあ、選びたまえ。私とともに来るか否か」
「……いいだろう。俺からの条件は薬と情報だ。それを満たすのなら貴様の指示に従ってやる。
 ただし、残り5人あたりになれば手を切らせてもらうがな」
「ふむ……交渉成立だな。では行こうか」

戦闘機もアルトの変化に気づいたようだ。パイロット―――キョウスケの名を叫びつつ距離を取り、旋回している。
といってもこちらに隙を見せているわけでもないが、少なくとも注意は向けられていない。離脱するのは容易かった。
戦域を離れ、ある程度距離を置いたところで語りかける。

「で、どこへ向かう。基地に向かってくるやつはいるはずだ。そいつらを狙うのか?」
「さしあたっては別の施設だな。君の薬のこともある。研究所などがあればいいのだが」
「施設……それなら心当たりがある。と言っても、問題はあるが」
「ほう?」
「戦艦を二隻、確認している。一隻は戦いに乗っていて、もう一隻は不明だ。俺としては……後者、ナデシコを探すことを薦める。あれならば研究設備も充実しているからな」
「ほう……勝手知ったる口ぶりだな?」
「……貴様には関係ない」
「フ、まあいい。では当面そのナデシコなる艦との接触を目標としよう」
「もう一つ、言っておくことがある。どうせ知られることだから言っておくが、この薬は30分しか持続しない。
 あと数分で俺は動けなくなる。その間、貴様が俺を撃たない保証はあるか?」
「副作用……か。安心したまえ、ここで君を切り捨てはせん。この機体、『ゼスト』も今は戦闘を行える状態ではない。
 君が薬を必要とするように、私も護衛を必要としている。利害が一致している間は守り、守られ合う関係であろうではないか」
「貴様を信用することはしない……だが今はその言葉、乗ってやる」 
「何よりだ。しばしの間、よろしくな……共犯者よ」

共犯者。仲間、相棒などと称されるよりよほど合っていると思った。
どうせ目的を果たすまでの仮初の同盟。いずれ殺す相手に必要以上に気を許してはいけない。
特にこの仮面の男は底が知れない。迂闊な隙は見せられない。
……不意に、自分が討った男を思い出す。
ユリカを失った自分と、まるで鏡に映したような境遇の男。違うとすれば悪魔の誘いに乗ったかどうか。
内心はどうあれ、あの男は自分を助けた。だがその返礼として自分は彼を背中から斬った。
後悔はないものの、胸が痛まないということはない。
しかし、何故か悪寒が消えない。戦斧は確実にコックピットを切り裂いた、それはたしか。
なのにあの紅い機体は狙ったようにアルトアイゼン、己が放置した機体のすぐ傍に落ち、融合を始めたのだ。
傍目にも尋常な様子ではなかったが、はたしてあの変化の内部にいた男は無事なのか。
万が一無事だったとして……その時キョウスケは、もはやアキトを保護すべき対象としては見ないだろう。
次に会ったときはその身を喰らい合うことになる、それは確実だ。
ガウルンともまた違う、奇妙な縁ができた。影と戦うようなものだ、とおかしさがこみ上げる。

(キョウスケ・ナンブ。許しを請うつもりはない……だから、俺の前にお前が立ちふさがるのなら、何度でも)

決意は変わらない。何よりも重いのは、ユリカの命だ。訪れ始めた禁断症状に身を任せながら、強くその覚悟を確かめる。

(そう、何度でも撃ち砕く。戻る気はない……これが俺の、俺にできる唯一の……贖罪なのだから)


