The two negotiators ◆Fk59CfYpJU



「…狂ってる」
広大な草原の只中で、リリーナ・ドーリアンは目前に鎮座する機体を見詰めながら呟いた。
一体、ここはどこなのか。先程この目で見た、あの化け物は。そして、あの不思議な少女は何者なのか。
突きつけられた疑問はあまりに多く、そしてその答えを知る術を彼女は持たない。
一つだけ解っている事は、自分が掲げる理想とはまるで正反対の『殺し合い』に巻き込まれてしまったということだけ。
完全平和主義。
有史以来―――否、それよりも以前から人々が望み続け、その生活の場を宇宙にまで広げた今なお迎える事の出来ずにいる世界。
それがかつて無慈悲な弾圧の前に滅び去った国サンクキングダムと、そして、その血を引く彼女の掲げる理想だった。
だが、今自分の置かれている状況はなんなのか。
気がつけば見知らぬ部屋に押し込まれていて、わけもわからない内に爆弾付きの首輪を嵌められ、殺し合いを強要されている、この現実は。
―――狂ってる。
先程発した言葉を、胸の中でもう一度呟く。こんな殺し合い、認められるわけが無い。
眼前に鎮座する戦闘機―――自らに支給された機体を、リリーナは睨み付ける。
彼女はここに降下してすぐ、機体から降りた。マニュアルに目を通してすらいない。
完全平和主義を掲げる彼女にとって、兵器は忌むべきものであり、そんなものに身を預けているのが耐えられなかったのだ。
アルフィミィと名乗ったあの少女は、参加者一人一人に機動兵器を支給すると言っていた。
つまりは、私にこの戦闘機が支給されたように、他の参加者にもこのような戦闘機が―――あるいは、モビルスーツが支給されている可能性もある。
そんな状況で機体を捨てるという行為が、どんな結果をもたらすか。勿論彼女にわからないわけはない。
怖くないと言えば、嘘になる。
服の胸元を握り締め、リリーナはゆっくりと息を吐いた。
機体を捨てる事で、自分の死ぬ確率は格段に高くなる。だが、それでも彼女は自分の中に流れる血に刻まれた想い故に、操縦桿を握る事を拒んだのだ。
そして、同時に彼女は期待していた。いや、それは願望と呼ぶ方がふさわしいだろうか。
彼の姿を見たのは、ほんの一瞬だった。
参加者全員の集められたあの部屋で、遠目にかすかに見えた後ろ姿は、すぐに他の参加者の影へと隠れてしまいその姿を追うことはかなわなかった。
だが、彼女は確かに目にしたのだ。たとえほんの一瞬であろうとも、見紛うわけはない。
自分を殺すと言った、空の彼方からやってきたあの少年の姿を。
その時、じっと見詰めていた戦闘機の遥か向こうに、僅かに揺れ動く黒い影を見つけ、リリーナはその身を強張らせた。
―――他の参加者だ。
無意識に、リリーナは唾を飲み込んだ。
身勝手に震えだす足を歯を食い縛る事で叱咤して、リリーナは遠くに霞む他の参加者の影へと足を踏み出す。
戦闘機の脇を通り過ぎ、彼方の参加者と自分を遮るものが無くなったところで、彼女は立ち止まった。
ゆっくりと、だが確実に近づいてくる参加者の影を見据え、毅然と背筋を伸ばしてその接近を待つ。
彼女は、あの参加者に自らの完全平和主義を説くつもりでいた。
賛同が得られるかどうかはわからない。
だけど、一人でも多くの参加者に命を奪い合う事の虚しさを、互いに争い合う事の愚かさを伝える事が、自らに課せられた使命なのだ。
そう信じて、彼女はじっと黒い影の接近をじっと待ち続ける。
だが、もしあの参加者がゲームに乗っていたら。
もしあの参加者が、人の命を奪う事になんら躊躇いを覚えないような相手だったとしたら。
否応無く湧き上がる不安を押し殺し、その不安を振り切るかのように、リリーナはぽつりと呟いた。
「ヒイロ…。早く私を殺しにいらっしゃい。私が他の誰かに殺される、その前に…」
その言葉とは裏腹に、彼女は想い焦がれていた。
あの無口で無愛想な少年が、ゲームに乗った参加者に襲われる自分の前に颯爽と現れ、救い出してくれる。
それは現実から目を背けた夢物語であったが、果たして彼女の思い描くその陳腐なシナリオを、一体誰が笑えるのか。
この狂った殺戮の宴の中、その身一つで抗う事を決めた少女のささやかで力強い拠り所を嘲る事の出来る者など、
この世界には誰一人として存在しないのだ。
不安と期待。二つが複雑に絡まりあう胸中を持て余しながら、それでも少女は自らへと歩みを進める黒い機体から目を逸らすことなく、じっと待ち続ける。

