※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そして騎士は走り出す ◆OBzaXJXIWo



「行ったか…………?」
統夜は、独りきりのコクピットでごちた。
白い、格闘戦主体と思われる機体………飛行せずとも、岩場を跳躍のみで駆け抜けた機体が北へ行ったのを見届けると、
暗黒騎士─ヴァイサーガは岩陰から立ち上がった。
「さっきの機体は───」
この機体に比べれば随分と小型だった。しかし──跳躍等、見た目からではそのポテンシャルははかりしれない。
(懐に入られでもしたら、ひとたまりもないな)
機体の大きさはこちらの方が断然だった。しかし──小さい敵は小回りがきくのだ。
(偵察中に不利な相手を発見したら、無理せずやり過ごす。───だったっけか)
三人娘の誰だったか──戦術に関しての講義がこんなところで役立つとは。

「さて………」
統夜は、一度ぐるりと周囲を見渡した。
(………北はさっきのヤツ………東は少し岩場が続いてるから、岩陰に隠れられたりしたら戦闘しづらい………南か、西か………
そういやフィールドの端っこってどうなってるんだ?………こう考えると確認すべきことは山ほどあるな。今出来ることは今やる、か。………よし)
「………南、かな」
統夜は、ヴァイサーガの進路を南へと向け、真紅のマントを翻し、岩場の間をすり抜けて走りだした。




【紫雲 統夜 搭乗機体:ヴァイサーガ (スーパーロボット大戦A)
 パイロット状況:健康
 機体状況:無傷
 現在位置:A-8→A-1へ移動中
 第一行動方針:南に行く
 第二行動方針:敵を殺す
 最終行動方針:ゲームに優勝する】

【時刻:14:00】




BACK NEXT
始まりの葬送曲 投下順 追悼
ブレンとグラン 時系列順 追悼

BACK 登場キャラ NEXT
DARK KNIGHT 統夜 淡い記憶と、現実


|