          □


通信を切る。宣言通り失神したらしい男から直前に譲渡された操縦権を用いて、ブラックゲッターにメディウス・ロクスを抱えさせる。
どうやら主催者は機体を支給する際手を加えたらしく、オートパイロット・自動操縦プログラムなどは使えないようだった。
先のローズセラヴィーにしても、直前で自動操縦プログラムにエラーが発生し、管制塔から慌てて走るはめになった。
あの場をキョウスケに目撃されていればまた違った結果になっていただろうと、冷や汗を拭う。
その制約がなければAI1を用いてブラックゲッターを操縦し、テンカワ・アキトを切り捨てることもできたのだが、ざっと調べた限り手の打ちようがなかった。
どうやら機械的な問題ではなく、異質な技術……アインストの力が用いられているようだ。未知の技術に策もなしに踏み込むのは躊躇われた。
まあ仕方ない。排除することができないのなら、利用することを考える。
この男、テンカワ・アキト。
先程の動きをみるに、腕は確か。そしてあの割り切った態度、道行きを共にするには申し分ない。
だが……失望した。この男は己を滅する敵たり得ない。
この男にはキョウスケ・ナンブほどの信念を感じない。おそらくは優勝すれば望みが叶うという口車を信じたのだろう。
だがその望みがかなう保証はどこにもない。己が主催者の立場なら、今頃さぞ口角を吊り上げているだろう―――哀れな道化。
自ら勝ち取る道を選ばず、ただ与えられるものを享受する……そんな輩に興味などない。
しばらくは協力するが、メディウス・ロクスが再生しAI1が問題なく稼働するようになればいつでも切り捨てる、仮面の魔人にとって黒き復讐者はその程度のものだった。
薬の供給量や成分に手を加えれば、手駒として操ることもできるが……後の楽しみだ。護衛が必要なことは事実であるし、今はこの同盟を切るわけにはいかない。
また、基地を放棄したのも些事だ。
大方の解析は済んでいて、そのデータはこの頭脳の中にある。あとはある程度の設備があれば首輪の解除は可能。
ベガは……惜しいことをした。彼女にはまだまだ有用性はあったのだが、まあ仕方ないことだ。
カミーユ・ビダン。これもまた、些事だ。賢しいだけの子供などいくらでもあしらえる。
当面はナデシコなる戦艦を探しつつ、首輪とバーニィが遺した戦闘データを解析する。
これでAI1はまた成長できる。あの半端者も、最後の最後で少しは役に立ってくれた。

それよりも、思考を占めるのはキョウスケ・ナンブのこと。
アキトの一撃はたしかにやつに致命傷を与えたはず。だが、この背筋に残る怖気は何なのだろうか。
死んではいない―――そんな予感が頭から離れない。
あの男の操縦技術、決断力はたしかに目を見張るものがあった。
しかしそれだけではこの状況を説明できない。撃墜し、沈黙したと判断したその瞬間、あの得体のしれない気配は生まれた。
念動能力者でもサイコドライバーでもないキョウスケ・ナンブとただのパーソナルトルーパーでは成し得ない事態。
要因として考えられるのは、メディウス・ロクスが仕掛けたヘブン・アクセレレイションだ。
あれは一瞬、確かに次元に穴を開いた。そしてあの向こうにはアインストの支配する空間があった。
バーニィ如き未熟者でなく自身が乗っていたなら正確に観測できていただろうが、是非もないことだ。
とにかくあの一瞬、アインストの空間から何かが「紛れ込んだ」のだ、この世界に。
キョウスケ・ナンブの話では、彼は主催者の化け物と浅からぬ因縁があるという。
主催者がキョウスケを死なせないために行動したということだろうか。
だが解せないのは何故時間をおいてあの気配は発現したのか。
キョウスケ・ナンブが何らかのアクションを起こした―――何を? だがその答えは現状では導き出せない。

ともかく、生死が確認できていないのなら、やつは生きているとして扱うべきだ。
そして生きているならあの男は今度こそ向かってくる、必滅の決意とともに。
ぶるり―――と、我知らず肌が泡立った。愛しき宿敵以外にこんな感情を持つのはいつ以来だ?
まったく、退屈しないな、この世界は―――哄笑を抑えきれず、身を反らす。
いいだろう、来るがいいキョウスケ・ナンブ。私は逃げも隠れもせん。
お前の牙がこの身に届くと信じているなら……喜んで相手をしてやろう。
己が映し身のように、彼に導かれたサンプル達のように。「力」を、更なる力でねじ伏せることで。