「私はリリーナ・ピースクラフト。争うつもりはありません。見ての通り、機体からも降りています。話を聞いてもらませんか?」
やがてこちらへと歩み寄ってきた黒い機体へ向けて、リリーナは毅然とした態度で、
ドーリアンではなく、完全平和主義を背負うピースクラフトの―――今の自分が名乗るべき名前を告げた。
その声が届いたのか否か、黒い機体の歩みが止まった。その場にじっと佇んだまま、無言で静かにこちらを見下ろしている。
黒い機体との距離は、およそ10M強。だが、数十Mを越すであろう巨体の前には、その程度の距離に意味など無い。
ほんの数歩、足を踏み出す。あの機体の主が彼女を殺そうとしたならば、たったそれだけで事足りるのだ。
黒い機体からの返答は無い。
実際のところ、彼女が黒い機体へと呼びかけてから未だ一分も経過していない。だが、今の彼女にとってそれだけの僅かな時間は実際の何倍に感じられた。
そして、胸の奥へと押し込んだ恐怖心によって増幅された時間の流れは、彼女が心に築き上げた決意の城壁に容易く亀裂を生じさせる。
(―――ヒイロ)
それでもリリーナは漆黒の機体を見詰めたまま、想い人の名を支えに怯えを隠して自身の何倍にもなる巨体を前に毅然と立ち続けた。
「交渉とは、互いが対等の立場にあって初めて成立するものだ。意味も無く自らの不利を招くような行動は、相手につけこまれることになる」
やがて黒い機体から、落ち着いた男性の声が降り注ぐ。
どうやら、問答無用で襲い掛かってくるような相手ではなかったようだ。安堵に胸を撫で下ろし、再び黒い機体へと声を張り上げる。
「機体から降りると言う事がどれだけ危険な事かは重々承知しているつもりです。
ですが、たとえどのような状況であろうと、武力を誇示した状態で対話をするのは私の望むところではありません」
「…君は、勇気と蛮勇は別物であるということを知るべきだな。その精神は尊敬に値するが、法の秩序から解き放たれた今の状況ではなんの力も無い。
仮に私がこの殺し合いに乗っていれば、その時点で君の信念は命と共に失われる事になる」
黒い機体が、一歩足を踏み出した。
リリーナの全身を戦慄が駆ける。背中を冷たい汗が伝っていくのを自覚した。
「あの女性が殺される様を見ていなかったわけではあるまい。知っているかね?人間とは、己の利になる事の為ならばどんな行いも出来るものだ。
金、権力、女。その対象は数あれど、それらはすべて命あってこそ享受出来る物だ。
その命を失うかどうかの瀬戸際に、君の言う事に耳を傾ける余裕がある人間がそう多いとは思えないが?」
降り注ぐ声と、圧倒的な威圧感を伴ってこちらを見下ろす黒い巨体の姿に反射的に後ずさりしそうになる身体を押さえつけ、
バイザーに覆われた巨人の顔を見詰め返した。
「…それでも、私は人を信じます。それは私にとって、命をかけるに値する理由なのです」
揺るぐ事の無い決意を宿し、リリーナは言い放つ。黒い機体はそれ以上近づいてこなかった。
「…やれやれ。見かけによらず強情なお嬢さんだ」
ややあって、黒い機体から溜息交じりの声が発せられる。
直後、黒い巨人のコクピットが開け放たれた。その中から、
前へと倒れるように開いたコクピットの装甲の上へと全身を黒いスーツに包んだ若い男性が姿を見せる。
「そちらが譲らないというのであれば、こちらから折れよう。これで私と君の立場は対等だ」
襟に手をやって乱れた衣服を軽く直し、黒衣の紳士はそう言ってリリーナに向き直った。
「貴方は…」
その人物に、リリーナは覚えがあった。
あの参加者全員の集められた部屋で、ただ一人真っ向から主催者達に質問をぶつけた、あの人物。
ゲームのルールを説明した少女は、確か彼の事をこう呼んでいた。
「ネゴシエイター…交渉人」
「よくご存知で」
膝を突いた機体のコクピットからひらりと地面へ飛び降りると、ネゴシエイターは芝居がかった仕草で胸元に手を添え、高らかに言い放った。
「改めて名乗らせて貰おう。私の名はロジャー・スミス。知っての通り、ネゴシエイターを生業としている。では、話を伺おうか、お嬢さん」




