※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Story 1-6 「医師の資格」


このステージの難易度 A

ここもクリアは楽だが、XS判定を出すのは至難。
僕自身、XS判定はいまだ1回しかない。
とにかくスピード勝負。

執刀のコツ

炎症は大きい物を真っ先に消してしまおう。
全ての炎症を処置し終わるまでにバイタル回復注射は1回で良いはずだ。
処置の途中、空の注射器を薬ビンに戻す間を利用してエコーを1回打っておこう。
炎症の処置が終わったら、もう1回バイタル回復注射。

腫瘍は1つでもエコーに当てると、残りは見えていない状態からでもメスで切開できるので、積極的に利用しよう(最初の1回も不要かも)。
炎症処置中のエコーは、1回目の時間も省きたいため。

4つ目の腫瘍処置終了後、エコーの乱れ撃ちまでにはバイタル回復注射2回分の時間があるので必ずバイタルを回復しておこう。

傷口縫合後は、バイタル回復注射するべきか、残り時間を多くとるべきかは悩むところ。
僕がXSを出した時にはバイタル回復注射はしなかった。

SPECIAL BONUS条件

  • Miss判定なし
  • バイタルを一定以下に下げない
  • 一定時間以上残して手術終了
  • Cool判定一定回数以上