「その意志が、その熱が―――私を遥か超神の高みへと、押し上げるのだからなぁ―――!」


          □


「キョウスケ中尉! 応答して下さい、キョウスケ中尉!」

ニュータイプの感性に頼るまでもなく、わかる。
今、キョウスケ・ナンブという男は変わりつつある。
寡黙だが信頼できる男の発する気配は、時を追うごとに歪んだ何かへとすり替わっていく。

「……カ、ミ……ユ。き……える、か……」
「キョウスケ中尉! 無事なんですか!?」
「……いい、か、よく、聞け。ユー……ゼスは、危険だ……。奴と、もう、一人。テン、カワ……アキトという、男……こいつらは、危険だ……躊躇う、な、倒せ」

聞こえてきたのは己のことではなく、敵のこと。まるで、仲間に後を託して逝く戦士の声。

「あなたは……何を言ってるんです! すぐに救助します、もう喋らないで下さい!」
「聞け……ッ! 俺は、もう……長くは、持たん……。エクセレンの時と、同じことが……時間が、ない。不本意、だが……お前に、託す。聞くんだ……」
「そんな勝手なことを……!」

強引にでもコックピットから引きずり出して……そうしようとした瞬間、眼前の異常に目が奪われる。
ビルトファルケンの鋭角なシルエットが崩れる。下敷きとしていた蒼い機体と溶け合っていくように、一つになって。
真紅と、深蒼が、混じり合う。

「俺は、かつてあの、化け物……ノイ・レジセイア……を、撃破、した。やつが何故、蘇ったのかは……知らんが、決して、倒せ、ない存在では……ない」

何かが、生まれる。存在してはいけない何かが。
だがその渦中の男は構わず喋り続ける。かつてあった戦い、その結末を。
そしてこの世界であった、新たな戦いを。

「カミーユ……力を、集めろ。お前……だけでは、足りん……もっと多くの、強く、激しい力、で……今度こそ、やつの、存在……を、消し去る……ん、だ」
「中尉……ッ!」
「力が……集ったのなら、……カミーユ。まず、俺を……殺しに、来い。
 他の誰でもない……お前が、だ。俺の声を聞いた、お前が……俺を、止めろ」
「何を、言ってるんです、中尉? どうして俺があなたを殺さなきゃならないんですか!?」
「俺は……やつらと、同じ……存在に……アインストに、なる。
 だが、恐らく……ユーゼス・ゴッツォ、あの男……は、それ……さえも、利用……しようと、する、だろう。
 だから、その前に、お前が……俺を殺せ。あの男の……良い様に、踊らされるなど……真っ平だから、な」
「俺に、あなたと同じことをしろって言うんですか!? ゼクスさんやカズイを殺した、あなたと……!」
「ゼクス……、そうか、やつも……こんな気分、だった……のかも、しれん、な……お前には、重いものを、背負わ、せる……すまん、な」

不意に、水音。大量の水をぶちまけたような。狭いコックピットで考えられるものなど、一つしかない―――血だ。

「もう……行け。そろそろ、限界……俺が、俺でいられるのは……ここまでの、ようだ……」
「中尉、俺は……俺は……ッ!」
「……行けッ! カミーユ・ビダンッ!」

もう口を開くことさえ辛いはずなのに、その一喝はカミーユを怯ませる。

「ま……待って下さい、俺はまだ、あなたに……ッ!」
「ベガはお前を守って……死んだのだろうッ! その命、もはやお前の勝手で容易く捨てられるものではないぞ! 
 生きろ……戦え、カミーユ! お前が生きて、やつらを討てば……それが、俺達の勝利だッ……!」
「……中尉」

と、もはや形も定かではないビルトファルケンの腕が伸びる。携えていたオクスタン・ライフルを、こちらに放り投げた。

「これを……使え。 ……勝て、カミーユ。お前には……力がある。想いを、強さへと変える、ことが……できる、力が。俺の……命。持って、行け……」
「あ……お、俺は……!」
「行け……カミーユ。死ぬな、よ……」

やがて、真紅が駆逐され、深蒼が湧き出でる。
二機の影は一つになった。
―――蒼い、アルトアイゼンに。

「……ッ、……う、あッ……あ、うぁぁあああああああああああァァッッ!」

ライフルを拾い上げ、ファイター形態へと変形。変わっていくビルトファルケン……否、もはや隼でも古い鉄でもない機体から、「逃げる」。全速で、振り返らず。

(俺は……俺は……ッ! 守ってもらうばかりで、あの人たちに何も……何も!)

