変わりゆくもの ◆YYVYMNVZTk




医務室へとてくてくと歩いていくのはガロードだ。
甲児とブンドルが基地へ向かったということを比瑪に伝え、返ってきたのは「甲児ったら何やってるのかしら!」と、怒りと呆れの同居した声。
比瑪が言うには、甲児は筆記用具を求めて医務室を飛び出していったらしい。
何故に筆記用具? という疑問には、ずっと気絶していた男が起きて、どうやら負傷で喋れなくなっているようだったので意思伝達の術として、という答え。
そういえば甲児が医務室へと向かったのは、比瑪の助けを聞いたからだったなと合点。
比瑪は甲児の代わりにどちらかにペンと紙を持ってきてほしいと頼んだ。
シャギアとガロードは、どちらからともなく顔を見合せ、視線で互いの考えを伝える。

ガロードとしては、極端な話ではあるが、四六時中シャギアを見張っておきたいとまで考えている。
たとえそれが艦内の移動であったとしても、出来ることならば常に視界の中に入れておきたい。
かつて、世界を破滅で満たそうとしていた兄弟――その片割れ、シャギア=フロスト。
彼自身に多大な力があったわけではない。世界を動かす権力も、支配する武力も、当然の如く財力もだ。
世界を変えるという目的と比べると――彼らは、あくまで『個人』に過ぎない存在だったのだ。
だがしかし、彼らは――その、まるで中学生が考えたかのような夢物語を、現実のものにする『能力』を持っていた。
紛い物と称されるカテゴリーFの力ではない。彼らの真価は、巧妙に世界を動かす力に介入する、暗躍する力。
おそらくは――フリーデン、ティファ=アディール、ガロード=ランという、彼らにとってのイレギュラーさえなければ――事は成っていただろう。
目を離しているうちに、何をしてしまうのか分からない。ガロードがフロスト兄弟が戦ったのは、MS戦という戦争を構成する一面に過ぎない。
だが、手を変え品を変えフリーデンを追い詰めてきたシャギアの実力は、誰よりもガロードが良く知っているのだ。
だから――ここで、どちらが医務室へ向かうのか、或いはどちらも行くのか、或いは比瑪に取りに来させるのか。
ガロードが選んだのは、自らが医務室へ向かうという選択肢。
シャギアを一人にするのは望むところではないが、シャギアを医務室へ向かわせ比瑪たちに良からぬことを吹き込まれたり、皆が医務室に固まっているときに襲撃を受け、反撃が遅れるというような羽目になるよりはマシだと考える。
比瑪をこちらに来させるというのは、寝ているだろうクインシィと素性の知れない男を二人きりにするということで、これもまったく良くない。
結果――紙とペンとを手に持ち、ガロードは医務室へと向かっている。

ふぅ、とシャギアは一人息をつく。
ガロードは、やはり私たち兄弟の最大の障害となる男だと、そう再確認した対面であった。
とはいえ――自分たちのことを良く知っているからこそ、ガロードは自分たちの仲間となれる存在だと言えるだろう。
ガロードの疑念は、全て自分たちの世界――六度の大戦を経た、あの宇宙での諍いから来るものである。
確かにシャギアたちとガロードの属するフリーデンは、幾度となく戦闘を繰り返してきた。
だがそれは、互いの目的が異なるものだったからであり、互いの目的が、脱出という点で一致しているこの場所でまでガロードと戦い続ける理由はない。
ガロードもそれは理解しているだろう。フロスト兄弟は、結果を求めるためならば手段を選ばない――そんな悪役のイメージで固定されているに違いないだろうから。
ならば、ガロードは自分たちと手を組むことが出来る――仲間になれる。
シャギアは、「脱出」というプランについて、こう考える。
たとえ首輪から解き放たれ、この空間から抜け出せたとしても、それは「脱出」ではない。
自分たちがこの場所に召喚されたとき――抵抗出来たか? 出来なかった。
知覚する間もなく、気づけば首輪をはめられ、そして放り出された。
逃げ出しても再び捕まる可能性は決して低くない。ならば、憂いは断っておかなければならない。