ネゴシエイター、ロジャー・スミスは、銃を持たない主義だ。
凶悪な犯罪者との交渉を行うその職業において、その主義は異端と言わざるを得ない。
事実、彼に恨みを持つ人間の数は両の指では到底足りるものではない。命の危険に晒された事も、数え切れないほどにある。
だが、彼はそれでも銃を持つ事をしなかった。
それは、彼が根っからの"ネゴシエイター"であることの証明である。
彼の仕事はあくまで交渉であり、彼にとっての武器は無粋な鉛弾ではなく、その弁舌なのだ。
尤も、ネゴシエイションにすら値しない相手には鉛弾とは比べるべくも無い巨大な鉛の拳を叩き込んだ事は多々あるが。
だが、それでも彼は人の命を奪った事は無い。
無意味に人の命を奪うような真似は断じてしない。それがロジャー・スミスの法であり、そのルールが彼に銃を持たせる事をしなかった。
―――その彼をして殺し合いを迷わせるほどに、今彼らが置かれている状況は狂っているのだ。
ノイ=レジセイア、といったか。あの主催者は。
この狂った殺し合いに巻き込まれることとなった元凶たる、あの巨大な化け物の姿を思い出す。
そして、あの空間で見せ付けられた光景をロジャーは振り返った。
見ただけで嫌悪を催すような凶暴性を称える外見とは裏腹に、
彼―――と言って良いのかどうかはわからないが―――は実に人の心理というものを理解していた。
いきなり殺し合いをしろ、と言われて素直に頷くような人間は、それこそ快楽殺人者でもなければいるはずはない。
それを彼らは、こちらの言い分を一切聞く事もせずに参加者全員の目の前であっさりと一人の人間を殺して見せた。
自分達の力を示し、そして同時に相手を屈服させるにはこれ以上ないデモンストレーションだった。
あのような光景を、死という生物の持つ最大級の恐怖を唐突に、
そしてああも理不尽に突きつけられては、自らの保身の為にゲームに乗ってしまう者も出てくるだろう。
意味も無く人の命を奪う事を、彼はけして是としない。だが、それは厳然たる秩序が存在していればこその話だ。
今自分がいるこの世界には、秩序も法律も存在しない。あるのはただ、見ず知らずの人間と殺し合いをしろという、イカれた命令だけ。
そのような状況下で、見ず知らずの不特定多数の誰かがこちらを殺そうと向かってくる中で、果たしてその主義を掲げたまま生き延びる事が出来るのか。
正当防衛、という法律がある。
明確な殺意を持って襲ってくる相手を撃退する事は、罪に問われる事はない。
そして、緊急を迫られる場面において自らの命を守るために他の誰かを犠牲にする事は、心理的、客観的に見てどうかという問題を捨て置けば、
これも緊急避難という法によって許されるものだ。
他人を蹴落とし、このゲームの優勝を目指すことは、法的になんら問題はない―――。
そこまで考えて、ロジャーは一人苦笑を漏らした。
法も秩序も無いといっておきながら、
その失われたはずの法に縋って自らを正当化しようとする自分の滑稽さに唇を歪めて自嘲すると、ロジャーは支給された機体を発進させた。
人を殺す事は、彼の主義に反する。だが、だからといって座してただ殺されるのを待つほど、自分は消極的ではない。
どの道、このようなところで死を迎え入れるほど、彼は人生に飽いてはいないのだ。
そうして、生き残るために戦うことを―――人を殺す事を辞さない覚悟を固めていた彼が最初に出会った人物は―――。
「私はリリーナ・ピースクラフト。争うつもりはありません。見ての通り、機体からも降りています。話を聞いてもらませんか?」
―――あろうことか機体を降り、その身を曝け出して真っ向から自分へと対話を求めてきたのだ。
自らの危険も省みず、ゲームに乗っているかどうかもわからない自分を前にその身一つで対話を求めるその少女の姿に、
何故だかロジャーは僅かな苛立ちを覚えた。
皮肉めいた言い回しで機体の足を踏み出しても、少女は一歩も退こうとはしない。
苛立ちを抱えたまま、ロジャーは機体を降りて少女の前へと姿を現せた。対話を求める相手には、同じ立場で接する。それが彼の流儀だからだ。

そうして互いに生身を見せ合い向き合うと、リリーナと名乗った少女はゆっくりと、そして真摯に語り始めた。
自らの掲げる理想、完全平和主義。
そして、その理想にしたがって武力を掲げる事なく、対話によってこの殺し合いを止めると言うその信念を。
馬鹿げている。話を聞きながら、ロジャーはそう思った。
薄氷の上を素足で歩くようなものだ。そのような事が実現できるわけがない。
恐らくは、冷静に現状を見詰め、生き残るためにゲームを勝ち抜く事を選んだ参加者もいることだろう。
そのような相手に、そんな理想論など通じるはずは無いだろう。
それどころか、恐怖に囚われ、殺される前に殺せという短絡的な思考に行き着いた哀れな参加者と出会うだけでも、
彼女の想いは容易く蹂躙され、打ち砕かれるのだ。
だというのに。
そのような絵空事を大真面目に語るリリーナの姿に、ロジャーは何故か、眩しさのようなものを感じていた。
そして、同時に気付く。自らの心に巣食う、苛立ちの正体を。
法を遵守する事に逆らう犯罪者を相手に言葉だけを武器に立ち向かうネゴシエイターでありながら、
その誇りを捨て、容易く力に頼る事を選んでしまった自分に対し、力を否定して、自らの理想を信じてその身一つで抗おうとする彼女の姿に、
本来の自分の―――未だ荒削りでありながら、誠意を持って言葉を紡ぐネゴシエイターの姿を、ロジャーは確かに垣間見たのだ。
(…成る程。つまり、私は、この少女に嫉妬していたと言うわけだ)
組んでいた腕を解き、右の掌を額に押し当てる。
思い出せロジャー・スミス。お前は、誰だ?お前は、一体なんだった?
(そうだ。私は―――)
記憶を失った街、パラダイムシティ。
国家ではなく、企業が―――自らの利益を求め、自己に都合の悪い事は改竄することも厭わない者が支配する街で、自分は一体何を成していたのか。
(―――私は、誰にも縛られず、自らのルールと正義に従い生きる、ネゴシエイターではなかったのか!)
気がつけば、リリーナの言葉は止まっていた。切れ長の瞳が、じっとロジャーを見詰めている。返答は?その瞳が、無言でロジャーにそう語りかけていた。
額に当てていた手を下ろし、ロジャーの黒い瞳が真っ直ぐにリリーナの瞳を射抜く。返答は、もう決まっていた。
「解りました。貴方の依頼、受けましょう」
「…依頼?」
それまで無言であった黒衣の紳士が発した予想外の言葉に、眉を潜めたリリーナが鸚鵡返しに聞き返した。
そんな様子に構うことなく、ロジャーは続く言葉を紡ぎだす。
「依頼内容は、このゲームの平和的解決。交渉相手は、主催者及びゲームに乗った参加者達。報酬は―――」
「待ってください!私は貴方に依頼するつもりなど…それに、報酬として渡せるようなものなんか、何も持っていません!」
「ご安心したまえ。報酬なら、既に受け取っている」
自身の言葉を遮って叫んだリリーナに、ロジャーはかすかな笑みを唇に貼り付けて再び芝居がかった仕草で胸に手を添える。
「君は私の誇りを思い出させてくれた。それは、どんな財宝にも勝る報酬だ。私にとって、命をかけるだけの理由に値する」
思いがけない言葉に呆気に取られるリリーナの様子に笑みを深め、ロジャーはその背後の空へと視線を移した。
そのままリリーナに歩み寄り、肩に手をおくと庇うようにしてロジャーはその身を前に出す。
「では、ここから先は私の仕事だ。下がっていたまえ、リリーナ嬢」
ロジャーの言葉の意味を理解できず、リリーナは眉間に皺を寄せ、ロジャーが見詰める方向へと目を向ける。
その瞳に映ったのは、こちらへと接近してくる一機の紫色をした重厚な機体の姿だった。




