リュウ


コマンド

コマンドに使えるボタンは、 攻撃・必殺技・掴み・アピール

つかみは入力持続1Fの攻撃ボタン扱いなので、必ず"小"攻撃が出る。

ボタンを押す代わりに、ボタンを離すことでも技が出せる。原作再現。
(Aを予め押しっぱなし>236>A離す で波動拳が出せる)
この場合、別のコマンド対応ボタンをホールドしておけば大中小の出し分けができる?(詳細未検証)

レバー入力が有効な時間は案外長く、例えばジャンプ昇竜拳は「 623>ジャンプ>A 」といった入力でも出せる。具体的な時間やどう判定されているのかは未調査。

簡易コマンド

昇竜拳
正規:632A
簡易:636A,323A

灼熱波動拳
正規:41236A
簡易:1236A



キャンセル

ヒットしなくてもキャンセル可能
Variable=0x21000025がSetされている間は、攻撃・つかみボタンを押すことで現在のモーションをキャンセルして1F目からモーションを再スタートすることができる。
  • 弱1→弱1(7Fからキャンセル可)
    • 他キャラの弱と異なり、ボタン連打でのみキャンセル可
  • 上弱→上弱/上強(7Fからキャンセル可)
  • 下弱→下弱/下強(6Fからキャンセル可)

ヒット/ガード時のみキャンセル可能
Variable=0x21000024がSetされている間は、相手および相手のシールドに技をヒットさせた場合のみ
必殺技ボタンを押すことで現在のモーションをキャンセルすることができる。
各種必殺技のほか、最後の切りふだでもキャンセルが可能。
  • 弱1(発生2F、7Fまでキャンセル可)
  • 上弱(発生3F、7Fまでキャンセル可)
  • 上強(発生7F、20Fまでキャンセル可)
  • 下弱(発生2F、8Fまでキャンセル可)
  • 下強(発生7F、18Fまでキャンセル可)




弱・強の打ち分け

リュウの弱攻撃・強攻撃は、ボタンを押すとまず(強)のモーションを取り始める。
モーション中の指定タイミングまでにボタンを離せば(弱)のモーションに切り替わり、押し続けていれば(強)が出る。

必要な長押し時間(モーションを取ってから(強)を確定させるまで)
  • 弱  6F以上
  • 横強 7F以上
  • 上強 6F以上
  • 下強 7F以上

立ち状態から出す(弱)はボタンを離したフレームからモーションが始まる。
このため、ボタンを半端に長く押すとその分だけ発生が遅れる。
またボタンを入力する時間が最低でも1Fあるため、(強)モーションが必ず1F以上挟まれる。
例えば弱攻撃の発生は2Fだが、立ち状態からの最速発生は3Fである。

C攻撃で出す場合スティックを倒す時間に関係なく、(強)モーションを1F取った後に(弱)が発生する。

別の行動の後に先行入力で(弱)を出すと、横強以外は(強)モーションを取らずに攻撃することができる。
横強は1Fの(強)モーションを省略できない。



必殺技の大中小打ち分け

モーションを取り始めてからのボタンの長押し時間。
コマンド入力でも変わらない。
波動拳 1-5F 6-12F 13F~
竜巻旋風脚 1-6F 7-12F 13F~
昇竜拳 1-3F 4-5F 6F~
波動拳、昇竜拳は攻撃発生までボタンを押し続けると大になる。
竜巻旋風脚は長押しを受け付けている途中(8F目?)にも攻撃判定が出るが、このダメージは大中小に関わらず一定である。
14F目に発生する2回目の攻撃のダメージは大中小によって異なる。



波動拳・灼熱波動拳

波動拳は空中の相手に対する攻撃判定が小さい。
灼熱波動拳連続ヒット部分は地上・空中問わず小さい。

Hitboxサイズ
波動拳:地上の相手→5、空中の相手→2.8
灼熱波動拳:連撃部分→2.8、最終段→5(地上空中問わず)


セービングアタック

Lv1, Lv2, Lv3の3段階。溜め30FでLv2、59FでLv3に移行する。いずれも溜め解除からの発生は11F。

アーマー
発生1F目からダメージ量依存のアーマー状態となる
耐えることのできるダメージ量は溜めたフレーム数によって増加する。初期は20%で最大40%まで(0F目に20%という扱いなので、1F目には20.333%まで耐えることができる)。
ただしLv1, Lv2は溜め解除からの11Fの間にアーマーがなく、ボタンを離した瞬間にアーマーが切れる。

ヒットストップ
耐えた攻撃のヒットストップは通常の2.2倍であり、通常通り両者に同じだけかかる。
また、最大ヒットストップである30Fの制限を無視できる。

キャンセル
26F目以降、もしくは相手および相手のシールドに攻撃をヒットさせた際、スティックをすばやく2回はじくことでモーションをキャンセルして前後にステップが可能
ただし一旦Lv.3まで溜めると、溜め途中でのキャンセルはできなくなる。
スティックの入力猶予は、最初のスティック入力後14F以内(ただし1F以上間隔をあける必要あり)。ヒットストップ中も同様。同一方向でないとキャンセルできない。
地上でのステップキャンセル時は、毎フレーム0.1だけ相手を押し出すという特殊仕様がある(プププランドの風の1/2の量)。


ジャンプ後の被空中抵抗

ジャンプ、空中ジャンプ、崖上がりジャンプで空中に出ると被空中抵抗値が0になる
ただし必殺技使用によるペナルティが存在しているときは、通常通り空中抵抗を受ける。
崖切り離し、崖から飛び降り、吹っ飛ばされた後は0にならない(その後に空中ジャンプを使えば0になる)。

※被空中抵抗が0だとスティックを離した後も横移動の慣性が全く消えない。
参考動画



コメント

名前:
コメント: