崖掴まり

関連ページ:上必殺技崖掴まり


崖掴まりできなくなる状況

以下のいずれかに当てはまる状況では崖に掴まれない。
  • スティックを下に倒している
  • 技の動作中
  • ジャンプの上昇中
  • 崖切り離しor崖上がり行動or攻撃を受けてから 54F 以内
  • (アイクの天空・空中ワイヤーのみ)崖掴まり回数の上限(3回)に達している
一部の必殺技は自動崖掴まりに対応している時間がある(リンク:上必殺技崖掴まり)。

空中攻撃は技の全体モーションが終了するまで(※全体Fではない)掴まれない。
全体F後、出始めが自動崖掴まりに対応している上Bなどを使えば素早く崖に掴まれる。

空中ジャンプも、直後に上Bを出せばすぐに崖を掴める。


崖掴まり時の無敵時間

INT[(滞空フレーム×0.2+64)-(蓄積%×44/120)] [F]
  • 24≦ [無敵時間] ≦124 [F]
  • 0 ≦ [滞空時間] ≦300 [F]
  • 0 ≦ [蓄積%]  ≦120 [%]
  • 滞空時間は攻撃を受けた時点でリセット(ノーリアクション攻撃は対象外)



崖吸い寄せ

崖を低い位置から掴もうとすると、掴まる前に崖に吸い寄せられるモーションが挟まる。
いわゆる「崖の1F(2F)」のこと。ただし実際は1Fとは限らない。
崖より高い位置から崖に侵入すると吸い寄せは起こらない。
吸い寄せに入った時点では崖掴まり状態ではないが、空中ジャンプは復活し、崖奪いも発生する。

吸い寄せモーション中は 無敵時間が無い 。ワープ系の必殺技でも掴まる前に無防備な時間が発生する。上Bに攻撃判定があっても、吸い寄せに移行すると攻撃判定は消える。

吸い寄せ時間は 1~3F 。吸い寄せの時間及びルートは崖掴まりフラグが有効になった位置で決定されるので、崖への進入方向次第で台上から攻撃をもらうリスクを軽減することが可能である。

※参考動画
動画タイトルは「The 2-Frame Punish」だが、2F固定というわけではない。念のため。



崖奪い追撃(崖奪い空後)

崖を追い出された側には28Fの硬直が発生する。
奪った側は自身の強制崖掴まり時間20F(一部キャラ19F)が終わると行動できる。
そのままでも奪った側が8F有利だが、その間に追撃を当てるのは極めて難しい。
そこで相手が掴まった後自分もすぐに掴まることで、相手と自分の強制崖掴まり時間を重ね、
相対的に自分の動けない時間を減らして有利Fを増やすのである。

奪った側の有利Fは、
 奪われ硬直28 - 崖に掴まったタイミング差 (+ 強制掴まりF差;相手-自分)
である。ポート問題(後述)を無視すれば、最大27Fの有利を得られる。

そして、奪った側が追撃するのにかかる時間は
「崖離し1F + 空中ジャンプ1F + 攻撃発生F + 入力の遅れ」
である。

理論上は発生25Fくらいの技も確定させることができるが、実際は
  • 相手の後すぐに掴まるのが難しい
  • 崖離しは先行入力が利かない行動である
  • この状況では空中ジャンプも空中攻撃も先行入力できず、順番に入力しなければならない
と、入力がとてもシビアである。
逆に相手がジャンプで逃げ切れなければ&回避・暴れが間に合わなければ、有利Fを少々オーバーしてもOKとなる。

さらに技が相手に当たるかという問題が別にある。
技の範囲や相手の食らい判定はもちろんのこと、
  • 崖奪いが遅いほど相手との距離が遠くなり技が当たりにくくなる
  • 崖奪われモーションの軌道はキャラによって異なる
ということも含めて検討しなければならない。
崖離しは通常落下(外入力)と急降下(下入力)で融通が利くのでどちらも試してみよう。

色々と問題が多いため、自分の手で検証してみるのが一番確実だろう。

<まとめ>
崖奪い追撃で攻撃発生以外にかかる時間は
「崖に掴まったタイミング差 + 崖離し&空Jで2F + 各行動入力の遅れ」
である。技の攻撃範囲を考えるのも忘れずに。

<ポート>
完全に同時に掴まった場合、コントローラーのポート番号が若い方から追い出される。この場合、28Fの有利を得られる。

<崖奪いに対する先行入力>
相手が崖掴まりをしてきた後も先行入力を仕込める。
先行入力の受け付けは10Fなので、
奪われる1~10F前 = 崖に掴まってから11~20F目
にその場以外の崖上り行動を入力する必要がある。
はじめの1Fに仕込むと早すぎて失敗する。




崖奪われ壁ジャンプ

特定のステージ&キャラで可能。
崖を奪われる時にステージ外にスティックを倒しておくと、奪われた瞬間に壁ジャンプできる。

※参考


ワイヤー復帰

連続の崖掴まりは3回まで。
崖奪いはワイヤーを引き戻した時に発動する。
強制崖掴まり時間が存在しない 。上記の崖奪い追撃において非常に有利になる。
崖を背にして立ち「バックジャンプ→ワイヤー」と高速で入力すれば、ステージ上からすぐにワイヤー復帰ができる。

※参考



崖絶

「崖離し→空中ジャンプ+ステージ方向にスティック」と入力し、崖掴まりから即座に立ち状態でステージ上に戻るテクニック。
入力がシビアな上、キャラクター・ステージ限定である。

対応キャラ・ステージ↓
http://esports-runner.com/ssb4/gakezetu_1/

DXでも同名のテクニックがあるが、あちらは空中回避の仕様が今と異なるために可能なもの。



コメント

名前:
コメント: