※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

――こんなんで死ぬもんかっ! 私は! ■■と幸せになるんだぁぁああああああっっっ!!――

虫のいい話だったのはわかってる。
俺もテニアも、ここでたくさんの人を傷付けてきた。
Jアークの奴らが俺やテニアを人殺しだって憎むのは当然だよな。それだけの事をしてきた。
俺があいつらの立場でもそうする。


――良かった……会えて、本当に良かった……!――


でも、俺とテニアは出会ってしまった。
ここで、カティアもメルアもいない殺し合いの世界で、俺達だけが。


――アタシ信じてたからさ。■■が助けに来てくれるって――

テニアは俺を信じるって言ってくれたよな。
俺も、テニアを信じようって……お前が何をしてきたか知っても、それでもお前を守ろうと思ったんだ。


――……■■、何だか印象、変わったんじゃない?――

既に一人、殺してるからな。そりゃ色んなものが変わったと思う。
きっと俺はあの女の人を忘れる事は出来ないだろう。この先何十年生きれるとしても、絶対に。
でも後悔はなかった。あの時ああしなきゃ俺は死んでたかもしれない。
そしたらテニア、お前に再会する事も出来なかったはずだから。


――またこうして■■と話せるなんて夢なんじゃないかっておもっちゃうくらい――

ああ、俺もそう思った。
一人で生きていく決意なんて脆いもんだよな。お前が隣にいる、それだけですごく幸せだったんだ。


――ねぇ、■■……アタシもさ、■■と一緒に生きたい。生き延びたい。もっと二人で色んなことしたい――


俺もだよ、テニア。
俺もずっと、お前と一緒に生きていきたい……それだけでいいんだ。他には何も望まない。


――ねぇ■■、もっと強く抱きしめてよ。何もかも忘れちゃうくらいに、強く……――

ああ……わかってる。
もう離さない……俺は絶対に、お前を一人にはしないよ。


――……、■■……ッ――

え? 何て言ったんだよ、聞こえないぞ。
テニア。おい、テニア?

「……」

え?


「……や」

何だって……聞こえないよ。


「……うや」

もうちょっと、大きな声で言ってくれ。


「統夜」

統夜……ああ、そうか。
俺の名前だ。誰かが俺を呼んでるのか。







「夢は、見れたか?」
「……ああ」

なんだ、俺を呼んでたのはこいつかよ。最悪の気分だ。
俺はゆっくりと身を起こした。
頭がガンガンする。脳が痛いってこういう事なのか? いや……血も出てるじゃないか。

「呑気なもんだな、お前はよ。せっかく火が点いたかと思えばコテンと寝ちまいやがって。ダンスの相手を待たせるなんざ、男の風上にも置けねえぜ」
「そりゃ、悪かったな。別に俺を待たなくても、あんたのお相手は他にいくらでもいたんじゃないのか?」
「俺はお前を指名したんだぜ? 今さら他の奴に鞍替えするほど俺は尻軽じゃねえよ」

ああそうかよ、と込み上げてきた血を唾と一緒に吐き出した。
ヴァイサーガの身を起こす。ダイゼンガーは悠然と腕を廃ビルに座り込んで待っていた。

「どうだ? 少しは頭が冷えたか?」
「お陰様でね。頭に昇ってた血が程よく抜けて、スッキリした。でも、起きてすぐあんたの声を聞いて、気分悪くなったかも」
「そりゃ済まねえな。あいにく俺はテニアの嬢ちゃんじゃねえんだ、我慢しな」

テニア――そうか、テニアの夢を見たんだ。
そのおかげかもしれない。
先程まで見えていなかった周りの地形や俺とガウルンの機体の状態、すごくよくわかる。
さっきまで頭の中いっぱいに広がっていた怒りも、今は鳴りを潜めている。
でも消えてなくなった訳じゃない。
多分だけど、火は赤い部分よりも青い部分の方が実は温度が高いように、俺の一番奥の部分で今も燻っているのだろう。
高温の炭のように、パチパチと。触れたもの全てを焼き尽くす、灼熱のマグマになって。

「俺はどれくらい寝てたんだ?」
「そうだな……30分ってなところだ」
「そんなに? やっぱり、疲れてたんだな」

呑気に言ってはみたものの、俺の身体中あらゆるところが悲鳴を上げてる。
ヴァイサーガもほぼ全身にダメージを受けて機能停止寸前だ。くそっ、少しは手加減しろよ。
それに、何か向こうで大変な事が起こったらしい。空に大穴が空いている。
宇宙。そう、紅い宇宙が見える。あれはもしかしてこの世界の外側なんだろうか。
星のない宇宙なんて初めて見たな。オーロラ、のような光が代わりに波打ってる。
きれいだな――ヴァイサーガの足を半歩だけ弾いた。自然、ヴァイサーガの身体も半歩分だけ後ろに引っ張られる。
轟、とダイゼンガーの剣がヴァイサーガの頭があった位置を通り過ぎて行った。
一瞬遅ければ首から上は無くなっていたかもしれない。