「ちくしょおおおおおおおおおおおおおおおおッッ!」

もう背中を守ってくれたキョウスケはいない。隣で支えてくれたベガも、前に立って導いてくれたクワトロも。
危険と、邪悪と知りながらユーゼスを放置した、その自らの甘さが招いた惨劇―――ベガと、キョウスケが代わりにそのツケを払った。
クワトロとは出会うことなく死に別れた。すべてが遅すぎたのだ。
後悔、怒り、悲しみ、憎しみ。そのすべてが混沌となり、だが皮肉にも身体を突き動かす力へと変わっていく。
貫くもの、「槍」を模したライフル。キョウスケから託されたこの力、この想いで。

「やってやるさ、やればいいんでしょうッ! ユーゼスも、アキトってやつも、あの化け物も……そしてキョウスケ中尉、あなたも! 
 俺が……俺が、全て倒すッ! あなたの望み通りに……あなたを、ベガさんを、クワトロ大尉を―――勝利させるために……ッ!」

身体の奥に、熱い―――熱い、炎が灯る。すべてを灼き尽くす、根源の力。
今、この荒ぶる熱とともに誓うべき言葉は、ただ一つ。そう―――



「すべて……撃ち貫いてみせる……!」



【カミーユ・ビダン 搭乗機体:VF-22S・SボーゲルⅡ(マクロス7)
 パイロット状況:強い怒り、悲しみ。ニュータイプ能力拡大中。精神が極度に不安定
 機体状況:オクスタン・ライフル所持 反応弾-残弾0 EN残量・火器群残弾ともに10%
 現在位置:G-5
 第一行動方針:対主催戦力と接触し、仲間を集める
 第二行動方針:ユーゼス、アキト、キョウスケを「撃ち貫く」
 第三行動方針:20m前後の機体の二人組みを警戒
 最終行動方針:アインストをすべて消滅させる
 備考1:キョウスケから主催者の情報を得、また彼がアインスト化したことを認識
 備考2:NT能力は原作終盤のように増大し続けている状態
 備考3:オクスタン・ライフルは本来はビルトファルケンの兵装だが、該当機が消滅したので以後の所有権はその所持機に移行。補給も可能】

【テンカワ・アキト 搭乗機体:ブラックゲッター
 パイロット状態:マーダー化、五感が不明瞭、疲労状態 薬の副作用中・残り1時間
 機体状態:全身の装甲に損傷、ゲッター線炉心破損(補給不可)
 現在位置:F-7北東部
 第一行動方針:ナデシコの捜索(とりあえず前回の接触地点であるD-7へ)
 第二行動方針:ガウルンの首を取る
 第三行動方針:キョウスケが現れるのなら何度でも殺す
 最終行動方針:ユリカを生き返らせる
 備考1:首輪の爆破条件に"ボソンジャンプの使用"が追加。
 備考2:謎の薬を3錠所持
 備考3:炉心を修復しなければゲッタービームは使用不可
 備考4:ゲッタートマホークを所持】

【ユーゼス・ゴッツォ 搭乗機体:メディウス・ロクス
 パイロット状態:若干の疲れ
 機体状態:全身の装甲に損傷、両腕・両脚部欠落。EN残量20%。コックピット半壊、自己再生中
 現在位置:F-7北東部
 第一行動方針:ナデシコの捜索、AI1のデータ解析
 第二行動方針:首輪の解除
 第三行動方針:サイバスターとの接触
 第四行動方針:20m前後の機体の二人組みを警戒
 第五行動方針:キョウスケにわずかな期待。来てほしい?
 最終行動方針:主催者の超技術を奪い、神への階段を上る
 備考1:アインストに関する情報を手に入れました
 備考2:首輪の残骸を所持(六割程度)
 備考3:DG細胞のサンプルを所持
 備考4:機体の制御はAI1が行っているので、コックピットが完全に再生するまで戦闘不能】

