※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Story 1-3 「別れの手術」


このステージの難易度 B

クリアは簡単だがRANK XSを出すのは難しい。
とにかく時間との勝負になる。
手術手順はStory 1-2 「続・執刀の心得」とほぼ一緒で、
炎症を抑えるのと、腫瘍が3つに増えたくらい。

執刀のコツ

手術時間を可能な限り短縮して、保護テープ直前で
バイタル回復注射を打つ時間を捻出しよう。
高得点のための工夫は、
  • 器具選択に手間取らない
  • 最初に腫瘍を3つ発見、切開しておく
    • せわしなく器具選択をしなくても済む
    • 1つずつ発見→処置をする場合よりもバイタルが低下しない(ような気がする)
    • (1つずつのほうが早く処置できる人は1つずつが良いかも)
  • 腫瘍処置最後のヒールゼリーは一瞬つければOKになる
    • OKが出るのを見届けずに次の腫瘍の処置に移ろう
    • 最後の腫瘍にヒールゼリー塗布後、わずかな時間でバイタル回復注射が可能
    • 左下の腫瘍を最後に処置することで、バイタル注射までのカーソル移動距離を短く出来る
  • 傷口を縫合してヒールゼリーを塗布した後、バイタル注射をしよう
    • 傷口縫合直前で11秒ほどあれば十分可能

SPECIAL BONUS条件

  • Miss判定なし
  • 一定時間以上残して手術終了
  • Cool判定一定回数以上