「交渉とは、互いが対等の立場であって初めて成立するものだ。先ずは機体から降りてはくれないか?」
「…断る」
モニターに映る全身黒尽くめの男がこちらを見上げて発した言葉を、九鬼は短く拒絶した。
九鬼正義は軍人である。
唐突にこのような状況に巻き込まれ、戸惑いはあったが、冷静さを失うような真似はしなかった。
この箱庭に放り出された彼がまず最初に行った事は、あくまで冷静に状況の把握に努めることだった。
といっても、現状では解らない事の方が多かったが。
数少ない解った事のうち、まず一つは、自分に支給された機体の名前と特性。
ドラグナー2型カスタム。
そう名付けられたこの機体は、全身に火器を搭載した重武装の機体だった。
距離をとっての射撃戦には有利だが、逆に距離を詰められての接近戦には不向きである。
そしてもう一つ確かなのは、あのドームに集められた人間の内、たった一人を残して全員がその命を失うまでこの狂った殺し合いは続くと言う事。
無論、彼とてこのような場所で殺されるつもりはない。ならば、自分が生き残るために成すべき事は何か。
殆ど時間をおかず、彼は結論を導き出す。彼の至った結論は、実に単純明快だった。
最後の一人になるまで殺し合いが続くと言うなら、その最後の一人になればいい。
しかし、その為の障害は多い。なにせ自分の命が掛かっているのだ。死に物狂いで向かってくる者もいるだろう。
ならば、どうするか。これも簡単だ。自分で戦わなければ良い。
あのドームの中にいた人間は、目算でおおよそ40人から50人。それだけの人数を相手に真正面から戦いを挑むなど愚の骨頂。
ほうっておけば、好戦的な者がその数を勝手に減らしてくれるだろう。自分は他の参加者同士が潰し合い消耗するのを悠々と眺めていればいい。
とはいえ、やはり保険の一つは欲しい。
もし仮にゲーム乗った参加者に遭遇したとして、自分一人では心許ない。手駒となる参加者が一人ないしは二人は欲しいところだ。
幸い、自分に支給されたのは遠距離からの砲撃を目的とした後方支援機。
盾となって前衛で戦ってくれる参加者を手駒に出来れば、襲ってきた参加者を撃退もしくは、最悪の場合は切り捨てて逃げることも出来る。
もしもドラグナー2型よりも優れた機体を支給されているのならば、殺して奪うのも悪くは無い。
そうしてこれからの行動を定めた彼が最初に出会ったのは、全身を黒いスーツに包んだ男と、栗色の長い髪をした少女だった。
「それは、こちらが信用できないととらえて構わないのかね?こちらは既に機体を降りている。敵意がないということはわかってもらえるはずだ」
ロジャー・スミスと名乗った、ネゴシエイターを自称する黒いスーツの男が再び声を張り上げた。
確かこの男は、主催者から殺し合いのルールを聞かされたドームで、たった一人毅然とした態度であの化け物に殺し合いの意味を問いただした人物だ。
「機体を降りたところを襲われない保障が何処にある?
君たちが信用にたる人間とわかるまで、機体から降りるつもりは無い。話があるのなら、そのまま話してもらおうか」
「では、どうあっても機体から降りないと?こちらは機体から降りている以上、これ以上は誠意の見せようが無い。対話をするつもりがあるのなら、
相手と対等の立場になって話すのが筋ではないのかな?」
「それは君の価値観だ。何でも自分の物差しで計ろうとするのは良くないな、ネゴシエイター」
九鬼は、このロジャーという男を警戒していた。
あのドームに集められた参加者で、一番冷静さを保っていたのはこの男だ。
そのような男なら、今自分達が置かれている状況を判断できないはずが無い。
自分と同じく、手駒を集めて安全を確保して、殺し合いを静観しようとしている可能性もある。
ともかく、状況が状況だ。慎重になりすぎて困る事は無い。彼はそう考えていた。