あの化け物を倒す。真の意味で「脱出」を成すためには、それが必要だ。

そのためには、更なる力――仲間が必要だ。
そういえばと、シャギアは時計を見る。
オルバから最後の通信があってから、ある程度の時間が経っている。
そろそろ基地へ着いた頃だろうか。
聞けば、オルバは未だテニアを始末していないらしい。
その理由までは聞いてはいないが――オルバには些か感情的なところがある。
恐らくは、テニアの言葉か何かがオルバを刺激したのだろう。始末するのは、十分に痛めつけてからということだろうか。
シャギアはオルバのことを信頼しており、オルバもまた、それに足るだけの能力は持っている。
だが、その感情的すぎる面は、いずれ弟の命取りになるのではないだろうかと、シャギアは密かに危惧していた。
テニアが相手ならば後れを取ることはないだろうが――いずれ修正せねばならない悪癖だな、と思う。
時計の針は9時15分を指している。
シャギアがオルバの最後の声を聞くのは――この数分後。

 ◇

「あ、ようやく来たのね」
「紙とペンと、これで大丈夫か?」
「うん、ありがと。さ、どうぞ」

ガロードが医務室に到着し、筆記用具を手渡し――ようやく、バサラは自分の意思を伝える術を得る。
伝えたいことは山のようにある。多すぎて、逆に何から伝えればいいのか分からないほどに。
落ち着いて、ゆっくりと書き出していく。まずは自分の名前から。

『助けてくれてありがとな。俺の名前は熱気バサラ』
「バサラ……か。身体のほうは大丈夫なのか?」
『声が出ないこと以外は大丈夫』
「なら、あとはゆっくり治せばいいのね。……のど飴とかあるかしら?」

のど飴で治りはしないだろうと、呑気な比瑪の声に思わず苦笑が漏れるが、その笑いもすぐに消える。
自分の声は、再び元通りになってくれるのだろうか?
そもそも、どうして声が出なくなったのか――気絶する直前に何があったのか、それを思い出す。
そうだ。俺は、コスモのために歌を歌って、それから白い機体に撃たれて――

『コスモという名前の男は?』

ガロードと比瑪は顔を見合わせる。
二人はコスモという名前の男を知らない。だが、どこかで聞いた覚えのある名前なのだ。
つい先ほどまで会ったこともない二人が、共通して知る名前といえば――放送で呼ばれた名前に他ならない。
どう切り出せばいいのか戸惑う二人の様子を見たバサラは、コスモが死んだという事実を知る。

『カテジナという女は?』

それもまた、同じ反応。

『アスラン』

駄目だった。

つまり、この殺し合いが始まってから出来た、数少ないバサラの知人は――すべて死んでしまっている。
自分がほんの十数時間ほど寝ている間に、みんないなくなってしまった。
あまりにも実感がなく――だがそれは、きっと事実なのだろう。
二人がかけてくれる慰めの言葉も空空しく聞こえ、何をすればいいのか、何をしたかったのか、頭の中が空っぽになる。
怒りでも悲しみでもなく、占めるのは喪失感。
進むべき道――自分の歌で殺し合いを止めるという選択も、今は選べない。
起きてしまえば浦島太郎。ただただ途方に暮れることしか出来ない。

『俺はどうしたらいい?』

定まらない不安が文字になる。
自主性を捨て他人に身を任せる気楽さに逃げたくなる。
彼本来の性格からすれば、考えられないような行為。
だが――熱気バサラを構成する、もっとも重要なファクターが、歌が、現在の彼からは失われている。
バトルロワイアルという異質な空間において、その負の影響を最も受けた人間であるとも言えよう。
快活さも闘志も失われてしまった瞳を眼前の少女へと向ける。
目を覚ましたその時から、バサラへと優しい態度と言葉を施してくれた少女、宇都宮比瑪。
比瑪ならば――バサラに、道を示してくれるのではないだろうか。
その考え自体がバサラの中の迷いであるということに気付かず、縋るように見つめる。
だが、比瑪の持つ優しさは――相手が望む行動を無条件に行うような、思考停止の愛ではなく。

