※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Story Z-1 「FROM USA」


このステージの難易度 C

いままでにはないピンセットの使い方が要求される。
折れた骨のパズルは、初回からMissなしでくっつけるのは先ず不可能だろう。
初回はTry & Errorのオバカ手術にならざるを得ない。
骨の向きを直すときは、ピンセットでつまんで向きを変えて、ちょうど良い向きになったところでピンセットを放す。

執刀のコツ

骨の形からくっつける位置と向きを暗記しよう。
くっつける骨の出現は毎回異なる順番になのが厄介だ。
隠れている骨はエコーを当てなくても、メスで切開すれば摘出可能。
骨をくっつけてヒールゼリーを塗布した後、場面が切り替わるまでにバイタル回復注射が可能。
このステージは慌てずにMissさえ出さなければ、何度かやるうちに簡単にXS判定が出るだろう。

SPECIAL BONUS条件

  • MAX CHAIN一定以上
  • Miss判定なし
  • 一定時間以上のこして手術終了
  • Cool判定一定回数以上