「どいてください!」
二人がそうして問答を繰り返していると、それまでロジャーの後ろで事の成り行きを見守っていたリリーナが、ロジャーを押しのけて前に進み出た。
いつまでも姿を見せろ、見せないといった事を議論し続けるロジャーに業を煮やしたのだ。
「リリーナ嬢、何を…!?」
「機体から降りるつもりが無いと言うのなら、そのままで構いません。私の話を聞いてもらえませんか?」
唐突に自分を押しのけたリリーナにロジャーは抗議しようとするが、当のリリーナは聞く耳を持たずに九鬼の乗るドラグナー2型へと語りかける。
「やれやれ、堪え性の無いクライアントは困る…」
その様子に、ロジャーは首を振って肩を竦めた。
だが、それ以上止めるつもりは無いようだ。一歩後ろに下がり、リリーナの行動を見守る構えをみせる。
「いいだろう、話せ」
「ありがとうございます」
明らかに上から見下したような九鬼の物言いに気を悪くすることもせず、律儀に礼さえ返して、リリーナは自らの目的を語り始めた。
「私達は、ゲームに乗るつもりはありません。話し合いでこの殺し合いを止められないか、と考えています」
「ほう…それは立派な心掛けだ。だが、恐らく多くの参加者はこのゲームに乗ってしまっているだろう。
そのような相手に、君の言葉が通じるとは考え難いな」
「それでも、話せば解ってもらえるはずです。このような殺し合い、誰も望んでなどいないのですから。
ですから、私達はこうして機体から降り、武器を捨てて話し合いを―――」
「…まて、今、なんと言った?武器を…捨てる?」
リリーナの言葉を遮り、九鬼はたった今リリーナの発した言葉を反復する。
「はい。私の掲げる完全平和主義に、兵器は必要ありません。争いのない、平和な世の中。それが、私の願いです」
「では、君たちはゲームに乗った相手に襲われても、決して戦闘をしないと…?」
「はい。いかなる状況であれ、武力を誇示することはしない。それが、私の目指す理想なのですから」
一片の迷いも無く言い切るリリーナの姿に、九鬼は軽い眩暈さえ覚えた。
一体、この女は何を言っているんだ?自殺願望でももっているというのか?
戸惑いながら、九鬼はモニターに映るリリーナの顔を注視する。
その瞳に、曇りはなかった。つまりは、彼女は大真面目なのだ。
「…そうか、わかった」
しばらくリリーナを見詰めていた九鬼が、溜息混じりに呟く。
「解ってくれたのですね!?では、私たちと一緒に…ッ!?」
その呟きを聞き、嬉しそうに綻んだリリーナの表情は、次の瞬間に凍りついた。
「あぁ、お前らにはもう用は無い」
自身に向けられたドラグナーのハンドレールガンの銃口と降り注ぐ九鬼の言葉に、
リリーナの全身をロジャーと合流することで忘れかけていた恐怖が支配する。
その様子に、九鬼は嘲るように鼻を鳴らした。
ゲームに乗っていないのならば手駒に出来ないかと話を聞いてはみたが、
まさか目の前で人を一人殺されてこんな事をいえるような甘い連中だとは思いもしなかった。
ここで友好的な態度を見せれば、彼らの中にもぐりこみ、信用を得ることも難しくはないだろうが、
こんな馬鹿げた理想論を振りかざす人間など足手纏いにしかならない。
まぁ、参加者を二人減らせるのだ。ここはそれで良しとしよう。
「では、お別れだお嬢さん。君の話は中々に楽しかったよ、実に面白い笑い話だった」
唇を醜く歪めて言い放ち、九鬼が引き金を引こうとした瞬間、黒い影がリリーナを抱きかかえた。
黒い影―――彼女の背後で二人の話を見守っていたロジャーが、リリーナを抱きかかえたままその左腕を伸ばし何かを射出する。
放たれた何かがロジャーに支給された機体へと巻き付き、二人の体はまるで引き寄せられるようにロジャーの機体へと向かっていく。
「なにぃ!?」
九鬼の上げた驚愕の叫びを聞きながら、ロジャーは自らに支給された機体の展開した胸部装甲へと降り立つ。
あのドームで目覚めたとき、身に着けていた道具のいくつかは無くなっていた。恐らく、あの主催者に没収されたのだろう。
だが、幸いにも他の小物に偽装した道具―――例えば、この腕時計に偽装したワイヤーフック内臓の通信機はどうやら難を逃れられたらしい。
ワイヤーを撒き戻し、素早く支給された機体のコクピットへと乗り込む。
「しっかり掴まっていたまえ!」
コクピットの中に状況についてこれずに呆然とするリリーナを押し込めて言い放ち、
ロジャーは懐から取り出した小さな手のひらサイズの機械を握り締めた。