「私が教えるのは簡単だよ。でも、本当にそれでいいの?
 君がやりたいことを私が決めるのは……違うよね。たとえ今どんなに辛くても、それは人に任せちゃいけないことだと思うんだ」
『だけど』
「ゆっくりでいいから。今は大変だろうけど、大丈夫だよ。私たちがついてるんだからさ!」
『歌も歌えない。何も出来ない俺がここにいてもいいのか?』
「いいんだよ。今は何もできなくても、きっと君にしか出来ないことがあるはずだから。
 だから、今はその喉を治すことから考えよう! 私も君の歌、聞きたいしね」

そう言って笑う比瑪。
彼女の持つ優しさとは、いつも前へ進もうとするものだ。
今のバサラに足りない部分を補ってくれるものだ。
言われて初めて、熱気バサラが失ってしまったものは声だけではないと気づくことが出来た。
そうだ。
こんな逆境に立たされて――ただ状況に流されて不貞腐れているだけな熱気バサラなど、熱気バサラではない。
こんな時にファイトを燃え上がらせてこその熱気バサラなのだ。
声がいつ戻るのか、バサラ自身にも分からない。
分からないことは考えても無駄なのでやめ。どうにも出来ないことは悩まない。
今は出来ることをやる。
そう考えることが出来るようになっただけで、自分が自分を取り戻せたという実感が湧く。

『ありがとな』

湧きあがる感謝の念は言葉として返す。
出来るのならば歌の一つでも歌いたいところだが――出来ないのならばしょうがないのだろう。
歌えないということをしょうがないの一言で済ませることが出来るようになるとは思ってもいなかったなと、少しばかり苦笑い。
それも、こう考えよう。
熱気バサラは、この苦境をバネに、さらに成長すると。
歌えなくなったことで、歌うという行為がどういうものなのか、どれだけ自分の中で大きな存在だったかを、改めて確認することが出来たのだと。

『寝てる間に汗をかいちまった。シャワー借りてもいいか?』
「もちろん! 一人で行けるかしら? ついていこうか?」
『さすがに一人で大丈夫だ』

そう書いて、比瑪と顔を見合わせて笑う。
まずは一つずつ出来ることを。
座っていたベッドから立ち上がり、大きく伸び。
比瑪にシャワー室の場所だけ聞き、医務室から出ていく。
歩きながら考えた。これから――自分は、何をすればいいのか。
比瑪はゆっくりと考えればいいと言ってくれたが、悠長なことは言ってられない状況だということは、バサラとて分かっている。
だからといって、初志を曲げるつもりもなかった。
あくまでバサラが目指すのは、己の歌で争いを止めること。
シャワー室の扉を開け、更衣室に入るやいなや汗のしみ込んだ服を脱ぎだす。
思いきりひねるとノズルから心地よい熱さの湯が勢いよく飛び出してきてバサラの身体を濡らしていく。
汗と一緒に、身体の中に溜まっていた不純物が流れ出ていくような感覚。
全身がクリアになる。すっきりとしたところで、今度はシャワーノズルを喉にあてる。
ゆっくりと喉を温めていく。必要以上の刺激は与えずに、丁寧に。
まず、バサラがしなければならないこと――それは当然、自分の声を取り戻すことだ。
喉を震わせるために大きく息を吸い、一旦肺に留める。
大丈夫だ。今までさんざんやってきたことだ。それこそ、呼吸するかのように、自然に。
やり方は体が覚えているはずなんだから、何も気負う必要はないんだと自分に言い聞かせる。
呼気が喉の奥から吐き出される。それが声帯を震わそうとするも――音の代わりに生じたのは、疼痛にも似た痺れ。
やはり、自分の声が元に戻ることはないのか? 一瞬、そんな不安に駆られる。
ぶんぶんと首を振り、嫌な考えを頭の中から追い出す。ここで止まってしまえば、さっきまでの自分と何も変わりはしない。
今度はさっきよりも小さな音になろうとも、繊細に、そして声を取り戻すという強い意志を込めて。

