※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

淡い記憶と、現実 ◆w4z2Zc6V4M



コンビニの自動ドアが開き、少年が1人出てきた。
手に、食料品などが入ったビニール袋を提げている。
そこからスポーツドリンクのペットボトルを取り出して、飲む。
さして変わった事の無い光景だ。
ただ一点、店の前に巨大なロボットが鎮座していることを除けば。


その数十分前。
真紅のマントを翻し、ヴァイサーガは大地に降り立った。
コクピットの中で、その騎士を駆る少年―紫雲統夜は、目の前の光景に驚いていた。
光の壁。こう形容するのが一番妥当だろう。
白く輝く壁のようなものが、自分の前に存在している。
「地図の端と端とはつながってるとは言ってたけど…通れるのか?」
思わず呟きがもれた。何とかこの先にある(らしい)都市部に行きたいのだが…
(まずは実験だな)
近くにあった岩を放り投げてみる。
岩は、まるで水面に触れたときのように消えていった。
どうやら、通り抜けることは可能らしい。
次に、ヴァイサーガの頭を突っ込んでみる。
計器に異常は見られない。カメラは壁の向こう側の様子を映しているようだ。
それほど遠くない距離で、ビルが立ち並んでいるのが見える。
「よし…!」
意を決して、統夜は一歩を踏み出した。


マップの境界を抜けたヴァイサーガは、今度は市街地の上空を飛んでいた。
「まさにゴーストタウンだな…」
その街は、全てが止まっていた。
機体のカメラに映るものでは、時折風に揺れる木立ぐらいしか動かない。
降下して辺りを探索しても、人影らしきものは見つからなかった。

その途中、見つけたコンビニで食料などの調達をすることにした。
無論、店内にも人の姿は無い。
かといって代金を払わずに店を出るつもりは無かったが、財布を持っていないことに気付き諦めた。
レジ裏から取り出したビニール袋に、水や保存の利く食べ物を入れていく。
機体と一緒に支給されたものもあるが、このふざけたゲームがいつまで続くか分からない今の状況下では、
食料があるに越したことは無いだろう。


必要なものはある程度詰め終わり、店を出ようとしたとき、棚に並んだチョコレートが目に入った。
それは統夜に、あの3人のことを思い出させた。

手にいっぱい甘いお菓子を抱えてチョコレートをほおばるメルア。
メルアがコクピットにお菓子を持ち込んだことを叱るテニア。
そんな二人の言い争いを止めに入るカティア。

(…あいつら…無事なのか…)
なぜか、言いようの無い不安にとらわれた。
その不安を打ち消すように、棚のチョコレートをひとつ袋に入れる。
いずれ3人のうちの誰かに渡してやれるかもしれない。
「きっと無事…だよな」
そう言わせたのは、確信ではなく願望だと、統夜は自覚していた。


店の前で、簡単に食事を取った。
ゴミをひとまとめにしてゴミ箱に放り込む。
「ふぅ……」
大きなため息をついた。
いつ誰に襲われるか分からない。常に警戒を要する今の状況は、精神的にこたえる。
息抜きもかねて、軽く体を動かす。
気分転換の後、コクピットに乗り込んで、もう一度自分の置かれた状況を考え直してみた。

殺し合い。生きて帰る方法は、ほかの参加者を皆殺しにすること。

「くそっ…」
やり場の無い怒りがこみ上げる。
いや、正確にはこの感情を向けるべき相手はいる。しかし、あの化け物に刃向かえば自分は殺されるだろう。
それこそあの女性のように、あっさりと。
死への恐怖が、統夜を駆り立てる。
生きて帰るために必要なら――やるしかない。
確実に勝ち残っていくには、戦いやすい相手、地形を見つけるべきだろう。
ヴァイサーガは大きな機体だ。ビルの立て込んだここでは戦いにくい。
「…とにかく行くか」
統夜は操縦桿を握り締めた。




【紫雲 統夜 搭乗機体:ヴァイサーガ (スーパーロボット大戦A)
 パイロット状況:良好
 機体状況:無傷
 現在位置:A-1
 第一行動方針:戦いやすい相手、または地形を見つける
 第二行動方針:敵を殺す
 最終行動方針:ゲームに優勝する】


【時刻:15:30】




BACK NEXT
死活問題 投下順 迷いの行く先
死活問題 時系列順 気になる、あの子

BACK 登場キャラ NEXT
そして騎士は走り出す 統夜 混乱


|