「SP1!コマンドインストール!」
高らかに言い放ち、コクピット内のジョイントへ手にした機械―――ギアコマンダーを叩きつける。バイザーに隠された機体の瞳に、光が宿った。
次いでロジャーはかつての乗機―――ビッグオーを操る時にそうしていたように腕を胸の前で交差させると、もう一度、高らかに叫びをあげる。
「騎士凰牙!ショータァーイム!」
この声に呼応するかのように、凰牙の顔を覆っていたバイザーが開き、人を模したその顔が姿を現した。
両腕と両足に装備されたタービンが唸るように回転し、握り締めた拳を振りかざすと、宙に佇むドラグナー2型を射抜くかのように突きつける。
「ええい、貴様らァァァアア!」
通信機越しに聞こえる九鬼の憤怒に満ちた声と、その怒りを乗せて飛来するハンドレールガンの弾丸をロジャーは凰牙を膝立ちにし、
タービンの回転を利用した高速移動で避ける。
「はかったな!?何が完全平和主義だ、何が武力を誇示しないだ!偉そうな事を言いやがってェ!」
続く言葉と共に飛来するミサイルを巧みなタービンの操作で右へ左へとかわしながら、ロジャーは吐き捨てる。
「良くそんな台詞が吐けるものだ!謀り事にかけようとしていたのはそっちだろう!
残念ながら、君はあの主催者のように誠意が欠けていたらしい。そのような相手には、ネゴシエイションの価値もない!」
「だったらどうするゥ!?ネゴシエイタァーッ!」
九鬼の叫びと同時に放たれた肩のキャノン砲をくるりと回転してかわし、凰牙はその勢いのまま立ち上がる。
「ネゴシエイションに値しない相手には―――」
キャノンの反動によって動きの止まった一瞬の隙をついて、凰牙の右腕のタービンが唸りを上げた。
「―――こうするまでだ!」
更に回転を増すタービンに、凰牙の腕を中心とした烈風が巻き起こる。
そして裂帛の気合と共に、唸りを上げる凰牙のタービンは、渦巻く風を伴って突き出された。
吹きすさぶ風は、やがて竜巻となってドラグナーへと迸る。
「何だとォ!?く…おおおッ!?」
荒れ狂う竜巻は、更なる砲撃を行おうとしていたドラグナーを掠めて行く。
「くそ、聞いてないぞ…ッ!」
直撃を避けたとはいえ、その凄まじいまでの風の奔流はドラグナーの体制を崩させるのに充分だった。
揺れるコクピットの中、忌々しそうに九鬼が吐き捨てる。
外見から、火器を持たない接近戦特化の機体と高を括って、距離をとっての砲撃戦に持ち込めば勝てると踏んだのがまず間違いだった。
あのような飛び道具を持つ相手であるならば、ここは撤退するべきだ。
未だゲームは始まったばかり、生き残るためには、こんなところで消耗するわけには行かない。
「ちィ…覚えていろ!」
モニターに佇む凰牙に向かって捨て台詞を叩きつけると、九鬼はドラグナーを反転させ、すぐさまバーニアを吹かしてこの場を離脱していった。