「……ぅ、あ……おれ、のうたを……」

――出せた。
今まで出そうとしても、意味のない音にしかならなかった自分の声が、再び自分のコントロール下に帰ってきた。
歌が、帰ってくる。
そのことがこの上なく嬉しく――頬を伝わる水滴が、少しだけ量を増していたのはバサラだけの秘密だ。

 ◇

「大丈夫かな、あいつ」
「大丈夫だよ、きっと」
バサラの去った医務室で、ガロードと比瑪はそんな話をする。
「バサラって……うん、ちょっとしか話してないけど、本当は頑張れる人だと思うもの。私たちはその手助けをするだけで十分さ」
「ふぅん……そっか、比瑪はあいつのこと、よく見えてるんだな。それに比べて、俺は……シャギアがどんな奴だったのか、よく分からなくなっちゃたんだ」

へへへ、と苦笑交じりに頭をかくガロード。
無理もないことだ。今のシャギアは、ガロードの知るシャギアとは大いに異なる。
時折見せる感情的な面は、確かにガロードたちと敵対したシャギア=フロストのもの。
しかし甲児たちとベタな漫才をするシャギアというものは――少なくとも、ガロードには想像できないものだった。

「ガロードがシャギアさんのことをよく知らなかったってこと? それとも、シャギアさんが変わっちゃったってこと?」
「それも分かんないな。元々、俺たちはそんなに仲が良かったわけじゃないし。俺が誤解してたのかもしれないし、比瑪たちがシャギアを変えたのかもしれない」
「私たちの前では、最初からあんな感じだったよ?」
「そうなのか。……じゃあやっぱり、俺が知らなかったのかもしれないな」

勿論、先ほど見せたニュータイプの呪縛から逃げ出せないシャギアを許すことはできない。
だが――本当は、その一点を除けば、フロスト兄弟と自分たちが敵対することはなかったのではないだろうか。
フロスト兄弟は悪である。その認識そのものが間違っていたのかもしれないと、今は自然とそう思える。
例えば、ティファが世界から拒絶され、迫害されるようなことになってしまえば――ガロードは、世界と戦うことに戸惑いはないだろう。
フロスト兄弟のそれも、同じような理由であるのかもしれない。どうすればいいのか分からず、戦う以外の道を選べなかったのかもしれない。
ならば、フロスト兄弟もまた、犠牲者なのだ。無為な争いのために運命を捻じ曲げられただけの。
しかし、それでも――フロスト兄弟の取った道は間違っている。それだけは正さなければいけない。

「ねぇ、ガロードは、依衣子さんと上手くやれてる?」

思考を遮る突然の質問に面食らう。
依衣子って誰だっけと一瞬戸惑うも、そういえばお姉さんの名前だとか比瑪が話してたなぁということを思い出す。
果たして自分とクインシィは上手くやれていると言えるんだろうか?
思い返してみると……毛布で縛られたり、ことあるごとに怒鳴られている記憶しか出てこないあたり、ガロードとクインシィの関係を物語っているような気もする。
だけど……クインシィが食べさせてくれたシチューは美味しかったし、お姉さんだって俺のことを信用してくれると言ってくれた。

「ま、まぁ仲良くやれてるとは思うけど……いきなり何なんだよ?」
「ん、ちょっとね。私、依衣子さんのこと知ってはいるけど……分かってはないんだよなぁって思ってさ」
「俺にとってのシャギアみたいだってことか?」
「そうなのかも。私の元からの仲間に、勇ってのがいるんだけど、依衣子さんは勇のお姉さんなのよね」
「ああ、それは聞いたな。お姉さんは勇を探してるって」
「勇がここにいるのかどうか、まだ分かんないけどさ。とにかく、私と依衣子さんの繋がりって、勇を通してでしかなくって……
 戦ったこともあるけど、それだけじゃ相手のことを分かることって難しいじゃない?」