【メリクリウス(新機動戦記ガンダムW)
 機体状況:???
 現在位置:G-6基地内部】

【月のローズセラヴィー(冥王計画ゼオライマー)
 機体状況:右半身大破、月の子全機大破、EN残量0
 現在位置:G-6基地】

【バーナード・ワイズマン   
 搭乗機体:なし
 パイロット状態:死亡】

【残り21人】

【二日目 7:55】



          □


(行った……か。まったく……世話の焼ける……)

もはや声が出ているかも定かではない。
だが不思議とキョウスケに恐怖や後悔といった感情はなかった。

(エクセレン……遅くなって済まないが、まだお前のところには行けないようだ……)

意識は朦朧としているのに、感覚が広がっていく。機体に神経が繋がるような……
これはそう、アルト。いや、ゲシュペンストMkⅢという方が正しいか。アルトは蒼くはないものな……と、かすかに笑みがこぼれた。

(気がかりはユーゼスとあの男……手の内をすべて見せたわけでもあるまい。まだ何か企んでいるか……)

そして、主催者。アルフィミィにノイ・レジセイア。問題は山積みだ。

(……だが、勝つのは俺たちだ。ノイ・レジセイア、何をしようと貴様の滅びは決まっている。俺達を敵に回した時から、な)

意識が消えるその刹那。彼女が、笑った気がした。

『ほんと、分の悪い賭けが好きねぇ』

(フン、何とでも言え……見ていろ、あいつは来る。俺を……撃ち貫き、この闘争の世界を、破壊するために。
 俺の命をチップにしたんだ、それくらいの配当がなければ釣り合わん……なあ、そう……だろう―――カミー、ユ―――)

勝て―――その意志を残し。

―――そして、「キョウスケ」が沈んでゆく―――


          □


静寂の……世界。創らねばならない……
望まぬ……者を……望まぬ……世界を……破壊しなければならない……
人間……これこそが……この、身体こそが……
試す……そう、試さねば……この器が、新たな、宇宙を……創るに足る、ものか……
すべて……消去する。我の前に……立ちふさがる、者は……





            ――――――すべて、撃ち貫くのみ――――――







【キョウスケ・ナンブ  搭乗機体:ゲシュペンストMkⅢ(スーパーロボット大戦 OG2)
 パイロット状況:ノイ・レジセイアの欠片が憑依、アインスト化 。DG細胞感染
 機体状況:アインスト化。
 現在位置:G-6基地跡地
 第一行動方針:すべての存在を撃ち貫く
 第二行動方針:――――――――――――――――――――カミーユ、俺を……。
 最終行動方針:???
 備考1:機体・パイロットともにアインスト化。
 備考2:ゲシュペンストMkⅢの基本武装はアルトアイゼンとほぼ同一。
      ただしアインスト化したため全般的にスペックアップ・強力な自己再生能力が付与。
       ビルトファルケンがベースのため飛行可能(TBSの使用は不可)。
      実弾装備はアインストの生体部品で生成可能。
      胸部中央に赤い宝玉が出現】

【アルフィミィ  搭乗機体:デビルガンダム(機動武闘伝Gガンダム)
 パイロット状況:良好  軽い混乱
 機体状況:良好
 現在位置:ネビーイーム
 第一行動方針:バトルロワイアルの進行
 最終行動方針:バトルロワイアルの完遂】




BACK NEXT
風と雷 投下順 生き残る罪
選択のない選択肢 SIDE:A
選択のない選択肢 SIDE:B
時系列順 適材適所

BACK 登場キャラ NEXT
家路の幻像 ユーゼス 最後まで掴みたいもの
家路の幻像 アキト 最後まで掴みたいもの
家路の幻像 カミーユ 獲物の旅
家路の幻像 キョウスケ 生き残る罪
家路の幻像 バーニィ
古よりの監査者 アルフィミィ 揺れる心の錬金術師
古よりの監査者 ノイ・レジセイア


|