「お? よく避けたな」
「ガウルン、あんたどこか悪いのか? 踏み込みが足りないぞ」

落ち着いてよく見ればすぐにわかる事だった。
ダイレクト・モーション・リンク――とか言ったっけ。ダイゼンガーの操縦システムは操縦者の動きをトレースする物らしい。
生身でも一流の傭兵であるガウルンにはまさにぴったりのシステムだ。
でもそれは、逆に言えば操縦者の不調をも完璧に表現してしまうシステムでもある。
足を踏み込んだり、剣を振り回したり。
ダイゼンガーが大きな動きをする時、必ずそこに一瞬の停滞が生まれている。
さっきまでの俺は攻めることしか考えてなかったからわからなかった。
ガウルンは、自分から動かずに俺のカウンターを取る事しかしてこなかったって事に。

「何だぁ、やっと気付いたのかよ。言ったろうが、俺は棺桶に片足突っ込んでるようなもんだってよ。
 なのにお前と来たらアホみたいに突っ込んで来るばかりでちっとも隙を突こうとしねえ。舐められてるのかと思ったぜ」
「病人は労わるものだろ」
「抜かせ。で……統夜よ、わかってるだろ?」
「ああ」

そう、わかってる。
俺もガウルンももう限界だ。
ダイゼンガーがあの態勢だったってのはつまり、ガウルンも同じく座り込んでたって事だ。
もう立ってるのも辛いんだろう。現にその剣を握る腕は小刻みに震えている。

俺は身体は大丈夫でもヴァイサーガがいつ止まるか分からない。
ガウルンは機体は大丈夫だが、本人がアウト。
そう――どうなるにせよ、次が最後だ。

「あーあ、お前が眠ったりしなきゃもっと楽しめたのによ。」
「悪かったよ。お詫びに――最後くらい、弟子の成長を師匠に教えてやるさ」
「ハハッ、言うじゃねえか。よし、やるか」

ダイゼンガーが調子を確かめるように二、三度剣を振るう。
俺もヴァイサーガを後方へと下がらせ、助走の距離を取った。
対峙するのはもう何度目かもわからない。
戦場の師、背中を預けた戦友、愛する女の仇。いくつもの顔を持つ男。
俺の前に現れた、高くて遠い壁。
越えて行かなきゃ――叩き壊さなければ進めない。


朱に染まる世界の中で騎士と武者が剣を構えて向き合っているこの光景は、中々様になってるんじゃないだろうか。


俺の頭の中から全ての音が消えていく。
体中の痛みも、ガウルンへの憎しみも、テニアへの想いも、今この瞬間だけはゼロになる。
視界は狭まり、ダイゼンガーだけを捉えそれ以外は意識的に消していく。
ダイゼンガーが剣を大上段に構える。身長差、リーチ差から考えてもそれが最善の一撃だろうと思う。
俺は、あえてその誘いに乗る。
だらんと腕を下ろした自然体。構えも何もない。

「統夜。言っとくが、今のままじゃ俺には勝てねえぞ? 速く当てるだけじゃダイゼンガーの装甲は貫けねえ」
「わかってるよ。俺が今から見せるのは、ただの光刃閃じゃない。
 あんたから教わった事、戦いの中で俺が見出したもの、そして俺自身――全部、あんたにぶつけてやる」
「……そうかい。なら俺も手加減なしだ」
「そう言えば、一つ聞きたい事があったんだ」
「あん? いいぜ、大サービスだ。何でも答えてやるよ」
「ガウルン、ってどういう意味なんだ?」
「ん……そんな事か。ただの偽名だよ。漢字で書くと九つの龍だ」
「九つの龍……怖い名前だ。あんたにはぴったりだな」
「そりゃどうも。さて――もう、いいか?」
「ああ。終わりにしよう……ガウルン」

その言葉を境に俺とガウルンの間の空気が張り詰める。
ここから先に必要な物は言葉ではなく、剣だ。

ガウルンの言ったとおり、正面からでは光刃閃といえどもダイゼンガーを両断する事は出来ないだろう。
装甲の強度もあるが、あのガウルンが身体に欠陥を抱えているからと言ってみすみす直撃を許すはずもない。
勘だが、ガウルンは剣で勝負してくるだろう。
正々堂々なんて言うやつじゃないが、武装に頼って勝つなんてやり方じゃ面白くない。あいつはそう思ってる、と俺は思う。
自分から攻め込めないガウルンの打つ手は、飛び込んできた俺が刃を振り切る前に斬る――あるいは同時でもいいか。
先がないガウルンにとって引き分けも勝利の内だ。でも、俺はそうはいかない。
ガウルンを倒し、かつ生き残らなければいけない。そのために必要なのは。

今までの戦いを思い起こす。
ギンガナムに追われた時。誰に狙われるかわからないこの場で大はしゃぎで名乗りを上げ、凄まじい存在感を見せつけられた。
湖でアキトって奴と戦った時。俺は機体を過信して突っ込み、手痛い反撃を喰らった。
市街地で白いガロードと戦った時。向こうはヴァイサーガの半分くらいのサイズでしかも素手だったのに、手数で圧倒されたっけ。
そして白いドリル付きと、さっきまで戦ってた鳥型に変形する機体。
両方ともすごい速さだった。しかもあのスピードを完全に制御していて、振り回されてもいない。