ドキリとした。
戦うだけで相手のことを分かったつもりになる――自分がフロスト兄弟に対してしてきたことと、大して変わらないじゃないかと。

「だな。それだけじゃ分かんないってこと、俺も気づいた。……勇ってやつからは、お姉さんの話とか聞かなかったのかい?」
「勇はね、お姉さんのことだけじゃなくって、家族のことを話すのが好きじゃなかったから。一人だけオルファンを出て、オルファンと戦おうとしていたんだから」
「そっか……難しいなぁ」
「もっと仲良くしてほしいなぁと思うんだけどね。それでさ、勇には聞けなかったから、ガロードに聞こうかなって」
「俺がお姉さんのことを話すって?」
「うん。依衣子さんが起きてれば直接話すんだけど、起こしてしまうのも悪いじゃない。だからお願い」

なら仕方ないなと、ガロードはクインシィとの出会いから今までを話しだす。
時に冗談交じりに、時に真剣に語られるガロードの話を聞いていると、依衣子とガロードが良好な関係を築けているということが良く分かる。
私も依衣子さんと仲良くできたらなぁと、そんなことを思う。
気づけば結構な時間が過ぎている。時計を見てみると、針は10時を少し過ぎた頃を指していた。
今頃、テニアとオルバさんもどこかで誰かと仲良くなれていればいいなぁと、そんなことも考える比瑪だった。

 ◇

――助けて、兄さん

続いて襲いかかる、言い表しようのない虚無感。
返事をしろと何度念を送ろうとも、返ってくる念は永久に訪れない。
何故か。理由など、理解している。
だが、たとえ頭では分かっていても、心は納得してくれない。
更に強く念を送る。強く、もっと強く。

「応えろ……応えろオルバッ!」

声を張り上げいくら呼ぼうとも、既に意味など有りはしないのだと認めたくない。
心が必死に否定するそれを――しかし、聡明なシャギアの論理は、それは紛れもなく一つの事実なのだと受け止めている。

亡くしてしまったのだ。己の半身を。
病めるときも健やかなるときも、晴れの日も雨の日も、夏も冬も、常に共に在った唯一無二の存在を。

空虚が心を支配する。はははと、乾いた笑いがこぼれる。
身を引き裂かれるような痛みは、幻想などではない。
伝わるのだ。オルバから。
どれだけ辛く、寂しく、絶望したまま死んでいったのか――伝わってしまうのだ。

逝ってしまったオルバのために――自分が出来ることは、なんなのだろうか。




オルバを――生き返らせる。

当然のように考えたのは、それだった。
異形の甘言を受け、それに乗りかかる。優勝し、願いは勿論「オルバ=フロストを生き返らせる」だ。
冷静に考える。
今現在、シャギアはナデシコの全権を保持しているといっても過言ではない。
本来の艦長であった甲児はナデシコを離れた。ナデシコの力は、おそらくはこの場においてトップクラスのものだ。
この力を有用すれば――勝ち残りは、決して夢物語ではない。
ポイントとなるのは、同じく強力な戦力であるJアークとの交渉だろう。
オルバから伝わった情報。それは、交渉人ロジャー=スミスがナデシコとJアークの話し合いの場を設けるために奔走しているというものだ。
そして、その場所に出来る限りの反抗者たちを集め、結束の場にするつもりだということも聞いている。
もしJアークを中心に徒党を組まれてしまえば、ナデシコだけでは突破することも難しい。
だが――その会合の場において、ナデシコが決定的な裏切りをしてしまえば?
その場でJアークを奇襲で落とし――あとは、散り散りになるであろう他参加者を各個撃破していく。
目下の邪魔は、ナデシコに居座るガロードだが――チャンスならばいくらでもある。

だが……あの怪物が、素直に約束を守るだろうか?
願いを一つ叶えるなど、そんな不確定なものに踊らされるのは、シャギア=フロストの為すことではない。
更に言うならば、最後の一人になれたところで、無事に元の世界へ帰れるという保証さえないのだ。
ならばこのまま対主催の立場を貫くほうが、利口ではないだろうか?