「…行ったか」
遠ざかっていくドラグナー2型の姿に、ロジャーは凰牙の構えを解いた。
「怪我はないかね?リリーナじょ―――」
「何故撃ったのですか!」
ゲームに乗った相手の撃退し、クライアントの安否を確認しようと振り向いたロジャーに、突然リリーナは食って掛かった。
見れば、頬を紅潮させ、眉を吊り上げてこちらを睨み付けている。今の相手に応戦した事を怒っているのは明白だった。
「…リリーナ嬢。君は状況が理解できているのかね?向こうはこちらを殺すつもりだった。
君だって、私がいなければ殺されていたのだよ?礼の一つも言って貰いたいものだな」
「そんなことを言っているのではありません!貴方は私の理想に賛同してくれたのではないのですか!?
私の掲げる理想に、兵器は必要ないといったはずです!なのにこんな―――」
ロジャーの反論に耳を貸さず、リリーナは顔を詰め寄らせて更なる怒りを募らせる。
火に油、だったか。
その後も騒ぎ立てるリリーナの言葉を耳から耳へと聞き流し、ロジャーは気付かれないように溜息をつく。
頑固なお嬢さんだ、とは思っていたが、まさかここまで筋金入りだとは。
失敗すれば良い薬になるかとネゴシエイションを任せてみたのも、まるで効果はないらしい。
この融通の利かなさは、まるであの無愛想なアンドロイドのようだ。
そうと解れば、まともに相手をする事はない。
こういった頭の固い相手にまともに取り合っても疲れるだけだと言う事を、ロジャーは長年の経験で知っていた。
「確かに、私は君の依頼を受けた。だが、クライアントはその方法まで口出しするべきではないな。
君には悪いが、私は私のルールでやらせてもらう」
「な…!?」
その言葉に、リリーナは耳まで真っ赤に染めて言葉を失う。
こういった反応を返してくれる分、無愛想なアンドロイドと比べてまだ可愛げはあるな。
そんな失礼な事を考えながら、ロジャーは話題を切り替えることにした。
こういうときは、また騒ぎ出さないうちにとっとと煙に巻いてしまうに限る。
「さて、何時までもここでこうしているわけにもいくまい。機体に戻りたまえ、まずは…そうだな、西の市街地へ向かうとしようか」
そう言ってロジャーはコクピットを開け放ち、やや離れてしまったリリーナの支給機体を指差した。
「人の話を聞いてください!それに、私は兵器になど乗りたくありません!」
「では、ずっとここでこうしていると?我々の囚われているこの箱庭は広大だ。人の足で移動するなら、どれだけ時間があっても足りはしない。
君は自分の考えを他の参加者に説いてまわるのだろう?その為には、例え嫌でもあの戦闘機に乗る必要がある。
まぁ、そこまであの戦闘機に乗るのが嫌だというなら、私の機体に同乗しても構わんよ。尤も、兵器に乗る事に変わりはないが」
再び燃え盛ったリリーナの怒りに、ロジャーはあくまで静寂を称える水面のように冷静に反論する。
尤も、その水面にはいくつかの棘が突き出てはいたが。
とはいえ、彼の言い分は正論だ。唇を噛み締めて、リリーナは言葉をつぐむ。
言いたい事は多々あれど、気が昂ぶりすぎて、胸中に渦巻く感情を上手く言葉にできない、そんな様子だ。
だが、例え言葉に出来たとしても、弁論の達人たる百戦錬磨のネゴシエイターに掛かれば、たちどころに皮肉を交えた返答が返ってくることだろう。
ロジャーと出会ってまだ間もないリリーナだったが、その僅かな時間で、この男の性格は充分に理解できた。
だけど、それでも収まりのつかない彼女は、ぽつりと精一杯の反抗を試みる。
「…貴方って、最低だわ」
「生憎だが、その台詞は言われ慣れている」
悪びれる風も無く、黒尽くめのネゴシエイターはそう言って肩をすくめて見せた。




【ロジャー・スミス 搭乗機体: 騎士GEAR凰牙 (GEAR戦士電童)
 現在位置:F-7
 パイロット状態:健康
 機体状態:良好。ENを数%消費
 第一行動方針:リリーナと共に西の市街地へ向かう
 第二行動方針:リリーナを守りながら、参加者に彼女の完全平和主義を説く
 最終行動方針:依頼の遂行(ネゴシエイションに値しない相手には武力行使も厭わないが、相手を殺す事はしない) 】
 備考:凰牙は通常の補給ポイントによる補給は不可能。
    セルブースターのハイパーデンドーデンチでしかENの補給は出来ません。

【九鬼正義 搭乗機体: ドラグナー2型カスタム (機甲戦記ドラグナー)
 現在位置:F-7
 パイロット状態:健康
 機体状態:良好。弾薬を多少消費
 第一行動方針:手駒に使える参加者を集める
 第二行動方針:確実に勝てる相手以外との戦闘は避ける
 最終行動方針:ゲームに優勝する 】

【リリーナ・ドーリアン 搭乗機体:セルブースターヴァルハラ (GEAR戦士電童)
 現在位置:F-7
 パイロット状態:健康。ロジャーに対して少し(かなり?)ご立腹
 機体状態:良好
 第一行動方針:参加者達に完全平和主義を説く
 最終行動方針:話し合いによって殺し合いを止める】
 備考:セルブースターはハイパーデンドーデンチ12本(凰牙の補給6回分)を搭載。
    ちなみに二人乗り。】

【初日 13:30】




BACK NEXT
闇色をした『王子』さま 投下順 ブレンとグラン
闇色をした『王子』さま 時系列順 インターミッション

BACK 登場キャラ NEXT
opening ロジャー 死活問題
リリーナ 死活問題
九鬼 薄氷の同盟



|