その戦いの全てが、今の俺に必要な動き。
ダイゼンガーに力で劣るヴァイサーガの唯一の武器、スピードを最大限に活かす動き。
理想の動き。その辿る道筋が、今の俺にははっきりと見える。
頭の中に浮かんだモーションを、ダイレクト・フィードバック・システムが忠実に拾い上げ実行へと移す。
最初にして最後の一歩を、踏み出した。

「ヴァイサーガ、フルドライブ……ッ!」
「来な、統夜! テニアの仇を取って見せろ!」

烈風の如く叩き付けられるガウルンの闘気。
対抗するんじゃない――受け流す、風に揺れる木の葉のように。気配の出所を読まれないために。
そのまま無造作にダイゼンガーへと歩みを進める。

一歩。
二歩。
三歩。
四歩――そして十歩目。もうここはダイゼンガーの間合い。

俺が何かを企んでるとガウルンはわかっていただろう。それでも、師は真っ向から剣を振り下ろしてきた――俺に付き合ってくれた。
今にも俺を容易く肉の塊に変える鉄塊が降って来るとわかっていても、怖くはない。
散々ガウルンに教えられたから。恐怖を飼い慣らし、制御する事は。

白銀の輝きがヴァイサーガを頭から断ち割る。

ヴァイサーガの……瞬間的に後方へステップを踏み、そして同じく一瞬で元の位置に戻ったヴァイサーガの残像を。

剣を振り切ったダイゼンガー。隙だらけだ。

ダイゼンガーとヴァイサーガが顔を突き合わせた。
ガウルンは――多分だけど、笑ってるだろう。

剣が振り上げられる前に。

ヴァイサーガが再び一歩下がり、瞬時にその一歩をもう一度踏み込む。
一瞬の加速。ゼロからトップスピードへ。
イメージするのは白いドリル付きと変形する機体。あのスピードを超える――!





その瞬間、世界が止まった気がした。

腕を上げようとするダイゼンガーのその動きが止まって見える。

風の音が止み、周りの全てを知覚するような感覚。

永遠に感じられるような一瞬の中で俺は走った。



――――――――斬。



ダイゼンガーが剣を振り下ろしてから時間にして二秒くらい。
俺は……

「……ク、ククッ。よくやっ……たな、統夜。それで……いい、んだ」

振り向く。
そこにいるダイゼンガーは先程と何ら変わりなく健在。

「今のが……お前の、奥の手……か?」
「ああ。合格かい?」
「文句ねえな……ばっちり、だ」
「それは……良かった」

ダイゼンガーの右腕が落ちた。
同時に左腕、頭部。
左足が崩れ、右足も同様に。
ダイゼンガーの巨体が地に倒れ伏す。

「何回……、斬った?」
「九回だよ」
「ハハッ……狙ったのか? 『ガウルン』……九つの、龍だからっ……てよ」
「偶然だよ。あれが俺の精一杯だ」
「そう、かい。九体の分身が……瞬間、同時に斬り付ける。見事なもんだ……一歩も動け……なかったぜ。
 名前を……っは、付けるとしちゃあ……さしずめ九頭龍――九頭龍光刃閃、って、ところ……か」
「九頭龍光刃閃……いい名前だ。覚えておくよ、ガウルン」
「悪くねえ……死に様だ。ああ、最期に……いい、もんが……見れた」

満足がいったというような、ガウルンの声。
バラバラになったダイゼンガーのパーツが、今頃になって爆発しだした。
腕、足、頭部、そしてついにコクピットのある胴体が――



「楽し……かった……ぜ。じゃあな……と……や」



砕け散った。
俺を鍛え、踏み付け、弄び、大事な人を奪い嘲笑った男の命が消え去ったのだ。

でも――見届けた俺の胸には感慨も何もない。
おかしいな。テニアの仇を討ったのに。
俺はそれだけ、それだけあの男を心のどこかで認めていたのだろうか?
わからない。もう、答えを教えてくれる奴はいない。
テニアも、ガウルンも、もういない――。

「でも、やらなきゃいけない事だけは……わかる」

ガウルンの残したダイゼンガーの剣を拾う。
一人になった今、俺にできる事は。

決まっている。


戦うんだ。



テニアを生き返らせるために。

生き残ってる奴、みんな殺すんだ。

ガウルンの言ったとおり、何も考えずこの心がそうと感じるままに剣を振るう。

誰が相手だって構わない。赦されないってわかってる、でもそれがどうしたって言うんだ。

テニアが生き返る――その結果さえあればいい。

だから、だから俺は――



「待ってろ、テニア。すぐに会える……すぐに、起こしてやるからな」



暗い決意だけを胸に、空の大穴、その真下へと駆けだそうとして――唐突に起こった地震に足を取られ転倒するヴァイサーガ。
同時に空を染め上げる白銀の閃光。それを直視する事無く、、俺の意識は闇に落ちていった。



|