理屈では、前者を選ぶべきだと分かっている。
だがそれでも決められない。何故か、心のどこかに引っかかる部分があるのだ。
どうしてこんな時に、甲児君の顔が思い浮かんでくるのか。
比瑪君が手渡してくれた御飯茶碗を思い出すのか。
何故、どうして。戸惑いは増していく。

そもそも――シャギアは、気づいていない。
いつの間にか自分が甲児たちのことを「駒」ではなく、「仲間」と呼び始めていたことに。
演技だけでなく、本当に自分が変わり始めていたということに気付かないままに――シャギアは一人、生まれて初めての孤独を感じていた。



【シャギア・フロスト 搭乗機体:ヴァイクラン(第三次スーパーロボット大戦α)
 パイロット状態:深い喪失感、孤独
 機体状態:EN55%、各部に損傷
 現在位置:B-1東部(ナデシコブリッジ)
 第一行動方針:首輪の解析を試みる
 第二行動方針:比瑪と甲児・ガロードを利用し、使える人材を集める
 第三行動方針:意に沿わぬ人間は排除
 最終行動方針:???
 備考1:首輪を所持】

【ガロード・ラン 搭乗機体:なし
 パイロット状態:全身鞭打ち・頭にたんこぶその他打ち身多数。
 機体状況:なし
 現在位置:B-1東部(ナデシコ医務室)
 第一行動方針:シャギアを見張る
 第二行動方針:勇、及びその手がかりの捜索
 最終行動方針:ティファの元に生還】

【宇都宮比瑪 搭乗機体:ナデシコ(機動戦艦ナデシコ)
 パイロット状態:良好、ナデシコの通信士
 機体状態:EN100%、ミサイル90%消耗
 現在位置:B-1東部(ナデシコ医務室)
 第一行動方針:甲児・フロスト兄弟に同行
 最終行動方針:主催者と話し合う
 備考1:ナデシコの格納庫にプロトガーランドとぺガスを収容
 備考2:ナデシコ甲板に旧ザク・真ゲッター・ヴァイクラン係留中】

【熱気バサラ 搭乗機体 プロトガーランド(メガゾーン23)
 パイロット状況:神経圧迫により発声に多大の影響あり
 機体状況:MS形態
      落ちたショックとマシンキャノンの攻撃により、故障
 現在位置:B-1東部(ナデシコシャワー室)
 第一行動方針:自分の歌を取り戻す
 最終行動方針:自分の歌でゲームをやめさせる
 備考:自分の声が出なくなったことに気付きました】

【クインシィ・イッサー 搭乗機体:真ゲッター2(真(チェンジ)ゲッターロボ~世界最後の日)
 パイロット状態:気絶中
 機体状態: ダメージ蓄積(小)、胸に裂傷(小)、ジャガー号のコックピット破損(中)※共に再生中
 現在位置:B-1東部(ナデシコ医務室)
 第一行動方針:勇の捜索と撃破
 第二行動方針:勇がここ(会場内)にいないのならガロードと協力して脱出を目指す
 最終行動方針:勇を殺して自分の幸せを取り戻す】

【パイロットなし 搭乗機体:ぺガス(宇宙の騎士テッカマンブレード)
 パイロット状態:パイロットなし
 機体状態:良好、現在ナデシコの格納庫に収容されている
 現在位置:B-1東部(ナデシコ格納庫内)】

【旧ザク(機動戦士ガンダム)
 パイロット状態:パイロットなし
 機体状態:良好
 現在位置:B-1東部(ナデシコ甲板) 】

【二日目10:30】




BACK NEXT
揺れる心の錬金術師 投下順 交錯線
獲物の旅 時系列順 交錯線

BACK NEXT
判り合える心も 判り合えない心も シャギア Lonely Soldier Boys &girls
判り合える心も 判り合えない心も 比瑪 Lonely Soldier Boys &girls
判り合える心も 判り合えない心も バサラ Lonely Soldier Boys &girls
判り合える心も 判り合えない心も ガロード Lonely Soldier Boys &girls
判り合える心も 判り合えない心も クインシィ Lonely Soldier Boys &girls



|